個人事業主が即日でも利用できるファクタリング会社と利用時のポイント!失敗しない資金調達方法のご紹介

銀行融資に依存しない資金調達方法であり、最短で即日でも資金調達できる方法が「ファクタリング」です。

しかし、法人向けにサービスを提供している会社が多く、個人事業主が利用できるファクタリング会社は多くありません。

 

今回は、個人事業主や自営業者が安心して利用できるファクタリング会社と、実際に利用するための相談、申込方法をご紹介します。

今回ご紹介する内容

  • そもそもファクタリングってなに?
  • 個人事業主が利用できるファクタリング会社
  • 個人事業主が申込する時の注意事項
  • 審査に落ちないための注意点

 

ファクタリングが必要な理由

ファクタリングとは、近年、個人事業主や中小企業が、銀行に依存し過ぎないための「事業性資金の調達方法」として注目を集めています。

ファクタリングは資金調達方法ですが、「融資」、「借入」などとは根本的に異なる資金調達方法です。

 

中小企業や個人事業主などが資金調達する時には、これまで「銀行融資」への依存度が高くなっていました。

しかし、銀行が常に安定して、中小企業や、個人事業主にお金を貸してくれる訳ではありません。

「雨が降ると傘を閉じる」なんて表現を聞かれたことのある経営者は少なくないでしょう。

 

銀行の融資姿勢は頻繁に変わり、その都度、融資審査が甘くなったり、厳しくなったりしてしまいます。

銀行融資は低金利で利用できますので、可能な限り、最大限、有効活用したいところですが、それだけに依存していては、経営が不安定になりかねません。

 

また、銀行融資は「本当に困った時に利用する方法」として、余力を残しておきたいものでもあります。

 

中小企業や、個人事業主など、小規模で、経営基盤が弱い方ほど、銀行融資にだけ依存していては、いざという時に対応する資金調達方法が無くなってしまい危険になります。

そのため、銀行融資を補完するものとして活用したいのがファクタリングです。

 

ァクタリングは売掛金があれば利用できる資金調達方法であり、かつ、借入ではありませんので利用しても財務内容は悪化しません

むしろ、売掛金が減少することで運転資金が少なくなる効果もあります。

 

さらに、ファクタリングは最短で即日や、翌営業日といった資金調達も可能です。

銀行融資の審査に通らず慌てて資金調達先を探している時や、銀行融資の審査待ちでのつなぎ資金、緊急の資金調達にも利用可能です。

いざという時に利用しやすい資金調達方法としてファクタリングをおさえておきましょう。

 

個人事業主が利用可能な会社

実際に、個人事業主/自営業者や、小規模の企業でも利用できるファクタリング会社をご紹介します。

特に、安心・安全に利用できるファクタリング会社を重要視してご紹介します。

 

ビートレーディング

知名度・実績でファクタリング会社を選ぶならビートレーディング

 

▼公式ホームページへの移動

ビートレーディング
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング会社です

ビートレーディングのポイント

 ビートレーディングのおすすめ度:S

 知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

 最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

 法人企業・個人事業主のどちらも利用可能

 日本全国利用可能 / 全国4ヶ所に営業所

 

<ビートレーディングの利用条件>

スピード査定出張査定手数料水準2社間ファクタリング(注)買取金額対応地域
低い100万円~3億円全国対応

 

ファクタリングの関連記事

 ビートレーディングのファクタリングサービス

 

ビートレーディングの特徴

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあります。

事前にビートレーディングのことを良く理解したうえで、利用できるのは、大きなメリットとなります。

 

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

 

ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、最も安心して利用できる優良ファクタリング会社と言えます。

また、個人事業主からの小口ファクタリングにも積極的に対応してくれる柔軟性の高い対応もビートレーディングの強みです。

 

ビートレーディングへ申込

ビートレーディングでは、5分程度で、スピード査定が依頼できます。スピード査定、見積もりや、ご相談は無料です。

相談やスピード査定は、以下のリンクから行って下さい。

 

ビートレーディング
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

公式ホームページに移動後、「WEBからのお問合せ」を選択して下さい。

10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、その後、専門の担当者から連絡がきます。

電話での問い合わせも可能ですが、WEBから問い合わせしておくと、専門の担当者から連絡がありますので、スムーズに相談できます。

 

