必ず借りれる銀行カードローンなんて存在するの?いざという時のために知っておきたい借入の知識

カードローンはいざという時に短時間で借入できたり、柔軟に利用できるものとして人気の融資商品です。しかし、利用には審査がありますので、必ずだれでも利用できるというものではありません。

 

そんなカードローンですが、必ず借りれる銀行カードローンがあるなら是非知りたい情報ですよね。急な出費などに備えて、いざという時に頼れる銀行として活用できます。

 

今回は必ず借入できるカードローンがあるかどうかについて解説します。カードローンの借入審査で通過できずに困っている方にも役立つ情報ですので、是非、ご一読ください。

 

 

審査通過率を高めることが大切!!

銀行カードローンで借入するためには、必ずと言ってよいほど審査を受けないといけません。銀行カードローンの審査では、申込人の年収や、就業状況、家族構成などの、さまざまな情報をもとに銀行の判断で、借入可否が決められます。

 

そのため、申込される方の状況や、銀行毎の考え方を無視して、「必ず借りれる銀行カードローン」というものは存在しません。
 

「必ず借りれる」という言葉につられると、街金や、やや、ブラックな金融機関ばかりが見つかってしまい、借入出来たは良いが、その後は危険にもなり得ます。しかし、銀行カードローンの審査で、銀行から見られるポイントは、ある程度推測することができます。

 

そのため、事前準備をしっかりと行っておくことで、銀行カードローンの審査通過率を高め、借りれる可能性を大幅に高めることは可能です。今回は、銀行カードローンの審査に通過し、必ずではありませんが、高い確率で借りれるようになるためのポイントをご説明します。


知っておきたい審査の知識

知っておいて損のない、銀行カードローン審査のポイントについて解説します。カードローン審査の通過率を高めるためには、審査のポイントを知って準備しておくことが大切です。

 

 

審査の悪循環を知っていますか?

銀行カードローンへの借入申込では、極力、最初に借入申込する銀行カードローンで審査に通過するべきです。

具体的に説明すると、銀行カードローンの借入審査に落ちてしまうと、その次に借入申込を行う銀行に、先の借入申込で審査に落ちていることがバレてしまいます。

 

銀行カードローンの審査では、ほぼ例外なく個人信用情報を確認しますが、その履歴からどの程度他の銀行に借入申込を行っているかが解るのです。そのため、借入申込を受けている銀行では、先に借入申込を受けている銀行で落ちたために、申込に来ているのだと推測されています。

 

 

 

さらに、銀行カードローンの審査では、他で審査に落ちたということ自体が、審査においての悪材料となります。

 

つまり、審査を行っている銀行では、他の銀行の審査に落ちたのだから、「悪い材料が、他にも隠れているのではないか」と疑われることになり、落ちれば落ちるほど、借入審査に通過しにくくなるという悪循環が生まれます。そのため、最初に借入申込を行う銀行カードローンで、審査を通過することが大切なのです。

 

カードローン審査の要点を理解する

 

 

少額借入から始める

もし、銀行カードローンの審査に自信が無いようであれば、小額の極度額(50万円以内)から借入を始めることが大切です。「必ず借りれる」というのは言い過ぎですが、少額の場合、非常に高い確率で、審査に通過することができます。

 

銀行カードローンの借入審査では、50万円以内であれば、審査の難易度はかなり低めに設定されています。50万円以内の申込であれば所得証明も求めていませんし、専業主婦の方(無収入)や、フリーターでも借入可能としていることも多いのです。

 

銀行カードローンは、銀行が行う融資のなかでは、高めの金利であり、銀行も少額ならリスクを取って借りてもらいたいと考えています。

 

 

審査通過率の高そうな銀行を探す

重要なのは、借入申込すべき銀行を選ぶことです。
銀行を選びを間違えると、必ず借りれるどころか、審査に通過できずに、悪循環にはまってしまいます。

 

 

大手銀行の審査は消費者金融が行っている?

意外な事実ですが、大手の銀行カードローンの場合、審査を行っているのは消費者金融や信販会社なのです。銀行カードローンでは銀行は審査なんかしていません。
 
さらに、最近の銀行カードローンでは、即日審査結果回答が、当たり前のようになっていますので、消費者金融が、機械的に審査を行っているのです。つまり、審査に通りやすい消費者金融が審査を行っている銀行こそ、審査に通過しやすい銀行(借りやすい銀行)と予測されます。
 
例えば、三菱UFJ銀行はアコム、三井住友銀行はSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)、みずほ銀行はオリエントコーポレーションが、それぞれ審査を行っています。消費者金融の審査の通過率は、実はそれぞれの会社のホームページから知ることができます。
 
「新規貸付率=新規申込数のうち、実際に貸し出しに至った件数の割合」というものが、各社開示されており、この新規貸付率が高いところほど、審査に通過しやすいものと予想されます。
 
アコムの2017/3月期下半期の新規貸付率は48%で、SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)は、44%台程度です。この結果から判断すれば、アコムは、借入申込者のうち、実際に貸出に至る割合が4%程度も高く、審査通過確率の高さが見えます。
 
つまり、アコムが審査を担当している三菱東京UFJ銀行が審査に通りやすく、借りれる可能性の高い。銀行カードローンと言えます。
 

カードローン審査は消費者金融が行っている

 

 

新生銀行カードローンレイクも狙い目!?

新生銀行のカードローン「レイク」が狙い目です。

レイクは、元々消費者金融だったのですが、新生銀行が事業を譲り受けし、銀行に合併して、銀行カードローンとして事業を継続しています。

 

レイクは元々消費者金融でしたので、現在も消費者金融と近い基準で、営業を行っています。新生銀行カードローンレイクでは、銀行というよりも、消費者金融の基準に近いと考えられ、審査に通過しやすいものと考えられます。「必ず借りれる」とまでは言えませんが、かなり高い確率で借りれる銀行カードローンとなります。

 

 
 
 

審査基準を知っておく

重要な審査のポイントを理解しておき、日頃から有利になるように心がけられるようになりましょう。その積み重ねが、「必ず借りれる」カードローンに繋がります。

 

 

個人信用情報をしっかりと理解

銀行カードローンの借入審査で最も重要なのは、個人信用情報です。個人信用情報とは、各個人の借入状況や、延滞の有無などが記載されたデータです。この個人信用情報で、延滞などの事故情報があれば、銀行カードローンの借入は不可能です。さらに、銀行カードローンの場合、多重債務者と判定されると審査に通りにくくなります。

 

多重債務者とは、カードローンの利用件数が2件以上ある方です。3件目となれば、多重債務者と判定される可能性も高くなります。銀行は、借入依存が強い、返済に支障が出やすい、多重債務者というものに、非常にネガティブな反応を示す。

 

 

 

年収と勤続年数

銀行カードローンの借入審査では、やはり、年収と、就業状況は重要な要素です。借りれるか、借りれないかを左右します。但し、年収は高ければ、それだけで良いというものではありません。銀行の審査では、収入の安定性を重視します。

(安定性に関しては、こちらの関連記事: カードローン審査で重要な安定性とは? )

 
 
 
 

必ず借りれる銀行カードローン

「必ず借りれる銀行カードローン」に最も合うものがあります。

 

それは、事前にカードローンの極度額を作っておいて、予備的な1枚として保有しておくこくことです。即日借入可能をうたう銀行は増えていますが、銀行カードローンの良いところは、極度額を作って置いておくことができ、さらに年会費、手数料が掛からないということです。

 

銀行カードローンでは、借入申込を行って、作っても、必要がなければ使用しなければ良いのです。

 

まだ、必要ないと思えるうちに、予備的に、借入申込を行って、銀行カードローンを1枚、作っておくのがお勧めです。

この1枚があれば、必要な時に、審査や申込をすることなく、文字通り、必ず借りれる銀行カードローンとして利用出来ます。

 

こちらの関連記事もご参照下さい

お金に困っていない時ほどカードローンを申し込んだ方が良い

 

 

 

2020年おすすめのカードローン

2020年現在、カードローンを利用する際に是非とも対象としたいおすすめランキングです。是非、こちらのカードローンランキングをご参考にご自身にあったカードローンを探してみましょう。

 

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結
 
2020年現在、もっともおすすめのカードローンは楽天銀行スーパーローンです。楽天スーパーローンは銀行カードローンのなかでもトップクラスに金利の低さと借入限度額の大きさで人気のあるカードローンです。さらに、WEBからの申込だけで手続きを完結でき、1度も店舗に行く必要がないという申込の簡単さが人気です。
 
これからカードローンを申し込むなら楽天銀行カードローンも是非加えておくことをおすすめします。
 

<楽天スーパーローン基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典
10~800万円1.9~14.5%××

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 
 

アコムカードローン

アコムのカードローン
 
 
三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感。豊富なATMによる利便性の高さ!
審査回答最短30分。土日も即日借入できるアコム
 

<アコム基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典審査
1~800万円3.0~18.0%×30日間金利無料最短30分

 
 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 
 
 

アイフル カードローン

アイフルのカードローン
 
 
最短30分で審査完了!アイフルなら即日借入も可能
契約書の郵送不要。誰にも知られずにカード受取可能
 

<アイフル基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典審査
1千円~500万円4.5~18.0%×30日間金利無料最短30分

 
[table “19728” not found /]
 

 

まとめ

銀行カードローンの借入審査は、消費者金融などと比較すると、基準は厳しくなることが多いでしょう。
そのため、審査に必ず通過する方法というのは存在しません。
 
可能なのは、銀行カードローンの借入審査の基準を理解して、通過しやすいように準備しておくことか、もしくは、すぐに必要が無くても、先に銀行カードローンを作っておき、予備的においておくことです。
 
そうすれば、必ず借りれる銀行カードローンとして利用できます。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

 
おすすめ記事はこちら
 
 
 
▼カードローンのご案内  
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG