ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法

自営業者がファクタリング利用する時に注意するポイントとおすすめのファクタリング会社3選

ファクタリングでは、売掛金の質が重要なので、利用者の経営状態や信用力は関係ないと思われるかもしれませんが、多少なりともファクタリングの審査結果に影響を与えます。

特に自営業か法人かというのはファクタリングを行う際には大きな違いになります。

本記事では自営業者がファクタリングする際に焦点を当てて、利用する際に注意すべきポイントについて説明します。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは売掛債権をファクタリング会社に売却することによる資金調達方法です。

法人向けの売掛金があれば担保や連帯保証人がいなくても利用できるものとして、中小企業や自営業者でも使い勝手の良い資金調達方法としてファクタリングは注目されています。

ファクタリングは売掛金の売却であって、借入ではありません。借入でないことから、以下のようなメリットが期待できます。

 

ファクタリングのメリット

  • 審査に通りやすい
  • 即日など短い期間で現金化ができる
  • 売掛金があれば利用できる

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの仕組みを解りやすく解説

 

自営業者はファクタリング不可?

まず、注意したいのが自営業者の場合は、そもそもファクタリングが利用できないかもしれないということです。

利用するファクタリング会社によりますが、会社によってはそもそもホームページなどで個人事業主・自営業者の利用を断っている場合もありますし、明記していなくても問い合わせをすると個人事業主だからという理由でファクタリングの利用を断られる場合もあります。(自営業者が利用できるファクタリング会社は後述します)

 

よく、ファクタリングでは、資金調達を希望する事業者の信用力ではなく、利用者が保有している売掛金の相手先や債権の内容が重視されるので、赤字であっても、債務超過であっても、税金を滞納していても、銀行融資と違って資金調達ができると言われることがあります。

しかし、そもそも自営業者であるというだけで、ファクタリング会社の審査を受けられない場合があるのです。

 

もちろん、ファクタリング会社の中には自営業者の保有している売掛金をファクタリングしてくれる会社も存在します。

ただし、売掛金を保有しているからファクタリングが利用できると安心していると、いざファクタリング申込の段階になって、依頼した会社が自営業者からのファクタリングに対応していないと資金繰りの調整が大変になります。

自営業者がファクタリングする場合はきちんと、依頼するファクタリング会社が対応してくれるのかを確認しておいた方が良いでしょう。

 

自営業者の審査が厳しくなる理由

では、なぜ自営業者がファクタリングを利用とすると断られたり、審査が厳しくなったりするのか考えられる理由について説明します。

 

保有売掛債権の質が良くないことが多い

まず、自営業者のファクタリングが断られやすい理由として挙げられるのが、保有している債権の質が良くないことが多いということです。

個人事業主は法人と比較すると一般的に売掛金の金額が小さく、取引条件が良くないことが多くなります。

 

やはり、自営業者の場合、取引先との関係で不利になることが多く、売掛金のサイトが長くなったりすることもあります。

ファクタリング会社もビジネスなので、細かい金額の売掛金をいちいちファクタリングしていては採算が合わない可能性が高くなります。

手間ばかり掛かって、利益が少ないと割に合わなくなってくるためファクタリング会社も敬遠してしまいます。

さらに、自営業者の売掛先が信用力に不安がある企業であったり、支払いサイトが長期に渡っていたり、安定的に発生していなかったりする売掛金をファクタリングすることはどうしてもリスクが高くなります。

 

自営業者はこのような売掛金を保有している傾向が高いため、自営業者というだけで門前払いをしてしまうファクタリング会社も多くなっているのです。

さらに、実際に売掛金の内容を分析しても、自営業者の申込は金額が低く、リスクも高くなる傾向にあるため、ファクタリング会社にとって収益に対してリスクが見合わないものと判断して断られるケースもあります。

 

ファクタリングの関連記事

自営業者はファクタリングを利用するのが難しいこともある

経営に対する信頼性が欠けている

また、法人と比較すると自営業者は経営に対する信頼性が欠けていると見なされることがあります。

例えば、法人の場合は大抵の場合、税理士が税務申告や決算書の作成に関わっていますが、自営業の場合は税理士がチェックしていない場合も少なくありません。

 

また、取引を示す証憑の管理なども法人と比較すると曖昧になっていて、売掛金が発生しているのかを客観的にチェックできないという場合も少なくありません。

ファクタリング会社の立場で考えると、このような信頼性に欠けている自営業者からファクタリングすることは非常にリスクが高くなりますので、リスクと収益を天秤にかけて断る場合も当然発生します。

 

印象が良くない・利用条件に合致しない

また、面談までして断られた場合は単純に面談での印象が良くなかったり、利用条件に合致していなかったりする場合があります。

特に自営業者は忙しいし、従業員も少なく、財務に関する専門的な知識も欠けていることが多いので、法人と比較すると資料の用意が甘かったり、面談の日に急きょ外せない仕事が入ってドタキャンしたりせざるを得ない場合も考えられます。

また、ファクタリングする際の最低金額を満たしていないために、利用条件に合致していないということで落とされる可能性もあります。

 

自営業者におすすめの会社

自営業者がファクタリング会社に相談するには、そもそも自営業者を取り扱っているファクタリング会社であり、かつ、小口の買取にも対応している会社がおすすめです。

実際に、自営業者のファクタリングに積極的に取り組んでいる会社としては、以下のようなファクタリング会社がおすすめです。

 なお、ファクタリング会社への相談は、1社単独で相談するのではなく、複数社を同時進行で相談することが大切です。

複数のファクタリング会社で相談することで、それぞれの条件を比較できるだけでなく、さらに、ファクタリング会社が競合することで条件が良くなることも期待できます。

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの手数料体系

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日
MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

中小企業金融サポートの郵送ファクタリングなら来店不要

郵送で手続き完結のファクタリング

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロ

ファクタリングの一括見積サービスなら資金調達プロ

ファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

ファクタリングの関連記事

 

自営業者が行える対策

では、自営業者はファクタリングを利用するためにどのような対策を行えば良いのでしょうか。いくつかの対策について説明します。

 

法人格を取得する

まず、考えられる最もシンプルな解決策が法人格を取得することです。

事業内容や決算書の内容がほとんど変わらなくても、ファクタリング会社にとって、法人か自営業者かによって事業に対する信頼性は変わります。

特に会社法が改正されて以降、法人設立のハードルはどんどん下がっていますし、事業の規模によっては法人を設立することによって節税することが可能になります。

 

事業が安定していて、ある程度の事業規模になっている場合は、個人事業主からの法人成りを検討しても良いでしょう。

但し、法人格を取得するにあたっては、準備に時間もかかります。

緊急の資金調達が必要という場合には時間的にも厳しいでしょう。急いでファクタリングを利用したい自営業者の方は、以下をご参考ください。

 

事業の信頼性を高める

事業の信頼性を高めることによってファクタリングを受けられやすくする方法もあります。

例えば税理士に決算書の内容をチェックしてもらう、自営業であっても契約書や見積書、納品書などの証憑をきちんと取引先と交わすことによって、取引内容を明確にするなどの対策が考えられます。

 

わざわざファクタリングのためにこのような対策を行うことは手間がかかるし面倒だと思われるかもしれませんが、このような対策を行うと銀行融資の判断の際にもプラスとなります。加えて、自営業者にとっても、事業の状態を客観的に把握しやすくなる効果もあります。

なお、取引状況まで変えなくても、上記のような確認ができる資料を準備しておくだけでも、自営業者のファクタリングはかなり可能性が高まります。

 

ファクタリング会社と交渉する

自営業者にとって、ファクタリング会社と交渉するのも重要です。

例えば、きちんと自営業者の売掛金でもファクタリングしてくれる会社を探したり、複数の会社から相見積をとったりするのは簡単なことですが重要です。

更に手数料などについて条件を譲歩することによってファクタリングできる場合もありますし、取引を重ねることによって条件が良くなる場合も考えられます。

自営業者からファクタリングするか否かは、ファクタリング会社の裁量で決まっているので、交渉次第では個人事業主NGの場合でもファクタリングを利用できる場合もあります。

 

ファクタリングの関連記事

 継続利用でファクタリング条件は良くなる?

 

他の資金調達方法を検討する

自営業者がどうしてもファクタリングを利用できない場合は、ファクタリングに拘らず、他の資金調達方法に挑戦した方が良い場合もあります。

自営業者がファクタリングを利用しようとしているということは、おそらく銀行融資を断られている場合が多いと考えられますが、担保や保証人を用意すれば融資に応じてくれる可能性もありますし、ビズネスローンを使って資金調達ができる可能性もあります。

 

特に、ビジネスローンについて検討されたことが無いという方なら、同時並行してビジネスローンにも相談してみましょう。

ビジネスローンは審査スピードも速く、銀行融資の審査に落ちた方でも利用できる可能性のある融資になります。

 

  • アイフルビジネスファイナンス
    5

    ☆事業者向けビジネスローン
    ☆アイフルグループ
    ☆急な資金調達に対応可能
    ☆無担保・無保証(第3者保証)
    ☆年会費/保証料不要

    借入可能額(最大)

    1,000万円

    適用金利・手数料など

    3.1%~18.0%

    その他優遇など

    カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

  • ユニーファイナンス
    4.28

    ☆事業者向けビジネスローン
    ☆無担保型と不動産担保型が選べる

    借入可能額(最大)

    (不動産担保)3,000万円、(無担保)300万円

  • エム・アール・エフ
    4.3



    ☆個人事業主・法人向けビジネスローン
    ☆西日本エリアが対象
    ☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

    借入可能額(最大)

    3億円

    適用金利・手数料など

    ~15%以内

 

ファクタリングの関連記事

 

まとめ

以上のように自営業者がファクタリングする際の法人と比べると不利になりがちなこと、どうすれば自営業であってもファクタリングして貰えるようになるのかその対策について説明してきました。一般論として個人事業主は法人と比較して、資金調達の際に不利になりがちです。

 

一定以上の事業規模になれば法人の方が有利になることも多いので、事業規模が大きい個人事業主はまずは法人成について検討してみるのが良いでしょう。

そして、法人成するメリットがあまりない場合は、自営業者としてファクタリングを利用する必要がありますが、自営業だからといって絶対ファクタリングできないということはありません。

自営業者は保有している売掛金の質や経営に対する信頼性などの理由から不利になりがちですが、きちんと対策を行う、相見積を取り、取引実績を作って交渉することによって自営業者でも普通にファクタリングを利用することは可能です。

 

ファクタリングの関連記事

ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG