ファクタリング申込前に最終チェック!!審査のポイントを知れば鬼に金棒

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

近年、中小企業や、個人事業主を中心に、ファクタリングによる資金調達の注目度が高まる傾向にあります。資金調達を、銀行融資に依存しがちな中小企業・個人事業主にとって、銀行以外から資金調達できる方法として、ファクタリングは重要な手段となりつつあります。

ファクタリングを最大限活用するためには、審査のポイントを押さえておくことが大切です。資金調達可否だけでなく、調達時のファクタリング条件にも関わってきますので、審査ポイントは非常に大切です。

ファクタリングの審査ポイントを解説しますので参考にして下さい。

 

 

ファクタリングとは?


最初に、「ファクタリング初心者」の方のために、ファクタリングの基礎をご説明します。「ファクタリングってなに?」が解らないと、ファクタリングの審査ポイントも理解しづらくなってしまいます。

ファクタリングのことなら「十分に理解している」と言う方は、この章をとばして頂いて問題ありません。目次から次の項目「ファクタリングの審査ポイント」に進んでください。

 

 

売掛金を活用した資金調達


ファクタリングとは、中小企業や、個人事業主が利用できる資金調達方法です。資金調達方法と言っても、ファクタリングは借入ではありません。ファクタリングは、「売掛金」を売却することによる資金調達です。

ファクタリングでは、売掛金を回収期日前に資金化する資金調達です。銀行からの融資に慣れている方だと、「手形割引」を利用されたことがあるかもしれません。ファクタリングは手形割引とよく似ています。回収期日前の取引先向けの債権で、資金調達できるという点はファクタリングも手形割引も同じです。

 

<関連記事>

 

 

借入では無い資金調達


ファクタリングは借入ではありません。

この借入では無いということが非常に重要です。ファクタリングを活用すると資金調達手段を多様化することができますが、その影響で銀行融資を受けにくくなってしまっては意味がありません。銀行は審査において、「借入金の総額が過大でないか」を確認しています。そのため、ビジネスローンなどで、銀行以外から借入すると、結果的に借入金の総額は増加しますので、銀行の融資審査に影響します。

 

しかし、ファクタリングは借入ではありませんので、決算書上も借入金は増加しません。決算書上は、売掛金が減少して、現預金が増加します。その分、借入金が少なくて済むようになれば、むしろ、銀行審査には有利となることもあります。

 

つまり、ファクタリングを上手に活用すれば、銀行融資を受けやすくする効果も期待できるのです。

 

<関連記事>

 

 

政府も推奨する手段


経済産業省は、中小企業・個人事業主の資金調達が、銀行に依存しすぎていることを課題としています。銀行に依存し過ぎていると、銀行の融資方針の変更や、対応のまずさで、中小企業・個人事業主の経営が不安定になってしまうためです。

経済産業省は、中小企業・個人事業主の資金調達に占める銀行借入の依存度を下げることを推奨しています。

 

経済産業省が、銀行借入の代替手段として推奨する方法が、『売掛金を活用した資金調達』であり、まさしくファクタリングにあたります。そのため、今後も、中小企業や個人事業主にとって、ファクタリングの重要性は高まっていくことが予想されます。

 

そんなファクタリングを有効活用するためには、ファクタリングの審査ポイントを良く理解しておくことが大切です。銀行融資とよく似たポイントと、全く違うポイントもありますので、整理して、しっかりと理解しておきましょう。

 

 

ファクタリング審査のポイント


ファクタリングの審査ポイントは以下となります。詳細はファクタリング会社毎でも異なりますが、以下のポイントを押さえておくことで、大部分のファクタリング会社に対応できるようになります。

 

 

■売掛金の信用力・条件

ファクタリングによる資金調達ができるかどうかの「最大のポイント」は、売却の対象となる売掛金の信用力にあります。ファクタリング会社は、売掛金の購入代金を、売掛先からの支払いによって回収しますので、売掛金が重要なポイントになるのです。

 

そのため、ファクタリングの対象にして良いかという観点から、売掛金について、以下の点を審査されます。

 

<売掛先のポイント>

  • 売掛先、取引先の信用力(規模、業歴など)
  • 売掛先との取引履歴
  • 売掛先は法人企業か?(個人事業主への売掛金は不可)
  • 回収が遅延している売掛金は不可
  • 過去に回収が遅延した先ではないか?(12ヶ月以内)
  • 売掛金の回収サイトは?(期間が短い方が有利)
  • 売掛金に譲渡禁止特約がないか?
  • 入金までの期間が2ヶ月を超えていないか?

 

ファクタリング会社にとって、取引先からの回収が無事行えることが非常に重要です。

そのため、回収が遅延している売掛先は対象になりません。実際に、ファクタリングの審査では、612ヶ月程度の、取引先からの入金履歴を確認されます。

 

また、一般的に、「個人事業主」の信用力は低いと判断されがちです。そのうえ、ファクタリング会社が信用調査を行うとしても、法人企業より個人事業主の調査は難しく、容易に信用力を評価することはできません。そのため、個人事業主向けの売掛金はファクタリングの対象になりません。

 

ファクタリングを利用するためには、入金遅延の無い、法人企業向けの正常な売掛金が必要になります。

 

 

■ファクタリングの条件

ファクタリング会社との取引条件は、申込人の希望を確認しながら決定されます。

その際のファクタリング方法も審査に影響します。

特に重要なファクタリング条件は以下となります。

 

<条件のポイント>

  • 取引先、売掛先に売却の同意を得られるか?
  • 債権譲渡登記を行うことはできるか?

 

 

<関連記事>

 

 

これらはファクタリング会社にとって、回収リスクを低下させるための条件となります。この2点を満たした方が、回収リスクを軽減できるので、ファクタリング審査に通る可能性も高くなります。

 

どちらとも満たせない、できれば避けたいという方は、ファクタリング業界大手の「ビートレーディング」がおすすめです。ビートレーディングは、柔軟なファクタリング対応が可能です。

 

<関連記事>

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

■調達希望者の財務状況

2社間ファクタリング(取引先の売却の同意を得ないファクタリング)を利用する場合には、資金調達希望者の信用力も審査されます。

2社間ファクタリングの場合、取引先からの売掛金回収を、申込人が行う必要があるためです。申込人が回収した資金を、ファクタリング会社に支払ってくれないリスクを審査されます。

 

<財務状況のポイント>

  • 利益の状況など事業の継続可能性は高いか?
  • 資金調達を希望する理由は?
  • 税金など公租公課の滞納はあるか?
  • 債務超過でないか?
  • 決算書は黒字化?
  • 売上が減少傾向にないか?
  • 調達希望金額が大きすぎないか?(妥当性のある金額か)

 

ファクタリングは、赤字、債務超過、税金滞納があっても、利用できる可能性のある資金調達方法です。「上記の項目に該当するとすぐに駄目」となる訳ではありません。

赤字などがあっても資金調達できる可能性は十分にありますので、「嘘」・「虚偽」をする必要はありません。しっかりとファクタリング会社に相談しましょう。

 

<関連記事>

 

 

■調達希望者は信用できるか?

上記と同様に、資金調達希望者が「信用できる」相手でないと、ファクタリングの審査に通りません。銀行からの融資でも同様ですが、ファクタリング会社は、申込人が「騙そうとしていないか」に注意しています。この項目をクリアするために重要なポイントは、「誠実な対応」を心がけることです。

 

<希望者のポイント>

・質問への対応をしっかりと行うか?

・必要書類を準備しているか?

・経営者との面談にて誠実さが認められるか?

・経営者は面談時間や、書類提出期限など約束を守るか?

・経営者は会社の状況を理解できているか?

 

 

個人事業主は会社を選ぶ


個人事業主がファクタリングで資金調達する場合、利用するファクタリング会社を、しっかりと選ぶ必要があります。ファクタリング会社のなかには、個人事業主の利用を不可としているところも少なくありません。

 

個人事業主からのファクタリングの利用を可能としているファクタリング会社を知っておく必要があります。個人事業主は、審査に通る以前に、そもそも利用できるファクタリング会社に申込する必要があるのです。

 

 

おすすめファクタリング会社


今回は、以上の点を踏まえて、以下のポイントを押さえるファクタリング会社を選定いたしました。

  • ファクタリングの利用条件が良い(比較的審査に通りやすく)
  • 赤字・債務超過・税金滞納中でもファクタリング可能
  • 個人事業主でも利用できるファクタリング会社

 

審査のポイントを理解したうえで、こちらのファクタリング会社を利用すれば、資金調達できる可能性は、大幅に高くなるはずです。

 

 

ビートレーディング

 

ビートレーディングは、知名度・契約件数(実績)ともに業界トップクラスのファクタリング会社です。ファクタリング業界のなかで、もっとも安心して利用できるファクタリング会社と言っても過言ではありません。

 

ビートレーディングは最短即日から翌々営業日まででのスピード調達が可能です。

ビートレーディングなら、債権譲渡登記、連帯保証人、担保、全て不要で、資金調達できる可能性が高いのが特徴です。そのうえ、ビートレーディングは「赤字・債務超過・税金滞納中」でも資金調達可能を公言していますので、利用できる可能性の高いファクタリング会社です。

 

さらに、ビートレーディングは法人・個人事業主のどちらも相談・申込が可能です。

ビートレーディングは全国どちらの会社でも利用できます。

 

<基本条件>

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間
ファクタリング
最大買取額
〇(即日可) 全国 低い 3億円

 

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

公式ホームページに移動後、「WEBからのお問合せ」がおすすめです。

10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、ご相談内容に適した担当者から、電話で連絡がきます。

 

 

 

リソースプロ

 

リソースプロモ「法人企業・個人事業主」のどちらも資金調達できるファクタリング会社です。ファクタリング申込から、最短で翌営業日ので入金も可能です。

 

リソースプロは、「コンサルティング機能」があるのも強みです。

弁護士、税理士、社労士などの専門家が多数在籍しており、事業再生・資金調達の課題解決に向けて、専門知識を有する専門家に相談できるのがメリットです。

 

リソースプロは「満足度95%、リピート率82%」のファクタリング会社です。

 

<基本データ>

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間
ファクタリング
最大買取額
〇(即日可) 全国 5,000万円

 

▼申込・相談はこちらから

早期の資金調達・ファクタリング
個人事業主様大歓迎!赤字、業況悪化、銀行取引停止でもOK迅速対応で最短即日対応。
秘密厳守、安心・確実の2社間取引可。個人事業主様も大歓迎です。

 

 

 

西日本ファクター

 

九州・中国地方でファクタリングを利用するなら、西日本ファクターもおすすめです。

西日本ファクターは、公式ホームページ(上記図)を見れば解る通り、「赤字・リスケ中・税金滞納中」でも積極的にファクタリングを利用できることをアピールしています。

 

赤字・リスケ・税金滞納中の方でも、かなり利用しやすいファクタリングとして、西日本ファクターはおすすめです。もちろん、法人企業だけでなく、個人事業主も利用可能です。

 

西日本ファクターの特徴

●九州、中国地域に強いファクタリング会社!!

●最短即日対応、保証人担保不要で事業資金調達ができる

●個人事業主も利用可能、少額の買取りも可能です

●2社間ファクタリングも取り扱い

 

<基本データ>

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間
ファクタリング
最大買取額
〇(即日可) 九州・中国 低い 1,000万円

 

 

▼無料査定はこちら▼

 

 

 

まとめ


ファクタリングは、銀行融資に依存しすぎない資金調達方法として、近年注目を浴びています。しかし、ファクタリングを利用するにも審査はあります。

ファクタリングの審査ポイントは、銀行融資とは異なります。ファクタリング独自の審査ポイントを押さえておかなければいけません。

こちらの内容を参考に、是非、ファクタリングを有効活用してください。

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

<関連記事>

 

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

事業資金借入
銀行から運転資金融資を確実に受ける方法!銀行の融資担当者が教える審査のポイント

運転資金融資の審査は、銀行からお金を借入する際の基本です。中小企業の経営者や個人事業主にとって、「運 …

事業資金借入
赤字でも銀行からお金は借入できる!!元融資担当者が教える事業資金調達方法

赤字となってしまった会社でも銀行から借入できる可能性はあります。その方法をご説明します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。