ジャパンマネジメントのファクタリングを徹底解剖!!

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ファクタリングを利用する際におすすめできるファクタリング会社をご紹介いたします。

今回ご紹介するファクタリング会社は「ジャパンマネジメント」です。

ジャパンマネジメントのファクタリングの特徴を、メリットもデメリットも含めて、どこよりも詳しくご紹介します。

 

 

ジャパンマネジメントはどんな会社?


ジャパンマネジメントは福岡県に本店を置くファクタリング会社です。

ジャパンマネジメントの本店は福岡県で、東京にも営業所を置いています。

西と東の両拠点から全国対応でファクタリングを展開しているのです。

 

 

<ジャパンマネジメント基本データ/2017年12月時点>

屋号 ジャパンマネジメント
会社名 株式会社ラインオフィスサービス
本社所在地 福岡市中央区赤坂1-6-22赤坂野田ビル301号
設立 不明
受付時間 平日09:30~19:00
業務内容 資金調達支援・ファクタリング業務
経営コンサルティング
財務経理コンサルティング
店舗開業支援
ウェブコンサルティング及びマーケティングリサーチ

 

 

ジャパンマネジメントは全国対応可能


ジャパンマネジメントのファクタリングは全国対応可能です。

ジャパンマネジメントは、福岡に本店を置きますが、東京に事務所を設置しています。福岡、東京だけでなく、全国案件に関してのファクタリングが可能です。

ジャパンマネジメントでは、顧客企業への出張査定も行っているのが特徴です。そのため、忙しくてファクタリング会社に出向けないという方でもファクタリングを利用できます。

但し、出張査定に要する交通費は顧客負担で実費請求となります。

 

 

ジャパンマネジメントの対象者


ジャパンマネジメントのファクタリングサービスを利用できるのは、売掛金を保有する法人企業、個人事業主となります。

個人事業主もファクタリングを利用できるのは大きなメリットです。

 

 

ファクタリングできる売掛金


ファクタリングの対象となる売掛債権は、確定済みの債権(請求後)で、支払遅れが発生していない売掛金となります。滞留債権はファクタリングの対象となりません。

 

また、ジャパンマネジメントでは、個人向け、個人事業主向けの売掛債権もファクタリングの対象とはなりませんので注意が必要です(一般的に、個人向け売掛金はファクタリングの対象になりません)。

 

 

ジャパンマネジメントの特徴


ジャパンマネジメントのファクタリングには様々なメリット・デメリットがありますので、以下に整理しましょう。

 

<ジャパンマネジメントの特徴>

利用できる方 法人企業・個人事業主
対応地域 全国対応可能(出張可能)
買取期間 最短即日可能・スピード査定対応
取引先への通知 無も可能(通知留保)
債権譲渡登記 原則必要
担保・連帯保証人 原則不要
買取金額 50万円~5,000万円
ファクタリング手数料 最低3.0%~20%(条件で異なる)

 

 

 

経営コンサルティング


ジャパンマネジメントは、ファクタリングをメイン事業としていますが、あわせて経営コンサルティングも行っています。

経営コンサルティングは銀行からの資金調達などに関するアドバイスや、銀行融資を受けやすくなる財務内容の改善支援を行っています。

 

 

リピート率93%


ジャパンマネジメントのリピート率は93%です(当社公表数値)。

ジャパンマネジメント自体が公表している数値ですので、真偽ははっきりしませんが、リピート率93%はかなり高い数値です。

リピート率とは、一度ジャパンマネジメントでファクタリングした方が、2度目以上利用する率のことです。

それだけ、ジャパンマネジメントのファクタリングに満足した方が多いことを示す数値となります。

 

 

ジャパンマネジメントのスピード査定


ジャパンマネジメントのファクタリングは最短即日でも資金化が可能です。

インターネット経由からご相談・簡易無料査定を依頼することができます。急な資金調達で相談されることが多いファクタリングですので、最短即日可能というのは、ジャパンマネジメントのファクタリングの大きなメリットです。

 

但し、即日ファクタリング可能とは言っても、余裕を持って相談、条件交渉した方が、好条件を引き出せる可能性は高くなります。ファクタリング手数料に関する条件交渉や、契約内容に関する確認時間として、1週間程度の時間的な余裕はあった方が良いでしょう。

 

<関連記事>

 

 

2社間ファクタリング可能


ファクタリングには2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングという種類があります。簡単に言えば、2社間ファクタリングは、売掛先に通知しないファクタリングです。

取引先に通知したり、事前同意を得て行うファクタリングは、3社間ファクタリングとなります。

売掛先に通知せずにファクタリングしたいと言う方が多いのですが、ジャパンマネジメントでは「2社間ファクタリング」も対応可能です。

 

<関連記事>

 

 

ジャパンマネジメントの買取り金額


ジャパンマネジメントのファクタリングでは、50万円から、最大5,000万円までの買い取りが可能です。ファクタリング会社のなかでは、中程度の規模のファクタリングに対応する会社です。

但し、50万円の小口でもファクタリグ対応でき、個人事業主など、保有している売掛金規模が大きくない方にも大変使いやすいのはメリットなります。

 

 

ファクタリング手数料


ジャパンマネジメントのファクタリング手数料設定は、3.0%~となっています。ジャパンマネジメントでの取引実績がない方で、2社間ファクタリングを利用する場合(最も手数料が高くなるケース)で、10~20%になることもあります(2社間・3社間ファクタリング、売掛債権の信用力でも異なります)。

 

「ファクタリング手数料3.0%~」というのは、ファクタリング業界全体の中でも、低め~中程度の水準にあたります。

ファクタリング手数料としての競争力は高めです。

 

<関連記事>

 

<関連記事>

 

 

利用できる対象が広い


ジャパンマネジメントのファクタリングは、売掛債権を保有していれば、法人企業だけでなく、個人事業主も利用できます。

ファクタリング会社のなかには、法人企業のみを対象としており、個人事業主からのファクタリング相談を受付していない会社も多くあります。

 

さらに、ジャパンマネジメントでは、赤字・債務超過・税金滞納・リスケ中の方でもファクタリングできる可能性があります。

ファクタリングを利用できる方の範囲が広いのは、ジャパンマネジメントの大きなメリットと言えます。

 

但し、ファクタリングを利用するには、売掛債権が保有していることが最低限必要です。

 

 

知名度はまだまだ低い


ファクタリング会社の紹介や、口コミ・評判では、ジャパンマネジメントは、正直少なく、まだまだジャパンマネジメントの知名度は低いと言えます。

残念ながら、ファクタリング業界自体の歴史が浅く、全体として知名度の高いファクタリング会社は少ないのが現状です。

そのなかでも、ジャパンマネジメントは会社情報の公開も少なく、評判・口コミの少ないのが残念なところです。

 

<知名度の高いファクタリングなら>

 

 

ファクタリング対応エリア


ジャパンマネジメントのファクタリングは全国対応しています。

ジャパンマネジメントの事業所は、福岡と東京に置かれています。

福岡と、東京から、全国各地への出張対応も受け付けてしていますので、資金調達者からジャパンマネジメントに行かなくても利用できます。

但し、出張対応してもらった場合の交通費は、実費で顧客側が支払う必要があります。

 

 

相見積もりがおすすめ


ファクタリングを利用する時は、「相見積もり」がおすすめです。

相見積もりというのは、複数のファクタリング会社に、同時に、同条件で、ファクタリング条件の提示をしてもらうことです。

相見積もりに参加してもらったファクタリング会社それぞれの条件を比較しながら、最も良いファクタリング会社を選ぶ方法です。

 

ファクタリング手数料を低く抑えるにも、不利な契約内容で契約させられないようにするにも、「相見積もり」は大切な過程です。ジャパンマネジメントは、ファクタリング手数料に競争力がありますので、相見積もりに加えるにも適しているファクタリング会社です。

 

<関連記事>

 

 

相談・見積もりは無料


ジャパンマネジメントにファクタリングの相談・査定依頼するのは無料です。

ジャパンマネジメントでは実際にファクタリングを実施する場合の手数料・諸費用と、「出張査定」など来社してもらった際の交通費実費が請求されるだけです。

相談・査定に費用はかかりませんので、必要なだけ相談できます。

 

弥生会計ソフトのご案内
▼申込はこちら▼

 

ジャパンマネジメントの評判・口コミ


ジャパンマネジメントを利用した方の評判・口コミを集めました。ファクタリング会社を選ぶ際には、実際にジャパンマネジメントを利用したことのある方の意見・口コミは大変役に立ちます。

残念ながら口コミ・評判は少ないですが、集めたものを掲載します。

 

前向きな評判・口コミ

・他社でファクタリングを利用していたが、ファクタリング手数料に不満を感じていました。そんな時にジャパンマネジメントに相談したところ、ファクタリング手数料を下げることができました。

 

・ジャパンマネジメントは、急な資金を中心に数回利用しています。出張買取りで対応してもらっており、何度か利用して、ファクタリング手数料も徐々に低下しました。

 

・インターネット経由でジャパンマネジメントを知り、初めてファクタリングの相談をしました。ジャパンマネジメントのスタッフに丁寧に教えていただき、ファクタリングを利用できました。

 

 

ネガティブな評判・口コミ

良い評判・口コミだけでなく、ジャパンマネジメントに関するネガティブな評判も確認を忘れてはいけません。

 

・ジャパンマネジメントをインターネットで知り、初めてファクタリングを利用。やや手数料が高いように感じています。

 

⇒ 取扱条件(2社間ファクタリング、3社間ファクタリング)、対象となる売掛金(取引先信用力、サイトなど)でも異なりますが、手数料が高いという印象を持たれたようです。

 

 

ジャパンマネジメントがおすすめの方


以上の結果を整理して、ジャパンマネジメントのファクタリングが適する、おすすめの方をまとめてみました。

以下の項目にあてはまる方はジャパンマネジメントのファクタリングにメリットがあります。あてはまる項目数が多いほど、ジャパンマネジメントとの相性が良くなります。

 

①個人事業主でファクタリングを利用したい方

②銀行融資以外の資金調達方法を確保したい

③現在の資金調達方法だけでは不安

④(遅延の無い・法人企業向けの)売掛金を保有している

⑤利用中のファクタリング会社の条件(手数料など)に不満

⑥ファクタリング以外にも資金調達に関するアドバイスを受けたい

⑦九州でファクタリングを行いたい方

⑧相見積もりを実施したい

 

 

ジャパンマネジメントへの相談・申込


ジャパンマネジメントに相談・申込するには、以下のリンクから行って下さい。

 

▼こちらをクリック

 

公式ホームページに移動後、画面下の「ファクタリング無料診断」を選択して、必要事項を入力してください。

まずは、簡単な「事前査定」が行われ、そのうえで専門の担当者から連絡がきます。「至急」の必要がないなら、WEBから必要情報を入力するのが良いでしょう。内容に応じた担当者から連絡がもらえ、相談がしやすくなります。

 

なお、ジャパンマネジメントへの相談・査定依頼は無料です。

 

 

ファクタリングの手順


ジャパンマネジメントでファクタリングを行う際の詳細な手続きの流れや、手順は公表されていません。

一般的なファクタリング利用時の手順や、注意点を関連記事で解説していますので、参考にして下さい。

 

<関連記事>

 

 

ジャパンマネジメントで必要な書類


ジャパンマネジメントにファクタリングで、仮審査後、正式審査・条件提示を行ってもらうために必要な書類は以下です。急を要する場合には、WEBから簡易診断を依頼したうえで、連絡が来る前に、以下の書類を先に準備しておくと時間が短縮できます。

 

急ぐ方にとって、「必要書類」を手早く準備できるかどうかは、ファクタリングまでの期間を左右するポイントになります。

 

<必要書類の一覧>

  書類名 補足
1 決算書のコピー(2期分)  
2 試算表(今期半期以上経過の時)  
3 直近6か月分の取引、入出金履歴が確認できる書類(通帳コピーなど) 売掛金の入金履歴が記載
4 売掛先に宛てた書類
(発注書、納品書、請求書など)
 
5 会社の商業登記簿謄本 3通/法務局
6 売掛先との取引基本契約書
(無い場合も可)
 
7 実印、ゴム印  
8 法人各種納税証明書(その3の3) ※未納時は未納額証明書/税務署

 

 

ファクタリングとは?


最後に、ファクタリングを簡単にご説明します。

ファクタリングは、近年、注目度が高まっている資金調達方法の1つです。

しかし、ファクタリングは借入とは違います。

ファクタリングは、「売掛債権の売却」になります。

 

ファクタリングは手形割引に、非常に似ていますので、銀行の手形割引をご存知の方であれば、イメージがしやすいかも知れません。

ファクタリングは、回収期日前の売掛債権を、先に資金化する方法です。資金調達日から売掛債権の回収までの期間は、ファクタリング会社が立て替えることになります。

 

<関連記事>

 

ファクタリングと手形割引は非常に良く似ていますが大きな違いがあります。

最も大きな違いは償還請求権の有無です。

手形割引は、取引先が倒産して支払いが出来なくなった時に、資金調達者が銀行から手形を買い戻す必要があります。

それに対して、ファクタリングでは、ファクタリング会社がリスクを負いますので、買い戻す必要はありません。

 

<関連記事>

 

 

まとめ


ジャパンマネジメントのファクタリングについて徹底的に調べてみました。

ジャパンマネジメントは法人企業だけでなく、個人事業主も最低50万円から利用できるファクタリング会社です。

業界の平均的な水準に比べ、ファクタリング手数料は低めですので、相見積もりに加えることも検討したいファクタリング会社です。

 

ジャパンマネジメントは「最短即日」での買取りも可能です。

しかし、ジャパンマネジメントを最大限活用するためには、最低でも1週間程度の時間的余裕を持って、相見積もりで相談するのが良いでしょう。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

<関連記事>

 

 

MFクラウド会計のご案内
▼申込はこちら▼

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

事業資金借入
銀行から運転資金融資を確実に受ける方法!銀行の融資担当者が教える審査のポイント

運転資金融資の審査は、銀行からお金を借入する際の基本です。中小企業の経営者や個人事業主にとって、「運 …

事業資金借入
赤字でも銀行からお金は借入できる!!元融資担当者が教える事業資金調達方法

赤字となってしまった会社でも銀行から借入できる可能性はあります。その方法をご説明します。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。