融資審査に落ちる理由

ファクタリングならブラックリスト、税金滞納企業でも資金調達できる?

ファクタリングは資金繰りに困った企業が最後の手段として使うことが多い資金調達方法です。

 

ファクタリングであれば、通常の金融機関が融資を行わないブラックリスト(リスケ中や、延滞中などで信用力が低い状態)に載っていたり、税金を滞納していたりする企業でも資金調達できる可能性があります。

 

本記事はブラックリストに載っている中小企業や、個人事業主の資金調達方法について注目し、なぜファクタリングが有効なのかということについて説明します。

 

*ブラックリストに載っている企業・個人事業主とは、リスケ中や延滞によって銀行が破綻を懸念している取引先に分類している企業になったり、個人信用情報に事故情報のある経営者のことを指すものとします。

 

 

 

ブラックリスト企業の資金調達

まずはブラックリストに載っている中小企業経営者と、個人事業主の資金調達という観点から、資金繰りに困窮している企業にはどのような資金調達手段が残されているのかについて説明します。

 

 

実績を重視する銀行

既に受けている融資の返済を延滞しているなどの金融事故の履歴がある場合や、融資返済のリスケ中、あるいは返済条件の変更を交渉中の企業は新規の融資を受けるのは非常に困難です。

 

一般的に銀行はリスクのある融資を非常に恐れており、業況が悪化している相手には消極的な対応となります

 

銀行融資は貸付金利が極端に低いことから、一件の貸し付けの焦げ付きが全体の収益に大きな影響を与えてしまうので致し方ないこととも言えます。銀行ほどではありませんが、ビジネスローンの場合もブラックリストに入っていると新規の融資を受けることが困難な傾向にあります。

 

ビジネスローンは、銀行融資に比べれば金利が高いので、投資回収リスクの高い企業に対しても貸し付けを行います。しかし、それでも融資の回収が出来ないことが続くと大きな損失となるため、リスクが高すぎるところには融資を渋ります。

 

新規融資どころか状態が悪い場合なんとかして金融機関は今までの融資を回収しようとする場合もあります。

 

*但し、ビジネスローンであっても、有担保型ビジネスローンの場合は、かなり信用力が悪化している方でも資金調達できることがあります。

 

不動産担保ローンのご相談はトラストホールディングスへ。無料相談受付中!


あらゆるニーズにお応えする、資金使途自由な不動産担保ローン。
抵当順位不問、借地権・共有持分・底地・収益物件等、どんな不動産でも対応可能。

 

<関連:プロパー融資の審査基準>

>>プロパー融資を受けるために知っておきたい申込方法や手続きの流れ

 

 

実績が重視されない資金調達手法

よって、銀行融資のように、現在の資金繰りや過去の決算書をベースに企業を評価して融資審査するような資金調達方法は、ブラックリストに載っている企業にとっては非常に不利です。ブラックリストになっている企業経営者や、個人事業主は資金繰りや決算書などの実績ベースではない基準で可能な資金調達方法を探す必要があります。

 

銀行やビジネスローンなどの実績をベースにした融資が資金調達方法の中では一般的ですが、実績以外の基準に基づいている資金調達方法もあります。例えば、エンジェル投資家やベンチャーキャピタルによる投資は企業の資金繰りや過去の決算書を重視しません。

 

狙っている市場は有望なのか、上場や企業に買収された場合どの位の企業価値がつけられそうなのか、市場の中で競合より優位にビジネスを行える会社なのかなどを判断の基準にしています。

 

クラウドファンディングについても同様です。

クラウドファンディングの中でも最も普及している購入型クラウドファンディングでは、出資者は出資のリターンとして商品やサービスを受け取れるので会社の財務状況を気にすることはありませんし、少額の投資なのでリターンが無い場合でも面白そうな企画や社会的意義のあるプロジェクトについては採算度外視で投資する傾向にあります。

 

そして、ファクタリングもベンチャー投資やクラウドファンディングのように企業の資金繰りや決算書だけで判断しない資金調達方法です。

 

ファクタリングは決算書などが悪くても利用できる資金調達方法

 

 

なぜファクタリング可能なのか

では、ファクタリングは資金繰りや決算書を重視しないとすれば、何を基準に利用の可否判断を行っているのでしょうか。ファクタリングの利用可否を決定する審査のポイントについて解説します。

 

 

債権の質が重要

ファクタリングは利用者に資金を融資するサービスではありません。ファクタリングというのは、保有している売掛金を売却して、回収期日前に資金化する方法です。

 

ファクタリングは銀行で利用する「手形割引」とよく似た資金調達方法です

ファクタリング会社は債権を安く(割り引いて)買い取って元の値段で売掛金を回収し、その差額で収益をあげます。

 

つまり、ファクタリング利用者が万が一倒産してしまったとしても、その売掛債権自体が有効で確実に回収できるのならば、ファクタリング会社は損をしません。

 

よって、ファクタリング会社の審査にとって重要なのは、ファクタリング利用者の信用力ではなく、買い取る売掛債権の信用力です。質の良い売掛債権とは額面が大きく、確実に回収できる売掛債権のことを指します。

 

つまり、ファクタリング利用者がブラックリストに載っている企業や個人事業主であったとしても、大企業や公的機関のような取りっぱぐれる可能性の少ない相手先に多額の売掛金を持っているのであれば、ファクタリング会社にとっては良いお客様となります。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

二社間の場合は要注意

ただし二社間ファクタリングの場合はブラックリストに載っていると利用を断られる場合があります。二社間ファクタリングでは、債権はファクタリング会社のものになりますが、売却後の売掛金の回収も、ファクタリング利用者が行います。

 

売掛金の支払先に対して、ファクタリングの利用を通知しないファクタリングであるため、ファクタリング会社が直接回収することが出来ないためです。

 

よって、二社間ファクタリングの場合、ファクタリング会社は利用者が売掛債権を回収できない、回収したけどもファクタリング会社に使い込まれてしまうというリスクを負うことになります

 

ファクタリング会社はこのようなリスクヘッジのために、二社間ファクタリングの手数料は高く設定して、ブラックリストに掲載されているなどリスクの高い企業に対しては利用を断る場合もあります。

 

取引先に対して、ファクタリングの利用について問題無い企業や、個人事業主の場合、ファクタリング手数料も安くなるので、できるだけ3社間ファクタリングを利用した方が良いでしょう。

 

<関連:2社間ファクタリングと3社間ファクタリング>

>>2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いと利用方法

 

 

利用する際の注意点

ブラックリストに載っている企業でもファクタリングならば資金調達ができる可能性がありますが、ファクタリング利用にあたってはいくつかの注意点があります。

 

 

無計画に使うのは危険

まずファクタリングを無計画に使用するのは危険です。ファクタリングは計画的に利用する必要があります。

 

ファクタリングを利用すると即座に現金を入手できますが、それは、将来回収するはずであった売掛金を前倒しで回収する調達方法です。そのため、未来のキャッシュインが無くなってしまいます。また、ファクタリングを利用すればファクタリング会社に支払う手数料も必要となりますので、利用しない場合に比べて手元に残る現金の額は減少してしまいます。

 

特にブラックリストに掲載されているような企業がその場を凌ぐために考えなしにファクタリングを利用すると、その後の資金繰りが急速に悪化し、かえって倒産したときの傷口を広げることになりかねません

 

ファクタリングを利用する際はきちんと資金計画を考えておくべきです。ファクタリングを利用して長期的にはどのように資金繰りを改善するべきなのかを考えた上で利用したほうが良いでしょう。

 

無計画なファクタリング利用は状況を悪化させることもある

 

 

悪徳業者に要注意

ブラックリストに掲載されたりして銀行やビジネスローンからの融資が受けられなくて、資金繰りに困窮している時期は怪しい資金調達方法も魅力的に感じてしまいます。

 

特にファクタリングは無資格で始められる業界であるがゆえに、ヤミ金がファクタリング会社を装っている場合もあります

 

このような悪質ファクタリング業者はファクタリングの法定制限が無いので多額の手数料をとったり、ファクタリングに見せかけて高金利の融資を利用者に行う場合があります。また、詐欺まがいの方法によって、手数料・諸費用の名目でお金をだまし取ろうとすることもあります。

 

このような悪質ファクタリング業者と付き合うと会社の資金繰りだけではなく、さまざまな面で悪影響の発生が想定されますので、付き合うファクタリング会社はきちんと選んでください。

 

 

手数料の低い会社を利用

ブラックリストの中小企業や個人事業主がファクタリングを利用する場合、ファクタリング手数料を低く抑えることが重要です。高すぎる手数料では、資金調達できたとしても、その後の資金繰りを窮してしまうことがあります。

 

ファクタリング手数料を低く抑えるためには、手数料の低いファクタリング会社を探すことを、相見積もりなどの手法を活用して交渉することが大切です。

 

▼ビートレーディング
▼三共サービス
▼エルネストファクタリング




 
当サイトの一番人気
資金運営でお悩みの経営者様へ
10秒簡易審査で条件確認
つなぎ資金の御相談
業界最安水準の手数料

 

 

<関連:ファクタリングで相見積もりする方法>

>>ファクタリングを相見積もりで手数料を下げる下げる方法

>>ファクタリングで売掛金を高く売るためのコツ

 

 

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングを利用するのに最も大切なことはファクタリング会社選びです。

 

ファクタングは規制の無い業界ですので、ファクタリング会社選びを間違えて悪質な会社を利用してしまうと高額の手数料を請求されるなどの問題があります。そのため、ファクタリング会社を良く選んで、優良なファクタリング会社を利用する必要があります。

 

さらに、ファクタリング会社選びでは1社だけに相談するのではなく、3~4社程度のファクタリング会社に同時並行で相談・比較して選択することが重要です。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

最大買取可能額:1億円

ファクタリング利用時に必ず検討対象に加えたいのが三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が、業界トップクラスに低いことです。

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用できます。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用できます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

▼MSFJへの相談は以下のリンク

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

中小企業金融サポートの郵送ファクタリングなら来店不要

郵送で手続き完結のファクタリング

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

 

まとめ

以上のようにブラックリストに掲載されている企業の資金調達方法としてファクタリングを紹介しました。

 

基本的に銀行やビジネスローンはブラックリストに掲載されているような企業は投資回収リスクが高くてなかなか融資をしてくれませんので、他の資金調達方法で手元資金を用意する必要があります。

 

他の資金調達方法として、ベンチャー投資やクラウドファンディングなどもありますが、使える企業が多くオーソドックスな資金調達手法がファクタリングです。ファクタリングでは利用者の信用よりも、売却する債権の質に重きを置くのでブラックリストに掲載されたり、税金を滞納したりしている企業でも資金調達ができる可能性があります。

 

ただし、無計画に使用すると、長期的な資金繰りに困窮しやすく倒産したときのダメージも大きくなりますし、資金繰りに困っている企業の足元を見て、ヤミ金のようなサービスを行う違法なファクタリング業者も存在します。

 

ファクタリングを利用する際には、資金繰り計画の作成と利用するファクタリング業者選びをきちんと行った上で、上手にファクタリングを活用してください。

 

 

<関連:おすすめのファクタリング会社>

>>サイト厳選!おすすめのファクタリング会社一覧

>>ファクタリングとでんさいの違いとは?

>>ファクタリング会社を比較・ランキングでご紹介

融資審査に落ちる理由
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG