リバースファクタリングとは?基本情報やメリット・デメリットを徹底解説!

ファクタリングの中にもいくつか種類があり、利用者の状況やシチュエーションによって使い分けが必要となります。今回ご紹介する“リバースファクタリング”は、他のファクタリングとは大きく異なる特徴がある、特殊なファクタリングです。

リバースファクタリングの基本的な情報や、利用の流れを分かりやすく解説していきます。

 

 

リバースファクタリングとは?

最初にリバースファクタリングの意味から確認しましょう。

 

リバースファクタリングとは?

売掛金を支払う側である、売掛先が利用するファクタリングのこと。

売掛金を保有する側が債権を売却して資金を得る通常のファクタリングの“逆”であることから、リバースファクタリングと呼ばれる

 

通常のファクタリングは、売掛債権を現金化するために使われます。一方でリバースファクタリングでは、売掛金を払う側のクライアントが「支払を先延ばしするため」に使われます。

 

具体的な例を挙げてみていきましょう。

A社:B社に商品やサービスを提供し、対価を受け取る側の会社。(受注業者)

B社:A社から商品やサービスを受け、対価を支払う側の会社。(発注業者)

・A社は、B社にサービスを提供する

・B社は売掛債権を発行し、後日まとめて売掛金をA社に支払う

 

《通常のファクタリング》

A社がファクタリング会社を利用して、資金を調達するのが通常のファクタリングです。

 

売掛金が実際に入金されるのにはおおよそ2ヶ月ほどの期間がかかります。この時、A社はファクタリングを利用して売掛債権を売却することで、2ヶ月という期間を待つことなく資金を得ることができます。

 

《リバースファクタリング》

B社がファクタリング会社を利用して売掛金の支払いを先延ばしにするのが、リバースファクタリングです。

A社への売掛金支払日に、ファクタリング会社が代行して支払いをしてくれます。その後B社は、ファクタリング会社に立替えてもらった分のお金を払っていきます。これにより、A社への支払いを遅らせることなく、実際の支払を先延ばしにすることができます。

 

ファクタリングとリバースファクタリングは、利用する側の会社もその内容も全く異なっていることがお分かりいただけるでしょう。

 

リバースファクタリングのポイント

 

リバースファクタリングの利用の流れ

先ほどの例を使って、リバースファクタリングの利用の流れを解説していきます。

この場合、ファクタリング会社を探して契約を結ぶのは“B社”です。

 

B社はファクタリング会社の審査を受け、契約を結びます。無事に契約が結べた暁には、ファクタリング会社は支払日にA社への売掛金の支払いを行います。

その後、B社はファクタリング会社に「売掛金の金額+ファクタリング手数料」を支払っていくというのが大まかな流れです。

 

通常のファクタリングでは売掛債権の信用度が重要視されるため、赤字決算や経営難でも審査通過することがあります。しかし、リバースファクタリングでは、通常のビジネスローンと同じように「B社自身の返済能力」が審査のポイントとなりますので、赤字経営が続いている場合の審査通過は厳しいものとなるでしょう

 

 

リバースファクタリングのメリット・デメリット

リバースファクタリングは、受注業者(A社)・発注業者(B社)の双方にメリットがあるファクタリングであると言われています。

受注業者からすると、発注業者がリバースファクタリングを利用することで、確実に売掛金の回収をすることができるという確約がとれます。発注業者に万が一のことがあっても、債権回収の手間が不要です。つまり、リバースファクタリングを使われて受注業者側が損を被ることはありません。

 

リバースファクタリングを利用する側である発注業者(B社)目線で、リバースファクタリングのメリット・デメリットについて解説していきます。

 

リバースファクタリングのメリット

最初にリバースファクタリングを利用するメリットを確認しておきましょう。

 

支払い期日を伸ばすことができる

これがリバースファクタリングの最大のメリットでしょう。

 

事業を経営していく中で、手元に十分な資金がなく売掛金の支払が厳しいという状況に陥ってしまうことは珍しいことではありません。

設備のトラブルなどで急にまとまった出費が発生するなどして用意してあった資金が底をついてしまうことや、業種によっては特定の月に支払が集中してしまいキャッシュが足りないといったことも考えられます。

 

「取引先への支払ができない」となると、企業としての信頼を失うことになり、ひいては今後のビジネスパートナーとしての関係性にも悪影響を及ぼすこともあるでしょう。

リバースファクタリングを使うことで、一旦は取引先へ期日までに売掛金をしっかりと支払うことができます。

 

実際の支払は約1ヶ月先延ばしすることができますので、その間にキャッシュフローの改善を試みることができるのです。

 

急な支払期日の変更に対応できる

中小企業などでは、支払いを前倒ししてほしいと依頼がかかることも少なくありません。発注側も受注側も、困った時はお互いさまの精神で持ちつ持たれつの関係性で繋がっているという事業主も多いようです。資金がないからといって支払い期日の前倒しを断ることで、今後の関係性が崩れてしまうこともあるでしょう。

 

リバースファクタリングを上手に使えば、そんな支払期日の前倒し依頼というニーズにもバッチリ答えることができます。

 

リバースファクタリングを利用するメリット

 

リバースファクタリングのデメリット

次に、リバースファクタリングのデメリットとなります。

 

取り扱いのあるファクタリング業者が少ない

2020年7月現在、国内のファクタリング業者で“リバースファクタリング”を取り扱っている業者はごく少数です。そのため、多くの業者に見積もりを取ってもらい比較した上で契約先を決めたいと考える人にとっては、選択肢が少ないという点はデメリットとなるでしょう。

 

一方で、リバースファクタリングを取り扱っている業者は“まとまった資金を一括で立替えることのできる資金力に優れた業者”であると言えますので、安心して利用することができるという考え方もあります。

 

手数料が発生する

自社で払わなければならない売掛金を、一旦ファクタリング会社に立替えて支払ってもらっている以上、元金をそのまま返済すればよいということにはなりません。一般的なファクタリングやビジネスローンなどと同じように、手数料というものが発生してきます。

 

リバースファクタリングにおいて発生する主な手数料には以下のようなものがあげられます。

・契約事務手数料

・振込手数料

・初回登録費用

・ファクタリング手数料

 

相場から計算して、消費者金融などからのローンよりはトータルして安く済むと考えられるものの、一定の手数料は発生してきます。

 

電子記録債権の導入が必須

電子記録債権とは、電子記録として売掛金の発生や債権の譲渡などを記録する新しい金銭債権です。紙媒体の紛失リスクヘッジや円滑な取引という面から、導入のメリットは大きいのですが、中小企業ではあまりメジャーではありません。

 

リバースファクタリングにおいては、この電子記録債権システム(全銀電子債権ネットワーク)の導入が必須条件ですので子導入がまだという方は、システム移行を先に行わなければならないというデメリットがあります。

 

実際の支払日を変更することができるという大きなメリットがある一方で、デメリットも存在します。メリットとデメリットの双方をしっかりと頭に入れて、自社の経営状況と照らし合わせ最良の方法を模索していきましょう。

 

 

おすすめのファクタリング会社

最後に2020年現在でおすすめのファクタリング会社をご紹介いたします。これからファクタリングを利用される方は是非とも参考にしてください。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

最大買取可能額:1億円

ファクタリング利用時に必ず検討対象に加えたいのが三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が、業界トップクラスに低いことです。

 申込・相談はこちら

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

 申込・相談はこちら

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用できます。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用できます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

▼MSFJへの相談は以下のリンク

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

 申込・相談はこちら

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

中小企業金融サポートの郵送ファクタリングなら来店不要

郵送で手続き完結のファクタリング

 申込・相談はこちら

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

まとめ

新しいファクタリングサービスの一つである“リバースファクタリング”は、売掛金を支払う側の企業が利用するサービスです。売掛金の支払いをしなければならないが、資金繰りが厳しい時などに重宝するでしょう。

 

現在国内では取り扱っているファクタリング業者は少ないですが、これからのファクタリング需要の高まりと共に、取り扱い業者も増えてくるものと考えられます。

 

 

ファクタリングの関連記事

 スピード査定、即日調達可能なファクタリング会社

 ファクタリングとでんさいの違いとは?

 サイト厳選!おすすめファクタリング会社の一覧

 口コミ・評判の良い人気ファクタリング会社の一覧

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG