製造業はファクタリング利用に適しているか!?ファクタリングに最適な業種は?

ファクタリングによる資金調達が向いている業種の一つとして「製造業」があげられます。

製造業がファクタリングと相性が良いと言われる理由はどこにあるのでしょうか?

製造業とファクタリングの関係について分かりやすく解説していきながら、製造業のファクタリング利用事例から最適な利用方法について学んでいきましょう。

  • 三共サービス
    4.95



    ☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
    ☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
    ☆全国対応可能

    適用金利・手数料など

    (3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

    所要時間

    最短翌営業日の現金化が可能

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    1億円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • ビートレーディング
    4.85



    ☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
    ☆全国対応可能
    ☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

    適用金利・手数料など

    2%~(ファクタリング手数料)

    所要時間

    最短即日での現金化

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    3億円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

  • GMOペイメントゲートウェイ
    4.95



    ☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
    ☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
    ☆全国対応
    ☆利用は法人企業のみ

    適用金利・手数料など

    1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短2営業日

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    1億円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • MSFJのファクタリング
    4.8



    ☆業界最低水準の手数料率
    ☆スピード審査に対応
    ☆他社からの乗り換えも可能

    適用金利・手数料など

    1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短1営業日での現金化

    その他優遇など

    手数率は業界最低水準で審査通過率90%

    資金調達限度額

    30万円~5,000万円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

  • MI Vision
    4.65



    ☆将来債権買取のMI Vision
    ☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
    ☆プライバシーマーク取得企業

    適用金利・手数料など

    非公表

    所要時間

    最短即日での資金化可能

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    7,000万円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • トラストゲートウェイ
    4.5



    ☆九州特化型のファクタリング会社
    ☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
    ☆保証人・担保不要
    ☆リピート率98%

    適用金利・手数料など

    3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短即日での現金化

    その他優遇など

    3万円のキャッシュバックキャンペーン

    資金調達限度額

    3,000万円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • ジャパンマネジメント
    4.4

    ☆他社からの乗り換えにも対応
    ☆全国対応可能
    ☆来店不要(WEB申込で完結)

    適用金利・手数料など

    3.0%~(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短即日での現金化

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    5,000万円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

  • えんナビ
    4.5



    ☆小口ファクタリングにも対応
    ☆24時間365日受付

    適用金利・手数料など

    5.0%~

    所要時間

    最短即日での資金化可能

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    30万円~5,000万円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

 

製造業と資金繰り

製造業では、元受けから依頼された製品を元受けが指定した期日までに納品し、後日代金が入金されるという事業スタイルが一般的です。

掛け売りとも呼ばれますが、代金が入金されるまでは売掛金として扱われます。

製造業者と発注元との力関係も影響しますが、多くは、一定期間内に納品した商品の合計額を月末で締め、それから1~2ヶ月程度経ってから代金が支払われます。

 

多くの製造業者は、この後払い方式で受注を行っています。そのため、製品を作るための材料費や人件費を数ヶ月間も負担しなくてはなりません。

元受け会社との関係性次第では、急な大量発注や仕様の変更なども珍しいことではありません。

また下請けとして受注する側の“ライバル製造業者は非常に多いため、元受けの多少の無理も受け入れなければと精一杯になる製造業者の方は少なくないでしょう。

 

また、製造業は製造ラインが正確に動いていることが仕事をしていく上での大前提となります。

機械の故障などの急なトラブルはいつ起こるかわかりません。

トラブルが起こった際、迅速に製造ラインを復旧させることができるか否かは、現在請け負っている仕事を期日通りに進められるかどうかに大きく関わってきます。

とはいっても、機械の修理代金や新しい製造ラインの設計などには膨大な費用がかかります。

 

加えて、先に材料を仕入れたり、人員を確保することにもお金がかかっていますので、トラブルに備えて、多くのキャッシュを確保できているという企業は多くないでしょう。

製造業を営んでいく上で、キャッシュフローの安定化というのは必要課題です。

損益計算書上だけの話ではなくキャッシュフローもある程度のプラスで維持させておくことで、急な受注やトラブルにも対応していける生産体制を整えることができるでしょう。

 

製造業にファクタリングが適する理由

多くの製造業者が、売掛金としての後払い方式でビジネスを請け負っています。

そのため代金が入金されるまでの期間は、材料費・人件費・工場の運転資金などのまとまったお金を自社で負担して、先に払っておく必要がでてきます。

こういった資金の流れが製造業がファクタリングに適していて、相性が良い要因と言えるでしょう。

 

現在手元には現金がなかったとしても、多くの製造業者は売掛債権を持っています。

そこでその売掛債権を元に資金調達を行うことができる、ファクタリングが製造業者の間で重宝されているものと考えられます。

売掛金を利用して資金調達を行い、運転資金やトラブルの対応費用に充当し、キャッシュフローを安定化させているという利用事例が多く聞かれます。

 

某ファクタリング会社が発表した利用業種割合の表や、中小企業庁が公表している売掛金による取引企業割合などを見ても、製造業は上位にランクインしています

さらに、ファクタリング会社が数多くある中で、製造業に特化したファクタリング会社というものが存在するのをご存知ですか?

専門のファクタリング業者が表れる程、製造業者のファクタリング利用率が高いということが読み取れるでしょう。

取引のほとんどが、売掛債権によるものであり、原材料などの運転資金が必要不可欠な製造業はファクタリングを上手に活用することができる業種なのです。

実際の利用事例から、ファクタリングがどのような形で製造業の力になっているのかを見ていきましょう。

製造業はファクタリングに適している

製造業の利用事例①

  • 利用者:金属加工工場の経営者
  • 調達額:400万円
  • 資金使途:機械修理費

 

ファクタリング利用の経緯

工場内の機械が故障してしまい、製造作業ができなくなってしまいました。

請け負った仕事を途中でキャンセルするわけにもいかないが、機械を修理するまとまったお金がなく困っていました。

銀行融資や法人ローンなどを検討しましたが、審査に数日かかるということで、とにかく早く製造をスタートさせなければ納期に間に合いません。

 

そこで、売掛金を売却して資金調達をすることにしました。ファクタリング手数料は、融資と比べると非常に高く驚きました。

 

しかし、受注をキャンセルすることで出る損害を考えると、手数料を払ってでも機械を修理して納期に間に合わせる方が得策だと踏みました。

銀行の融資よりもはるかに速いスピードで資金調達を完了させることができ、すぐに製造ラインを復旧させることに成功しました。

結果、納期に間に合い、ファクタリング手数料を引いても利益が出たのでよかったです。

 

ファクタリング利用の感想

  • ファクタリング手数料は高くて正直驚いた
  • 手数料を払ってでも受注をキャンセルするより良かった
  • 利益率の高い事業であったためファクタリングを利用して良かった

 

当サイトからのコメント

ファクタリング手数料は銀行融資に比べて手数料が高いため、常時利用する資金調達方法としては適していません。

しかし、緊急の資金調達(今回のケースで製造にとって重要な機械の修理)を賄うものとしては効果が期待できます。

特に、製造ラインをストップしている期間が損失につながるような場合、少しでも早く資金調達に目途をつけて、修理を実施した方が良いと言えるでしょう。

 

製造業の利用事例②

  • 利用者:食品加工業の経営者
  • 調達額:200万円
  • 資金使途:受注増による運転資金確保

 

ファクタリング利用の経緯

乳製品の加工・製造を主に事業を行っています。ここ数年、受注量に大きな変動がなかったため、それに合わせた人員や材料を準備していました。

しかし、自然災害により、とある地域の工場の多くが稼働できない状態となり、自社にそのぶんの大量の発注増が発生したのです。

 

発注増が起これば、必然的に利益が増えますので経営者としては非常に嬉しいことです。

しかし、材料を大量に発注し、人員も増やして工場を稼働させたままにする必要がでてきました。

 

それには、まとまった資金が必要であり、なおかつすぐに資金を用意する必要がありました。ファクタリングを利用することで手数料がかかりますが、それよりも得られる利益の方が圧倒的に多いことが分かっていたため迷わずファクタリングを利用しました。

 

以上の通り、資金を確保できれば、利益をあげられる事業ができるといった場面でファクタリングは役に立ちます。特に、銀行融資では審査が間に合わなかったり、融資審査に通る自信がない時にはファクタリングは力を発揮します。もちろん、製造業はファクタリングに適した業種と言って良いでしょう。

 

ファクタリング利用の感想

  • 銀行融資では間に合う見込がなかった
  • 大きな利益を確保できる案件の対応であり納得

 

当サイトのコメント

受注が急激に増加する場合、運転資金の確保が十分ではなかった会社だと資金繰りが窮してしまうことがあります。いわゆる、「黒字倒産」と呼ばれる状態です。

製造業の特徴として、受注が増加するタイミングで、「材料仕入」、「労働者の確保」が必要となるため、先行して資金が必要になります。こういった時にはファクタリングが役に立ちます。

特に、利益率が高い事業であればなおさらです。ファクタリングをつなぎ資金として活用しながら、銀行に対する追加融資を交渉していくこともできます。

製造業とファクタリングは相性が良い

製造業の利用事例③

  • 利用者:和菓子製造会社社長 
  • 調達額:600万円
  • 資金使途:運転資金

 

ファクタリング利用の経緯

和菓子製造会社。大手会社の下請けとして製造、納品を行っているが、取引条件が厳しく、売掛金の入金サイトは90日となっている。

従来、銀行やノンバンクのビジネスローンで運転資金を確保していたが、債務超過になったことを原因として、銀行からの新規融資・反復融資がストップ。

連鎖して、既存借入の返済が困難となり、リスケを要請。

 

銀行融資のリスケ対応を要請したことで、ビジネスローンまで新規融資がストップしてしまうに至った。

そんな中、売掛金で資金調達ができるものとしてファクタリングの存在を経営者仲間から教えてもらう。

 

ファクタリング利用の感想

  • 銀行融資の審査落ちから素早く資金繰りに対応できた
  • 2社間ファクタリングで取引先との関係に影響せずに済んだ
  • ファクタリングを「つなぎ資金」としながら金融機関との交渉を継続し、再度資金調達に成功した

 

当サイトのコメント

今回はファクタリング利用の好事例と言って良いでしょう。

銀行融資の特徴として、一度、「リスケ」を行うと、その後の新規・追加融資が極端に難しくなってしまうということがあげられます。

リスケを行った後、引き続き運転資金融資を依頼するには「再建計画書」の提出など多大な時間と手間暇が必要となります。

こういった銀行との話し合いの期間、ファクタリングをつなぎ資金として活用するのは良い判断だと言えます。

 

製造業に適したファクタリング会社

ファクタリングを利用するのに最も大切なことはファクタリング会社選びです。

ファクタングは規制の無い業界ですので、ファクタリング会社選びを間違えると高額の手数料を請求されるなどの問題があります。

そのため、ファクタリング会社を良く選んで、優良なファクタリング会社を利用する必要があります。

 

製造業がファクタリング会社を選ぶポイント

  • ファクタリング手数料の水準
  • 現金化までの所要期間
  • 審査の柔軟性
  • 申込手続きの容易さ・解りやすさ
  • 安心・安全なファクタリング会社であること

さらに、ファクタリング会社選びでは1社だけに相談するのではなく、3~4社程度のファクタリング会社に同時並行で相談・比較して選択することが重要です。

 

  • 三共サービス
    4.95



    ☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
    ☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
    ☆全国対応可能

    適用金利・手数料など

    (3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

    所要時間

    最短翌営業日の現金化が可能

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    1億円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • ビートレーディング
    4.85



    ☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
    ☆全国対応可能
    ☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

    適用金利・手数料など

    2%~(ファクタリング手数料)

    所要時間

    最短即日での現金化

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    3億円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

  • GMOペイメントゲートウェイ
    4.95



    ☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
    ☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
    ☆全国対応
    ☆利用は法人企業のみ

    適用金利・手数料など

    1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短2営業日

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    1億円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • MSFJのファクタリング
    4.8



    ☆業界最低水準の手数料率
    ☆スピード審査に対応
    ☆他社からの乗り換えも可能

    適用金利・手数料など

    1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短1営業日での現金化

    その他優遇など

    手数率は業界最低水準で審査通過率90%

    資金調達限度額

    30万円~5,000万円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

  • MI Vision
    4.65



    ☆将来債権買取のMI Vision
    ☆3ヶ月先の売掛金まで買取可能
    ☆プライバシーマーク取得企業

    適用金利・手数料など

    非公表

    所要時間

    最短即日での資金化可能

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    7,000万円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • トラストゲートウェイ
    4.5



    ☆九州特化型のファクタリング会社
    ☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
    ☆保証人・担保不要
    ☆リピート率98%

    適用金利・手数料など

    3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短即日での現金化

    その他優遇など

    3万円のキャッシュバックキャンペーン

    資金調達限度額

    3,000万円

    利用できる方の条件

    法人のみ(個人事業主は利用不可)

  • ジャパンマネジメント
    4.4

    ☆他社からの乗り換えにも対応
    ☆全国対応可能
    ☆来店不要(WEB申込で完結)

    適用金利・手数料など

    3.0%~(ファクタリング手数料率)

    所要時間

    最短即日での現金化

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    5,000万円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

  • えんナビ
    4.5



    ☆小口ファクタリングにも対応
    ☆24時間365日受付

    適用金利・手数料など

    5.0%~

    所要時間

    最短即日での資金化可能

    その他優遇など

    2社間・3社間ファクタリングも利用可能

    資金調達限度額

    30万円~5,000万円

    利用できる方の条件

    個人事業主・法人ともに可能

 

融資とファクタリングどちらが良いの?

企業の資金調達方法として、最もメジャーなのは“銀行からの融資”でしょう。そのため、「ファクタリングと融資のどちらが良いの?」という疑問の声が多く聞かれます。

現金を得るという意味では同じですが、『融資とはお金を借りること』『ファクタリングとは売掛金を売却すること』という決定的な違いがあります。

そのため、手数料の発生の仕方や審査でのポイントなど融資とファクタリングでは大きく異なってくるのです。

ファクタリンツと融資のメリット・デメリットを比較してみましょう。

 

ファクタリングと融資の比較

ファクタリング銀行融資
メリット・審査スピードが速いものが多い

・借金扱いにならない

・手数料相場が安い

・取引先などに知られる心配がない

デメリット・手数料相場が高い

・契約内容によっては、取引先の了解が必要

・借りたお金は、借金としての扱いとなる

・長期的に返済をしていく必要有

・査に時間がかかる

 

異なったメリット・デメリットがあるため、一概にどちらが優れているということは断言できません。

それぞれの特徴を頭にいれた上で、自分の会社の状態にあった最適な資金調達方法を選択していくようにしましょう。

一般的にはまだまだ認知度が低いファクタリングですが、製造業者の間ではメジャーな資金調達方法として認知度・利用率ともに増加傾向にあります。

 

取引先に知られる危険性

ファクタリング最大のデメリットとされるのは、3社間ファクタリングなど売掛先にファクタリングをしていることを知られてしまうことでしょう。

それにより、企業としての信頼度が下がってしまうことを懸念している経営者は多いようです。

しかし、製造業の間では認知度や利用率がどんどん高まってきているので、ファクタリングも正当な資金調達方法としてネガティブなイメージを払拭しつつあります。

 

審査の柔軟性

銀行融資の最大のデメリットは審査の柔軟性が低いことだと言えるでしょう。

つまり、審査に時間がかかり、さらに、審査の難易度も高いため、審査に通りにくいことです。

銀行融資はある程度、事業の実績が出てきて、さらに利益が出ていないと利用できません。

そのため、創業間もない企業や、何かしらの要因で赤字になっていると審査に通りにくいのです。

 

調達にかかるコスト

銀行融資では利息、ファクタリングではファクタリング手数料がそれぞれ調達に必要なコストとしてかかってしまいます。

これらの利息とファクタリング手数料を比較すると、利息の方がかなり低く設定されています。

銀行融資では利用できる方を厳しく限定して、さらに厳しい審査も行っていますので、回収できないというリスクを低く抑えています。

一方、ファクタリングは審査スピードを速くし、審査基準も易しく緩和しているため、その分、手数料水準を高めに設定しているのです。

 

ファクタリングの関連記事

 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

 

まとめ

中小規模の工場にとっては、“元受け業者からの依頼は絶対”という風潮があります。

そのため、資金が調達できないからといって依頼を断ることで、この先の関係性に大きなダメージを与えることもあるでしょう。

 

手持ちの資金がないという理由で依頼を断るのではなく、ファクタリングを上手に利用していくのは賢い選択です。

売掛金による取引が大半を占める製造業だからこそ、ファクタリングとの相性はバッチリといえるのです。

 

ファクタリングの関連記事

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG