ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法

ファクタリングは銀行融資などに比較して審査に通りやすく利用しやすい資金調達方法だと言われていますが、ファクタリングであっても100%審査に通るわけではありません。

実際にファクタリング審査に落ちて悩まれている経営者も多くいるでしょう。

しかし、審査に落ちたからと言って諦める必要はありません。

ファクタリングの審査で見られるポイントを押さえて準備すれば審査に通る可能性は高まります。今回はファクタリング審査に落ちた場合に実践すべき対処方法をご紹介します。

 

ファクタリング審査のポイント

最初にファクタリング審査で落ちてしまう理由から確認しておきましょう。

審査に落ちる原因とファクタリング会社がチェックしている項目を知っておくことは大切です。

ファクタリング会社が審査で見るポイントには特徴があります。そのため、審査ポイントを理解して準備しておくことで審査に通りやすくすることができます。

 

また、一度ファクタリング会社の審査に落ちてしまった場合、別のファクタリング会社に申込しても問題ありません。

ファクタリング会社を変えれば再度申込しても問題ありません。複数のファクタリング会社に相談・申込することで「申込ブラック」に陥るということもありません。

 

しかし、審査に落ちた理由が解っていないと、いくらファクタリング会社に相談しても同じ結果になってしまうかもしれません。

審査に落ちないこと、及び一旦落ちても次に審査に通すためには審査基準を理解して適切な準備をしておくことが第一歩になります。

 

但し、ファクタリング会社に質問しても、審査落ちにした理由は教えてもらえないのが通常です。

審査に落ちた場合には、「総合的判断」など、曖昧な理由で取引を断られるのが一般的です。

そのため、審査落ちの理由を知るためにはご自身で推測するしかありません。

そのためには、頻繁に見られる審査落ち理由と、ご自身の状況を照らし合わせて、該当するものがないかを確認するのが良いでしょう。

以降では、ファクタリング審査で落ちてしまう要因をご紹介していきます。

ファクタリングの審査に落ちる要因

売掛金は明確に存在しているか

ファクタリングによる資金調達とは、利用希望者が保有する売掛債権をファクタリング会社に売却することです。

そのため、当然、売掛債権が存在していることがファクタリング利用の大前提になります。

 

つまり、売掛債権がなければファクタリングはできません。

そして、売掛債権の存在が不明確であってもファクタリングは利用できません。

ファクタリング会社は譲渡を受けた売掛債権を支払期日に回収することで買い取り代金の回収を行います。もし、支払期日に売掛債権の代金が支払われなければ、ファクタリング会社が損する可能性があります。

 

そのため、ファクタリング会社は本当に代金を支払ってもらえる売掛債権かどうかを審査しています。そのポイントの1つが、「売掛債権は本当に存在しているのか」ということです。

ファクタリング審査に落ちる「存在しない売掛債権」の例としては以下のようなものがあります。

  • そもそも売掛金が存在していない(誤解・ミスなど)
  • 役務提供が完了していない
  • 取引先が売掛金の存在を否定、支払を拒否している
  • 利用希望者がねつ造している売掛金
  • 契約書、請求書などの確認資料が存在していない

以上のようなケースがファクタリング審査に落ちる「本当に売掛金が存在しているのかが怪しまれる」事例です。

 

ファクタリング利用希望者が資金調達に焦っている、困っているような場合、少しでも多くの資金調達を行うためにファクタリング会社を騙すような行為をすることがあります。

例えば、存在しない売掛金を偽って売却しようするケースです。

ファクタリング会社もプロですので、こういった利用者の騙す行為がないかを慎重に調査します。

また、実際に売掛債権が存在していても、騙しているような危険性が高いと判断すればファクタリングを拒否することもあります。

 

その例が、売掛債権の存在を裏付ける資料がないケースです。

裏付けの資料としては、基本契約書、発注書(注文書)、検収書(受注書)、請求書などになりますが、こういった資料が無い売掛金は存在が不明確であり、ファクタリング会社も慎重にならざるを得ないため、審査に落とすことがあります。

 

また、存在を裏付ける資料が準備されていても、一回限りの取引先に対する売掛金はファクタリング会社が買取を拒否することがあります。

ファクタリング会社は売掛債権の存在を基本契約書などの資料と、これまでの入金履歴によって確認します。

そのため、一回限りの売掛金のように、過去の入金履歴が存在しない売掛金には消極的な反応を示すことが多くなるのです。

売掛金は存在しているか

売掛先の存在が認められるか

売掛債権をねつ造してファクタリング会社を騙す場合に多く見られる売掛先は、存在を確認するのが難しい自営業者名義や休眠会社などです。

書類上には売掛先の名称や住所が記載されていても実際に営業していることや、店舗などの確認ができないといったケースがあります。こういった売掛先の営業の実態が不明瞭な場合には審査落ちの原因になります

 

また、良く似たケースとして、売掛先に提供しているサービスが解りづらいものも審査落ちの原因になることがあります。

例えば、「商品を販売した」、「工事を請け負った」、「製造した」などの提供した役務が明確な場合は良いのですが、「コンサルティング」、「業務委託」などの場合は役務提供の内容が解りにくく、ファクタリング会社としても実際の業務があったのかを判断しづらくなってしまいます。

こういったケースでは、成果物として提供したレポートや、報告書などの提示を求められることもあります。

 

支払いサイトが60日を超える

売掛債権の支払いサイトが60日を超える場合はファクタリング審査で落ちてしまう可能性が高くなります。

一般的な売掛債権は「末締め翌月末支払い」、「末締め翌々月末支払い」です。これ以上先を指定して支払日を定めることは稀であり、売掛金の支払いサイトは長くても60日以内というのが通常です。

 

そのため、60日を超える支払サイトの売掛債権はファクタリング会社も怪しく思い、審査で拒否するケースが多くなります。

なお、例外的なファクタリング会社として「MI Vision」は最大90日までの売掛金をファクタリング可能です。

MI Visionは将来債権ファクタリングの取り扱いを行う数少ないファクタリング会社です。

 

支払サイトが60日を超える売掛金はファクタリングの対象にならない

売掛先の支払い能力は認められるか

ファクタリング審査でもっとも重要なのは売掛先の支払い能力です。

ファクタリング会社が売掛債権の買取資金を回収する原資となるのが、売掛先が支払ってくれる売掛債権の代わり金です。

 

一般的なファクタリングには償還請求権がないため、売掛先が倒産などでの理由で支払ってくれなかった場合でもファクタリング利用者に代わりに請求するということができません。

売掛先が支払えるかどうかのリスクはファクタリング会社が負うのです。

そのため、売掛先が支払ってくれなければ資金を回収できないことになります。

ファクタリング会社は審査で売掛先が支払を行うことができるのかを最も重視して確認しますし、その結果がファクタリング可否だけでなく、ファクタリング手数料にも影響します。

 

もちろん、売掛先の支払い能力が高いと判断された方が手数料も低くなります。

但し、売掛先はファクタリング利用者ではないため、支払能力を判断するための情報を直接依頼して受け取るということができません。

そのため、ファクタリング会社は一般的に入手できる情報の範囲で調査を行いますし、調査を行いやすい売掛先の方がファクタリング審査にも通りやすくなります。

 

例えば、証券取引所に上場している会社や、政府系の公的機関、上場はしていないが規模の大きな会社(大会社)であれば信用力は高く、ファクタリング審査でも有利となります。

上場企業であればIR資料が公表されていますので調査は容易に行うことができますし、大企業であれば民間調査会社(帝国データバンク、東京商工リサーチなど)の調査報告書なども活用できるでしょう。

 

一方、中小企業、零細企業、個人事業主(自営業者)など売掛先の規模が小さくなるにつれ、信用力は低いと判断されていくことになります。

前述のような民間調査会社の調査報告書が取れない相手が取引先であれば、支払能力を評価することも難しくなっていきます。

売掛先が法人ではなく、個人事業主(自営業者)となる売掛金の場合、そもそも買取の対象としないとするファクタリング会社も存在します。

 

また、対象となる売掛先からファクタリング利用者に対する過去の入金状況も重要な情報となり、ファクタリング申込時には対象売掛金の入金履歴が解る資料(預金通帳など)の提出が求められます。

 

ファクタリング審査時には、この入金履歴を1年程度の範囲内でチェックし、基本約定書や請求書で定められた期日に問題なく支払われているかを確認しています。

仮に、入金履歴のなかで回収が遅れているものが複数回見つかった場合などには、ファクタリング審査で落ちてしまう可能性も高くなるでしょう。

ファクタリングの審査では売掛先の支払い能力が重要

ファクタリング利用希望者の信用力

ファクタリング会社の審査で最も重要視されるのは売掛先の支払い能力です。ファクタリング会社としては売掛先が支払を行ってくれれば期日回収ができるためです。

しかし、ファクタリング利用者の信用力が審査に全く影響しないわけではありません。

特に2社間ファクタリングを利用する場合には利用者の信用力も審査の確認ポイントとなります。

これは2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの仕組の違いが影響しています。3社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社は売掛債権の支払期日に売掛先から直接代金を受け取ります。

 

3社間ファクタリングの仕組図

3社間ファクタリングの仕組と特徴

一方、2社間ファクタリングでは一旦ファクタリング利用者が売掛先から代金を受け取って、その代金をファクタリング会社に支払います。

このファクタリング利用者を介して、売掛金の代金回収を行うことがポイントになります。

 

2社間ファクタリングの仕組図

2社間ファクタリングの仕組と特徴

 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

 

ファクタリング利用者の資金繰りがあまりにも苦しいと、ファクタリング会社の代理で受け取った売掛金の代わり金を流用してしまうケースがあります。

もちろん、既にファクタリング会社に売却した売掛金であり、回収した代金もファクタリング会社のものであって、利用者は代理で受け取ったに過ぎません。

そのため、流用してしまえば、横領などの罪に問われる可能性もあります。

 

しかし、ファクタリング利用者のなかには資金繰りに窮してしまい、駄目だと解っていながらこの売掛金の代わり金を流用してしまうケースがあります。

そのため、ファクタリング会社としても2社間ファクタリング利用時には、ファクタリング利用者の信用力を確認しておく必要があるのです。

なお、ファクタリング会社が利用者の信用力を審査する場合、決算書をもとに評価・審査が行われます。その中でも特に重視されるのは「売上高」や「営業利益」です。

 

ファクタリング利用者の営業実態

ファクタリング会社は利用者の信用力に加えて営業実態があることも確認しています。

ファクタリング会社を騙して資金調達しようとする経営者のなかには、実際には既に営業していないにも関わらず、現在も営業を続けているふりをして騙そうとすることがあります。

 

ファクタリング会社が営業実態を調査するにあたっては、利用者の本社事務所や店舗が実際に存在するか、会社のホームページの存在、WEB上の口コミや評判などを確認します。

仮にファクタリング利用者の店舗や本社住所を訪れてみたにもかかわらず、営業している形跡や実際の事務所が見当たらなかった場合や、ホームページが存在していなかったり、更新が全くされていないような場合には審査落ちにしてしまう原因となります。

 

ファクタリングの利用状況

ファクタリング会社が審査時において確認する項目としてファクタリングの利用状況があげられます。

ファクタリング利用者のなかには、特定のファクタリング会社に売掛金を譲渡したにもかかわらず、別のファクタリング会社に再度売却してしまうことがあります。

つまり、売掛金の2重譲渡です。

 

ファクタリング会社としては2重に売掛金を譲渡されてしまうと代金回収時に問題が起こる可能性が高く、2重譲渡だと解れば当然、買取を拒否します。

そのため、ファクタリング審査時には現在のファクタリング利用状況を確認したうえで、買取の対象となる売掛金が既に売却されたものでないかを確認するのです。

 

面談結果も審査に影響する

ファクタリング会社のなかには、「面談」、「来店」を求めずにWEB上からの手続きや郵送だけでファクタリング申込・契約を完結できる会社も存在します。

 

▼面談・来店不要のファクタリング会社の例

ウィットのファクタリング

 

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

 

郵送で手続き完結のファクタリング

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

しかし、大部分のファクタリング会社では審査の一環として、利用者である会社の経営者などとの面談を加えています。

そのため、面談結果によってファクタリング審査の結果に影響がある可能性もあります。

例えば、経営者のモラルが低い場合や、責任感が感じられない、経営能力が著しく低いと判断された場合などが該当します。

こういった経営者はファクタリング会社にとって信用できない相手と見なされます。

 

