消費者金融・アコムからお金を借入する方法とそのメリットをご紹介します!!

消費者金融大手のアコムは皆さんご存知ですよね。現在のアコムは、三菱UFJフィナンシャル・グループに属する消費者金融となっています。つまり、大手銀行系の消費者金融ですね。

 

消費者金融からカードローンの借入を検討すれば、当然、真っ先に名前が浮かんでくるアコムについて、借入の特徴や、メリットについて、まとめてみました。

 

これから、カードローンの借入申込をするなら、是非、ご一読いただけると幸いです。

 

 

アコム カードローンの商品概要

アコム・カードローンの借入条件から、ご説明します。アコムのカードローンでは、1万円~800万円までの範囲内で借入することが可能です(もちろん審査があります)。

 

800万円という最大借入額は、大手都市銀行と比べて、引けをとらない規模の水準で、一般的な方なら、全く問題ない借入規模でしょう。2019年4月現在の適用金利は3.018.0%(実質年率)の範囲内で、審査結果によって適用金利が決定されます。

 

銀行カードローンの金利は、平均的には14%台以下で借入できるものが多くなっていますので、銀行に比べるとやや金利は高くなってしまう可能性があります。

 

アコムのカードローンは最短30分で借入可能

 

 

アコムの金利は意外と低い!!

銀行カードローンの場合、借入限度額が大きくなる程、借入金利が低くなるように設定されています。

 

当初借入の極度額が100万円以下となる場合には、最も高い金利が適用され、大抵の銀行カードローンは14%台半ばとなります。10%未満の低金利で利用できる銀行カードローンは原則ありません。

 

アコムの場合、契約金額100万円の場合の金利(実質年率)は、3%~15%での適用となっていますので、もっとも高い水準の15%で借入したとしても、銀行カードローンとそれほど条件は変わらず、審査結果によっては、10%未満の低金利で借入できる可能性もあります。

 

つまり、アコムは消費者金融ですが、100万円の借入なら、銀行カードローンよりも低金利で借入できる可能性があるカードローンです。

 

アコムの審査で、有利な条件を獲得できる自信のある方は、銀行カードローンより低金利で借入できる可能性があるので、是非、アコムカードローンに挑戦してみてはいかがでしょうか。

 

カードローンの関連記事

>>アコムカードローンの申込方法や審査基準

 

 

無利息キャンペーンもある

アコムでの借入契約が初めての方には、カードローンの契約翌日から30日間は、金利0円で借入できるサービスがあります。

 

契約当初だけのサービスとはなりますが、一時期な出費への対応としてアコムのカードローンで借入する方にとっては、大変お得なサービスです。

 

この30日間の無利息借入で、100万円未満の契約で借入をするなら、アコムで借入した方が、銀行カードローンで借入するよりも、かなりお得になりそうです。

 

アコムなら初回契約日から30日間無利息

 

アコムで借入申込できる方は?

アコムのホームページ内で公表されている、アコム カードローンの借入申込可能な方は、「20歳~69歳までの安定収入と、返済能力を有する方」となっています。

 

「安定収入」がポイントとなりますが、この安定収入は銀行、消費者金融、それに各消費者金融で、かなり基準は異なります。

 

あくまでも経験則となりますが、アコム カードローンの場合で、収入は金額に関わらず、毎月安定して収入がある方(日雇いや、臨時などは難しいでしょう)で、勤続年数は最低でも6ヶ月以上は、必要と考えられます。

 

カードローンの関連記事

>>カードローン審査に通過しやすくなる安定収入のポイント

 

 

アコムで即日借入は可能?

もちろん審査状況や、その時の混雑状況などによりますが、アコムのカードローンなら即日借入できる可能性は十分にあります。

 

アコムのホームページ上でも、借入申込後の審査回答まで「最短30分」、「最短即日での借入可能」であることが記載されていますし、実際に、アコムで即日借入した方はたくさんいます。アコムは、店頭での申込だけでなく、インターネット・電話・無人契約機など、申込方法も多様です。

 

そのうえ、審査に通過して、カードローン契約が済めば、コンビニATMが利用できるなど、非常に利便性が高く、借入しやすいというメリットがあります。

 

急な資金に対応するための借入を希望しているなら、まず、アコムのカードローンで相談・申込されてみるのがおすすめです。

 

なお、ご参考ではありますが、2019年4月から、銀行カードローンの即日借入が出来なくなるという報道がされました。大手銀行のカードローンを中心に、即日借入を抑制する傾向にあると考えられます。急ぎの資金調達が必要なら、アコムなどの消費者金融が重要になっていきます。

 

カードローンの関連記事

>>銀行カードローンの即日融資停止は本当?

 

 

即日借入するための申込方法

アコムで即日借入を実現したいと思うなら、少しでも早く、申込~契約までの手続きを進めたり、審査結果の回答を早くもらう必要があります。

 

アコムカードローンは、通常の設定でも、最短30分ですが、その他の申込の段取りが良くないと、予想以上に時間が掛かってしまい、実際の借入が翌日にずれこんでしまうということがあります。

 

アコムから即日借入するためにおすすめの方法はインターネットからの申込です。インターネット申込なら24時間申し込みを受付していますし、ご自宅から時間のある時にいつでも申込できます。審査に通ったことを確認してから、アコム店頭に行けば良いので、時間を無駄にすることもありません。

 

アコムのカードローンで、本当に即日借入できる可能性を高めるために、最短の手順を理解しておいた方が良いでしょう。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJ・フィナンシャルグループ

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

アコムで即日借入するための手順です

①インターネットから申込(受付は36524時間しています)

②審査結果がメールで送られてきます

③審査通過時は、このメールから契約手続きが可能

④契約手続き終了後は、借入が可能

 

そして、アコムとカードローンの契約後、実際に借入して現金を出金するには以下の方法があります。

①指定の銀行口座に振込してもらう方法

②専用カードでATMから出金

2種類が選べます。

 

振込の場合、インターネット上の専用ページから、1430分までに手続きを完了すれば、即日振込してもらえます。また、楽天銀行に口座をお持ちであれば、24時間いつでも振り込みしてもらうことが可能です。

 

②専用カードで借入する場合は、アコム店頭に設置されている無人契約機から、カードを発行してもらう必要があります。

 

アコム カードローンの無人契約機は、年中無休で、9時~21時まで利用できます。借入専用カードの受け取りも、この時間内に行います。カード発行後は、アコムの店頭ATMはもちろん、提携している銀行や、コンビニ(セブン銀行など)からの出金も可能となります。

 

コンビニATMなど、24時間借入できるものもありますので、アコムから借入用のカード受取まで完了できれば、即日借入も可能と考えて良いでしょう。

 

カードローンの関連記事

>>アコムで即日融資を受けるための申込方法

>>アコムカードローンで土日・即日融資を受ける方法

 

 

アコムから借入するメリット

アコム カードローンの特徴についてご説明してきました。

 

アコムカードローンを利用して借入するには、メリット・デメリットを良く理解しておいた方がいいですよね。ここで、アコム カードローンで借入するメリットを、整理してみましょう

 

 

審査回答まで最短30分!!

アコムのカードローンでは、正式な借入申込から審査回答まで最短30分です。

 

もちろん、審査はお申込みされる方の個別事情によって、必要となる審査時間も異なりますが、それでも条件さえ合えば、30分で審査回答がもらえて、そのまま即日借入できる可能性があるのは非常に助かります。

 

また、アコムでは、借入申込できる方の条件としても、「年齢が20歳以上の方で、安定収入がある方」となっています。

 

20歳以上で収入があれば学生でも、パート・アルバイト、派遣社員の方でも借入申込は可能です!

特に、アコム カードローンへの借入申込ができる方の条件として、年収基準や、勤続年収、雇用形態などに条件はありません。そのため、比較的、幅広い方がアコムから借入できる可能性があります。

 

アコムカードローンは、幅広い方が借入申込できるカードローンとして、利便性の高い、利用しやすいというメリットのあるカードローンと言えます。 

 

 

三菱UFJフィナンシャル・グループ

大手銀行系列の消費者金融であるアコムならではのメリットと言えます。消費者金融などの貸金業者から借入する場合には、正直、「相手が怖いのでは?」という不安感を持つ方もいると思います。

 

しかし、銀行系消費者金融の場合は、そういった不安感が相当に低いと考えられます。

 

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員です。

 

特に、大手都市銀行は、風評や、ブランド、不祥事を、非常に嫌いますので、「コンプライアンス」と言われるような基準を、厳しく守っていることが期待されます。安心して借入できるのが、アコム カードローンのメリットと言えます。

 

三菱UFJフィナンシャルグループのカードローン

 

金利が予想以上に低い!?

前述の通り、アコムでは、100万円以上の借入限度額の契約の場合、適用金利は、3%~15%(実質年率)の範囲内となります(実際の借入額ではありません)。

 

これは、銀行カードローンの適用水準に引けをとらず、審査結果によっては、銀行よりも低い水準で借入できる可能性もあります。

 

また、アコムの場合、初回契約時には契約日翌日から30日間無利息で借入することができます。

 

アコムのカードローンなら30日間無利息で借入できるというメリットが利用できますので、これからカードローンを作りたいと思っている方にもお得です。こういったサービスを併用することで、銀行カードローンに負けない「お得さ」が利用できます。

 

 

利用できるATMが豊富

アコムのカードローンのメリットとして、借入・返済に利用できるATMの数が非常に豊富ということがあげられます。

 

アコムのカードローンは、アコムの店頭に用意されているATMはもちろん、提携しているコンビニのATM(ローソンや、セブンイレブンなど)だけでなく、イオン銀行や、三菱UFJ銀行のATMも利用できます。

 

そのため、アコムのカードローンを利用するにあたって、お近くで「使えるATMが無い」という可能性はかなり低いでしょう。ATMの数はカードローンの利便性に大きく影響します。

 

利用できるATMの数が多いということは、アコムのカードローンの大きなメリットといえるでしょう。

 

カードローンの関連記事

>>アコムのむじんくんを使った即日借入方法

 

 

アコムのデメリット・在籍確認

銀行や、消費者金融のなかには、カードローンの借入を申込すると、審査の過程において、勤務先に対する在籍確認を必要としていることがあります。むしろ、大部分の銀行、消費者金融のカードローンの審査でも在籍確認が必要です。

 

正直なところ、カードローンの借入申込をする側としては、勤務先に在籍確認の電話がかかってくるのは気持ち良くありませんよね。

 

特に、消費者金融からの電話だと、職場の周りの方にバレないか、不安になってしまいます。残念ながら、アコムのカードローンでも、借入審査では、在籍確認が必要となっています(電話の際は、「アコム」と名乗りませんし、カードローン申込のことを話すこともありませんので、周囲にばれる可能性は相当に低いです)。

 

在籍確認が必要というのはアコムのカードローンのデメリットと言えるでしょう。

 

カードローンの関連記事

>>在籍確認の電話ではどのようなことを確認されるのか?

>>所得証明書不要で借入できるカードローン

 

 

職場への電話連絡が嫌なら?

職場への電話連絡が嫌という方は多くいます。在籍確認の電話では「アコム」などの名称は出さずに個人名で電話が行われますが、それでも在籍確認で職場に借入がばれてしまう可能性が全く無いとは言えません。

 

そんな時にはSMBCモビットのカードローンがおすすめです。

 

SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融であり、WEB完結申込というサービスを行っています。WEB完結申込を利用すれば、職場や自宅への電話連絡、郵送不要でカードローンの申込ができます。

 

そのため、職場や自宅で借入がばれないということを重視したい方にはSMBCモビットがおすすめです。

 

SMBCモビット
4.98

☆三井住友フィナンシャル・グループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

総量規制の制限を受けます

銀行系消費者金融とは言っても、アコムは消費者金融ですので、総量規制という法律の制限を受けます。

そのため、アコムから借入できる上限は、年収の3分の1までとなります。

 

もし、既に他の無担保借入があるなら、さらにその残額を、アコムのカードローンで借入できる限度額(年収の3分の1)から控除する必要があります。総量規制の制限をうけるというのは、アコムを含む、消費者金融系カードローンの共通のデメリットとなっています。

 

但し、こちらでも注意しておきたいのは、銀行カードローンでも、実質的には総量規制の影響を受けることです。現在は、銀行カードローンでも自主規制として総量規制に準じた貸出を行うようになっています。そのため、銀行カードローンでも、年収の3分の1以上の借入は難しくなっています。

 

カードローンの関連記事

>>消費者金融からの借入に影響する総量規制とは?

>>銀行カードローンの自主規制とは?

 

 

銀行カードローンがおすすめ

現在は銀行カードローンであっても、原則総量規制に準じた融資審査が行われます。

つまり、法律上は貸金業法・総量規制の対象外ではあっても、銀行カードローンだからと言って年収の3分の1を超えて借入することは難しくなっています。

 

しかし、銀行カードローンのなかには、そもそも借入限度額が大きく設定されていたり、適用金利が低いなどのメリットもあります。

 

そのため、カードローンでの借入を検討されているなら、アコムなどの借入を検討しつつ、同時に銀行カードローンも検討されてみるのがおすすめです。

 

そして、特におすすめの銀行カードローンとして楽天銀行カードローンがあげられます。楽天銀行カードローンはWEBからの申込で手続きが完結できますので、店頭に行かずに申込・契約ができます。

 

また、借入金利も銀行カードローンのなかでもトップクラスに低いのが特徴です。

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

まとめ

アコムは消費者金融ではありながら、100万円の借入であれば、銀行に負けない金利水準で借入を行うことが出来ます。

 

また、アコムのカードローンは、銀行に比べ、審査基準や、即日借入するための制度も整っており、即日借入できる可能性も高いというメリットがあります。特に、銀行カードローンは即日借入が出来なくなるとも言われているなかで、即日借入できるというメリットの重要性は高まっています。

 

大手銀行系列の安心感、銀行に負けない金利水準、審査回答まで最短30分など、アコムから借入するメリットはたくさんあります。

 

新規借入を検討されているのであれば、是非、対象に加えてみてはいかがでしょうか。

 

 

アコムクレジットカード
4.3

アコムが発行するクレジットカード(ACマスターカード)
キャッシング機能が充実して安心
年会費・手数料は無料

 

>>専業主婦が利用しやすいカードローンの探し方

>>プロミスカードローンで土日即日借入する方法

 

▼カードローンのご案内  
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG