住宅ローンの借入金利はいつ決まる?

銀行融資とビジネスローンはどう違う?融資の特徴や審査方法など比較してご説明

資金調達をする際に最もポピュラーな手段が銀行融資やビジネスローンを受けることですが、銀行融資とビジネスローンはどのように違うのでしょうか。

 

その1つの答えとして銀行融資の金利が高くなったバーションがビジネスローンだと思っている方も多いかもしれませんが、実は本質的な違いは審査方法にあります。

本記事では銀行融資とビジネスローンの違いと両者をどのように使い分けるのかについて説明します。

 

融資を受けるとは?

まずは、銀行融資もビズネスローンも「融資」ですが、この融資とはどのような資金調達手法なのかについて説明します。

 

融資とは?

融資とは、単純に説明すればお金を借りることを指します。融資の利用者は借りたお金に利子をつけて返済する必要があります。

融資を受ける相手は銀行とビジネスローン会社(ノンバンクなどの貸金業者)の大きくわけて2つがあります。

 

また、銀行と一口に言っても、メガバンクから地方銀行、信用金庫まで様々な借り先があります。

会社の事業規模や目的によって融資の受け方も変わります。

 

融資と貸借対照表の評価

融資を受けると、決算書の貸借対照表の負債の部に借入金が計上されます。

借入金が多いというのは、銀行などがその企業の財務状態などの審査をする際に不利になります。

 

借入が多いということはそれだけ返済負担が大きくて資金繰りに対する重荷になることがあります。

さらに、利息の負担も増えますし、そのうえ、そもそも借入が多いことは、それだけ資金繰りの悪い会社だと考えられやすくなります。

 

借入金の大小を評価する場合、貸借対照表全体のバランスが重要になります。

例えば、資本金と借入金のバランス、現金に対する短期借入金のバランスなどが悪ければ、経営の安全性について危険だと扱われます。

 

借りられるうちに借りた方が良い?

借入金の量が多いと銀行やビジネスローンなどの融資審査の際に不利に扱われますし、使っていないお金に対しても利息を支払う必要があります。

このような理由から、融資は適正額を借りた方が良いと思われるかもしれませんが、それが正しい戦略とは限りません。

 

一般的に本当に会社の経営状態が厳しくなると融資を受けるのが困難になります。

そして会社の経営状態が厳しいときほどキャッシュが必要になります。

このような理由からビジネスローンでも銀行でも支払利息が許容できるのならば借りられるうちに借りた方が良いと言われています。

 

もしくは、当座貸し越しや、カードローンタイプなど、契約しておけばいつでも借入可能なタイプの融資を利用するのも有効です。

 

▼カードローンタイプのビジネスローン

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

他の資金調達手段との違い

他の資金調達としては、ファクタリングや手形割引などの債権を売却するパターン、新株発行のように出資を受ける方法などが考えられます。

これらの手段で資金調達したキャッシュは返済が必要ない反面、手数料が高かったり、経営に口を出されたりとリスクが高いと言えます。

 

銀行融資、ビジネスローンは資金調達の中では比較的手数料や経営に対するリスクも少ない資金調達手段なのでまず検討するべきです。

また、日本政策金融公庫のように、政府系の金融機関であれば、創業・開業時にも融資を受けやすい商品もあります。

 

関連:新創業融資制度の活用方法

https://www.ozyouzumoney.online/article/kouko_sougyou.html

 

銀行融資とビジネスローンの違い

では、銀行融資もビジネスローンも融資だとして、両者にどのような違いがあるのかについて説明します。

 

銀行にもビジネスローンがある

実は銀行もビジネスローンサービスを行っています。銀行融資とビジネスローンサービスの違いは審査の違いにあり、銀行が融資ではなくビジネスローンサービスを提供する場合もありえるのです。

 

ただし、銀行のビジネスローンは比較的マイナーなサービスであり、これには理由があります。

銀行のビジネスローンサービスは、銀行の融資と比較すると金利が高いし、ノンバンクのビジネスローンと比較すると審査に時間がかかる中途半端なサービスになりがちです。

 

そのため、銀行に対してノンバンクのようなスピード感や、審査の通りやすさを期待してビジネスローンを申込すると、期待に満たないというケースが少なからずあります。

 

スコアリングシステムについて

銀行融資とビジネスローンとの最大の違いは、ビジネスローンはスコアリングシステムによって融資の可否や金利を判断していることにあります。

 

スコアリングシステムとは決算書の内容をコンピューターに登録することで、自動的にその企業に融資をした場合の貸し倒れ確率を予想して、融資可否や、金利などを計算する仕組みのことを指します。

 

通常の銀行融資の場合、融資担当者が企業の状況をヒアリングして稟議書を書いて支店内で決裁、場合によっては本部を巻き込んでの決裁が必要になります。

このように融資には手間も時間も掛かるので、そのコストから少額融資は非効率で儲からないため、対応が困難です。

 

このような問題を解決したのがビジネスローンです。

ビジネスローンは、スコアリングシステムを活用することで、審査方法を簡略化することによって、中小・零細企業への少額融資でも、素早く効率的に融資できることになったのです。

 

ビジネスローンの審査方法

 

金利と審査スピード

一般的に融資において金利と審査スピードはトレードオフの関係にあります。

ビジネスローンは審査を簡単にする分だけ、貸し倒れリスクに備えるために金利が高くなる傾向があります。

それに対して銀行融資は金利が低い代わりに審査に時間がかかる傾向があります。

 

第三者保証人と担保

銀行融資とビジネスローンのもう1つの違いが第三者保証人と担保です。

銀行融資は金利が低いために万一、会社が倒産したりして融資を返済できなくなったときに備えて、経営者以外の第三者の保証人や返済の裏付けとなる担保を要求する場合があります。

 

これに対して、ビジネスローンは金利が高い反面、第三者保証人なし、無担保で即日融資を受けられるという特徴があります。

そのため、創業・開業から間もない中小企業や、規模が小さく資産が少ない会社であっても、ビジネスローンは利用しやすいという特徴があります。

 

両者の使い分け方

では、銀行融資とビジネスローンはどのように使い分ければ良いのでしょうか。いくつかの目安について説明します。

 

基本的には銀行融資の方が良い

まず、通常の運転資金や償却が長期に渡る高額な設備投資に対する資金繰りは銀行融資を利用した方が良いです。

銀行融資は金利が低いので、長期的に必要な資金を手当てするのに向いています。

 

逆に、通常の運転資金や設備投資の資金をビジネスローンにより手当すると金利によって資金繰りが苦しくなる可能性があります。

 

短期の資金繰りはビジネスローン

短期的に資金調達が必要となる場合にはビジネスローンが適しています。

1週間以内に資金が必要だという場合、銀行融資で資金を用意するのは非常に困難です。

銀行融資は申込や、審査に時間がかかってしまうからです。

 

通常、銀行に融資相談する場合、融資担当者に相談して、ある程度融資を受けられる可能性が確認できてから申込することになります。そのため、1週間程度では申込する難しいこともあります。

 

不意の資金ショートに対しては手許現金を多めに持っておくべきことによって対応するべきですが、実際には経営状況によってキャッシュが足りなくなる場面は少なくありません。

 

そのようなときに使うのがビジネスローンです。ビジネスローンがいくら高金利だといっても、ピンポイントのキャッシュに対する手当を行うくらいならばそれほど資金繰りを悪化させません。

 

審査に通りやすい

もう1つビジネスローンを利用する場面として考えられるのが、銀行から融資を受けられなくなった場合です。

確かに、銀行融資の審査よりもビジネスローンの審査基準の方が緩いために、銀行融資を断られてもビジネスローンなら融資を受けられる可能性があります。

 

しかし、そのような状態で融資を受けるとビジネスローンの高金利がその後の資金繰りに大きな悪影響を与える可能性があります。

赤字が発生している場合は融資を受けると同時にコストカットなどによって利益を出せる体制づくりに取り組んだ方が良いでしょう。

 

赤字・債務超過・税金滞納があってもファクタリングできる?

 

おすすめのビジネスローン

それでは実際に中小企業や、自営業者が利用するのにおすすめのビジネスローンをご紹介しましょう。

ビジネスローンは大きく2種類に分けることができます。

それは、カードローンタイプのビジネスローンと、証書貸付型のビジネスローンです。

 

ビジネクスト

ビジネクストのビジネスローン

 

おすすめ度:SS

 

ビジネクストはカードローンタイプのビジネスローンとして大変おすすめです。

ビジネクストとは、個人がカードローンを利用するのに有名な「アイフル」の子会社です。

つまり、アイフルが事業者向けに行っている融資事業が「ビジネクスト」であるとも言えます。

ビジネクストのビジネスローンでは、最短で即日資金調達も可能ですし、カードローンタイプですので、契約しておけば、いつでも必要な時にお金を借入することができます。

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

■ビジネクストの基本条件

借入可能額1万円~1,000万円
適用金利100万円以上借入時:8.0%~15.0%
100万円未満借入時:13.0%~18.0%
担保不要
連帯保証人不要
融資対象者法人・個人事業主
即日借入可否可能(最短利用時)

 

なお、ビジネクストには、カードローンタイプ以外の証書貸付タイプのビジネスローンもあります。

 

MRF(エムアールエフ)

おすすめ度:S

 

MRFは証書貸付タイプでおすすめのビジネスローンになります。

証書貸付タイプのビジネスローンは、比較的大きな金額を、低めの金利で借入できることがメリットになります。

 

エム・アール・エフ
4.3



☆個人事業主・法人向けビジネスローン
☆西日本エリアが対象
☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

借入可能額(最大)

3億円

適用金利・手数料など

~15%以内

 

■MRFの基本条件

借入可能額最大3億円
適用金利4.0%~9.9%
担保不要
連帯保証人不要
融資対象者法人・個人事業主
即日借入可否可能(最短利用時)

 

ファクタリングも利用可能

ビジネスローンは担保や連帯保証人が無くても利用可能な融資商品です。また、銀行融資に比べて、審査に通りやすいのも魅力です。

 

しかし、担保や、連帯保証人が不要であるため、やはりビジネスローンであっても審査に落ちることはあります。

緊急の資金調達が必要な時に、審査に落ちると困るという方は多いでしょう。

 

こんな時に、資金調達の選択肢として検討したいのがファクタリングです。

ファクタリングは売掛債権を売却することによる資金調達方法であり、ビジネスローンよりもさらに審査に通りやすいのが特徴になります。

 

以下に、特におすすめとなるファクタリング会社をご紹介いたします。

 

1位ビートレーディング

ビートレーディング
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ビートレーディングはファクタリング業界のなかでも「最も知名度が高い」・「有名なファクタリング会社」です。

ファクタリング会社のなかでは、業歴の長さもトップクラスです。業歴が長い分、ネット上などで口コミや評判も知ることができ、安心して利用できるファクタリング会社になります。

ビートレーディングの特徴の1つは、法人企業だけでなく、個人事業主もファクタリング申込が可能なことです。

 

 

おすすめ度:SS

 

ビートレーディングなら、事前査定を「5分程度でのスピード査定」で行ってくれます。

対応が早く、ファクタリングに慣れた専門会社でもありますので、「即日資金調達」できる可能性も高いのが魅力です。

 

ビートレーディングへのお申込み・事前査定は以下から行います。

 

公式ホームページに移動しますので、「WEBからのお問合せ」か電話による相談を行います。

WEBからのお問合せであれば、10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)のフォーマットを埋めて、送信しましょう。その後、ご相談内容に適した担当者から、電話で連絡が行われます。

 

ビートレーディングのメリット

急ぎで資金調達する場合、ビートレーディングのスピード査定が非常に役に立ちます。

さらに、ビートレーディングは、法人・個人ともに利用できるファクタリング会社ですし、ファクタリング業界のなかでは「大手」・「業歴長い」・「知名度高い」ファクタリング会社になりますので、利用しやすいのが特徴です。

 

ビートレーディングは、優良なファクタリング会社で探せば、常に上位にランクされるファクタリング会社です。

 

ビートレーディングのファクタリングには、以下のような特徴があります。

  1. 日本全国ファクタリング対応
  2. 無料のスピード査定/即日資金調達可能
  3. ファクタリング業界の認知度No1
  4. 契約件数トップクラス(同社調べ)
  5. ファクタリング顧客満足度No1(同社調べ)
  6. 小口から大口までのファクタリングに対応
  7. 取引先に知らせずにファクタリング可能

 

<関連記事:ビートレーディングのファクタリングをご紹介>

ビートレーディングのファクタリングを徹底分析!使えるファクタリング会社か調査!

 

2位 三共サービス

三共サービス(ビートレーディングとして掲載)
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

急いで資金調達がしたいが、ファクタリング手数料率にもこだわりたいという方には、「三共サービス」がおすすめです。

三共サービスは、ファクタリング業界トップレベルの手数料率の低さが特徴です。三共サービスのファクタリング手数料は、最も低い場合で1.0%~となっていることに加えて、ファクタリング利用者の平均手数料率も業界最安水準だと言われています。

さらに、資金調達まで、申込から「最短2日」での対応が可能です。2日が最短ですので、相談の翌々営業日での買取になります。

 

おすすめ度:S+

 

三共サービスを利用できる方:法人企業(個人事業主は対象外)

*個人事業主でファクタリング希望の方は以下をご参照下さい

個人事業主が即日でも利用できるファクタリング会社と利用時のポイント!失敗しない資金調達方法のご紹介

 

三共サービスのメリット・特徴

三共サービスは業歴も20年と長く、ファクタリング専門会社のなかでも業歴の長さはトップクラスです。

業歴の長さゆえの、安心感・信頼感のあるファクタリング会社です。

 

さらに、三共サービスのファクタリング手数料の低さいはファクタリング業界のなかでトップクラスです。

ファクタリング手数料に拘って選びたい方には、三共サービスがおすすめです。

 

<三共サービスの手数料率>

  • 3社間ファクタリングで、 1.5%~
  • 2社間ファクタリングでも  5.0%~

 

三共サービスのファクタリング手数料は、ファクタリング業界でトップレベルに低さです。

更に、三共サービスは、全国対応、出張買取り可能なファクタリング会社でもあります。営業地域を限定せず、全国どちらの企業でも相談・ご利用が可能なファクタリング会社ですので、どちらの会社でも相談しやすいメリットがあります。

 

そして、三共サービスのファクタリングなら。「最大買取可能額も1億円まで可能」です。大きな金額の資金調達がご希望なら、三共サービスは特におすすめです。

なお、三共サービスのファクタリングなら、スピード査定が可能で、買い取りまでの期間は、最短で2営業日です。

 

即日資金調達のファクタリングはできませんが、2営業日というスピードでファクタリングが可能です。もちろん、相談・見積もりは無料です。

 

三共サービスへのご相談・申込

三共サービスへのファクタリング相談は、下記のリンクから行います。

 

三共サービス(ビートレーディングとして掲載)
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

(三共サービスは相談・見積もりが無料です)

 

移動後の三共サービスホームページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。

三共サービスには、電話での相談も可能です。WEBで申込であれば、フォーマットに入力後、送信しておけば、相談内容に適した担当者から連絡がもらえます。

 

お電話の際は、画面に表記されている「お問合せコード(アルファベット3文字)が必要です。ご確認のうえお電話してください。

 

<関連記事:三共サービスのご紹介>

三共サービスのファクタリングを調査!業界最安水準の手数料は本当?

 

<おすすめファクタリング会社のご紹介>

おすすめのファクタリング会社を徹底比較!安心して利用できる優良会社をご紹介します

 

 

まとめ

以上のように銀行融資とビジネスローンの違いについて説明してきました。

本質的な違いは、銀行融資は人による審査を行っているのに対して、ビジネスローンはスコアリングシステムという決算書情報から定量的に判断を導き出す審査手法を使っていることにあります。

 

ただし、利用者にとって興味があるのは金利と審査にかかる期間だと考えられます。

一般的に銀行融資は金利が低い代わりに審査に時間がかかり、ビジネスローンは審査が短いかわりに金利が高い傾向があります。

使い分け方として、長期的に返済し続けなければならない資金については銀行融資、ピンポイントで緊急で必要な資金についてはビジネスローンで用意した方が良いです。

 

<個人事業主でも利用しやすいビジネスローンは?>

個人事業主や自営業も利用できる!ビジネスローンの活用方法

住宅ローンの借入金利はいつ決まる?
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG