ビジネスローンカードのすすめ!ビジネスローンはカードローンタイプがおすすめの理由と厳選2社をご紹介

事業資金借入
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

ビジネスローンとは、中小企業や個人事業主でも、比較的簡易な手続きや審査で借入可能な融資商品です。

ノンバンクのなかには「最短即日融資可能」といったビジネスローンもあります。さらに、担保や第3者保証人なしで融資が受けられるビジネスローンも用意されています。

 

急な資金調達が必要な時や、銀行融資の審査に落ちてしまった時におすすめのビジネスローンですが、そのなかでも、さらに使い勝手が良く、利便性の高い「ビジネスローンカード」というのをご存知でしょうか。

ビジネスローンカードの特徴や魅力、有効活用方法を説明します。

 


 

ビジネスローンとは?


ビジネスローンとは、一般的な銀行融資などに比べて、簡易的・簡便的な手続きや審査によって借入できる融資商品です。

 

広義の意味で言えば、中小企業や、個人事業主が借入する融資全てを「ビジネスローン」と呼ぶこともできます。しかし、一般的に「ビジネスローン」と呼ぶときは、ノンバンクや銀行で、中小企業・個人事業主が簡易的に借入できる事業性資金の融資商品を指していることが多いでしょう。

 

ビジネスローンには以下のような特徴があります。

①審査が早い(即日~23営業程度で回答可能)

②金利が高め

③資金使途の自由度が高い

④(個人事業主の場合)総量規制の対象外

⑤決算書の提出が必要

⑥スコアリングモデルによる審査

 

つまり、決算書などの申告書類(23期程度)、納税証明書、法人登記簿謄本(履歴事項全部証明書)などを提出すれば審査可能であり、即日~23営業日程度で結果が得られる融資というのが「ビジネスローン」の特徴です。

 

 

ビジネスローンのメリット


ビジネスローンは一般的な銀行のプロパー融資に比べて、金利は高くなりがちです。

年利3%~15%の範囲内というのがビジネスローンの平均的な金利水準です。

 

それにも関わらず、ビジネスローンの人気が高く、利用する法人や、個人事業主が増加している理由は、以下となります。

 

<ビジネスローンのメリット>

①短期間で資金調達可能(速ければ即日可能)

②審査基準が緩く、審査に通りやすい

③保証協会の融資枠を利用しない(別枠で借入できる)

④担保・第3者保証人が原則不要

⑤資金使途が原則自由

 

金利は少し高くなるけども、簡易・簡便で、素早く資金調達できるのが、ビジネスローンのメリットです。さらに、資金使途に対する自由度も高く、銀行融資などのように「面倒」なことも言われずに利用できます。

 

 

ビジネスローンの種類


ビジネスローンは「ビジネスローンカード」と呼ばれるカードローンタイプと、「証書貸付型のビジネスローン」の2つに分けることができます。

 

それぞれに特徴、メリットはありますが、今回は非常に使い勝手が良く、堅実派の経営者におすすめしたい「ビジネスローンカード」型のビジネスローンをご紹介したいと思います

 

 

ビジネスローンカードとは?


ビジネスローンカードとは、「法人カードローン」、「ビジネスカードローン」などと呼ばれることもあります。

審査に通過して契約すると、「ローンカード」と呼ばれる借入専用のカードを受け取って、自由に借入ができるビジネスローンです。

 

個人が借入できる融資商品に、「カードローン」と呼ばれるものがあります。

カードロ―ンは、最初の借入審査に通過して、金融機関と契約しておけば、「借入限度額」の範囲内で、いつでも好きな時に、自由に借入ができる融資商品です。

 

もちろん、すぐに資金需要がなくても構いませんし、そのまま1度も使わなくても問題ありません。「将来、急に資金が必要になった時に、借入できる保険」として機能する融資商品です。

 

カードロ―ンを契約しておいて、借入限度額を持っておくことに対して、手数料や、年会費などもかかりませんので、カードローンを作っておいて損することは無く、「無料で融資枠」を持つことが出来ます。

 

ビジネスローンカードとは、「個人のカードローン」を、法人・個人事業主が、事業性資金の借入で利用できるようにアレンジした融資商品です。個人のカードローンは、「生計費」に使用を限定され、事業資金に使えないものが多いのですが、逆に、「ビジネスローンカード」は事業資金のための借入商品です。

 

 

ビジネスローンカードのメリット


ビジネスローンカードの重要なポイントは、「1度契約しておけば、好きな時に、すぐに借入できる」、「年会費・手数料は不要」、「契約しておいて使わなくも問題無い」という3つのポイントです。

 

 

いざという時の保険


業況・業績の良いうちにビジネスローンカードを申込・契約しておいて、事業の業況が悪くなったり、資金繰りに困った時に借入することも可能です。

最初に審査に通過しておけば、有効期限内は審査不要で借入できます。

 

中小企業、個人事業主の場合、審査に通りそうな業況の良いときはお金が不要であり、お金が必要な時は審査に通りにくくなっているということが多くあります。

 

ビジネスローンカードを活用すれば、業況の良い時に、融資枠を作っておくことができます。年会費・手数料がかからないビジネスローンカードを利用すれば、無料で融資枠を確保できます。

 

通常、大企業が、「当座貸越枠」を作っておく場合には、年会費を取られることもあり、無料で融資枠を作れるビジネスローンカードは大変有利な商品となります。

 

 

24時間借入可能?


銀行や、大手ノンバンクから借入できるビジネスローンカードの場合、「コンビニATM」と提携しており、コンビニで出金可能なものもあります。

 

コンビニATMは、日々のメンテナンス時間(1日のうち1520分程度)を除き、実質24時間利用できます。

 

そのため、ビジネスローンカードで、24時間、いつでも好きな時に、カードローンでの借入が可能になります。また、大手コンビニは、全国各地に店舗を設けていることから、借入希望時に利用できるATMの数や場所も豊富であり、利便性も相当に高くなると言えるでしょう。

 

 

何度でも借入可能


ビジネスローンカードは、「当座貸越」タイプの融資商品です。

当座貸越というのは、契約時に設定した「借入限度額」の範囲内であれば、何度でも反復して自由に借入できる融資です。

 

一度融資枠を設けておけば、契約期限内は、都度の借入に審査も不要です。すぐに借入することができます。

 

一般的な証書貸付の場合は、最初の借入が出来ても、その後は、返済のみを行っていくことになり、借入残高が減少しても、追加借入はできません。再度借入が必要となれば、もう一度借入申込して、審査に通過する必要があります。

 

 

自由に返済でき金利を削減


ビジネスローンカードの場合、一旦借入した資金を、約定弁済以外で返済することも出来ます。繰上返済によって、簡単に前倒し弁済できます。

運転資金の場合、一時期的に資金が不足して借入が必要な時期と、資金的に余裕が生まれる時期があります。

 

証書貸付で運転資金を借入する場合、もっとも資金が不足する時期に合せて、借入を行っておく必要があり、余裕がある時期には、口座に資金残した状態になってしまいます。

もちろん、口座に残って使っていない時期にも金利がかかります。

 

ビジネスローンカードの場合、必要な時期だけ借入して、不要な時期は返済して、借入残高を無くしてしまうことも可能です。審査なく追加借入が出来ますので、必要な時期に、必要な日数だけ、何度でも借入すれば良いのです。

 

ビジネスローンカードであれば、借入が不要な時期にこまめに返済ができ、余計な借入残高を維持しておかなくて良いので、「支払利息」も減らすことができます。

 

 

総量規制の対象外


個人事業主が「当座貸越」タイプの借入を行う場合、ビジネスローンカードと、個人借入用の「カードローン」を利用する方法の2種類の選択肢があります。

 

大手消費者金融のカードローンでは、個人事業主が借入を行う場合、生計費だけでなく、事業資金として借入することも認めています。そのため、個人事業主が急な事業資金を借入するなら、個人用カードローンを利用しても問題ありません。

 

必要な借入額が少額(およそ50万円前後)であれば、消費者金融の方が、審査も簡易であり、審査速度も速く、借入できる可能性も高くなるでしょう。

 

<アコムのカードローン>

はじめての方にアコム 最短即日融資も可能
<カードデザイン>
ご相談はこちら▲▶
適用金利(実質年率)借入可能額
3.0%~18.0%1~800万円

 

 

消費者金融・アコムからお金を借入する方法とそのメリットをご紹介します!!

 

 

個人用カードローンと、ビジネスローンカードでは、どちらを利用して借入しても、非常に良く似た効果が得られます。

 

しかし、個人用カードローンの場合、総量規制という法律の影響を受けるため、借入できる限度額が、年収の3分の1までに限定されます。つまり、年収600万円の方なら、借入できる限度額は200万円までに法律で制限されてしまうのです。

 

一方で、ビジネスローンカードは、「事業性資金」専用の借入商品であるため、総量規制の対象になりません。そのため、個人事業主がビジネスローンカードで借入する場合、総量規制による「年収の3分の1」という制限に関係無く、借入することができます。

 

 

ビジネスローンカードで借りる方法


ビジネスローンカードでは、金融機関の審査に通過して、契約が終了した後、借入専用の「ローンカード」を受け取ります。ローンカードの受取は原則郵送ですが、店舗に行くことで直接受け取れるものもあります。

 

ローンカードを受け取った後は、コンビニATMや、銀行ATMなど、それぞれのビジネスローンが提携しているATMを利用して出金することができます。どのATMと提携しているかは、ビジネスローンの貸し手となる金融機関毎に異なりますので、事前に確認されておくのが良いでしょう。

 

 

ビジネスローンカードのデメリット


一方、ビジネスローンと比較して、ビジネスカードローンにもデメリットがありますので、確認しておきましょう。

 

 

借入限度額が低くなる


証書貸付タイプのビジネスローンに比べ、ビジネスローンカードで借入できる金額は少なくなってしまう可能性が高くなります。

 

証書貸付のビジネスローンであれば最大5,000万円~1億円程度まで借入できるものでも、ビジネスローンカードの場合は数百万円~1,000万円程度の借入を限度とするものが多くなります。

 

ビジネスローンカードの場合、「何度でも借入可能」・「都度の審査不要」のため、融資を行う金融機関・ノンバンクにとってのリスクは高くなります。そのため、限度額を低めに設定して、リスクを限定する必要があるのです。

 

 

審査が厳しい


証書貸付型のビジネスローンと、ビジネスローンカードの審査基準を比較した場合、ビジネスローンカードの方が、審査基準は厳しくなってしまいます。

 

前述の通り、融資を行なう金融機関にとって、ビジネスローンカードの方が、リスクが高くなるため、審査も厳しく行われるためです。

 

 

おすすめビジネスローンカード


以上のように、ビジネスローンカードは、ビジネスローンと比べてもメリットが大きく、すぐに使用する必要がなくても、是非、借入枠を作って、将来の不安に備えておくための融資商品となります。

 

今回は、おすすめのビジネスローンカードとして、比較的審査に通りやすく、借入限度額も大きめという特徴のある商品を紹介します。

 

 

ビジネクストの事業者ローン


 

「ビジネクスト」とは、大手消費者金融グループである「アイフル」が、事業性資金の融資を行うことを目的に設立した会社です。つまり、アイフルグループの貸金業者です。

 

大手金融機関の子会社であることから、「良く知らないノンバンクは利用したくない」、「怖い貸金業者は嫌」という経営者にもおすすめできる金融機関となります。

「累計で10万円件以上の契約実績がある」のもビジネクストの魅力です。

 

ビジネクストでは、申込から最短で翌営業日の借入が可能です。

資金使途自由、年会費や事務手数料、保証料などの諸費用も不要で借入できます。

 

 

ビジネクストの借入条件は?


▶ ビジネクストデータ

借入可能額(最大) 即日借入 対象 適用金利 担保 連帯保証人
1,000万円 可能 法人企業・個人事業主 8.0%~15.0%
*100万円以上借入時
不要 原則不要

 

ビジネクストの事業者ローンでは、50万円~最大1,000万円までの借入が可能です。限度額1,000万円とは、カードローンタイプのビジネスローンでは、業界トップクラスの規模の大きさです。

 

これだけの借入限度額が保有できれば、いざという時の資金需要に対する不安も大幅に減るでしょう。

 

 

ビジネクストに申込できる方


ビジネクストの事業者ローンに借入申込できるのは、「法人」もしくは「個人事業主」となります。

ビジネクストの事業者ローンなら、担保や、代表者以外の連帯保証人(第3者保証人)不要で借入できます。

 

 

ビジネクストへの申込方法


以下のリンクから直接公式ホームページ内の申込画面に移動できます。

WEB上からの申込が可能であり、店舗に行く必要もありません。

 

▼申込専用リンク

事業者専用ローンなら『ビジネクスト』

 

*必要書類はメール、FAX、郵送のいずれかで提出可能です

 

 

申込に必要な書類


ビジネクストの事業者ローンに申込する場合、以下の必要書類を準備しておく必要があります。事前に準備しておけば、申込から借入までスムーズに進みますので、準備しておきましょう。

 

<法人が申込する場合>

・代表者ご本人様を確認する書類

・決算書

※その他必要に応じた書類(ビジネクストから依頼があった場合)

 

<個人事業主が申込する場合>

・ご本人様を確認する書類

・確定申告書

・当社所定の事業内容確認書

※その他必要に応じた書類(ビジネクストから依頼があった場合)

 

 

ビジネスパートナー


次におすすめなのが、「ビジネスパートナー」のカードローン型ビジネスローンです。

 

ビジネスパートナーの特徴は、最短即日での借入が可能であり、最大500万円までの融資を担保・保証人不要(代表者の保証は必要)で借入できることです。

 

ビジネスパートナーは、独立系の金融会社ですが、1999年設立・業歴19年と、比較的歴史の長い貸金業者です。特に、「スモールビジネスローン」と呼ばれる、1,000万円未満の小口での事業資金融資に特化して事業を行っています。

 

小口の事業資金融資ということもあり、審査スピードが速く、比較的審査に通りやすいという特徴があります。素早く融資を行えるのが「ビジネスパートナー」のメリットと言えるでしょう。

 

 

ビジネスパートナーの借入条件


▶ ビジネスパートナーデータ

借入可能額(最大) 即日借入 対象 適用金利 担保 連帯保証人
500万円 可能 法人企業・個人事業主 9.98%~18% 不要 法人代表のみ

 

ビジネスパートナーでは、適用金利(年率)9.98%~18%(100万円以上借入時は、9.98%~15%)の範囲内で借入可能です。

 

最短即日で、500万円までの借入が可能です。

ビジネスパートナーでは、法人企業だけでなく、個人事業主も借入可能です。

 

 

ビジネスパートナーの申込方法


ビジネスパートナーへの借入申込は、以下のリンクから行うことができます。

WEB上から必要事項に入力すれば、すぐに審査を行ってもらうことができます。

 

▼こちらをクリック▼

事業者向けビジネスローン申し込み

 

*必要書類は別途郵送、FAXなどで提出が必要です。

 

 

ビジネスパートナーの必要書類


ビジネスパートナーのビジネスカードローンに借入申込するにあたっては、以下の書類を提出する必要があります。正式な審査に必要な書類となりますので、事前に用意しておくのが良いでしょう。

 

<法人が申込する場合>

・代表者の本人確認書類

・登記事項証明書(履歴事項全部証明書)発行後3ヶ月以内のもの

・印鑑証明書(法人・個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの

・決算書(原則直近2期分)等

 

<個人事業主が申込する場合>

・事業主本人確認書類

・印鑑証明書(個人のもの) 発行後3ヵ月以内のもの

・確定申告書(原則直近2年分)

・当社所定の借入計画書 等

 

 

ファクタリングのすすめ


ビジネスローンや、銀行融資の審査に通らなくて、資金調達に困っているという中小企業や、個人事業主の方には、「ファクタリング」がおすすめです。

ファクタリングは、「借入」ではなく、「売掛債権」を売却することによる資金調達方法です。

 

ファクタリングは、個人事業主や中小法人であっても、商取引で発生した売掛債権があれば利用できる資金調達方法であり、銀行融資や、ビジネスローンに比べ、審査に通りやすく、利用しやすいのが特徴です。

 

赤字、債務超過、税金滞納、リスケ中であっても資金調達できる可能性があります。

さらに、ファクタリングなら最短即日から数営業日程度での資金調達も可能です。

 

もし、「審査に通らなくて困っている」、時間が無くて、審査に通りやすい方法を探しているという方なら、ファクタリングを検討されることがおすすめです。

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

<関連記事:おすすめファクタリング会社>

おすすめのファクタリング会社を徹底比較!安心して利用できる優良会社をご紹介します

 

<関連記事:口コミ・評判の良いファクタリング会社>

口コミ・評判の良い人気ファクタリング会社を調査!!特に満足度の高い会社4選をご紹介

 

 

まとめ


中小法人や、個人事業主が、急な資金調達が必要になった時や、銀行融資の審査に落ちてしまった時、もしくは、いざという時のために「すぐに借入できる融資枠」を用意しておきたい時には、ビジネスローンカードがおすすめです。

 

ビジネスローンカードを活用すれば、最短即日で融資が受けられますし、融資枠を確保しておき、必要な時に審査なく借入することもできます。

将来、業況が悪くなったとしても、すぐに借入できる手段として、ビジネスローンカードを用意しておいてはいかがでしょうか。

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

<関連記事>

ビジネスローンとは?経営者や個人事業主が知っておくべきメリット・デメリット

 

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

 

【簡単5秒診断】資金調達ガイド (㈱サウルス)のファクタリングサービスをご紹介します

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

事業資金借入
会社の借入余力を知っていますか!?銀行員の審査で使っている計算方法を教えます!!

中小企業の経営者、事業主が自社の借入余力を把握できることは非常に重要です。銀行に聞いても教えてくれませんので、自社で計算できる方法を教えます。経営の安定度を高めるためにご活用ください。

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。