借入するなら銀行カードローンがお得でおすすめって本当!?

カードローンはどこで借りるのがお得でおすすめなのか知りたくありませんか。
カードローンを借りるなら、銀行と消費者金融が選択できます。
一般的には銀行カードローンの方が金利などで得だと言われていますが、どれ位違うものでしょうか。

 

また、銀行カードローンと言っても都市銀行からネット専業銀行、地方銀行など、たくさんのカードローンが存在します。今、申込するならどの銀行カードローンがおすすめでしょうか。

 

銀行ならたくさん借りられる?

銀行カードローンを借入するおすすめポイントとしては、借入できる金額が大きくなる可能性があげられます。一般的に銀行カードローンの方が、審査は厳しくなりがちなのですが、総量規制の制限がないため、借入可能額に対する制限は低くなると言われています。

 

総量規制とは、貸金業者(消費者金融や、信販会社、クレジットカード会社など)から、個人が無担保借入を行う場合の上限金額を制限する法律です。総量規制で定めるカードローンの借入可能額の上限は年収の3分の1までです。

 

つまり、具体例をあげれば、年収500万円の方なら、166万円(≒500万円÷3)がカードローンで借入できる上限額になります。この年収の3分の1という制限は、カードローンを複数の貸金業者に分散しても変わりません。借入の総額が年収の3分の1までに制限されます。そのため、借入先を増やしたからと言って、上限額を増加させることはできません。

 

<関連記事>
https://www.ozyouzumoney.online/article/453203562.html

 

一方、銀行は貸金業法による規制を受けていませんので総量規制の対象外です。

 

そのため、法律上は借入可能額に制限がありません。しかし、近年、この総量規制の状況は変わりつつあります。

 

銀行は総量規制の規制が無いことを良いこととして、カードローンで貸し過ぎていると批判を受けるようになっています。また、金融庁などの銀行を規制する監督官庁からの要請もあり、銀行は自主規制として、カードローンの融資においては、総量規制に準じる運営を行う傾向にあります。

 

あくまで自主規制であるため、全ての銀行が同様に総量規制に準じている訳ではありませんが、大手銀行のカードローンに関しては、総量規制を超える借入は難しくなっています。

 

そのため、総量規制の制限を超えて借入したいなら地方銀行カードローンがおすすめです。

 

地方銀行カードローンの一部では、依然、自主規制も厳しくない銀行カードローンが残っています。

 

<地方銀行カードローンなら総量規制の対象外?>
https://www.ozyouzumoney.online/article/tigincardloan.html

 

金利が低いのは銀行

銀行カードローンの最大のメリットは金利の低さにあると言って良いでしょう。

銀行カードローンなら、消費者金融のカードローンと比較して、かなり金利は低くなります。具体例として、銀行カードローンのなかでも三菱UFJ銀行の「バンクイック」を例に見てみましょう。

 

バンクイックは、審査によって決まるカードローンの借入可能額に応じて金利が変わるしくみで、借入限度額が大きくなればなるほど、適用金利の水準は下がっていきます

 

バンクイックでは、100万円以下の借入可能額となった場合では、借入金利が年率13.6~14.6%が適用されますが、400万円~500万円の借入可能額の場合、適用金利は年率1.8~6.0%に大きく低下します。

 

一方、三菱UFJ銀行系列の消費者金融であるアコムでカードローンを借入する場合はどうでしょうか。

 

アコムのカードローンでは100万円未満の借入で3~18%が適用されます。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

それぞれのカードローンの上限金利で比較すると年率3%以上の差がありますよね。アコムのカードローンも適用金利の最低水準では、3%とかなり低く見えますが、通常、カードローンの申込・新規契約時では、上限に近い金利水準が適用されることが多く、最低水準で借入できるというのはあまりありません。

 

アコムカードローンで、最大借入限度額の800万円を借入する場合でも、3~15%ですから、それぞれの極度額最大時で比較しても、9%以上もの金利差があるのです。

 

つまり銀行カードローンで借入した方が金利はかなりお得となり、おすすめとなります。

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

https://www.ozyouzumoney.online/article/453230984.html

 

銀行ならではの安心感

貸金業者とか、消費者金融ってなんとなく借入するのが怖いというイメージがありませんか?

 

借入した後に、支払が厳しくなった時に行われる取り立てと聞くと、ドラマや映画のシーンを思い出してしまう方もいるでしょう。

 

過去には、武富士などの違法取り立てが問題視されたことも実際あります。

 

一方、大手銀行は、イメージや、風評リスクを大事にしますので、このような怖い・違法と言われる取り立てが行われる可能性は低くなります。

 

実際のところ、近年の消費者金融は安全です。

 

消費者金融を取り締まる貸金業法などの法律も厳しくなっており、違法な取り立てなどが行われる可能性は低くなっています。

 

特に、大手消費者金融で借入するのであれば、こういった心配は必要ないでしょう。それでも、もっと安心して借入したいという方には、銀行カードローンを利用するのがおすすめです。

 

<おすすめの銀行カードローン>
https://www.ozyouzumoney.online/article/453555502.html

 

 

 

自動融資機能が便利!

銀行カードローンの場合、預金口座とセットで利用できる銀行カードローンも取り扱っています。

 

消費者金融には、そもそも預金口座自体がありませんので、こういった取り扱いはありません。預金口座と銀行カードローンをセットにする場合、自動融資機能が利用できます。

 

今すぐカードローンを使った借入は必要無いけど、自動融資機能が魅力的だから申込みする方も多くいます。

 

自動融資機能とは、預金口座からの引き落とし(例えば公共料金や、住宅ローンの返済など)が、残高不足によって延滞となってしまうことを防止してくれるサービスです

 

預金口座の不足額を、カードローンが自動的に融資してくれ、借入できるので、延滞にならないのです。

 

こういった自動融資機能は、預金口座があるからの機能であり、銀行カードローンを、おすすめできるポイントとなります。延滞はとても危険で、個人信用情報に傷がつく可能性があります。いわゆるブラックですね。

 

ブラックになってしまうと、その後の新規借入などで不利な扱いになってしまうこともありますし、その履歴は数年消えなくなります。自動融資機能のある銀行カードローンでは、こういった延滞の危険性を、回避するのに役立ちます。

 

 

 

銀行カードローンのデメリット

銀行カードローンのメリットについて説明しましたが、銀行カードローンにはデメリットもあります。メリットだけでなくデメリットも理解して、カードローンを選ぶ必要があります。

 

即日借入は不可

近年、銀行カードローンの自主規制は厳しくなっています。特に、過剰借入につながる可能性があるからと言う理由で、即日借入も抑制するようになっています。そのため、大手銀行を中心として、即日借入はできなくなっています。

 

現在、カードローンを利用して即日借入が必要な場合、消費者金融のカードローンを利用する必要があります。

 

審査は厳しい

消費者金融のカードローンに比べて、銀行カードローンの方が審査は厳しくなります。

 

特に、カードローンの申込人の「勤続年数」や、「既存借入」の状況に対する審査基準は、銀行の方が厳しくなると考えた方が良いでしょう。経験則的な目安としては、消費者金融のカードローンが、勤続2~3ヶ月以上で申込可能であるのに対して、銀行の場合、6ヶ月~1年以上ないと厳しくなってしまいます。

 

また、銀行カードローンの場合、既存のカードローンが2件あると、追加でのカードローン契約は難しくなる傾向にあります。

 

おすすめの銀行カードローン

銀行カードローンにもたくさんの種類があります。そのため、カードローンが良いのか迷われる方も多いでしょう。
ここでは、銀行カードローンと、消費者者金額カードローンで、近年、特におすすめのカードローンをご紹介します。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

 

楽天銀行カードローン(商品名「楽天スーパーローン」)は、近年、特におすすめのカードローンとなっています。
楽天スーパーローンは、銀行カードローンならではの低金利で、最大800万円までの借入が可能なカードローンとなっています。

 

また、楽天スーパーローンへの申込は、WEBを通じて完結できるため、銀行窓口への来店不要で利用できるのもメリットとなります。

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

静岡銀行カードローン

静岡銀行のカードローン

 

静岡銀行カードローンは地方銀行のカードローンですが、インターネットを通じて日本全国から申込可能なカードローンとなっています。また、地方銀行のカードローンであるため、大手都市銀行などのように自主規制は厳しくありません。

 

最近の銀行カードローンの場合、無職の専業主婦のカードローン申込も難しくなっていますが、静岡銀行カードローンでは、専業主婦の申込・借入も可能となっています。

 

静岡銀行カードローンであれば、総量規制(年収の3分の1)を超えた借入ができる可能性もあると言えるでしょう。

 

全国で借入できる静岡銀行カードローンが良いかも!?静岡銀行のメリットを徹底紹介

プロミス

プロミスならいつでも振込可能

 

ここで、消費者金融カードローンについてもご紹介いたします。消費者金融カードローンの最大のメリットは、審査に通りやすく、最短即日借入も可能ということです。

 

銀行カードローンの即日借入が難しくなっているため、消費者金融の即日借入可能という特徴は大きなメリットとなっています。

 

プロミスは、三井住友銀行系列の消費者金融であり、安心して借入できるのが特徴です。

 

また、新規申込であれば、30日間の無利息サービスも利用することができます。

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込できる

 

最後に、消費者金融のSMBCモビットをご紹介します。

 

SMBCモビットも、プロミスと同様にSMBCグループの一員です。

 

また、SMBCモビットには、「WEB完結申込」という特徴的なサービスがあります。

 

SMBCモビットのWEB完結申込では、勤務先への電話確認なく、カードローンの借入申込が可能です。そのため、カードローン申込時の勤務先や、自宅への電話確認をなくしたいという方には、SMBCモビットがおすすめとなります。

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

まとめ

カードローンを利用するなら、やっぱり銀行カードローンの方が消費者金融に比べて、メリットは大きいと言えるでしょう。審査に通るなら、銀行カードローンを利用する方がおすすめとなります。

 

特に、銀行の方が金利がお得になります。一方、銀行カードローンにも、審査が厳しいことや、即日借入が出来ないといったデメリットもあります。

 

カードローンは上手に活用すれば、メリットがたくさんあります。いざという時の即日借入に利用できるものもありますので、カードローンを上手に利用しましょう。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

https://www.ozyouzumoney.online/article/promise-2.html
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG