ファクタリングの仕組みについては何となく知っているけど、具体的にどのようなタイミングで使うべきなのかよくわからないという経営者・自営業者や財務担当者も多いのではないでしょうか。ファクタリングには特に利用がおすすめな業種や事業種別の方がいますので知っておくと役立ちます。

 

本記事ではそのような方に向けて業種別に、具体的にどのようなケースでファクタリングが活用できるのかご紹介します。

 

 

 

ファクタリングの向き・不向き

まずはファクタリングに向いている業種と向いていない業種について説明します。ファクタリングは幅広い業種、事業者が活用できますが、利用が適する方には特徴があります。

 

ファクタリングに適する業種

まずはファクタリングに向いている業種から説明します。ファクタリングに適する業種の特徴として、一番に挙げられるのが、売掛金の発生から回収までの期間が長い業種です。

 

売掛金の回収サイトが長ければ長くなるほど、事業には大量の運転資金が必要になります。また、もし売掛金が回収できなかった場合、その運転資金を銀行融資で調達していたときの経営に与えるダメージは甚大です。

 

このような業種は経営上のリスクを軽減させるために積極的にファクタリングを利用するべきです。ファクタリングは運転資金が多い業種に適するのです。

 

 

また、営業利益率の高いビジネスモデルもファクタリングに向いているでしょう。ファクタリングを使う際に問題になりがちなのがその手数料です。例えば卸売業のようなビジネスモデルの場合、粗利率が低いので2社間ファクタリングを行うとその後の資金繰りがかなり厳しくなるでしょう。また、利益率が低いと、ファクタリングを利用することで、赤字に転落してしまう危険性もあります。

 

反対にコンサルティング業のように、ほぼ原価が必要なくて、販管費も読みやすい業種の場合はファクタリングを利用してもリスクは低いでしょう。ファクタリングで資金調達すると、その後の資金繰りがどのようになるのかを考えた上で、ファクタリングを活用してください。

 

また、業種に限らず、大企業などの良質な債権を保有している会社はファクタリング手数料が安くなりやすいので利用しても良いでしょう。

 

ファクタリング利用が適する業種とは?

 

ファクタリングが適さない業種

次にファクタリングに向いていない業種について説明します。向いている業種の所で少し説明しましたが、営業利益率の低いビジネスモデルは手数料が高いファクタリングサービスを利用すると、長期的に資金繰りが悪化する可能性があるので慎重に活用した方が良いでしょう。

 

また、ファクタリングは売掛債権を売却する資金調達なので、現金商売の業種はファクタリングを利用できません。ファクタリングには売掛債権を保有していることが必須条件です。そのため、現金決済で経営されている町の飲食店や個人タクシーなどは、そもそもファクタリングを利用できません。

 

営業利益率が低くない、現金商売ではないという2つの条件を満たせば基本的にどの業種もファクタリングを利用した方が良い可能性があります。ただし、無計画なファクタリングの利用は事業の資金繰りをかえって悪化させてしまいます。

 

きちんと会社の資金繰りをマメにチェックしていない、根本的な解決策が思いつかないという場合は利用しない方が良いでしょう。先にコストカットによって、事業から出ていくお金を食い止めるべきです。

 

なお、ファクタリングが適さない業種、事業者の場合、「ビジネスローン」も検討されてみてはいかがでしょうか。ビジネスローンなら、売掛債権を保有していない中小企業経営者や、個人事業主志も資金調達できる可能性があります。売掛債権を保有していないくても、資金調達を検討できるのがメリットです。

 

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

<関連:ビジネスローンとは?>

>>ビジネスローンとは?利用するメリットとデメリットをご紹介

 

 

業種別のファクタリング活用事例

それでは、主だった業種別のファクタリング活用事例や、ファクタリングに適するかどうかをご紹介させて頂きます。個々の企業や、事業主毎に置かれた状況は異なりますが、業界毎の特徴といったものもあります。業界の特徴とファクタリングの相性についてご確認頂きたいと思います。

 

建設業の場合

では、具体的な業種別のファクタリング使用事例について説明します。まず、ファクタリングが最も向いている業種が建設業です。実際にファクタリングを利用した会社のなかで、建設業の割合が最も高いと言われています

 

建設業の場合は、スーパーゼネコンを頂点とした階層構造の中で、下請け、孫請け、曾孫受けのように下請けを使いながら仕事を行うことが多いし、工事の開始から終了までには時間が掛かるので、工事を始めてから工事が終了して代金が振り込まれるまでに長い時間がかかることが多いです。つまり、「建設業とは運転資金が過大になりやすい業種」と言えます。

 

このときに、元請けの会社が倒産して、売掛金を回収できなくなると、その影響力がその下請け、その孫請けという様に波及していき、連鎖倒産が発生する可能性があります。必要な運転資金を少なくして、連鎖倒産を防ぐためにも、」積極的にファクタリングを使いたい業種だと言えます。ちなみに、建設業の場合は、通常のファクタリングの他に、保証ファクタリングというサービスについて知っておいた方が良いでしょう。

 

保証ファクタリングとは、売掛先企業の倒産などに備えて、売掛金を保有している企業が利用できるファクタリングサービスです。保証料を支払えば、仮に売掛先が倒産によって売掛金を支払えなくなってもファクタリング会社が代わりに代金を支払ってくれます。

 

また、建設業と業界構造や仕事の仕方が似ているIT業界もファクタリングを行うのが有効でしょう。

 

▼業界トップの手数料水準

*NSキャピタルマネジメントはご紹介停止中

▼ビートレーディングがおすすめ


 

 

小売業の場合

次に小売業の場合について説明します。先ほどの説明から小売業は現金商売が多いのでファクタリングに向いていないのではないかと思われるかもしれませんが、決してそうではありません

 

例えば、通販などを行っている場合、ユーザーは銀行振り込みよりもクレジットカード決済を使用するでしょう。このようなクレジットカードの代金は売上が発生してからクレジットカード会社から代金が入金されるまでタイムラグが発生します。

 

クレジットカード会社に対して保有しているクレジットカード債権はファクタリング可能です。特にクレジットカード会社は財務的にしっかりしている所も多いのでファクタリングの手数料が一般的な会社よりも安いことがあります。

 

ただし、クレジットカード会社は通常売掛金を1~2か月もすれば支払ってくれます。よほど資金繰りが苦しい場合を除けばクレジットカード会社の入金までのタイムラグをカバーする位の運転資金は準備しておいた方が良いでしょう。

 

小売業はファクタリング利用が適するか

 

 

医療・福祉業の場合

医療・福祉業もファクタリングに向いているでしょう。保険診療や介護保険を使ったサービスを行っている場合、利用者から利用代金の1~3割を現金で回収して、残りの7~9割は国民健康保険団体連合会や社会保険診療報酬支払基金などから、後日受け取ることになります。

 

この診療報酬債権や介護報酬債権はファクタリング可能です。特に、国民健康保険団体連合会や社会保険診療報酬支払基金は、実質的に政府の機関であり、まず倒産する可能性がありません。

 

専用のファクタリングサービスを利用している会社も多く、安い手数料でファクタリングできるかもしれません。

 

<関連:医療機関向けの融資制度>

>>医療機関が利用しやすい資金調達方法(ビジネクストの「威風堂々」のご紹介)

 

医療機関向けローン

 

 

病院や介護事業所の中には個人営業のお店も少なくありません。そのようなお店に対して銀行はお金を融資しにくいので、ファクタリングによって資金調達を行うのは有効でしょう。

 

<関連:個人事業志が利用できるファクタリング>

>>個人事業主が利用できるファクタリングのご紹介

 

 

製造業の場合

最後に製造業の場合について説明します。製造業はその会社毎に置かれている状況が異なるので一概にファクタリングを利用した方が良いか、否かを説明することはできません。ただし、ファクタリングを資金調達の選択肢と考えた方が良いのは確かです。生産機器の購入などによって銀行から既に大量に資金を借りている場合、銀行は融資に消極的になるかもしれません。

 

しかし、注文が来れば製品を作らなければなりませんし、材料費代や人件費などは、先に自社で負担する必要があります。このようなときにファクタリングを利用すればもっと業績を伸ばせるという会社は多いのではないでしょうか

 

但し、設備投資などの資金にファクタリングを活用するのは適切ではありません。設備資金は長期の資金調達とするのが良く、ファクタリングを活用すると、その後、ファクタリングの活用を続けないと、資金不足が継続することになってしまいます。一時的なつなぎ資金として活用するなら良いですが、設備投資資金としてファクタリングを活用するのは避けるようにしましょう。

 

 

ファクタリグの利用可否を知る

ファクタリングを活用する場合、例え緊急の資金調達であっても、少しでも低い手数料の会社を探したいところでしょう。そのためには、複数のファクタリング会社を比較しながら、条件の良い会社を探していくことになります。

 

その1つの方法として、「資金調達ガイド」の売掛金仮査定を活用することがあげられます。資金調達ガイドとは、ネット上のサービスで、利用者にあう資金調達先を提案してくれるサービスです。資金調達者側での利用料負担などはありません。

 

資金調達ガイドでは、短時間でファクタリングの利用可否を診断してくれるサービスと、複数のファクタリング会社の中から、利用者の条件にあった会社を選んでくれるサービスを提供しています(登録手続きは1回のみで同時に行ってくれます)。

 

資金調達ガイドの良い点は、あくまでの事前相談であるため、提案される条件に満足できなければ利用する必要が全く無いことです。資金調達ガイドが一次として選んだファクタリング会社のなかから提示を受けるため、「悪徳ファクタリング会社」にあたる可能性も低くなります。

 

▼資金調達ガイド

▼ 資金調達ガイドの5秒診断
資金調達ガイド

 

▼利用方法は以下

*アンケート形式ですのでスマホからも登録可能です

 

利用手順①:リンク移動後、左上の「経営者・事業主の方」をクリック

 

 

利用手順②:移動後、以下のファクタリング「公式サイト」をクリック

資金調達ガイド(㈱サウルス)の簡易診断開始画面に移動します。

 

 

利用手順③:以下の「5秒診断スタート」をクリックすると開始です。

希望金額、事業形態(法人・個人事業主)などを選択。メールアドレスに結果が来ます。

 

 

 

 

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングのメリットを最大限活かすために大切なことは優良なファクタリング会社を見つけることです。ファクタリングの効果は利用する会社で大きく異なります。以下に、評判が良く、利用実績の多い、安心して利用できる優良ファクタリング会社をご紹介します。

 

三共サービス

手数料水準でファクタリング会社を選ぶなら三共サービス

 

おすすめ度:SS⁺

 

中小企業がファクタリングを利用する際に、必ず対象先に加えておきたいのが三共サービスです

三共サービスはファクタリング業界のなかでもトップクラスに手数料率が低いことで人気のある会社です。また、ファクタリング会社のなかでも「老舗」にあたる業歴の長い会社ですので、安心して利用することができます。

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ファクタリングの関連記事

>>三共サービスのファクタリングの特徴

 

三共サービスが選ばれる理由

 

 

MSFJ

解りやすく利用しやすいファクタリング会社ならMSFJ

 

おすすめ度:SS

 

MSFJも安心して利用できるファクタリング会社です。MSFJのファクタリング手数用は、ホームページ上でも上限が公表されており、安心して利用できるのが特徴です。MSFJのプレミアムファクタリングでは、手数料率は1.8%~6.8%の範囲内で最大5,000万円までの資金調達に利用できます。

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

ビートレーディング

知名度・実績でファクタリング会社を選ぶならビートレーディング

 

おすすめ度:A+

 

ファクタリング業界のなかで知名度が高く、口コミ・評判の良い会社がビートレーディングです。東京、大阪、福岡の支店があり、出張対応・出張査定も行ってくれますので、全国から利用可能です。

 

また、ビートレーディングでは、自営業者の申込や、小口のファクタリングも利用可能なのもメリットと言えます。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングの関連記事

>>ビートレーディングのメリットをもっと詳しく解説

 

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

 

 

GMO PAYMENT GATEWAY

GMO PAYMENT GATEWAY / GMOペイメント

 

GMOペイメントのポイント

GMO BtoB 早払い

一部上場企業が行うファクタリングサービス

GMOグループのGMOペイメント

ファクタリング手数料は業界最安の1.0%~

2社間ファクタリングにも対応可能

 

▼公式ホームページはこちらから

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

GMOペイメント ゲートウェイ(GMO PAYMENT GATEWAY)の最大の特徴は一部上場企業であるということです。これまでファクタリング会社は中小規模の会社が多く、一部上場企業による参入はありませんでした。しかし、近年、GMOペイメントゲートウェイや、OLTA、ビートレーディングなど、比較的大手と言われる会社の参入が増加しています。

 

もちろん、一部上場企業のファクタリング会社ですので、安心して利用できるのが大きなメリットになります。

▼GMOペイメントゲートウェイのファクタリングが選ばれる理由

GMOペイメントの選ばれる理由

 

まとめ

以上のようにファクタリングに向いている業種・向いていない業種について説明したあとに、建設業、小売業、医療・福祉業、製造業という4つの業種についてどのようなシーンで使うのかについて説明してきました。

 

もちろん、この他の企業も必要に応じてファクタリングを活用することができます。ファクタリングはまだ認知度が低いサービスなので、銀行融資の方が良いのではないかと思われるかもしれません。しかし、ファクタリングはまったく異なる条件・基準の資金調達方法であり、必ずしも銀行調達の下位互換であるというわけではありません。

 

ファクタリングに興味がある会社は、経験としてぜひ一度利用してみた方が良いでしょう。

 

 

<ファクタリングの関連記事>

>>口コミ、評判で選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

>>おすすめファクタリング会社をランキングでご紹介

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG