北日本銀行カードローン「スーパークイカ」/全国から借入可能で大手銀行よりメリットのある銀行カードローン!!

カードローン・フリーローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

「急な出費に対応するため」、「いざという時に備えて」、「給料日前の一時的な資金需要に備えて」借入できる北日本銀行のカードローン「スーパークイカ」は大変役にたつ秀逸なカードローンです。

 

カードローンで借入する時に、大手都市銀行や、ネット専業銀行を思い浮かべる方に、是非、北日本銀行のカードローン「スーパークイカ」の魅力をお伝えしたいと」思います。

 

 

北日本銀行ってどんな銀行?


「北日本銀行」ってどこにある、どんな銀行?と思われる方も多いと思います。

北日本銀行は、岩手県に本店を置く「地方銀行」ですので、岩手県に住んでいる方、もしくは、周辺の県に住んでいる方でないと、なかなかご存知ないかもしれません。

 

しかし、だからこそ、カードローンでの借入を希望している方には、北日本銀行のカードローン「スーパークイカ」は大変おすすめのカードローンなのです。

 

なお、北日本銀行は総資産1兆3千億円の規模で、第二地方銀行としては平均から、やや大きめの水準となる地方銀行です。

 

 

全国対応するカードローン


地方銀行のカードローンと言うと、「不便」、「店頭に行けない」、「ATMはどこをつかえば良いのか解らない」、そして、そもそも、「岩手県外の人でも申込できるの?」などと言った不安の声が聞こえてきます。

しかし、スーパークイカにはそういった不安が不要なカードローンです。

 

北日本銀行カードローン  
こちらをクリック▼

3.0~14.8%の低金利!!
今なら30日間無利息キャンペーン中!!

 

北日本銀行カードローン「スーパークイカ」は、インターネットからの借入申込・手続きを通じて、日本全国対応するカードローンです。

どちらにお住まいの方でも問題無く借入申込できます。

もちろん、借入申込時に北日本銀行で預金口座を持っていない方でも問題ありません。

北日本銀行カードローンは、全国対応可能なカードローンで、かつ、インターネットからの手続きで完結できますので、銀行窓口への来店も不要です。

 

 

 

スーパークイカが良いわけ


カードローンの借入申込をするにあたって、考えておきたい重要なポイントは以下の4点です。

 

①金利は低いか

②利用できるATMはたくさんあるか

③審査に通りやすいか

④即日借入が出来るか(希望者のみ

 

このポイントについて、北日本銀行カードローン、大手都市銀行、ネット専業銀行、消費者金融を比較すると、以下と考えられます。

 

<カードローン比較>

  北日本銀行
スーパークイカ
大手
都市銀行
ネット銀行 消費者金融
金利
ATM
審査
即日借入

 

以降で、詳細を解説していきます。

 

 

北日本銀行カードローンは低金利


カードローンの金利というと、なんとなく大手都市銀行や、ネット専業銀行が「低い」というイメージを持っている方が多いと思います。

 

しかし、実は、「北日本銀行カードローン(スーパークイカ)」は、かなりの低金利であり、大手都市銀行やネット専業銀行のカードローンよりも、低金利で借入できる可能性があります。

 

<借入額(限度額)別金利比較>

  100万円以下 100万円~200万円
北日本銀行
スーパークイカ
6.0~14.8% 5.5~14.3%
三井住友銀行 12.0~14.5% 10.0~12.0%
三菱東京UFJ
バンクイック
13.6~14.6% 10.6~13.6%
楽天銀行
スーパーローン
14.5% 9.6~14.5%

 

上記の比較対象は、三井住友銀行、三菱東京UFJ銀行、楽天銀行スーパーローンの3つを取り上げました。いずれも、金利が低いと評判のカードローンです。

 

しかし、一般的にカードローンで設定することの多い借入限度額100万円以内の場合、北日本銀行カードローンに比べて、金利は低いと言えないでしょう。

 

通常の銀行カードローンの場合、100万円以内の限度額では、それほど「低い」金利は、そもそも適用されません。

 

 

一方で、北日本銀行のカードローンでは、100万円以下の借入限度額でも、審査内容が良ければ、6.0%で借入できる可能性があります。適用金利が高くても(ぎりぎり審査に通る方)、14.8%で借入できますから、その他の銀行と比べて、ほとんど差がありません。

 

つまり、低金利で借入したいという方は、実は、大手銀行や、ネット専業銀行よりも、北日本銀行カードローンの方が、もっと低金利で借入できる可能性のあるカードローンになっているのです。

 

なお、楽天銀行のスーパーローンでは最高で1.9%で借入できる可能性があります。しかし、これは目安で言えば、年収が2,400万円以上の方が対象となります。

 

三菱東京UFJ銀行は1.8%が最高ですが、これは年収1,200万円以上が最低基準と考えられます。

いずれも、銀行カードローンも自主的に総量規制に準じた貸付をしている前提で計算した場合です。

 

<関連記事>

 

 

利用できるATMが豊富


地方銀行のカードローンは、「支店が近くにないので、利便性が悪そう」なんて思っていませんか?

そんなこと全くありません。

 

というよりも、ネット専業銀行を利用されたことのある方であれば、そもそもネット専業銀行には「支店という店舗」はありませんよね。

 

北日本銀行カードローンは、北日本銀行の支店以外でも、セブン銀行(セブン・イレブン)、ローソンATM、ファミリーマート(E-net)、ゆうちょ銀行、イオン銀行と提携していますので、それぞれのATMが「無料」で利用できます。

 

ネット銀行や、大手都市銀行、消費者金融のカードローンでも、コンビニATMと提携していることは多いのですが、全てが「無料」という訳ではありません。コンビニATMを利用するたびに、100~200円程度の手数料が必要というカードローンは多いのです。

 

それに対して、北日本銀行カードローンなら、上記の提携ATMが手数料無料で利用できますので、むしろ利便性が高く、大変お得に利用できます。なお、上記のコンビニATM(セブン銀行、ローソン、ファミリーマート)は24時間利用可能であり、24時間いつでも手数料無料で借入することが可能です。

 

 

 

審査に通りやすいか?


ここが意外に重要です。各銀行、消費者金融のいずれも、借入時の「審査基準」は公表していませんので、審査基準を明確に断言することはできません。

 

しかし、経験、評判、口コミ、それぞれを総合すると、カードローンでの借入に対する審査基準は、

都市銀行 > ネット専業銀行 > 地方銀行 > 消費者金融

の順番で、審査が厳しいと考えられます。

 

簡単に言えば、大手都市銀行や、ネット専業銀行は、そもそも知名度が高いうえに、「TVCM」なども大量に行っているので、カードローンに対する申込件数は豊富です。

 

そのため、カードローンの審査は厳しく行って、「全く問題の無い」方だけが審査に通過します。それに対して、地方銀行は、知名度が低く、そもそも、地方の県の人口は限られているため、全国レベルで営業する都市銀行や、ネット専業銀行に比べて、得られる借入申込数は圧倒的に少ないのです。

 

そのため、1件、1件のカードローン申込を粗末にすることは出来ませんので、可能な限り、審査に通すように努力してくれます。少しでも問題があれば審査に通らない大手銀行や、ネット専業銀行に比べれば、地方銀行のカードローンというのは、審査に通りやすく、借入しやすいのです。

 

 

<関連記事>

 

 

北日本銀行のカードローンも、審査に通過しやすいカードローンである可能性が高いと言えます。「北日本銀行って聞いたことがない」と思われている方が多い程、北日本銀行カードローンは審査で、積極的に対応してくれやすくなるのです。

 

 

即日借入できるか?


北日本銀行カードローン「スーパークイカ」の弱み、デメリットと言える部分がこちらです。

北日本銀行カードローンは、即日借入可能なカードローンですが、即日借入は、「北日本銀行口座」を保有している方に限定されています。

 

他府県からの申込で、北日本銀行に馴染みの無い方であれば、口座は持っていないですよね。そのため、即日借入できる方は少ないでしょう。

 

北日本銀行カードローンで借入申込すには、「急な出費でない」方である必要があります。

この点が、北日本銀行カードローンのデメリットとなります。

 

<即日借入の関連記事>

 

 

「スーパークイカ」の概要


北日本銀行カードローン「スーパークイカ」の基本的な商品内容を以下にまとめます。

スーパークイカのハイスペックさ、利便性の高さが伝わるのではないかと思います。

 

<北日本銀行カードローン「スーパークイカ」>

インターネット申込 完結可能
借入可能地域 日本全国(全国対応)
適用金利 3.0%~14.8%
最大借入可能額 500万円
専業主婦の申込(無収入) 可能
審査時間 即日回答可能
即日カード発行 ×
即日借入 可能(振込/14時まで)
*但し、北日本銀行口座必要
土日即日借入 ×
利用可能なコンビニ セブン銀行(セブンイレブン)
ローソン、イーネット、ゆうちょ、イオン銀行(全て手数料無料)

 

 

無利息キャンペーン


北日本銀行カードローン「スーパークイカ」では、現在「30日間無利息」のキャンペーンを実施しています。30日間無利息のキャンペーンを利用して借入できるのは、スーパークイカを初めて契約される方となります。

 

この初めて入会される方に該当するようであれば、「30日間無利息キャンペーン」を活用して、さらに低金利で、お得に借入することが可能です。

 

 

専業主婦の借入も可能


北日本銀行カードローン「スーパークイカ」は専業主婦の借入も可能なカードローンです。無職・収入が無い専業主婦であっても、配偶者に安定収入があれば、カードローンの借入申込が可能です。

 

その場合、ご主人に電話確認や、在籍確認も行われませんので、「ご主人にばれない」借入を希望されている専業主婦の方でも借入できるカードローンとなります。

 

<関連記事>

 

 

スーパークイカへの申込方法


北日本銀行カードローン「スーパークイカ」に借入申込するには、インターネットから申込を行います。

スーパークイカは、インターネットからの借入申込で、必要な手続きを全て完結できます。

店頭に行く必要もありませんし、原則、申込人から郵送などを行う必要もありません。

 

 

以下のサイトリンクから申込可能です。

 

北日本銀行カードローン  
こちらをクリック▼

3.0~14.8%の低金利!!
今なら30日間無利息キャンペーン中!!

 

 

*公式ホームページに移動します。

*基本情報を入力し審査回答を待ちます。15~20分程度で申込は完結できます。

 

 

なお、インターネットからの借入申込から、実際の借入までの手続きは以下となります。

 

  • WEB(上記リンク)から借入申込

    ↓

  • メールで回答受領(即日回答可能)

    ↓

  • 本人確認資料をUPLOAD

    ↓

  • カードローン契約(インターネット上)

    ↓

  • 郵送でカード受領(1~2週間程度)

 

 

借入申込に必要な書類


北日本銀行カードローン「スーパークイカ」に借入申込するために必要となる書類は以下となります。

 

 

①全ての方に必要なもの

本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)

 

 

②60万円を超える借入申込

60万円を超える借入限度額をご希望の場合は、所得証明書が必要です。

所得証明書として認められるのは、源泉徴収票や、住民税決定通知書、課税証明書などとなります。

 

 

まとめ


北日本銀行カードローンは、大手都市銀行や、ネット専業銀行、消費者金融のカードローンと比べても、勝るとも劣らない、非常に利便性が高く、条件の良いカードローンです。地方銀行カードローンの多くは、地域を限定したサービスとなっており、全ての方が申込出来るわけではありません。

 

それに対して、北日本銀行カードローンは、全国どちらの地域からでも申込できる貴重なカードローンです。金利は低く、ATMの数が豊富で手数料無料、審査にとも通過しやすいと考えられるカードローンと言えるでしょう。

 

これからカードローンでの借入をご希望の方は、是非、北日本銀行カードローン「スーパークイカ」がおすすめです。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

お得なカードのご紹介 
Yahoo! JAPANカードのお申込み▼楽天カードのお申込み▼




年会費無料【Yahoo! JAPANカード】
お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、なんと通常の3倍

 

 

<関連記事>

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カードローン・フリーローン
カードローンの借り換えで失敗しない秘訣!知らないと逆効果になる借り換えの注意点

カードローンで流行りの「おまとめ」ですが、知らずに行うと大失敗する可能性があります。上手に借り換えする方法をご説明します。

カードローン・フリーローン
<期間限定>楽天カードで7,500円相当がもらえる入会キャンペーンがお得過ぎる!(~2018年4月23日)

お得なクレジットカードとして楽天カードをご紹介します。知らないと損なカードと言えます。

カードローン・フリーローン
カードロ―ンで銀行から借入できる金額を知ろう!最大借入可能額(与信枠)の計算方法!?

個人が銀行から借入する場合に、いくらまで借入可能なのかを解説

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。