ファクタリング会社としても売掛金の期日には問題なく回収できることが重要です。

しかし、利用会社の経営者が信用できない相手であった場合、ファクタリング会社を騙そうとしたり、一旦代理で受け取った代わり金を流用する、2重譲渡するなどの危険性も高くなってしまいます。

 

悪質なファクタリング利用者ではないかをファクタリング会社は面談を通して判断します。

面談時に信用できない経営者であると判断されてしまうと審査に落ちる可能性もありますので、ファクタリング会社から信用してもらえるように気を付けましょう。

ファクタリングの審査に落ちたら別のファクタリング会社に相談

別のファクタリング会社に依頼

ファクタリング会社の審査に落ちて、ご自身の審査落ちの原因について検討を付けた後は、別のファクタリング会社にも申込を行うようにしましょう。

前述の通り、ファクタリング会社がチェックする審査ポイントには特徴があります。

 

しかし、それぞれの項目の確認方法や基準はファクタリング会社によっても異なります。

そのため、1社の審査に落ちたとしても、審査落ち原因に推測をつけて別のファクタリング会社に相談すれば、審査に通るという可能性は十分にあります。

 

審査落ちしたことで諦めてしまわず、審査に通りそうな別のファクタリング会社に相談してみることが大切です。

以下は、2020年現在、サービス内容が良く、安心・安全に利用できるファクタリング会社のご紹介です。ファクタリング会社選びの参考にしてみてください。

 

三共サービス

 

最大買取可能額:1億円

ファクタリング利用時に必ず検討対象に加えたいのが三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が、業界トップクラスに低いことです。

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビートレーディング

 

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJ

 

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。

さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ビジネスローンを活用する

また、ファクタリング審査に落ちてしまった場合、ビジネスローンで資金調達するという対処方法もあります。

ビジネスローンとは簡易的な審査方法(コンピューターを使ったスコアリングシステムなど)によって、短い期間での審査・融資を可能とする借入商品です。

 

ファクタリングを利用しようとしたけども、「必要額に足りる売掛金が無い」、もしくは「売掛先の信用力が問題として審査に通らない」、「売掛金の存在を示す契約書」がないとったケースには「ビジネスローン」がおすすめとなります。

 

ビジネスローンは原則、無担保・第三者保証人不要で利用できる商品です(一部有担保型のビジネスローンも取り扱いありますので、担保となる不動産などがあればこちらも利用可能)。

ビジネスローンは売掛金がなくても利用できます。

もちろん、ビジネスローンでは売掛先の信用に関係なく利用できる商品ですので、もし、売掛金、もしくは売掛先の要因によって審査に落ちてしまった方はビジネスローンを検討してみましょう。

 

ビジネクスト

 

ビジネクストはビジネスローン業界トップクラスの規模と知名度を誇る会社

ビジネクストの特徴はカードローンのタイプのビジネスローンを取り扱っていることです。

カードローンタイプですので、一旦契約しておきば、その後はいつでも自由に借入を行うことができます。

もちろん、契約は借入枠を持っておくことにはお金がかかりません。

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

ユニーファイナンス

ユニーファイナンスユニーファイナンスのビジネスローンもおすすめです。

ユニーファイナンスは証書貸付タイプのビジネスローンで大きな金額を低めの金利で借入できます。

ユニーファイナンス
4.28

☆事業者向けビジネスローン
☆無担保型と不動産担保型が選べる

借入可能額(最大)

(不動産担保)3,000万円、(無担保)300万円

 

 ビジネスローンとは?特徴と有効活用する方法

 

まとめ

ファクタリングの審査に落ちてしまった場合の対処方法について解説しました。

ファクタリング審査に落ちてしまった場合には、以下の3つを検討してみましょう。

  1. 審査に落ちた原因を推測する
  2. 別のファクタリング会社に相談してみる
  3. ビジネスローンを検討する

ファクタリング会社ごとにも審査基準などは異なります。1社の審査に落ちたとしても、別のファクタリング会社であれば審査に通って、資金調達できる可能性は十分にあります。

対処方法を参考にして、資金調達に成功していただきたいと思います。

ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG