キャッシングに成功した人

個人事業主や自営業も利用できる!ビジネスローンの活用方法

個人事業主・自営業は法人と比較すると資金調達の選択肢が少ないと言われることがあります。

 

法人に比べれば、個人事業主はビジネスが小規模な事が多く、事業と経営者個人の財布が分離できていないことも多いため、信用力が低いと見られることもあります。個人事業主であっても事業を継続するためには資金調達は重要な課題です。にもかかわらず、信用力が低いと見なされると、銀行などからの借入は難しくなってしまいます。

 

今回は個人事業主・自営業者の有力な資金調達方法の1つとなりうる「ビジネスローン」の活用方法を説明します。

 

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

 

 

個人事業主の資金調達方法

まずは、個人事業主が利用できる資金調達方法から検討しましょう。

典型的な資金調達の方法の1つが銀行からの資金調達です。一般的なのは銀行や信用金庫などの銀行系の金融機関から融資を受ける方法です。

 

銀行から保証協会などの保証を得ずに借りることを「プロパー融資」と呼びます。しかし、個人事業主にかかわらず、法人化している中小企業でもプロパー融資を受けるためには実績を積まなければならず、大部分の中小企業はプロパー融資を利用できていません。

 

銀行からプロパー融資を受けられるようになれば、中小企業としては「かなり信用力の高い優良企業」と考えられます。また、プロパー融資が利用できるほどになれば、資金調達手段も選択肢は増え、資金繰りにも余裕が生まれるでしょう。

 

そのため、個人事業主がプロパーで銀行から融資を得るのはかなり厳しいでしょう。また、信用保証協会の信用保証付きならば融資の難易度が下がりますが、信用保証協会の審査を突破しなければならないので、これも個人事業主は法人と比較すると通過するのは難しいでしょう。

 

銀行のなかでも日本政策金融公庫のような政府系金融機関から融資を受けることを「公的融資」と呼びます。公的融資は銀行融資と比較すると、事業規模が小さい小規模事業者や、創業直後などのリスクの高い事業に対しても融資をしてもらえる可能性があります。

 

 日本政策金融公庫の創業融資制度

 

しかし、それでも個人事業主はリスクが高いので融資を受けるハードルは高く、審査に通っても、借入できる金額は少なくなってしまいがちです。

 

融資だけではなく、ファクタリングの場合も同様です。個人事業は保有している売掛金の金額が小さいことが大きく、信用面でも法人に劣るので個人事業主の利用自体を断っているファクタリング会社も存在します。

 

 ファクタリングとは?ファクタリングの基礎から利用方法を解説

 

もちろん、実際に挑戦して資金調達ができる可能性がありますが、個人事業主は法人と比較して、経営者の財布と会社の財布がほぼ同じような扱いになっているので、基本的には法人よりも融資審査に通過するハードルは高いでしょう。

 

なお、個人事業主がファクタリングを活用する場合には、以下の関連記事をご参照下さい。

 

 個人事業主がファクタリングを利用する方法

 

三共サービス(ビートレーディングとして掲載)
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

ここで個人事業主の資金調達方法として有力になるのがビジネスローンです。

 

個人事業主が利用できる資金調達方法

 

ビジネスローンのメリット・デメリット

銀行はビジネスローンに消極的であり、さらに銀行のビジネスローンは使い勝手も悪いのが正直なところです。そのため、通常、ビジネスローンの活用を考える場合、ノンバンク系のビジネスローンが対象になります。

 

個人事業主にとって有力な資金調達方法として知っておきたいのは「ノンバンク系ビジネスローン」です。そのメリット・デメリットについて説明します。

 

ビジネスローンのメリット

まずはビジネスローンのメリットからご紹介していきます。ビジネスローンの特徴をおさえておきましょう。

 

審査に通りやすい

まず、メリットとして挙げられるのは、なんといっても「審査に通りやすく」、「資金調達できる可能性が高い」ということです。

 

結局のところ、いくら金利が低い資金調達方法であっても、融資を受けられなければ意味はありません。「審査に通りやすい」ということは非常に重要です。ノンバンクのビジネスローンは個人事業主でも融資を受けられる可能性が高いのがまず挙げられるメリットです。

 

スピードの速い資金調達

またビジネスローンは審査スピードが早く、融資を受けるまでの期間が速いことも魅力的です。銀行の融資審査はどうしても、銀行員が稟議書を書いて、銀行内部の審査を通過させる必要があり、申し込みから入金されるまでに半月から1か月程度は見込んでおく必要があります。

 

これと比較すると、ビジネスローンは融資までの期間が、早いものであれば即日、平均でも3日程度で申し込みから入金まで可能です。

 

申込日当日に融資してくれるビジネスローンがあるというのは大きなメリットです。緊急の資金需要が発生した場合や、銀行の融資審査に落ちてしまった場合にも活用することができます。

 

第三者保証人不要

また、ノンバンクのビジネスローンでは、経営者が連帯保証をすれば、他の連帯保証人を求められることもありません。

 

つまり、第3者保証人不要がビジネスローンの基本です。また、不動産担保などの担保無しで利用できるビジネスローンもたくさんあります。担保が用意できなかったり、親族に迷惑をかけたくないという経営者にはありがたい融資商品となります。

 

 ビジネクストのビジネスローン

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

 

ビジネスローンのデメリット

一方でビジネスローンの「金利の高さ」はデメリットです。

一般的なビジネスローンの場合、5%~10%程度の金利水準になることもあります。よって、まずは十分な時間的余裕を持って銀行融資を申し込んで、銀行からの融資を断られた後に、ビジネスローンの利用を検討されるのが良いでしょう。

 

または、ビジネスローンで緊急の資金調達に対応したうえで、同時進行で銀行融資も相談しておき、ビジネスローンを「つなぎ融資」として利用するのがおすすめです。

 

利子だけではなく元本を支払わなければならないので、返せるあてがないのに事業が厳しいので、急場をしのぐために融資を受けるのは非常に危険です。

 

ビジネスローンのチェックポイント

 

 

ビジネスローンは計画的に利用

ビジネスローンは返済額や金利も勘案し、計画的に利用する必要があります。

銀行融資に比べて、やや金利は高くなってしまいますので、極力支払い利息を増加させないためには、必要最小限だけを利用するようにした方が良いでしょう。必要な金額を必要な期間だけ利用するようにし、資金的な余裕ができたのであれば、早めに返済するようにした方が良いでしょう。

 

また、ビジネスローン利用時には、借入後の返済計画も考えておくべきです。

例えば、赤字、売上の減少を原因として借入する場合、借入した後の返済原資はどうするのか、借入後の返済を継続していくことが可能かなども検討したうえで借入するようにしましょう。

 

なお、ビジネスローンのなかには、銀行融資ほどではないですが、比較的低金利で利用できるものもあります。まずは相談されてみて、ご自身がどういった条件で資金調達できるのかを確認されてみるのがよいでしょう。

 

 低金利ビジネスローンの例

*エスジーファイナンスのご紹介は停止中

▼エム・アール・エフ


MRF

事業資金融資のMRF

 

 

ビジネスローンの申込方法

では、ビジネスローンを利用するためにはどのような手続きが必要なのでしょうか。

基本的には、利用者となる個人事業主・自営業者が借入申込をして、ローン会社(ノンバンクなど)が審査し、通過すれば契約、入金という流れになります。

 

銀行融資と違ってビジネスローンでは、決算書などの定量的な数値により、機械的に融資の可否を判断するスコアリングシステムを採用しています。

 

そのため、審査はスピーディーに行われます。必要書類さえ提出すれば、即日~数日のうちに審査結果の連絡が得られます。但し、即日融資可能なビジネスローンもありますが、余裕を持って3日くらいは入金までにかかると考えておいた方が良いでしょう。

 

また、必要書類としては、運転免許などの本人確認書類、経営状況を確認するための決算書や確定申告書、会社案内などの提出を求められることが一般的です。各ビジネスローン会社によっても求める書類が異なることがありますので、詳しくは、利用を検討している各ノンバンクのホームページなどで確認してください。

 

