カードローンを最大限活かす返済方法とは?早く完済するコツを解説

カードローンの借入後は計画的に返していかないと、いつまで経っても完済できず、苦しむことになります。借金が減らずに困るといった事態を防ぐためにも、事前に返済方法についてきちんと把握しておかなければなりません。

 

ここでは、カードローン初心者が知っておくべき返済方法と早く完済するコツを解説していきます。

 

 

カードローンの2つの返済方法

カードローンには「約定返済」と「随時返済」の2つの返済方法があります。それぞれの意味をチェックしておきましょう。

 

約定返済とは?

約定返済とは、毎月同じ日に決まった金額を返す方法です。返済日と返済額は、金融会社によって対応が異なります。返済日は月末に設定されることが多いですが、他にも複数の選択肢が用意されていることがあります。

約定返済日は必ず守りましょう。延滞すると信用が落ち、新たに借入できなくなる可能性があります。また延滞損害金が発生して、借金の負担がさらに大きくなってしまうので注意が必要です。

返す日を守ってきちんと返していけば、信用が構築され、限度枠の増額も可能になります。

 

随時返済とは?

随時返済は好きなタイミングで返していく方法です。カードローンで借入を行った後、給料日を経てお金に余裕が出たときに、借入残高を一括返済する場合などが該当します。約定返済は毎月決まったタイミングで返済をする方法でしたが、随時返済は利用者の任意のタイミングで追加的に行う返済になります。

 

なお、約定返済なしで随時返済だけ選ぶことはできないため、実際は約定返済と併用することになります。

 

随時返済をしたからといって、約定返済をしなくてもいいというわけではありません。随時返済をした月も、約定返済日にしっかり返す必要があります。約定返済日を忘れないように気をつけましょう。また、約定返済日のことを忘れて、余裕資金をすべて返済に充ててしまうと、約定返済のお金が足りないということもあり得ますので注意しましょう。

 

カードローンの基本的な返済方法

 

借入後の返済手続きの方法

カードローン借入後の返済手続きの方法は一つだけではありません。複数の方法が用意されているので、ご自身にとって、もっとも都合の良い方法を選びましょう。

 

自動の口座振替

カードローンの返済方法として最も一般的なのが口座振替でしょう。口座振替は、契約時に指定しておいた銀行口座から自動で引き落とす方法です。返済日が来ると自動で引き落とされるため、手間がかからず非常に便利です。口座振替の手数料はカードローン会社負担が一般的ですので、手数料不要で返済ができます。そのため、お金を節約したい人に最適な方法だといえます。

 

ただし、事前に口座に十分な金額を入金しておかないと、引き落としを行うことができません。引き落としが行われないまま放っておくと、遅延して信用情報が傷ついてしまうこともあるので要注意です。

口座振替を利用する際は、返済日をなるべく給料日の後に設定しておきましょう。

 

ATMからの入金

口座振替に次いで利用が多い返済方法がATMからの入金です。

ATMは銀行内や消費者金融の支店内に設置されているものだけでなく、コンビニに設置されているATMも利用できることがあります。こういった借入先(カードローン会社)が保有しているATM以外のATMのことを「提携ATM」と言います。

 

どこの金融機関のATMが利用できるかは使用するカードローンによって異なります。できるだけ便利に返済手続きを行いたいのであれば提携ATMの多いカードローンを選んでおくことも重要です。

 

▼提携ATMの多さなら楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

 

コンビニに提携ATMが設置されていれば、24時間いつでも好きなときに返せるため手間がかかりません。コンビニは全国各地にあるため、旅先や出張先からでも返すことができます。

 

ただし、ATMの種類によっては手数料が発生することがあるので注意が必要です。こまめに返していると、手数料がかさんでしまいます。

ATMからの入金を考えている人は、事前に利用できるATMの種類とATMの種類と利用手数料を確認しておきましょう。手数料がもっとも安いATMを使用すれば、無駄な出費を抑えることができます。

ATMの場合は入金日にも注意してください。約定返済日よりもかなり早い日に返すと、随時返済とみなされてしまうことがあります。ATMの場合は返す日を忘れやすいデメリットもあるので要注意です。

 

カードローンは返済を上手に行うことでお得になる

 

口座振込による返済

ATM経由で口座振込をすることもできます。あらかじめカードローン会社が指定する返済用口座を確認しておき、その口座に振り込みで返済する方法です。

 

ただし、口座振込は返済のたびに振込手数料が発生してしまいます。振込手数料はカードローン利用者の負担です。口座振替による返済などに比べて、振込手数料は割高になってしまうのがデメリットです。

 

ATMに行けない場合は、インターネットバンキングからの入金がおすすめです。インターネットバンキングからの入金であれば、24時間いつでも約定返済できるうえに、スマホやパソコンを使ってどこからでも返すことができるので大変便利です。

 

早く完済するコツ

カードローンによる借金をなるべく早く返したいなら、いくつかコツを押さえておく必要があります。ちょっとした返済方法のコツを実践するだけで、借金を返す負担が随分減るので、完済を目指す際に参考にしてみてください。

 

繰り上げ返済・随時返済をする

約定返済額だけ返していても、なかなか借金を減らすことはできません。約定返済額には利息が含まれているため、元本だけ減らしていくことは不可能です。

 

約定返済日に返すのが基本ですが、お金に余裕があるときは随時返済を行いましょう。随時返済分は利息ではなく元金に充当されるため、一気に借金を減らすことができます。例えば1万円を随時返済した場合は、1万円分の元金がそのまま減るのです。

 

約定返済だけを続けていくよりも、随時返済を活用したほうが、利息を抑えることができます。早い段階から随時返済を始めておくと、利息合計を減らすことができ、完済までの道のりも楽になります。

ボーナスなどの臨時収入があったときは、少しでもいいので随時返済をしていきましょう。そうすれば、完済までの期間を大幅に短縮することができます。

 

 

最低返済額で返済することは避ける

最低返済額とは、毎月必ず返さなければならない金額のことです。最低返済額は会社ごとに異なりますが、50万円までの借入額であれば、3,000〜5,000円程度が一般的です。

 

最低返済額にしておけば毎月の返済額を減らせるため、一見楽なように感じますが、実はここに大きな落とし穴があります。最低返済金額の大半は利息で占められているため、毎月利息だけ払い続けることになり、元本をなかなか減らすことができません。あとから借金がなかなか減らない状況に苦しめられることになるので、気をつける必要があります。

 

早く完済したいなら、元本を減らす努力が欠かせません。最低返済額に設定することは避けて、月々無理のない金額で返していくようにしましょう。返す金額を出来るだけ多くすれば、元本に充てられる部分も増え、早く完済できます。

 

最低返済額以上の返済をおこなうようにする

 

約定返済日に遅れないようにする

約定返済日に遅れないようにすることは、カードローンの借金を早く減らす上で一番大切なことです。約定返済日までに返すことができないと、利息よりも高い遅延損害金が発生してしまい、借金の負担が増えてしまいます。

 

経済状況が苦しいときは、無理して随時返済をしようとせず、約定返済日だけは守るようにしましょう。

 

 

返済シミュレーションをしてみる

完済日がわからないまま返し続けていても、不安が募るだけです。借入後は一度、返済シミュレーションをしてみましょう。毎月返済可能な額を設定して計算すれば、完済時期が明確になります。目標を立てて計画的に返していくことが、借金を確実に減らす近道です。

 

 

完済するまで追加の借入はしない

カードローンは限度額の範囲内であれば、何度でも追加で借入をすることができます。ただし、完済するまでの間に、追加の借入をすることは避けましょう。追加で借入してしまうと返済額がさらに増え、完済までの期間がさらに延びてしまいます。結果として、借金地獄に陥る可能性もあるので要注意です。

 

まずは、現在の借金を完済することを最優先させてください。追加の借入は、完済した後にするようにしましょう。

 

 

金利が低いカードローンに乗り換える

実際に借入してみると、利息が大きくて完済できず、苦しめられることがあります。そんなときは、利息の低いカードローンへの乗り換えを検討してみましょう。利息が低くなると、元本を減らすスピードが早くなり、より早く完済できるようになります。

 

現在のカードローンで遅延してから乗り換えようとしても、新たに契約するのが難しくなるため、なるべく早い段階で乗り換えを検討することをおすすめします。ただし、少なくとも6ヶ月の利用実績を作ってから乗り換えるようにしてください。

 

 

おすすめのカードローン商品

カードローンの商品性や特徴などを解説してきました。最後にカードローンの申込を検討される際に、参考にして頂きたいおすすめのカードローン商品をご紹介します。

 

カードローンと一括りに言っても、申込する金融機関などで商品性は異なります。是非、それぞれの特徴を把握してご自身にあった商品を選びましょう。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

アイフルカードローンのポイント

銀行カードローンのなかでもトップクラスの金利の低さ!

借入限度額の大きさも最高クラスカードローン

WEBからの申込だけで手続きを完結でき、1度も店舗に行かずに申込を完了できる人気のカードローンです。

 

<楽天スーパーローン基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト
10~800万円1.9~14.5%
楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

アコムカードローン

アコムのカードローン

アイフルカードローンのポイント

三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感。

豊富なATMによる利便性の高さ! 審査回答最短30分。土日も即日借入できるアコム

 

<アコム基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1~800万円3.0~18.0%30日間金利無料
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

アイフル カードローンアイフルのカードローン

アイフルカードローンのポイント

最短30分で審査完了!アイフルなら即日借入も可能

契約書の郵送不要。

誰にも知られずに申込やカード受取可能な便利なカードローン

<アイフル基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1千円~500万円4.5~18.0%30日間金利無料
アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

https://www.ozyouzumoney.online/article/aiful_loan.html 

 

 

 

プロミス カードローンプロミスのカードローン

アイフルカードローンのポイント

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

大手銀行グループの安心感と消費者金融のスピード!

今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中

*50万円以内のお申込みなら所得証明書不要

<プロミス基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
10~500万円4.5~17.8%30日間金利無料
プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

アイフルで土日・即日で借入するために知っておいた方が良いこと!

 

 

まとめ

借入後は約定返済だけしてればいいと考えている人が多いですが、完済を早めたいなら随時返済を積極的に利用していく必要があります。コンビニのATMから返すこともできるので、お金に余裕のあるときは、早めに返していきましょう。

 

利息を抑えて、利用日数を減らす努力をしていけば、早期の完済を実現することができます。借金で悩むことのないように、早く完済するコツを把握して、計画的な返済を心がけましょう。

 

 

カードローンの関連記事

>>カードローン借入可能額を増額する方法

>>銀行カードローンと消費者金融カードローンはどちらに申込するのが良い?

>>新生銀行のレイクALSAとカードローン エルは総量規制の対象外で借入できるのか!?

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG