赤字・債務超過・税金滞納があってもファクタリングできる?

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ファクタリングに関する気になる疑問にお答えします。

銀行融資を申込したけど、赤字・債務超過を理由に断られてしまった方は少なくないでしょう。銀行融資では、赤字・債務超過の状況で資金調達するのは非常に困難です。さらに、税金の滞納があれば絶望的とも言えます。

 

そんな中小企業や、個人事業主が資金調達するのに、「ファクタリング」が利用できるって本当でしょうか。「ファクタリングなら赤字・債務超過・税金滞納中でも資金調達できる?」の疑問にお答えします。

 

 

日本の企業は大半赤字?


国税庁の調査によると、日本の法人企業のうち67%が赤字(平成26年度実績)と言われています。実に3社のうち、2社が赤字ということです。

さらに、企業の利益や、景況感は、大企業の方が好調だと言われていますので、中小企業に占める赤字企業の割合は67%よりも、ずっと高い比率であると推測されます。

 

大企業に比べて経営基盤が弱くなりがちな中小企業や、個人事業主にとって、赤字となってしまう機会は少なからずあるでしょう。そのため、赤字・債務超過になると、借入が受けにくくなる銀行融資だけに依存していては、経営を安定化させることは難しいのです。

 

中小企業の経営者や、個人事業主は、赤字であっても資金調達できる方法を、容易しておく必要があります。

 

 

銀行・ビジネスローンは困難


「資金調達」が必要になった時に、最初に思い浮かべるのは、銀行からの借入や、ビジネスローンといった「ノンバンク」からの借入でしょう。

しかし、銀行融資やビジネスローンの場合、赤字決算、さらに債務超過で借入するのは、非常に困難です。

銀行からの借入や、ビジネスローンの場合、借入後に返済するための原資は利益です。

 

そのため、赤字決算では、借入に対して返済する資金がないということになるためです。税金滞納中も同様です。税金すら支払えない状況では、借入の返済ができるはずないと判断されてしまいます。

さらに、債務超過となると、仮に、その時点で会社を清算した場合には、会社の資産を全て現金に換えても、負債全額を支払うことは出来ないことを意味します。

 

銀行融資や、ビジネスローンで、担保や連帯保証人がいれば別ですが、そうでも無ければ、赤字・債務超過での資金調達は非常に難しくなります。

 

 

ファクタリングなら可能?


ファクタリングであれば、本当に赤字・債務超過でも資金調達できる可能性はあるのでしょうか?

結論を言えば、ファクタリングなら赤字、債務超過、そして税金滞納中でも資金調達が可能です。

 

ファクタリングのメリットの1つは、赤字・債務超過であっても、資金調達できる可能性が高いことです(もちろん、審査は必要ですので、100%可能という訳ではありません)。そのうえ、税金の滞納があったとしても、ファクタリングできる可能性があります。

 

銀行融資の場合、税金の滞納があると、ほぼ間違いなく審査に落ちます。

銀行の審査では、税金する納付できない方が、借入の返済をできるはずがないと評価されてしまいます。

 

 

赤字・債務超過でも調達できる理由


では、なぜファクタリングなら、赤字・債務超過、それに税金の滞納があっても資金調達が可能なのでしょうか。

赤字・債務超過で資金調達できるのは、ありがたいことですが、逆に不安になることもありますよね。よくインターネット広告などでみかける「ブラックでも借入できる」といったものと同種ではないかと不安になりますよね。こういった類の借入は「闇金」である可能性が高く、闇金であれば利用するのは危険です。

 

闇金からの資金調達を利用すると、その後事業を継続できる可能性は、むしろ低くなってしまいます。

 

しかし、ファクタリングはそういったものとは異なります。ファクタリングは「うさん臭いもの」や、「闇金」といった類ではありません。

 

ファクタリングが赤字や、債務超過でも資金調達できるのには、その仕組みに理由があります。以降で、もう少し詳しく解説していきます。

 

 

ファクタリングとは?


ファクタリングを理解するうえで、最も重要なポイントは、「ファクタリングが借入では無い」ということです。

ファクタリングとは、売掛債権の売却です。

 

資金調達を希望する方が、取引先に対して持っている「売掛金」を売却して、売却代金を得るのがファクタリングです。そのため、本来の期日前に売掛金を現金化するのがファクタリングです。売掛債権の売却と聞いて、銀行で行う「手形割引と同じ?」と思われた方も多いと思います。実際、ファクタリングと手形割引は非常に良く似ています。

 

なお、手形割引とファクタリングには違いもあります。それぞれの特徴と違いは以下の関連記事でまとめてみますので、是非、参考にしてみてください。

 

<関連記事>

 

 

ファクタリングの仕組み


ファクタリングで売掛債権を買い取るファクタリング会社は、売掛債権の回収期日に、取引先から売掛金の支払いが行われれば、買い取り代金の回収を行うことができます。

逆に、ファクタリングの資金調達者は、そもそもお金を借入する訳ではありませんので、「返済」する必要はありません。

 

つまり、ファクタリング会社にとって重要なことは、取引先が支払いを出来るかであって、資金調達者の信用力は、あまり重要ではありません。

ファクタリングの成否を分けるポイントは、取引先の信用力です。

そのため、資金調達者が赤字・債務超過や、税金の滞納があったとしても、ファクタリングへの影響は少なく、資金調達することが可能なのです。

 

ただし、そうは言っても、ファクタリングの中には、資金調達者の信用が関わる部分もあります。そのポイントには、ファクタリングの2つの方式である、「2社間ファクタリング」と「3社間ファクタリング」のどちらを利用するかが重要となります。

 

 

2社間ファクタリングとは、取引先(売掛先)に売却することを知らせないファクタリングです。対して、3社間ファクタリングとは、取引先に対して、売掛債権の売却について事前に同意を得て行う方式です。

 

2社間ファクタリングでは、取引先に同意を得ていないため、売掛債権の期日回収を資金調達者が代理で行って、その代金をファクタリング会社に支払います。そのため、資金調達者が期日前に倒産したり、売掛金の回収後、ファクタリング会社に支払わずに持ち逃げしてしまう危険性もあります。

 

そういった意味で、2社間ファクタリングは、ファクタリング会社がリスクを負う方式となり、審査が必要になります。そのうえ、ファクタリング手数料も高くなってしまいます。

 

3社間ファクタリングでは、取引先の同意を得ますので、ファクタリング会社は、直接、売掛金を回収できます。間に資金調達者が入る必要がありません。そのため、3社間ファクタリングでは、資金調達者の信用リスクは、ほぼ関係なくなり、ファクタリング手数料も低く抑えることができます。

 

<関連記事>

 

 

ファクタリングの注意点


赤字・債務超過、そして、税金の滞納があっても資金調達できる可能性のあるファクタリングは大変役に立ちます。しかし、ファクタリングを利用するには、注意も必要です。

以下に、ファクタリングを利用するために、留意すべき注意点を整理しておきましょう。

 

 

売掛債権が無いと駄目


そもそもですが、ファクタリングは売掛債権の売却です。

そのため、売掛債権を保有していなければ、売却もできません。

ファクタリングを利用するうえでの最低条件は売掛債権を保有していることです。

 

さらに、大部分のファクタリング会社では、買い取りの対象となる売掛金は、法人企業向けのものに限定しています。個人や、個人事業主に対しての売掛金はファクタリングの対象にならないことが多いのです。

 

MFクラウド会計のご案内
▼申込はこちら▼

 

 

信用力の低い売掛金は駄目


さらに、信用力の低い売掛金もファクタリングの対象になりません。

信用力が低いというのは、支払期日に入金されなかった売掛金などです。

ファクタリングは、資金調達者が赤字や、債務超過、税金の滞納があっても利用できます。

 

一方で、売却の対象となる取引先の信用力は重要です。

そのため、期日遅れするなど、信用状況に問題のある売掛金はファクタリングの対象になりません。

実際、ファクタリングの審査においては、過去6ヶ月~1年程度の、入金履歴を確認されます。

そのなかで、実際に売掛金が存在していることと、支払い状況に問題がないかどうかを確認されることになります。

 

 

悪質な業者に注意


ファクタリングはまだまだ成長中の業界であり、歴史も浅いのが特徴です。

ファクタリング会社の業歴も短いところが多く、「誰でも知っている」ような知名度の高いファクタリング会社は存在しません。そのため、ファクタリング会社のなかには、まだ「悪質」で、不当に高いファクタリング手数料を要求したり、諸費用の名目で費用を徴収しようとするファクタリング会社が存在しています。

 

ファクタリングを利用する際には、業者選びが大変重要です。

悪質な業者に騙されないように注意しましょう。

 

こちらファクタリングの失敗事例を紹介していますので、参考にして下さい。

 

<関連記事:ファクタリングに見られる失敗例>

ファクタリングで実際にあった失敗例!!事例から学ぶ問題点

 

 

相見積もりがおすすめ


ファクタリングの条件は、慣れていないと理解しづらいものです。

さらに、ファクタリング手数料は、相見積もりを行わないと、高めに設定されてしまうこともあります。そのため、ファクタリングを検討するにあたっては、2~3社程度のファクタリング会社に並行して相談するのがおすすめです。

条件を比較して有利なファクタリング会社を選ぶことができますし、急な資金調達の場合、「ギリギリで間に合わない」といったリスクを軽減することもできます。

 

 

<関連記事:ファクタリング手数料を低く抑える方法>

ファクタリングの手数料相場と手数料を低く抑える方法!!

 

 

おすすめのファクタリング会社


赤字・債務超過でも実際に利用できる可能性の高いファクタリング会社をご紹介します。

さらに、業歴が浅く、知名度の低い企業が多い業界の中でも、比較的知名度が高く、ファクタリング実績が豊富な、「信頼して利用できる」ファクタリング会社を選定してご紹介します。

 

 

1位 三共サービス

 

最初にご紹介するのは、ファクタリング業界のなかで最も手数料水準が低いと言われている「三共サービス」です。三共サービスを利用してファクタリングが出来るのは、法人企業のみですので、個人事業主は残念ながら利用できません。

もちろん、三共サービスは、赤字・債務超過、そして税金の滞納があっても利用できるファクタリングサービスです。

 

<三共サービス基本情報>

調達期間 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間
ファクタリング
最大買取額
〇(2営業日) 全国 最安 1億円

 

 

三共サービスの特徴


三共サービスは、業歴17年(2018年1月時点)のファクタリング専門会社です。

ファクタリング業界の中では、最も業歴の長い部類に入る会社であり、実績が豊富です。

そして、最近はファクタリング手数料の水準を、業界で最も低い水準に下げており、利用しやすくなっています。

 

三共サービスのファクタリング手数料の目安

3社間ファクタリングで、1.5%~

2社間ファクタリングでも5.0%~

 

更に、三共サービスは、全国対応、出張買取りも可能なファクタリング会社です。

全国どちらの企業であっても利用できます。

 

なお、三共サービスはスピード査定も可能で、買い取りに要する期間は、相談から最短2営業日で資金化することも可能です。急な資金調達にも対応できるのは大きなメリットです。

 

 

三共サービスへのご相談・申込


三共サービスへのご相談は、下記のサイトリンクから行います。

 

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

 

*三共サービスは無料で相談・見積もり出来ます

 

移動後、表示されるページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。

その後表示される「8項目」に入力して送信すれば登録完了です。

「急を要する」状況でなければ「WEB申込」がおすすめです。ご希望の相談内容に応じた担当者から連絡が来ますので、以降の手続きがスムーズになります。

 

電話での相談も可能ですが、その際には、画面に表記されている「お問合せコード(アルファベット3文字)が必要となりますので、ご確認ください。

 

<関連記事:三共サービスのファクタリング>

業界最安水準!!三共サービスのファクタリングを徹底解剖!?

 

 

 

2位 ビートレーディング

 

ビートレーディングはファクタリング業界で、「最も知名度が高い」、「実績の多い」ファクタリング会社です。

他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ています。もちろん、ビートレーディングも赤字・債務超過・税金滞納での利用が可能です。

 

<ビートレーディング基本情報>

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間
ファクタリング
最大買取額
〇(即日可) 全国 低い 3億円

 

 

ビートレーディングの特徴


ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんありますので、安心して利用できるのがビートレーディングの特徴です。 そのうえ、利用者の規模(法人・個人事業主など)や、資金調達の大小に関わらず、利用しやすいという点で、最も利便性の高いファクタリング会社と言えます。

 

ビートレーディングのファクタリングの特徴まとめ。

①日本全国ファクタリング対応

②無料のスピード査定可能

③認知度No1のファクタリング会社

④契約件数全国トップクラス(同社調べ)

⑤顧客満足度No1(同社調べ)

⑥小口から大口までファクタリング対応

⑦個人事業主のファクタリングも可能

⑧債権譲渡登記は原則不要

 

知名度・実績のあるファクタリング会社をお探しなら「ビートレーディング」が良いでしょう。

 

 

ビートレーディングへの相談・申込


ビートレーディングでは、インターネットから、5分程度で簡単にスピード査定を依頼できます。もちろん、スピード査定、見積もり、相談は無料です。

 

相談するにあたっては、以下のリンクから公式ホームページで行います。

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

公式ホームページに移動後、「急を要する」必要がなければ、「WEBからのお問合せ」を選択してください。

その後表示される10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、専門の担当者から連絡が来ます。

 

 

<関連記事:ビートレーディングのファクタリング>

ビートレーディングのファクタリングを徹底分析!使えるファクタリング会社か調査!

 

 

 

3位 JTCのファクタリング

 

「JTC」のファクタリングも大変おすすめです。赤字、債務超過や、税金滞納があっても資金調達できるファクタリング会社です。但し、JTCのファクタリングが利用できるのは「法人企業」のみで、個人事業主は利用できませんので、注意が必要です。

 

<JTC基本情報>

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間
ファクタリング
最大買取額
〇(即日可) 全国 低い 1億円

 

 

JTCの特徴


JTCのファクタリングは、ファクタリング業界のなかで、最安水準のファクタリング会社です。さらに、ファクタリングスピードも速く、最短即日での資金調達が可能です。

 

JTCのファクタリング特徴は以下です

①2016年のリピート率98.3%(実績)

②全国対応可能

③スピード査定/最短即日買取可能

④手数料率は業界最低水準(手数料率2%~)

⑤売掛先への通知不要(2社間ファクタリング可)

⑥債権譲渡登記不要

 

 

JTCを利用できる方


JTCのファクタリングを利用できるのは「法人企業」で「年商7千万円以上」となります。

他のファクタリング会社と比較すると、規模の大きい企業向けの大きめの案件を得意としています。

利用できる企業は限定されますが、基準に合えば、好条件で利用できる可能性のあるファクタリングとなります。

 

 

JTCへの相談・申込


JTCへの相談・見積もり依頼は無料です。実際にファクタリングを利用した場合にのみ手数料が発生します。

 

JTCへのご相談は以下のリンクから行います。

▼こちらをクリック

▼JTCのファクタリング
急な資金、まとまった資金の調達はJTCのファクタリング

 

 

公式ホームページでは、画面下部に「電話で相談する」・「メールでのお問い合わせ」が表記されます。「メールでのお問い合わせ」であれば、10項目程の入力フォーマットが表示されます。必要事項を入力後、送信すれば登録完了です。追って、専門の担当者から連絡がきます。

 

 

<関連記事:JTCのファクタリングをご紹介>

JTCのファクタリングを徹底解剖!!JTCの情報なら最も詳しい解説です

 

 

 

4位 トラスト・ゲートウェイ

 

九州、特に福岡で事業を行っている企業におすすめのファクタリング会社が、トラスト・ゲートウェイです。トラスト・ゲートウェイは九州特化型のファクタリング会社です。

 

なお、トラスト・ゲートウェイを利用できるのは「法人企業」のみです。

法人であれば、創業1年目からでも利用できます。さらに、赤字・債務超過・税金滞納中でもファクタリングを利用できるのが特徴です。

 

<トラスト・ゲートウェイ基本情報>

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間
ファクタリング
最大買取額
〇(即日可) 九州全域 低い 5,000万円

 

 

トラスト・ゲートウェイの特徴


トラスト・ゲートウェイは九州特化型のファクタリング会社です。

関東圏(特に東京)に本社を置くファクタリング会社が多く、地方企業がファクタリングを利用するのは、正直、不便というのが実際のところです。

トラスト・ゲートウェイは、九州で事業を行なう企業には、是非おすすめのファクタリング会社です。

 

トラスト・ゲートウェイの特徴は以下です。

①リピート率98%の満足度

②最短1日のスピード査定→95%が申込に提案力

③50~5,000万円までのファクタリングに対応

④新規契約時に3万円のキャッシュバック

⑤九州トップクラスの買取率

⑥2社間ファクタリング利用可能

 

九州でファクタリングを利用するならトラスト・ゲートウェイがおすすめです。

地域密着のファクタリング会社ですが、提案力・ファクタリング対応力は業界トップレベルです。

 

 

トラスト・ゲートウェイの申込


トラスト・ゲートウェイへのご相談は以下から可能です。

公式ホームページに移動します。

 

▼ ご相談・査定はこちらをクリック

 

ページ移動後、「メールでのお問い合わせはこちら」をクリックします。

「相談用の入力フォーム」が表示されますので、必要事項を登録して、確認・送信を押せば完了です。追って、専門の担当者から連絡が来ます。

 

<関連記事:トラストゲートウェイのファクタリング>

トラスト・ゲートウェイのファクタリングを完全解説!!

 

 

5位 ジャパンマネジメント

 

ジャパンマネジメントも赤字・債務超過でも利用できるファクタリング会社です。

ジャパンマネジメントは法人企業だけでなく、個人事業主もファクタリングを利用できるのが特徴です。

 

<ジャパンマネジメント基本情報>

スピード査定 対応地域 出張査定 手数料水準 2社間
ファクタリング
最大買取額
〇(即日可) 西日本 低い 5,000万円

 

 

ジャパンマネジメントの特徴


ジャパンマネジメントのファクタリングの手数料率(3社間ファクタリング利用時)は 3.0%~です。ファクタリング業界のなかでは、かなり低めの水準と言って良いでしょう。

 

ジャパンマネジメントの特徴を整理すると以下です。

① 最短即日で資金調達可能

② 全国対応可能(出張買取OK)

③ 保証人・担保不要

④ 経営コンサルティング・資金調達のアドバイス可能

⑤ 個人事業主のファクタリング可能

 

 

ジャパンマネジメントへの申込


ジャパンマネジメントへ相談・申込するには、以下のリンクから行います。

 

▼こちらをクリック

 

①表示されたページにて、「ファクタリング無料診断」をクリックして下さい。

②10項目程の問い合わせ欄に入力して、「上記内容で診断/お問合せする」をクリックします。

③専門の担当者からご連絡がきます。

 

 

<関連記事:ジャパンマネジメントのファクタリング>

ジャパンマネジメントのファクタリングを徹底解剖!!

 

 

まとめ


ファクタリングは赤字・債務超過や、税金の滞納があっても利用できる可能性が高いのが特徴です。銀行融資や、ビジネスローンでは、赤字・債務超過の状況では審査に通りにくいため、借入は難しくなってしまいます。

そのうえ、税金の滞納となれば、銀行の審査に通過することは出来ません。

ファクタリングは、取引先の信用力が高ければ、赤字・債務超過でも資金調達できるのが大きなメリットとなります。

銀行融資や、ビジネスローンの審査に通過できなかった方でも、ファクタリングであれば、全く別の観点からの審査となるため、資金調達できる可能性があります。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

<関連記事>

 

やよいの青色申告オンライン
 やよいの白色申告オンライン
▼申込はこちら▼




 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。