ちなみに、1回審査に通過すると、限度額の範囲内で自由に融資を受けられる「ビジネスローンカード型のビジネスローン」もあります。カードローン型ビジネスローンに申し込むと2回目以降は審査を受けずに借入できるようになりますので融資が楽になります。しかし、つい使いすぎてしまうこともあるので計画的に利用した方が良いでしょう。

 

また、カードローン型ビジネスローンの場合、すぐに利用する必要がなくても、いざという時の保険として契約しておくことも可能です。実際、借入に利用しなければ、手数料等は不要というビジネスローンもあります。

 

 カードローン型ビジネスローンのおすすめ

 

 

ビジネスローンにまつわる疑問

最後に個人事業主がビジネスローンを活用するにあたって、よくある疑問2つについて説明します。

 

総量規制の対象となるのか?

個人事業主が融資を受けるさいに考えておくべきことは総量規制の制限です。総量規制とは利用者の年収の3分の1以上の金額を、個人に対して金融機関(法律上は貸金業者)が融資してはならないというルールです。

 

個人事業主の事業のための資金調達ならば総量規制の金額以上の融資を受けられることがあります。原則、事業性資金の借入は総量規制の例外として、規制の対象外となります。

 

しかし、一般的な個人に対する融資と比較すると、ビジネスローンの方が審査は厳しくなります。必要に応じて事業計画や返済計画の提出を求められることもありますので、十分に注意してください。

 

ビジネスローンの疑問

 

 

貸金業者の選び方

また、ビジネスローン会社の中には危ない事業者があるのではないかという心配もあります。確かに過去には事業者向けのヤミ金などが問題になった時代もありました。

 

危ない業者と、大丈夫な業者の見分け方として有効なのが、「貸金業登録を行っているか」ということです。ビジネスローン業者であっても貸金業登録をしていなければ、融資を行うことはできません。

 

貸金業として登録するためには日本貸金業協会を通じて都知事や財務局長に許可される必要があります。この公的な審査の段階で危ない事業者は却下されているはずです。金融庁の貸金業者情報検索サービスを利用すれば、貸金業登録を受けているかチェックができるので、心配な場合はチェックすると良いでしょう。

 

ファクタリングによる資金調達

個人事業主が資金調達する場合、ビジネスローンだけでなくファクタリングという選択肢もあります。

ファクタリングというのは商取引で発生した売掛金を売却することによる資金調達方法です。回収期日までに時間のある売掛金を前倒しで資金化する効果があります。

 

借入ではなく、売掛金の売却ですので、銀行融資やビジネスローンに比べて、審査に通りやすく、手続きも早く済むのが特徴です。もし、銀行融資や、ビジネスローンを利用できなくて困っているという方はファクタリングを検討されてみるが良いでしょう。

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

 申込・相談はこちら

ビートレーディング
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用できます。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用できます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 MSFJへの相談は以下のリンク

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

 申込・相談はこちら

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

 申込・相談はこちら

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

まとめ

以上のように、個人事業主の資金調達におけるビジネスローンの重要性について説明してきました。

 

個人事業主は事業規模も小さく、会社と経営者の財布の区別も曖昧なのでどうしても金融機関の審査を通過するのも厳しくなってしまいます。個人事業主でも利用しやすいのがビジネスローンです。

 

ビジネスローンは、銀行融資などと比較すると審査基準も緩やかであり、原則として第3者連帯保証人も必要なく、審査のスピードも早いのが特徴です。そのため、ビジネスローンは個人事業主にとってありがたいサービスと言えます。

 

ただし、ビジネスローンの金利は銀行融資に比べて高くなりがちですので、無計画に利用すると非常に危険なので注意してください。ちなみに危ない事業者にひっかからないかということが心配になりますが、ビジネスローンサービスを提供するためには貸金業登録を受ける必要があり、登録を受けるためには公的な審査を突破する必要があります。

 

貸金業登録を受けているか否かは金融庁のホームページで確認することができるので、必要に応じて確認してください。

 

 

<借入の関連記事>

個人事業主がすぐに借入できる方法をご紹介します!!

 

エム・アール・エフ
4.3



☆個人事業主・法人向けビジネスローン
☆西日本エリアが対象
☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

借入可能額(最大)

3億円

適用金利・手数料など

~15%以内

キャッシングに成功した人
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG