法人・中小企業が即日融資を受ける方法/即日融資可能で安心・安全な会社7選

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

急な資金需要があり、即日融資を受けたいという中小企業・法人経営者は多くいます。しかし、審査・手続きもあるので、即日融資を受けるのは簡単ではありません。特に、借入して安全な金融機関となると相当範囲は狭くなってしまいます。

 

個人事業主であれば必要な金額も大きくないので、銀行や消費者金融の「カードローン」もありますが、法人・中小企業経営者は利用できません。

今回は法人・中小企業でも即日融資を受けられる方法と安全な会社を厳選してご紹介します。

 

 

銀行は即日融資不可


既に銀行で「融資枠」・「当座貸越枠」を作ってもらっているという場合を除いて、銀行で即日融資を受けることは困難です。そのうえ、直ぐに使える「融資枠」・「当座貸越枠」は、「相当に業績が良い」・「規模が大きい」・「担保がある」といった場合でなければ難しいでしょう。

 

既に作ってもらった当座貸越枠などが無いのであれば、銀行に融資を相談しても、審査・手続きに1ヶ月程度の時間がかかることもあります。銀行で数日単位の時間で融資を受けられるということはまずありませんので、即日融資は無理と言って良いでしょう。

さらに、信用保証協会を利用して借入するとなると、銀行と保証協会のそれぞれで審査が行われるため、もっと時間がかかってしまいます。即日融資とは程遠い融資方法です。

 

なお、銀行担当者に「資金が急を要するので、即日融資して欲しい」と言っても効果はありません。むしろ、資金繰りが厳しすぎる会社であり、融資するのは「危険」と判断されて、即日どころか借入すら難しくなるかもしれません。

 

また、銀行のなかには、「ビジネスローン」という名称で、ノンバンク・貸金業者のビジネスローンを真似た商品もありますが、銀行ビジネスローンは現実的には即日融資からほど遠い商品となっています。提出しなければならない必要書類も多く、さらに審査スピードも遅いため、申込から融資実行まで、2~3週間程度必要と考えておいた方が良いでしょう。

 

 

ビジネスローン


法人・中小企業が即日融資を受けるための有力な方法としては、ノンバンクの「ビジネスローン」があげられます。特に、大手消費者金融業者や、貸金業者が行っているビジネスローンのなかには、即日融資可能としているものがあります。

 

今回は特に、法人が即日融資を受けられるということを重視していますが、加えて、「安全」・「安心」して借入できるところを重視していますので、大手金融機関・正規の貸金業者を重視してご紹介します。

 

また、大手消費者金融の場合、ビジネスローンの審査では、「スコアリングシステム」と呼ばれる方式を活用しています。スコアリングシステムというのは、決算情報などを入力すれば、自動で審査してくれるシステムのことです。自動で審査できるビジネスローンですので、決算書・確定申告書などの必要書類を提出すれば、即日でも審査結果が出せるのが特徴です。

 

 

おすすめのビジネスローン


法人・中小企業が即日融資を受けるためには、即日審査対応可能な、スコアリングシステムを採用しているビジネスローンが良いということになります。なお、スコアリングシステムは大掛かりなシステムであり、それぞれの金融機関が独自に作る必要があります。そのため、規模の小さい金融機関では準備することができません。

 

 

ビジネクストの事業者ローン


ビジネスローンとして最もおすすめの会社は「ビジネクスト」です。

 

 

ビジネクストは、大手消費者金融である「アイフル」の子会社であり、アイフルの事業者金融専門の会社となっています。

 

ビジネクストの事業者ローンは、「カードローン」タイプのビジネスローンであり、とりあえず申込して融資枠を作っておけば、その後は「いつでも自由に借入できる」融資商品です。融資枠を作っておくこと自体に手数料や年会費、保証料といったものはかかりませんので、借入する必要がなくても損するということはありません。

 

さらに、担保や、第3者保証人不要で借入可能というのもビジネクストのおすすめポイントとなります。

 

<ビジネクストの借入条件>

借入可能額 1~1,000万円
申込可能な方 法人・個人事業主
業歴1年以上(確定申告1期分)
借入金利(実質年率) 限度額100万円以上:8~15%
限度額100万円未満:13~18%
年会費・保証料 無料
担保 不要
連帯保証人 第3者保証人不要/代表者の保証は必要
資金使途 自由・確認書類の提出も不要
融資までの時間 1日(申込翌日の融資可能)

 

 

ビジネクストへの申込方法


▼以下のリンクから公式ホームページ上で行います。

事業者専用ローンなら『ビジネクスト』

 

「オンラインから申込」を選択して必要事項をご入力下さい。

必要書類は「郵送」・「メール」・「FAX」での提出が可能です。

 

 

ビジネスパートナー


ビジネスパートナーのビジネスローンも法人・中小企業が「即日融資」を受けることのできるビジネスローンです。ビジネスパートナーもカードローンタイプのビジネスローンであり、一旦審査に通過して契約しておけば、「いつでも自由に融資を受ける」ことができます。

 

 

ビジネスパートナーのビジネスローンには、中小企業・法人だけでなく、個人事業主の借入も可能です。

 

ビジネスパートナーでは、審査回答は即日可能、融資は審査通過後、翌日の借入が可能となっています。必要書類を準備しておけば、申込日即日での審査対応も可能です。

 

<ビジネスパートナーの借入条件>

借入可能額 50~500万円
申込可能な方 法人・個人事業主
借入金利(実質年率) 限度額100万円以上:9.98~15%
限度額100万円未満:9.98~18%
年会費・保証料 無料
担保 不要
連帯保証人 第3者保証人不要/代表者の保証は必要
資金使途 自由・確認書類の提出も不要
融資までの時間 1日(申込翌日の融資可能)

 

 

ビジネスパートナーへの申込方法

▼以下のリンクから公式ホームページ上で行います。

事業者向けビジネスローン申し込み

 

必要書類は「郵送」・「メール」・「FAX」での提出が可能です。

 

 

エス・ジー・ファイナンス


ビジネスローンのご紹介の3つ目は「エス・ジー・ファイナンス」のビジネスローンです。エス・ジー・ファイナンスは、ビジネクストやビジネスパート―と違って、証書貸付タイプのビジネスローンとなります。

 

エス・ジー・ファイナンスでは審査回答まで最短30分で即日借入可能/担保・連帯保証人が原則不要なのが大きな魅力です。そのため、「いつでも自由に借入できる」というビジネスローンではありませんが、その分、金利低めで、借入可能金額が大きく借入できるのが特徴です。

 

エス・ジー・ファイナンスのビジネスローンは、300万円~5,000万円までの借入が可能となっていますので、比較的、借入金額が大きい方が利用できるのが特徴と言えるでしょう。

 

<エス・ジー・ファイナンスの借入条件>

借入可能額 300~5,000万円
申込可能な方 法人・個人事業主
借入金利(実質年率) 6.8~12.65%
年会費・保証料 無料
担保 原則不要
連帯保証人 原則不要
資金使途 自由・確認書類の提出も不要
融資までの時間 即日可能/審査最短30分

 

 

エス・ジー・ファイナンスへの申込方法


▼以下のリンクから公式ホームページ上で行います。

 

必要書類は「郵送」・「メール」・「FAX」での提出が可能です。

 

 

ビジネスローンで必要な書類


ビジネスローンで即日融資を受ける場合、申込に必要な書類を事前に準備しておくことがポイントとなります。どの金融機関に申込するとしても、必要書類を提出できなければ審査できません。

 

法人がビジネスローンに借入申込する場合、以下の書類が必要となります。

①確定申告書/決算書(直近2期分)

②代表者の本人確認資料

③法人の登記簿謄本(履歴事項全部証明書)

④納税証明書(不要な金融機関もあります)

 

(個人事業主が借入申込する場合は、本人確認資料と、個人の確定申告書が必要となります)

 

 

同時並行で進める


法人がビジネスローンの借入申込をする場合、特に資金調達を急ぐ場合や、確実に融資承諾が得られないと困る場合には、複数のビジネスローンで申込しておくのが良いでしょう。

 

特に、ビジネクストの事業者ローンや、ビジネスパート―は、「当座貸越」タイプのビジネスローンであり、借入の必要がなくなれば、融資枠だけ作って、借入する必要のない融資になります。

 

エス・ジー・ファイナンスであっても、審査通過後、必要なくなれば申込を取り上げすれば、無理に借入する必要はありません。単独の1社だけ申込していると、審査落ちした時のリスクが高くなってしまいますので、リスクヘッジしておくのが大切です。

法人の融資申込においては、「個人信用情報」というものがありませんので、他の金融機関に対する借入申込を、他の金融機関に知られてしまうこともありません。

 

 

カードロ―ンを作っておく


前述の通りご紹介した「ビジネクスト」や、「ビジネスパートナー」のようなカードローンタイプのビジネスローンは、「借入が必要ない」と思われるうちに契約しておくのがおすすめです。

 

本当に即日融資が必要になってから借入申込すると、その時には「審査に通りにくい」ということも少なくありません。資金繰りに困っている時な、収支状況が悪化していたり、売上が減少しているなど、問題も多くなっている可能性があります。

 

状況が悪化してから借入申込するのではなく、「必要ないと思っている」時に、即日融資可能な融資枠を作っておくのがおすすめです。

 

 

ファクタリングを活用


法人が即日融資を受けるための方法としては、ビジネスローンだけでなく、「ファクタリング」もおすすめの方法となります。

 

ファクタリングとは、正式には、「融資」ではなく、売掛債権を回収期日前に資金化することによる資金調達方法となります。ファクタリングは、売掛債権の保有があれば、ビジネスローンよりも審査に通りやすく、資金調達できる可能性が高いのが特徴です。

 

さらに、ファクタリングの審査スピードは速く、即日~2営業日程度での資金化が可能です。ファクタリングを活用すれば、法人・中小企業が即日資金調達することが可能です。

 

 

赤字・債務超過でも可能

ファクタリングの特徴は、売掛債権を保有しており、その売掛金の支払先(取引先)の信用力が低くなければ、幅広い法人や、個人事業主でも利用できるのが特徴です。

赤字、債務超過であってもファクタリングを利用することができます。さらに、税金滞納中や、リスケ中であっても資金調達できるのが特徴です。

 

 

審査基準が異なる


ファクタリング審査の特徴は、銀行融資や、ビジネスローンと審査基準が異なることです。銀行融資や、ビジネスローンでは、審査のポイントは、資金調達する法人(借入人)が返済する能力を持っているかどうかです。

そのため、決算書・確定申告書を重視して、利益の有無などを確認します

 

一方、ファクタリングは借入ではなく、売掛債権の売却ですので、対象となる売掛金が支払期日に決済されるかどうかが大切になります。

ファクタリングを活用する法人の決算書もチェックはされますが、最も重要なのは、取引先の信用力になります。

 

そのため、銀行融資や、ビジネスローンの審査に落ちたという方であっても、売掛債権の信用力が高ければ、資金調達できる可能性があります。

 

 

ファクタリングの利用可否を確認


資金調達ガイド(㈱サウルス)を活用すると、ファクタリングの利用可否を簡易診断してもらうことができます。入力項目は電話番号やメールアドレスなどで、簡単なアンケートに答えれば、すぐに診断してもらえます。

 

あくまで簡易診断なので、申込ではありません。

 

<関連記事:資金調達ガイドのご案内>

【簡単5秒診断】資金調達ガイド (㈱サウルス)のファクタリングサービスをご紹介します

 

ファクタリングの利用可否をわずか5秒で診断可能!!

まずはファクタリングの利用可否をこちらで確認しておくのがおすすめです。

法人・個人事業主も利用可能/ 2社間ファクタリングも取り扱い可能です

 

 

 

▼ 資金調達ガイドへのリンク

資金調達ガイド

*アンケート形式ですのでスマホからも登録可能です

 

利用手順①:リンク移動後、左上の「経営者・事業主の方」をクリック

 

 

利用手順②:画面遷移後、以下のファクタリングの「公式サイト」をクリック
資金調達ガイド(㈱サウルス)の簡易診断開始画面に移動します。

 

 

利用手順③:以下の「5秒診断スタート」をクリックすると開始です。
希望金額、事業形態(法人・個人事業主)などを選択。
メールアドレスを登録すると結果が得られます。

 

 

 

 

 

おすすめファクタリング会社


ファクタリングの利用にあたっては、ファクタリング会社選びが非常に重要です。ファクタリング会社のなかには、残念ながら「悪質なファクタリング会社」が存在ます。悪質ファクタリング会社に相談すると、高額すぎる手数料や諸費用を求められる可能性もあります。

 

 

三共サービス


ファクタリング手数料が最も安く、必ず選択肢に含めておきたいファクタリング会社は「三共サービス」です。三共サービスは、ファクタリング業界で最も手数料が低いとも言われる会社です。

 

 

三共サービスの特徴


三共サービスは、業歴も17年(2018年4月時点)と長く、ファクタリング専門会社としての強み・実績が豊富にある業界を代表するファクタリング会社です。

 

三共サービスのファクタリングを活用する場合の手数料は以下の通りです。

3社間ファクタリングで、1.5%~

2社間ファクタリングでも5.0%~

 

三共サービスの手数料率は、他のファクタリング会社と比較しても、かなり低く、ファクタリング業界でトップレベルに低い水準となっています。ファクタリング会社を選ぶうえでは、三共サービスは無視できない会社です。

 

更に、三共サービスは、全国対応可能なファクタリング会社です。全国企業が利用できるファクタリング会社です。三共サービスで資金調達する場合、申込から実際に資金化できるまでの最短時間は2営業日となります。即日での資金調達には対応できませんが、2営業日で資金調達できるのは大きな魅力となります。

 

 

三共サービスへ相談・申込


三共サービスを利用するにあたっては、以下のリンクから公式ホームページに移動してください。

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

*三共サービスの相談・見積もりは無料です

 

そして、移動後のページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。

 

お電話の際には、画面に表記されている「お問合せコード(アルファベット3文字)が必要となります。WEB申込時に表示される「8項目程の項目」に入力して送信すると、追って担当者から連絡が来ます。お急ぎの場合や、翌日になっても電話連絡が来ない場合は、こちらから電話確認するのが良いでしょう。

 

業界最安水準!!三共サービスのファクタリングを徹底解剖!?

 

 

「JTC」のファクタリング


おすすめできるファクタリングの2社目は「JTC」のファクタリングです。

 

 

JTCの特徴は?


JTCのファクタリングもファクタリング手数料率が低く、かつ、「最短即日」で利用できるファクタリングという特徴があります。JTCの特徴は、即日でも資金調達が可能ということです。即日融資を希望している法人であれば、JTCがおすすめです。

 

JTCであれば、ファクタリングで最大1億円まで資金調達できます。

 

 

JTCのファクタリングには以下のような特徴もあります。

①2016年のリピート率98.3%(実績)

②全国対応可能

③スピード査定可能/最短即日買取

④手数料率は業界最低水準

(手数料率2%~)

⑤売掛先への通知不要(2社間ファクタリング可)

⑥債権譲渡登記不要

 

 

JTCを利用できる方


JTCのファクタリングを利用できるのは、年商7千万円以上の法人・中小企業です。

他のファクタリング会社と比較すると、やや規模の大きい法人を対象として、ファクタリングを得意としているのがJTCの特徴です。

 

 

JTCへの相談・申込


JTCへの相談や、売掛金の見積もり依頼は無料です。

実際にファクタリング契約をして、資金調達した場合に手数料が発生します。

 

JTCへのご相談は以下のリンクから公式ホームページで行います。

 

▼こちらをクリック

 

▼JTCのファクタリング
急な資金、まとまった資金の調達はJTCのファクタリング

 

公式ホームページに移動後、画面下に「電話で相談する」・「メールでのお問い合わせ」が表記されます。どちらかを選んでクリックしてください。

 

お急ぎで無いなら、メール相談した方が、選任の担当者から連絡がもらえますので、スムーズに進みます。どちらも相談・見積もりは無料ですので、安心してご相談下さい。

 

JTCのファクタリングを徹底解剖!!JTCの情報なら最も詳しい解説です

 

 

ビートレーディング


ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名ファクタリング会社です。他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績多く、安心して利用できる会社になります。

 

 

ビートレーディングの特徴


ビートレーディングは、一般的なファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあることから、安心して利用できるのが特徴です。

ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、最も知名度の高い優良なファクタリング会社と言っても言い過ぎではないでしょう。

 

 

ビートレーディングのファクタリングの特徴

①日本全国ファクタリング可能

②無料のスピード査定可能

③ファクタリング会社としての認知度No1

④契約件数全国トップクラス(同社調べ)

⑤ファクタリングの顧客満足度No1(同社調べ)

⑥小口から大口までのファクタリングに対応

⑦個人事業主、法人のどちらも利用可能

⑦2社間ファクタリング可能

 

知名度・ファクタリング実績の豊富なファクタリング会社をお探しなら「ビートレーディング」がおすすめです。

 

 

ビートレーディングへの相談・申込


ビートレーディングでは、5分でできる「スピード査定」を利用することができます。もちろん、スピード査定、見積もりは無料です。

 

相談するにあたっては、以下のリンクから公式ホームページに移動してください。

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

公式ホームページに移動後、「急を要する場合」でなければ、「WEBからのお問合せ」がおすすめです。「WEBからのお問合せ」をクリックしてください。

 

ビートレーディングのファクタリングを徹底分析!使えるファクタリング会社か調査!

 

 

ファクタリングの必要書類


ファクタリングを利用するためには「必要書類」を準備しておく必要があります。特に、即日融資を希望しているのであれば、必要書類を段取良く準備しておくことが重要です。

 

<必要書類の一覧>

  書類名 補足
1 決算書のコピー(2期分)  
2 試算表(今期半期以上経過の時)  
3 直近6か月分の取引、入出金履歴が確認できる書類(通帳コピーなど) 売掛金の入金履歴が記載
4 売掛先に宛てた書類
(発注書、納品書、請求書など)
 
5 会社の商業登記簿謄本・印鑑証明書 3通ほど準備
6 売掛先との取引基本契約書 無い場合は要相談
7 代表者・事業主の身分証明書

 

ファクタリングの利用にあたって必要となる書類は、「ビジネスローン」の申込書類の加えて、以下の書類が必要となります。ビジネスローンに加えて、「売掛金の明細」や「取引の契約書」「入金履歴」が解る資料などが必要になります。

 

 

ビジネスローンとファクタリング


法人が即日融資可能な方法として、ビジネスローン・ファクタリングをご紹介しました。

ビジネスローンとファクタリングにはそれぞれにメリット・デメリットがありますので、どちらを利用すべきかということに迷われる方も多いでしょう。

 

どちらも法人が即日融資を受けることのできる資金調達方法です。

一律どちらが良いという方法はなく、利用される方の状況によって異なります。

 

審査に通って融資が受けられる・売掛金が無い法人なら、「ビジネスローン」、時間が無い・審査が厳しいという方なら「ファクタリング」というのも1つですが、以下の関連記事で詳しく比較してみるのも良いでしょう。

 

<関連記事:ビジネスローンとファクタリングはどちらが良い?>

ファクタリングとビジネスローンはどちらを利用すべき!?メリット・デメリットを比較して解説

 

 

まとめ


法人・中小企業が即日融資を希望する場合、「ビジネスローン」や「ファクタリング」がおすすめです。

 

ビジネスローンは比較的「利息」・「費用」を低く抑えて即日融資が可能であり、ファクタリングは、やや手数料率が高くなりますが、審査に通りやすく利用しやすいのが特徴です。どちらを利用すべきかは、即日融資を希望する法人・中小企業の状況によっても異なりますが、調達を急ぐ場合には、同時並行的に進めておく必要があります。

 

今後のために調達方法を検討しているのであれば、「ビジネクスト」「ビジネスパートナー」のカードローンタイプのビジネスローンを契約しておくのが良いでしょう。

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

<関連記事:資金調達に関する記事>

個人事業主がすぐに借入できる方法をご紹介します!!

 

おすすめのファクタリング会社を徹底比較!安心して利用できる優良会社をご紹介します

 

口コミ・評判の良い人気ファクタリング会社を調査!!特に満足度の高い会社4選をご紹介

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。