MSFJ

手数料の低さや解りやすさでファクタリング会社を選ぶならMSFJ

 

MSFJは個人事業主でも利用可能であり、さらに最短即日利用可能であり、手数料も業界トップクラスに低いファクタリング会社です。

▼公式ホームページへの移動

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFGのポイント

 MSFJのおすすめ度:A

 最大買取可能額:5,000万円

 法人・個人事業主のどちらでも利用できる

 100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応

 MSFJの手数料率は1.8%~9.8%の範囲内

 

<MSFJの利用条件>

スピード査定出張査定手数料水準2社間ファクタリング買取金額対応地域
〇(即日可)低い5,000万円全国

 

MSFJの特徴

MSFJでは手数料水準の上限まで公表されています。

ファクタリング会社のなかには下限の手数料は宣伝されていますが、上限が解らないという会社も多くあります。

MSFJの場合、手数料の範囲が公表されていますので、安心して利用できるのが特徴です。

 

▼MSFJの手数料体系

MSFJの手数料体系は解りやすい

 

他のファクタリング会社に比べて低めの手数料体系であり、少しでも手数料を低く抑えて資金調達したい方にはMSFJがおすすめです。

 

MSFJへの申込

MSFJへの以下のリンクから申込可能です。まずは公式ホームページに移動後、「ネットから簡単申込」を選択ください。

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

OLTA

ファクタリングのOLTA

OLTAのポイント

 OLTAのおすすめ度:A+

 急成長中のファクタリング会社

 大手金融機関と業務提携

 ファクタリング手数料2.0%~9.0%の範囲内

 信頼性が高く、安心して利用できる

 日経新聞などのメディアでも紹介多数

 

OLTA
4.5

ファクタリングのOLTA

☆クラウドファクタリング
☆大手金融機関との業務提携豊富
☆来店不要で契約可能

適用金利・手数料など

2.0~9.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

見積もり結果は24時間以内

その他優遇など

2社間ァクタリングも利用可能(取引先への通知不要)

資金調達限度額

非公表

 

OLTAは近年、急成長中のファクタリング会社です。

大手金融機関との業務提携も多く、信頼性が高いファクタリング会社という特徴があります。

OLTAのファクタリングサービスは「クラウドファクタリング」と呼ばれています。

OLTAのクラウドファクタリングとは?

クラウドファクタリングとは、一般的なファクタリング会社で「2社間ファクタリング」と呼ばれているものです。

しかし、一般的な2社間ファクタリングに比べて、手数料水準は圧倒的に低いのが特徴です。

 

OLTAのファクタリング手数料は2.0%~9.0%の範囲内です。

2社間ファクタリングでもこの水準ですし、利用実績に応じて手数料が下がっていく「優遇制度」が採用されています。

 

 

OLTAの手数料優遇システム

 

そのため、最初は9.0%のファクタリング手数料になったとしても、次第に手数料率は下がっていくことが期待できます。

しかし、OLTAのファクタリングサービスには、「面談不要」「インターネット上の自動化された手続き」「安心の手数料設定」という特徴があります。

 

OLTAが選ばれる理由

 

OLTA基礎データ

利用できる方法人企業/個人事業主
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能/WEBで手続き完結
買取期間最短24時間で買取可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額上限設定なし(売掛金の範囲内)
ファクタリング手数料2.0% – 9.0%

 

OLTAへの申込

OLTA
4.5

ファクタリングのOLTA

☆クラウドファクタリング
☆大手金融機関との業務提携豊富
☆来店不要で契約可能

適用金利・手数料など

2.0~9.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

見積もり結果は24時間以内

その他優遇など

2社間ァクタリングも利用可能(取引先への通知不要)

資金調達限度額

非公表

 

ジャパンマネジメント

 

ジャパンマネジメントも個人事業主が利用できる「おすすめ」のファクタリング会社です。

▼公式ホームページへ移動

ジャパンマネジメント
4.4

☆他社からの乗り換えにも対応
☆全国対応可能
☆来店不要(WEB申込で完結)

適用金利・手数料など

3.0%~(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ジャパンマネジメントのポイント

 九州エリアを得意とするファクタリング会社

 診療報酬債権ファクタリングの取扱いも可能

 資金調達・資金繰りのコンサルティングも実施”

 個人事業主も利用可能

 

<ジャパンマネジメントの利用条件>

スピード査定出張査定手数料水準2社間ファクタリング買取金額対応地域
〇(即日可)低い5,000万円全国

 

ジャパンマネジメントの特徴

ジャパンマネジメントのファクタリングは、手数料率 3.0%~から利用できます。

ファクタリング業界の中では、低めの手数料率であり、個人事業主にとっても利用しやすいファクタリング会社です。

さらに、ジャパンマネジメントなら、最短で即日での資金調達も可能です。

 

ジャパンマネジメントは、ファクタリングだけでなく、「経営コンサルティング」を強みとしています。

ファクタリングに合せて、様々なアドバイスを期待できます。

 

ジャパンマネジメントのファクタリングの特徴を整理すると以下となります。

 

  1. 最短即日で資金調達可能
  2. 全国対応(出張買取OK)
  3. 保証人・担保不要
  4. 顧客満足度に自信あり(経営アドバイス、アフターフォローに自信あり)
  5. 個人事業主のファクタリング利用も受付中

 

ファクタリングの関連記事

 ジャパンマネジメントのファクタリングを詳しく解説

 

ジャパンマネジメントへ相談

ジャパンマネジメントへ相談・申込するには、以下のリンクから行ってください。

 

▼こちらをクリック

ジャパンマネジメント
4.4

☆他社からの乗り換えにも対応
☆全国対応可能
☆来店不要(WEB申込で完結)

適用金利・手数料など

3.0%~(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

  1. 移動後、表示されたページにて、「ファクタリング無料診断」をクリックして下さい。
  2. 10項目程の問い合わせ欄が出ますので、入力後、「上記内容で診断/お問合せする」をクリックして終了です。
  3. その後、専門の担当者から連絡があります。

 

お電話での問い合わせも可能ですが、「至急」で無い場合は、webから連絡しておくのがおすすめです。専門の担当者から連絡がもらえます。

 

売掛金を高く売却するコツ

ファクタリングを利用する場合、意識したいのは少しでも高く売掛金を売却することです。

売掛金を高く売却するということは、同じ金額の売掛金であっても大きな金額を調達できるということになります。

 

ファクタリングとは、利用者からファクタリング会社への売掛金の売却です。

そして、売却時の価格は審査結果と交渉によって決まります。

 

当然、ファクタリング利用者としては少しでも売掛金を高く売りたいと考えるでしょう。

同じ額面の売掛金でも、高い金額で売却できれば、それだけ多くの金額を資金調達できることになります。

以下では、個人事業主でも実績出来る、ファクタリングで売掛金を高く売るコツを取り上げます。

 

個人事業主が売掛金を高く売るコツ

 優良取引先の売掛金を売却する

 まとまった金額で売却する

 

優良取引先の売掛金を売却する

ファクタリング審査で重要視されるのは売掛先の信用力です。

ファクタリング会社は回収上の懸念が無い、優良先の売掛金であれば高額で買取を行う傾向にあります。

 

もちろん、ファクタリング利用者が個人事業主であっても、売掛金が優良であれば高額で買い取ってもらえる可能性は高くなります。

そして、ファクタリング会社が優良と認める売掛先とは、以下のような先となります。

 上場企業

 上場はしていないが大企業

 公的機関

 財務内容・利益の大きい会社

 

もっとも高く評価されやすいのは、公的機関や上場企業向けの売掛金です。こういった先は倒産する可能性が低く、売掛金の回収リスクは極めて低くなります。

 

また、それに準ずる先としては、「大企業」や、「財務内容・利益の大きい会社」があげられます。

 

一方、自営業・個人事業主向けの売掛金は買取価格が低い、もしくは買取自体を拒否されることもあります。

企業と違い、自営御者は帝国データバンクなどの情報が少なく、売掛先の信用力を調査することが難しいため、評価を行うこと自体が容易ではありません。

 

そのため、個人向けの売掛金はファクタリングにはあまり適していないことになります。

 

まとまった金額でファクタリングする

次に大切なのは、ある程度まとまった金額でファクタリングすることです。

 

ファクタリング会社が売掛金を評価する場合、同じ取引先に対する売掛金で、額面が異なる(例えば、50万円と500万円など)としても、信用評価を行う手間暇や、契約などの手続きはそれほど変わりません。

購入する額面が低いからと言って、ファクタリング会社の手間暇が軽減されるわけではないのです。

 

そのため、ファクタリング会社は少しでも額面金額の大きい売掛金を買い取った方が、効率良く営業を行うことができますので、大きい金額の売却案件の方が積極的に取り組んでくれます。

 

ファクタリング利用者としても、ある程度まとまった金額の売掛金を集めてファクタリングを行った方が高く売れやすくなります。

目途として、100万円以上の売掛金でファクタリングするのが理想です。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングは個人事業主や中小企業が活用できる資金調達の1つの手段です。

しかし、ファクタリングは借入ではありません。ファクタリングというのは、売掛債権を、取引先の支払い期日前に資金化する調達方法です。

 

借入ではなく、売掛金の売却であるというのがファクタリングの大きな特徴です。

 

ファクタリングでは、ファクタリング会社に、回収期日前の売掛金を売却することで、本来の代金回収期日前に現金を手に入れることができます。

ファクタリングは借入ではありませんので、利用しても決算書上の借入が増えることはありません。売掛金が現金に変わるだけです。

 

そのため、財務内容が悪化することもありませんので、銀行融資の審査にも影響はないと考えられます。

 

また、ファクタリングは借入ではありませんので、銀行融資とは異なる審査基準が設けられています。

つまり、借入であれば、資金調達者の返済能力が重要ですが、ファクタリングでは売掛金の回収可能性、取引先の支払い能力が重要視されるのです。

 

銀行融資であれば審査に落ちてしまったという方であっても、ファクタリングなら利用できる可能性は十分にあります。

また、銀行では創業から間もない個人事業主の借入は非常にハードルが高く、なかなか審査に通りませんが、ファクタリングは売掛金があれば、創業間もない個人事業主でも利用することができます。

 

ファクタリングに関する詳細は、以下の関連記事でご紹介していますので、詳細はこちらでご確認してください。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの仕組みや利用方法の完全ガイド

 ファクタリングの仕組みを解りやすく解説

 

政府も推奨する方法

「ファクタリングって良く知らないので不安」、「本当に使えるの?」と不安に思う方は多いかもしれません。

 

ファクタリングは、まだまだ成長途上の資金調達方法であり、知名度も高くありません。

また、日本ではまだまだ銀行融資ほどの実績もありません。

そのため、ファクタリングという資金調達方法に不安を感じる個人事業主は少なくないでしょう。

しかし、そんな方への参考情報があります。

それは、「ファクタリングは国(経済産業省)も推奨する資金調達方法」であるということです。

 

日本の中小企業や、個人事業主は、他国と比べて、銀行借入への依存度が強すぎ、銀行への依存度を下げるための代替的な資金調達手段を増加させる必要があると考えられています。

資金調達手段の多様化策として、注目を浴び、経済産業省からも推奨されている方法がファクタリングなのです。

 

経済産業省では「売掛金」を活用した資金調達を推奨しています。

売掛金による資金調達は担保が無くても利用できますので、創業間もない個人事業主や、資産の保有が少ない会社にも利用しやすいのがメリットです。

 

そのため、ファクタリングは、これから益々重要性や増し、規模が拡大していくことが期待される資金調達方法になります(経済産業省「中小企業における資金調達の課題~売掛債権担保及び動産担保の活用に向けて~」)。

 

ファクタリングは政府も推奨する資金調達方法

 

連帯保証人・担保が不要

中小企業や、個人事業主が銀行から借入する際には、原則、連帯保証人が求められます。

さらに、中小企業の経営者が連帯保証人になるだけでなく、それ以外の第3者保証を求められることもあります。

しかし、連帯保証人を見つけるのは簡単ではありません。

 

経営者仲間に第3者保証をお願いすると、逆に、その方が借入をする際に「連帯保証人」になることを依頼される可能性も出てきます。

企業や、経営者間で相互に連帯保証をしていると、中小企業や、個人事業主の連鎖倒産の原因にもなるため、正直、こういった関係は避けたいものです。

 

連帯保証を相互にするような資金調達を利用していては、経営者の先行きは不安定になります。

ご自身の事業とは全く別のところから経営が破綻してしまう可能性も残ってしまいます。

相互の連帯保証はすぐにでも無くすべきものです。

 

第3者保証を相互にしたり、銀行融資に依存し過ぎていると中小企業や個人事業主の経営の安定性は低くなってしまいますので注意してください。

仮に、連帯保証をしている相手の会社が倒産でもすれば、代表者に多額の請求が行われ、経営を継続していくことが難しくなる可能性もあります。

 

しかし、ファクタリングは借入ではないので連帯保証人も担保も原則不要です。

中小企業経営者や、個人事業主にとって、連帯保証人不要で資金調達できるファクタリングは、非常に大きなメリットになります。

 

短期間で調達可能

ファクタリングは即日から数日(翌々日程度)で資金調達することができます

そのため、急な資金需要に対して、急いで対応することが可能な資金調達方法です。

 

個人事業主が、急に資金需要が発生しても、すぐに調達できる先というのは多くありません。

少なくても、銀行の融資審査は数週間程度かかりますので急ぎの資金調達を期待できません。

特に、個人事業主の場合、銀行の審査は厳しくなる傾向にもあり、間に合わないと思っておいた方が良いでしょう。

 

というより、そもそも審査に通ることすら難しいかもしれません。

 

しかし、ファクタリングを活用すれば、個人事業主でも数日で資金調達することができます。

対応の早いファクタリング会社を活用すれば、最短即日でも資金調達することができます。

 

赤字・債務超過も利用可能

ファクタリングの大きなメリットの1つは、赤字・債務超過でも利用できることです。

さらに、リスケ中や、税金滞納中といった状況でも利用可能です。

 

銀行融資の場合、リスケ中、税金滞納中で借入することは、ほぼ不可能です。銀行融資の審査ではこういった状況の利用ができません。

 

一方、ファクタリングが赤字、債務超過、リスケ中、税金滞納中でも利用できることには理由があります。

ファクタリングで最も重要なのは、「売掛金」を支払ってくれる取引先の信用力です。ファクタリングでは、売掛金を支払う取引先の信用力が最も重要です。

 

ファクタリング会社は、売掛先が代金を支払ってくれれば問題なく資金を回収できます。

そのため、売掛先の信用力が重要になるのです。

 

一方で、資金調達する個人事業主の財務内容や、信用力は、ファクタリングの可否にそれほど大きくは影響しません。

そのため、例え、資金調達する個人事業主/自営業が、赤字・債務超過でも資金調達に利用できるのが、ファクタリングのメリットです。

銀行融資は、「低金利」で利用できるのが魅力ですが、「赤字」・「債務超過」だと利用できる可能性は極めて低くなります。

 

対して、ファクタリングなら、赤字、債務超過でも資金調達できるというメリットがあります。

 

 ファクタリングの関連記事

 銀行融資とファクタリングの違いとは?

 

回収リスクから解放

売掛金を保有していると取引先が支払ってくれないかもしれないというリスクを負っています。

こういったリスクのことを「回収リスク」や、「取引先の倒産リスク」などとも呼びます。

 

ファクタリングのメリットの1つは、こういった回収リスクから解放されることです。

 

ファクタリングで売掛金を売却すると、それ以降の回収リスクはファクタリング会社に移転します。

仮に、売却後の売掛金が回収できなかった場合、その損失はファクタリング会社が負います。

回収できなかったからと言って、ファクタリング会社から請求されたり、契約をキャンセルされるといったことはありません。

 

取引先の回収リスクから解放される方法としてもファクタリングはおすすめです。

 

ファクタリング方式の違い

ファクタリングには2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの2種類の方式があります

個人事業主であっても、ファクタリングを利用する場合、必ずどちらの方式を利用するかを決めなければいけませんので、それぞれの特徴について確認しておきましょう。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの大きな違いは、ファクタリング契約の当事者に「売掛先」を含めるかどうか、売掛先にファクタリングの利用を通知するかどうかの違いになります。

 

2社間ファクタリングの場合、売掛先にファクタリングの利用については通知しません。

そのため、売掛先は、売掛金が譲渡されたことを知らず、引き続きファクタリング利用者が債権者であると認識したままになります。

 

そして、売掛金の本来の支払い期日には、ファクタリング利用者に代金を支払います。

ファクタリング利用者は、既にファクタリング会社に売却した後ですが、ファクタリング会社の代理で代金を受け取り、そのままファクタリング会社に支払いを行います。

 

2社間ファクタリング(ビートレーディング) (1)

 

一方、3社間ファクタリングは、ファクタリングの利用を売掛先に通知する方法です。

売掛先に通知して、売掛先の承諾を得て行うのが3社間ファクタリングです。

2社間ファクタリングと違い、売掛金の回収期日には、売掛先はファクタリング会社に直接代金を支払うことになります。

 

3社間ファクタリング (1)

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは、以下のポイントで整理することができます。

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの選び方

 ファクタリング手数料

 資金調達スピード

 信用不安への懸念

 

ファクタリング手数料だけを見た場合、3社間ファクタリングの方が安くてお得に利用できます。

 

一方、3社間ファクタリングには「時間がかかる」、「信用不安の懸念がある」といったデメリットもあります。

ファクタリングはまだそれほど知名度のある資金調達方法ではありません。

そのため、売掛金を売却すると通知された売掛先によっては、ファクタリング利用者の信用に不安を感じ、以降の取引を控えようとすることも考えられます。

 

取引先に対して、信用不安を持たれる懸念があるようであれば、3社間ファクタリングを利用するのは危険です。

 

また、3社間ファクタリングは取引先に通知、同意を得る手続きが必要となりますので、2社間ファクタリングに比べて時間がかかるというデメリットもあります。

こういったメリット、デメリットを比べて、2社間ファクタリング・3社間ファクタリングのどちらを利用するかを考える必要があります。

 

個人が利用できるファクタリング会社は少ない

前述のように、ファクタリングは経営基盤の弱い、小規模企業や、個人事業主の資金調達余力を高めてくれる方法として期待されます。

しかし、「小規模企業」や「個人事業主」が利用できるファクタリング会社は多くありません

 

そのうえ、ファクタリング会社には「ピンからキリ」まで様々な会社があります。

まだまだ成長中の業界であって、優良な会社から、悪質な会社までが含まれてしまっており、「安心して利用できるファクタリング会社」を見分けるのが難しいのです。

 

融資を受ける際は、ある程度、銀行→安心、闇金→「金利が高く危険」と解ります。

銀行のなかでも、都市銀行、地方銀行など、特色も解りますので、ご自身が希望する調達先を、容易に選んで相談することができます。

 

しかし、ファクタリング会社は、それぞれが全て、「ファクタリング会社」に含まれてしまっているため、簡単には見分けられません。

そのうえ、ファクタリング会社には、誰もが知るような知名度の高いファクタリング会社はいません。

そのため、「良く解らないまま」にファクタリング会社を決定してしまうと、悪質なファクタリング業者に騙されてしまうこともあるのです。

 

今回は、個人事業主・小規模企業でも安心して使用できるファクタリング会社を取り上げていますので、是非、参考にしてください。

 

個人事業主が利用できるファクタリング会社は少ない

 

売掛金の仮査定

個人事業主/自営業者が、ファクタリングによる資金調達を利用できるかどうかを確認するのに、「売掛金仮査定」という方法があります。

 

売掛金仮査定とは、実際にファクタリング会社に利用を申込する前に、「利用できそうかどうか」、「利用した場合の条件」を提示してもらう方法です。

本当に利用できるかどうかや、他の資金調達方法と並行して検討している方などに便利なサービスとなります。

 

売掛金仮査定は、どのファクタリング会社でも利用できる訳ではありません。

仮査定のサービスを提供しているファクタリング会社は少ないですので、まずは以下から利用可否を確認されてみるのも良いでしょう。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

個人事業主が嫌われる理由

ファクタリング会社のなかには、個人事業主からの売掛債権を買い取らないところが多くあります。

ファクタリング会社が、個人事業主の債権を購入したがらない理由を理解しておくと、対策を立てやすくなりますので、知っておくと良いでしょう。

 

①売掛債権の信頼性が低い

個人事業主の場合、売掛債権の信頼性が低いことが多くあります。

安定的な取引がなかったり、売掛先の企業規模が小さく、売掛債権の評価が低くなってしまいます。

ファクタリングでは、売掛先(取引先)の信頼性が重要です。

 

②売掛債権の規模が小さい

ファクタリングを利用するには、売上債権を所有していることは必須です。

個人事業主の場合、売上債権の保有金額が少なく、買い取りできるものが少なくなってしまいます。

 

③個人事業主の信用力

個人事業主は法人に比べると「信用」が低いと判断されてしまいます。

そのうえ、個人事業主や、小規模企業では、申告書や、帳簿類の内容や保存状態など、曖昧な部分や、間違い、虚偽があることも少なくありません。

 

④税理士に依頼していない

税理士に依頼しているかどうかで、帳簿類・申告書類の信頼度は大きく異なります。

もちろん、税理士に依頼しているほうが信用力は高まります。

しかし、個人事業主のなかには、税理士などに依頼せずに、帳簿類を作成したり、ファクタリング用の資料を準備し、断られてしまいます。

 

時間的な余裕を持つ

個人事業主や、小規模企業のなかには、資金繰りをしっかりと把握していないために、「急を要するまで資金繰りが悪化」してから、資金調達を始める方が少なくありません。

 

しかし、そこまで追い詰められた状況になって初めて対応始めると、しっかりとした調達が出来なくなります。

手数料が高すぎる悪質なファクタリング業者であっても、足もとを見られて、利用せざるを得なくなってしまいます。

 

資金調達は、「余裕のあるうち」に対応を始める必要があります。

ファクタリングにおいても、優良なファクタリング業者を活用して、余裕のある時から、「試験的に」、「少額から活用」してみることが重要です。

ファクタリングにおいても、信用の無い、「初回~数回」の利用は、手数料が高くなってしまいがちです。

 

個人事業主・小規模企業でも、利用実績を作ることで、ファクタリング手数料も低下しますし、安定的な資金調達源となります。

 

 ファクタリングの関連記事

 ファクタリング手数料の相場はいくらくらい?

 ファクタリング手数料を低く抑える方法

 

ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法

 

悪質ファクタリング会社に要注意

個人事業主がファクタリングを利用する時に注意したいのは、悪質ファクタリング会社に騙されないことです。

 

悪質ファクタリング会社とは、資金調達を急ぐ個人事業主の足許をみて、不当に高すぎる手数料や諸費用を要求するようなファクタリング会社です。

悪質ファクタリング会社に捕まっては、必要以上に安く売掛金を買い叩かれてしまいますので、資金調達できる金額も少なくなってしまいます。

 

さらに悪質なファクタリング会社になると、本来のファクタリング会社ではなく、ファクタリング会社を装った「闇金」であるという可能性もあります。

 

闇金は法外な金利を要求したり、違法な取り立てを行う金融業者です。

しかし、金融業の免許を持っていませんので、資格・認可が不要なファクタリング会社を装って、実態は違法な融資を行います。

 

このような悪質ファクタリング会社に騙されないように、悪質ファクタリング会社を見抜く必要があります

 

 ファクタリングの関連記事

 悪質ファクタリング会社に騙されないための方法

 悪質ファクタリング会社の手口を確認して、安全・安心に利用する方法

 

まとめ

ファクタリングは、近年注目の資金調達方法です。

個人事業主や、中小企業にとって、銀行融資に依存しすぎないための、あらたな資金調達手段となります。

 

しかし、個人事業主や、小規模企業が利用できるファクタリング会社は多くありません。

そのため、個人事業主や、小規模企業が利用できるファクタリング会社を知って、上手く活用するのが大切です。

 

まずは少額から実績を作り、安定的な資金調達源とされることをおすすめします。

 

 ファクタリングの関連記事

 ファクタリングで実際にある失敗例!損しないための注意

 ファクタリング後の取引先倒産リスクは誰が負う?

 ファクタリング会社を比較・ランキングでご紹介

 口コミ、評判で選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

 

▼事業資金のご案内 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG