銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いを比較してみましょう!

「カードローンでお金を借入したい」と思った時、申込できる主な先には銀行と消費者金融があります。カードローンの申込先を「お金を借りるなら銀行の方がいいかな」とか、「消費者金融の方が審査に通りやすそう」というだけで選んでいませんか?

 

実は、それだけでは無い特徴や、メリット・デメリットの違いが銀行カードローンと消費者金融のカードローンにはあります。今回は、銀行と消費者金融という2択でのカードローンの違い比較するだけでなく、もっと「細分化」して、最適なカードローンを探してみました。銀行カードローンと消費者金融カードローンの違いをご紹介します。

 

本記事でご紹介する内容

  • 消費者金融と銀行の違い
  • どちらのカードローンが適するか?
  • それぞれのメリット・デメリット
  • おすすめのカードローン

 

 

消費者金融とは?

「消費者金融」という言葉の理解を間違っている方も多いようですので、最初に「消費者金融」がどういったものかから確認しておきましょう。

 

借入を考えている方のなかには、「消費者金融」に対して怖いというイメージを持っている方もいるかもしれません。しかし、こういったイメージは実際は間違っていると考えた方が良いでしょう。消費者金融や国の法律(貸金業法)に基づいて認めれた免許を持って営業する貸金業者であり、違法な融資や取り立てなどは行いません。

 

借入が危険なのは、消費者金融ではなく、免許や資格を持たずに貸し付けを行う「闇金」です。この違いをしっかりと理解しておきましょう。

 

なお、消費者金融とは、消費者(個人)に対してお金を貸し付けることや、こういった貸し付けを行っている貸金業者のことを指しています。主に貸し付けを行う対象が給与所得者(サラリーマン)となることから、消費者金融のことをサラ金と呼ぶこともあります。

 

銀行は個人向けの貸し付けはもちろん、企業の事業性資金の貸し付け金や、貸付金以外の事業(為替など幅広く)も行っています。一方、消費者金融は個人向けの融資を専門として行っているという違いがあります。

 

加えて、消費者金融が行う融資は比較的小口(カードローンなど)のものが多く、住宅ローンなどの大きな金額の融資はあまりありません。

 

そのため、融資の種類を限定することで、その分野に特化して商品性を良くしているという特徴があります。

 

 

比較するカードローンは?

カードロ―ンというと銀行と消費者金融の2択で比較されることがありますが、今回は、もう少し細分化して違いを分析してみたいと思います。

 

細分化とは、「銀行カードローン」だけでなく、大手都市銀行カードローン・地方銀行カードローン、ネット専業銀行に分けました。消費者金融カードローンも、大手消費者金融と中堅消費者金融に分けて、5タイプのカードローンで違いを比較してみます。

 

<カードローン比較対象の例>

大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
三菱東京UFJ
三井住友銀行
みずほ銀行
りそな銀行
etc
静岡銀行
横浜銀行
滋賀銀行
北日本銀行
etc
楽天銀行
住信SBI銀行
イオン銀行
etc
アコム
プロミス
アイフル
SMBCモビット
Etc
中央リテール
フタバ
レディースフタバ
U-Finance
etc

 

それでは、実際に5つの区分でカードローンの違いや特徴を比較していきましょう。

 

比較結果の一覧

それでは実際に消費者金融と銀行のカードローンを比較してみましょう。比較するポイントはカードローンを選ぶ際に特に重要となる11のポイントです。最初に、比較結果を一覧にしてまとめてみましょう。

 

▼一覧で比較結果を確認

 

大手銀行

カードローン

地方銀行

カードローン

ネット銀行

カードローン

大手

消費者金融

中堅

消費者金融

申込から借入までのスピード
土日の即時借入ができるか?×××
借入金利
無利息サービスなどの有無
借入可能額の大きさ
審査の難易度
パートアルバイトの利用可否
専業主婦(無収入)の利用可否××
自営業者の利用可否
ATMの利便性
申込手続きの容易さ〇~△

 

それぞれの比較結果や、項目の詳細は追って項目ごとに説明していきます。その前、今申込するのにおすすめのカードローンをご紹介しておきます。

 

銀行と消費者金融のカードローンを比較

 

 

おすすめカードローン

以上、カードローンの利便性や使い勝手を左右するポイントについて解説してきました。以下では、それぞれのポイントを考慮したうえでおすすめとなるカードローンをご紹介します。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

 

低金利で使いやすい最もおすすめの銀行カードローン

ネット専業銀行である楽天銀行が発行

WEBからの手続きで申込を完結

借入金利や上限額はカードローン業界のなかでもトップクラス

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 <基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト申込
 ~800万円1.9~14.5%××WEBから完結

 


静岡銀行カードローン(SELECA)

静岡銀行カードローンセレカ

 

地方銀行カードローンだけど全国で利用できる

セブン銀行(セブンイレブン)のATMを無料利用

申込はWEBで完結・来店不要

専業主婦も利用可能

総量規制の対象外

 

<基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト初回特典
 10~500万円4.0~14.5%45日間利息無料

 


SMBCモビット

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込できる

 

WEB完結申込なら電話連絡、郵送不要

SMBCモビットは大手都市銀行であるSMBCグループの消費者金融です。

SMBCモビットでは「WEB完結申込」を利用すれば、職場や自宅に電話連絡や書類の郵送なくカードローンに申込できます。

SMBCモビット
4.98

☆三井住友フィナンシャル・グループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

<基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト初回特典
 1~800万円3.0~18.0%×

>>SMBCモビットなら電話連絡不要で知られずに申込できる

>>SMBCモビットの口コミ・評判

 


ファーストプレミアムカードローン

ファーストプレミアムカードローン

 

アイフルの最上位クラスのカードローン

金利の上限は9.5%

初めてアイフルを申込する方に限定

30日間無利息キャンぺーン

 <基本データ>

借入限度額借入金利即日借入 パート・アルバイト初回特典審査
 100~800万円3.0~9.5%30日間金利無料最短30分
アイフル(ファーストプレミアムカードローン)
5

☆初めてアイフルを利用される方向けの優遇サービス
*すでにアイフルとご契約がある方はご利用頂けません
☆金利が大手銀行カードローンよりも大幅に低い
☆満23歳~59歳の方で一定の年収がある方が対象
☆アイフルカードローンのお得なプラン

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

(実質年率)3.0%~9.5%

所要時間

即日借入可能

その他優遇など

30日間利息0円

>>アイフルのカードローン完全ガイド

 


アコム

アコムのカードローンは最短30分で借入可能

 

三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感!

審査回答は最短30分

土日即日借入可能なカードローン

30日間無利息キャンぺーン

 <基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト初回特典審査
 1~800万円3.0~18.0%×30日間金利無料最短30分
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJ・フィナンシャルグループ

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

>>アコムカードローンの強み・弱み

>>アコムで即日借入する方法!!

 


 

消費者金融と銀行のカードローンを比較

それでは、比較した各項目ごとに、それぞれのカードローンの違いについて説明していきましょう。

 

借入スピードは消費者金融

大手都市銀行や、大手消費者金融などを中心に、TVのコマーシャルでカードローンを宣伝しています。

 

そのなかで、各社ともに「即日借入可能」を大々的に謳っています。なので、どこのカードローンに借入申込しても「即日借入可能」と誤解されている方がいますが、実は各社に大きな違いがあります。

 

各社カードローンとも「最短」即日借入可能と宣伝しています。この「最短」がポイントです。最短の場合が即日なので、最短で出来なければ、「即日借入できないこともありますよ」という言い訳が「最短」という言葉には含まれています。

 

つまり、各社カードローンとも、必ず即日借入できるわけではありません。急いで申込して、必要書類を完璧に用意しても、審査に時間がかかれば即日借入できないこともあります。そのため、本当に即日借入をしたいなら、「審査スピード」が速く、「即日借入できる可能性の高い」カードローンを選択する必要があります。

 

審査スピードで選ぶなら、間違いなく「大手消費者金融のカードローン」です。大手消費者金融は審査スピードが速く、借入申込も簡単ですので、即日借入できる可能性が最も高いと言えます。

 

<審査スピード・即日借入>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
審査スピード
即日借入×
補足・審査厳しい
・即日借入を抑制
・のんびり
・銀行による
・審査厳しい・スピード重視
・可能性高い
・人手不足
・提携ATM少ない

 

大手銀行カードローンは即日借入不可

大手都市銀行のカードローンは、少し前までは良くTVのコマーシャルで、「即日借入可能」ということを宣伝していました。しかし、2018年に入ってから銀行カードローンの状況は大きく変わり、大手銀行を中心として即日借入は出来なくなりました。

 

そのため、現在は大手銀行カードローンで即日借入はできません。

即日借入ができるのは消費者金融カードローンか、自主規制の緩やかな地方銀行カードローンとなります。

 

さらに、大手都市銀行のカードローン審査は厳しく、時間がかかることが多いのが特徴です。

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

>>銀行の自主規制強化、大手銀で即日借入はストップ!

 

銀行カードローンと、消費者金融カードローンで、審査スピードは大幅に違い、即日借入ができるかどうかに違いがあります。借入を急ぐなら、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

 

<即日借入可能なカードローン>

>>アコムカードローンで即日融資を受ける方法

>>プロミスカードローンで即日融資を受ける方法

>>アイフルカードローンで即日融資を受ける方法

>>SMBCモビットで即日融資を受ける方法

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJ・フィナンシャルグループ

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

即日借入なら消費者金融カードローン” icon=”icon: pencil-square-o

 

土日に借入するなら?

カードロ―ンでは、急にお金が必要になったからと、土日に借入を希望する方も多くいます。平日は仕事が忙しいので土日に借入しておきたい方はいますよね。それに、土日の休みで、友人と遊びに行こうとしたり、家具を買いに行こうとしたけど、お金が無いこともあります。

 

銀行や消費者金融の窓口って、土日は閉まっていて、相談に行きたいと思っても、どこで相談すれば良いのか解らないものです。ここでは、本当に、土日に借入できるカードローンかどうかで比較しましょう。

 

<土日審査対応の比較>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
土日審査対応△or ×△or ×
補足・土日審査可能
・審査厳しい
未対応が多い・土日審査可能
・審査厳しい
土日可能未対応が多い

 

各社カードローンの違いは、そもそも土日に対応しているかどうかです。地方銀行カードローンや、中堅消費者金融の場合、土日に対応していないことが多いのです。

 

土日に即日借入を希望する場合は、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。大手都市銀行や、ネット専業銀行カードローンでも、「土日の審査対応」は行っていますので、土日に即日借入できる可能性はあります。しかし、審査基準が厳しく、実際には土日借入できないこともあります。土日を重視して借入するなら、大手消費者金融のカードローンがおすすめです。

 

<土日即日借入可能なカードローン>

>>アコムカードローンで土日即日借入する方法

>>プロミスカードローンで土日即日借入する方法

>>アイフルカードローンで土日即日借入する方法

>>SMBCモビットで土日即日借入する方法

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 

土日即日借入できるのは大手消費者金融のみ” icon=”icon: pencil-square-o

 

借入スピードが速いのは消費者金融

 

借入金利で選ぶなら?

カードロ―ンで借入するなら金利も気になるところですよね。金利は、カードローンで借入する際の「費用」に相当するものです。借入の費用は、少しでも低いにこしたことはありません。

 

金利の違いで選ぶなら、「大手都市銀行」・「地方銀行」・「ネット専業銀行」の3つのカードローンがおすすめです。金利は「大手都市銀行のカードローンが良い」とか、「ネット専業銀行カードローンが低い」といった噂も聞きますが、この3つのカードローン金利に違いはあまりなく、同程度の水準に設定されています。

 

銀行間のカードローン金利の違いはほとんどありません。むしろ、地方銀行のカードローンが低金利ということもあります。

 

<カードローン金利比較>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
金利〇~△
説明低い低い低いやや高いやや高い

 

以下に、主要な銀行や、消費者金融の借入金利を掲載します。

 

<カードローン金利一例>

会社名適用金利範囲50万円借入時金利
三井住友銀行4.0%~14.5%12.0%~14.5%
みずほ銀行2.0%~14.0%14.0%
静岡銀行4.0%~14.5%14.5%
滋賀銀行4.8%~14.9%14.9%
横浜銀行1.8%~14.6%14.6%
北日本銀行3.0%~14.8%6.0%~14.8%
楽天銀行1.9%~14.5%14.5%
住信SBIネット銀行0.99%~14.79%14.79%
アコム3.0%~18.0%3.0%~18.0%
プロミス4.5%~17.8%4.5%~17.8%
アイフル3.0%~18.0%3.0%~18.0%
中央リテール10.95%~13.0%10.95%~13.0%
三菱UFJ銀行(バンクイック)1.8%~14.6%13.6%~14.6%

 

カードロ―ンの金利の違いは「銀行 VS 消費者金融」で整理することができます。銀行カードローンの金利はおおよそ15%弱で、消費者金融カードローンの金利は18%というのが相場です(各社上限金利)。

 

金利が3.0%違うと、どれ位の影響があるかを確認しておきましょう。仮に、次の給料日までの借入として、カードローンで10万円を20日間借入する場合で、3.0%の金利が違うことの影響を計算してみます。このとき、10万円×3.0%÷365日×20日間=164円 となります。

 

つまり金利違いによる影響は164円です。カードローンの場合、借入額もあまり大きくないため、短期間の借入であれば、あまり影響は大きくなさそうですね。

 

借入金利が低いのは銀行カードローン” icon=”icon: pencil-square-o

カードローンは借入額が少ないため金利の影響は低い” icon=”icon: pencil-square-o

 

 

カードローンの金利を下げる方法

銀行カードローン、消費者金融のカードローンともに一般的な金利水準で比較して判定しましたが、どちらのカードローンもコツをおさえて金利を下げることもできます。

 

その最も大切なポイントは借入限度額にあります。

銀行カードローン、消費者金融カードローンともに、借入限度額の大きさと借入金利には関係があり、借入限度額が大きくなると、借入金利は下がっていく傾向にあります。

 

これはあくまでも借入限度額です。実際に借入限度額のうちどれだけを借入するかは別問題です。

 

カードローンは一旦契約した後でも、借入限度額の増額申込を行うことができます。増額が認められると借入金利が低下することもありますので、増額を上手に活用することが大切です。

 

例えば、現在、借入限度額が50万円未満になっている方が50万円まで増額した場合、次に、100万円未満で契約している方が100万円の限度額になった時には、借入金利が低下する可能性が高くなります。

 

なお、増額申込が認められるためには以下の点が大切です。

契約後6ケ月以上経過している” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”18″]

実際にカードローンで借入した実績がある” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”18″]

借入後の返済日を遅らせたことがない” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”18″]

総量規制(年収の3分の1)を超えていない” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”18″]

 

上記を全て満たしているようなら、借入限度額の増額を申込してみるのも良いでしょう。

 

カードローンの関連記事

>>カードローン借入可能額を増額する方法

 

カードローンの金利を比較する

 

 

無利息サービスの有無

地方銀行や消費者金融を主として、一定期間の無利息サービスを行っているところがあります。これから新規でカードローンを申込するにあたっては、これらの無利息サービスを利用できた方がもちろんお得です。

 

無利息サービスは、地方銀行カードローンと消費者金融カードローンで行っていることが多く、これらのカードローンにメリットがあります。

 

<無利息サービスの有無>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
無利息サービス◎~△
説明あまりない多いあまりない多い様々

 

<無利息サービス一例>

45日間無利息サービス:静岡銀行カードローン(セレカ)

30日間無利息サービス:北日本銀行、アコム、アイフル、プロミス、レディースフタバ

 

無利息サービスの最も大きいカードローンは静岡銀行カードローンです。45日間無利息のサービスを受けられるのが特徴です。

 

 

 

カードローンの関連記事

>>無利息キャッシュバックの静岡銀行カードローン

 

 

次に無利息サービスがお得なのはプロミスのカードローンです。一般的なカードローンの多くは「契約日」を基準として無利息期間がスタートします。そのため、30日間無利息といっても、カードローンの契約後、未利用のまま30日が経過すると無利息サービスが終了してしまいます。

一方で、プロミスのカードローンは初回利用日から30日間の無利息サービスというのが特徴です。そのため、原則として30日間の無利息サービスがしっかりと利用しやすいのです。

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 

 

借入可能額の違い

カードロ―ンを作る時に、出来るだけ借入可能額の大きいカードローン契約を結びたいと思うことってありますよね。

 

「カードローンの発行手数料は無料」です。

せっかくならカードローンの借入可能額は大きくしておいた方が将来の備えにもなります。そのため、そもそものカードローン商品として、借入可能額が大きく設定されているカードローンを選んだほうが良いと思いますよね。

 

この時、借入限度額の大きさは、大手都市銀行・ネット専業銀行のカードローンが大きく設定されていることが多いのです。借入可能額の大きさは、大手都市銀行・ネット専業銀行カードローンの強みです。しかし、それだけでこの2つのカードローンが良いと言える程、単純ではありません。

 

 

総量規制の影響を確認

借入可能額に関しては注意が必要です。総量規制の影響を無視して評価できないのです。総量規制とは、貸金業法という法律の一部で、個人がカードローンで借入できる金額を年収の3分の1までに制限しています。総量規制で制限されるのは貸金業者であり、消費者金融のカードローンは総量規制の影響を受けます。

 

さらに、法律上の制限はありませんが、「自主規制」として、大手都市銀行や、ネット専業銀行、地方銀行のカードローンの一部も、実質的に総量規制に準じた運用を行っています。

 

総量規制に準じた運用を行う銀行カードローンや、消費者金融のカードローンの場合、「借入可能額」がいくら大きな金額に設定されていても、実質的な借入可能額は年収の3分の1になります。年収300万円以上の方なら100万円が上限ですし、年収500万円なら160万円、年収1,000万円の方でも330万円が借入可能額の上限になります。

 

各銀行や、大手消費者金融では、通常300万円以上の借入可能額を設定していますので、かなりの高額所得者でなければ、商品性による借入可能額の違いは無いことになります。

 

カードローンの関連記事

>>カードローンに影響する総量規制とは?

>>レイクALSAは総量規制の対象外って本当?

 

 

地方銀行に例外あり

但し、地方銀行カードローンの一部には総量規制の自主規制に例外があります。銀行が総量規制に準じたカードローンの運用を行うのは、「自主規制」であって、法律上の制限ではありません。自主規制は、「大手都市銀行などの主要行」が相談して決定していますので、主要行のカードローンは原則同様の自主規制を行っています。

 

しかし、地方銀行は主要行の取り決めに従う義務がありませんので、例外として総量規制に準じていない地方銀行カードローンもあります。「総量規制に準じていない地方銀行カードローン」を利用すれば、総量規制の制限を受けずに借入できることがあります。

 

<借入可能額の違い>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
借入可能額
総量規制自主規制一部自主規制自主規制法規制法規制
補足1,000万以上の高額所得者は◎ 1,000万以上の高額所得者は◎  

 

 

審査難易度の違い

カードロ―ンの審査難易度の違いは気になりますよね。いくら良いカードローンでも、審査に通って借入できなければ価値がありません。

 

カードロ―ンの審査難易度は都市銀行、ネット専業銀行、地方銀行、それに消費者金融も、公表していませんので「経験」や「口コミ」に基づいて判別するしかありません。経験や、口コミで、カードローンの審査難易度を「難しい順」に並べると、以下のようになります(あくまで独断となります)。

 

審査難易度順

大手都市銀行 > ネット専業銀行 > 地方銀行 > 大手消費者金融 > 中堅消費者金融

 

実際に、大手都市銀行のカードローン審査に落ちた方が、地方銀行や、消費者金融のカードローン審査に通って、借入できたという口コミは多く、逆のケースはほとんどありません。それだけでもカードローンの審査難易度の根拠になると思いますが、この審査順位を根拠づけるものとして以下のような理由もあります。

 

・大手都市銀行や、ネット専業銀行は申込件数が多く、厳しく選別してもカードローン契約者を確保できます。一方、地方銀行は申込件数が少なく、「甘め」に審査しないとカードローン利用者を確保できない。

 

・カードローン利用者の中には、都市銀行・ネット専業銀行カードローンの審査に落ちて、地方銀行、消費者金融と、順番に申込先を変えていく傾向にあります、その順番に応じた審査難易度を設定していく必要がある(地方銀行カードローンは都市銀行やネット専業銀行より審査を厳しくすると、カードローン契約を獲得できない)。

 

・消費者金融カードローンは金利を高めに設定している分、銀行カードローンよりリスクを取った融資が可能。

 

<審査への通りやすさの違い>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
審査通りやすさ
補足最も厳しい優しめ最も厳しい甘め甘め

 

<関連記事>

>>アコムの審査基準、審査に通る方法

>>アコムなら在籍確認不要で借入できるって本当か?

 

 

パート・アルバイトの可否

カードロ―ンの利用を考えている方が、大会社に勤務するサラリーマンの場合、ここまでのご説明で審査に通りそうかどうかの比較は十分でしょう。しかし、カードローンの審査に通りやすい方だけでなく、一般的にカードローン審査に通りにくいと言われている方もいます。審査に通りにくい方が、利用できるかどうかの比較を行っていきましょう。

 

まずは、パート・アルバイトがカードローン審査に通りやすいかどうかの比較です。

 

原則、各銀行のカードローンや、消費者金融カードローンも、「パート・アルバイトの申込は可能」としており違いはありません。申込から拒否しているカードローンは少ないです。しかし、実際にカードローン審査に通りやすいかどうかには差があります。この差は審査難易度の差と同様と考えて良いでしょう。

 

<パート・アルバイトの通りやすさの違い>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
審査難易度
補足最も厳しい優しめ最も厳しい甘め甘め

 

パート、アルバイトでもカードローンでの借入ができるか

 

 

専業主婦が借入できるか?

専業主婦の借入可否は前述とは異なります。専業主婦は、銀行カードローンと、消費者金融のカードローンかで大きく違いがあります。専業主婦、得にパート・アルバイト収入の無い、無収入の専業主婦がカードローンで借入できる先は限定されています。専業主婦は、総量規制の制限を受けるため、消費者金融からの借入は原則できません。

 

銀行カードローンのみ、小口の借入に限定して、専業主婦のカードローン申込を可能としています(但し、配偶者に安定収入があることが必要)。

 

<専業主婦の利用可否>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
審査通りやすさ××
補足可能
審査厳しい
優しめ
一部不可
優しめ原則無理原則無理

 

*中堅消費者金融のカードローンには、配偶者に収入があり、さらに、配偶者からの同意があれば、専業主婦でも申込可能としているところがあります。

 

カードローンの関連記事

>>アコムの審査基準、審査に通る方法

 

消費者金融カードローンのなかでも例外であり、さらに専業主婦の単独借入が出来ないため、こちらでは「×」として表記しました。

 

カードローンの関連記事

>>静岡銀行カードローンなら専業主婦でも借入できる

 

 

自営業者の借入可否の違い

カードロ―ン審査の通りやすさを確認するうえでは、自営業者も無視できません。実は、大手都市銀行や、ネット専業銀行のカードローンでは、自営業者の審査は通りにくくなっています。大手都市銀行のカードローンは「給与所得者」をメインターゲットにしています。

 

さらに、大手都市銀行や、ネット専業銀行のカードローンは、小規模企業の経営者や、個人事業主向けの融資に消極的です。地方銀行は、「地域密着」を掲げており、地元の個人事業主がメイン顧客となるため、これらの職種の方でも、比較的審査に通りやすくなります。

 

<自営業者の利用可否>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
審査難易度
補足審査厳しい
事業性資金は不可
優しめ
事業性資金は不可
審査厳しい
事業性資金は不可
通りやすい通りやすい

 

個人事業主専用のカードローンもあります。個人事業主専用カードローンでは、事業性資金を総量規制の範囲を超えて、借入することもできます。

 

カードローンの関連記事

>>個人事業主が利用しやすいビジネスカードローンとは?

 

 

ATMの利便性の高さ

ATMの利便性の高さは、利用手数料と利用できるATMの数の多さとなります。

ここで、大きくメリットに違いがあるのは大手都市銀行のカードローンです。銀行・消費者金融のカードローンともに、現在はコンビニATMと提携していますので、利用できる数は同様に「かなり多く」なっています。利用できる数に不便を感じることはあまりないでしょう。

 

あえて違いを言えば、大手都市銀行のカードローンは、コンビニATMの数に加えて、支店に設置しているATMも利用できますので利便性が高まります。地方銀行も、地元でカードローンを利用するなら、ATM数は多く、利便性は高くなります。

 

しかし、全国利用可能な地方銀行カードローン(静岡銀行カードローンなど)の場合、他府県ではコンビニATMに頼らざるを得ません。ネット専業銀行は、そもそも自前のATMをほぼ持っていませんので、コンビニATMや、提携している銀行ATMを利用することになります。

 

銀行と消費者金融のカードローンではどちらがATMは利用しやすいか?

 

ATMの利用手数料

提携ATMの利用手数料は金額に応じて変化しますが、1回あたり100~200円程度の費用が必要になります。大手都市銀行のカードローンなど、自前のATMを所有している銀行なら、こういった手数料は必要ありません。

 

なお、コンビニATMの利用手数料は、各社とも、「無料で利用できる」コンビニATMを用意していることがあります。利用手数料の要否は、各社カードローン毎に確認する必要があります。

 

<ATMの利便性の違い>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
ATM利便性×
補足自前店舗豊富自前店舗少ない原則コンビニATM自前店舗少ないATMは少ない

 

 

借入申込の方法(容易さ)

カードロ―ンを利用する際の申込は「簡単」で「楽」なのが良いですよね。最近は、各社カードローンともに「インターネット」からの申込を可能としており、申込は容易になっています。しかし、銀行カードローンでは、申込する銀行の「口座」を保有することが条件になることがあります。

 

カードロ―ンの申込段階では不要として、審査に通ってから、カードローン契約をするまでに口座を作ることを求められることがあります。この場合、口座を作るには「郵送」か「来店」が必要で、「時間がかかる」ことになります。口座を作成する必要があるのは、地方銀行のカードローンに多いケースとなります。

 

<申込の容易さ>

 大手銀行地方銀行ネット銀行大手消費者金融中堅消費者金融
申込の容易さ〇~△
総量規制口座不要口座が必要なこともある口座不要簡単・楽来店が必要なこともある

 

返済ができる範囲で利用する

なお、カードローンを利用する場合、しっかりと返済できることを考えたうえで利用するようにしましょう。

 

カードローンは一度契約すれば簡単に借入が利用できますので、日常の資金などにも使いすぎてしまうことがあります。しかし、あまりにも借入しすぎてしまうと返済ができなくなって追い詰められてしまうということもあります。

 

カードローンではしっかりと返済できる範囲内で利用するようにしましょう。

 

借入件数は2~3件を限度とする

カードローンは利用が増えてくると、契約件数を増やして、いざという時の利用に備える方も多いでしょう。

 

しかし、カードローンの借入件数を増やしすぎるのは危険です。

 

カードローンの利用件数が多すぎると、毎月の返済金額も多くなってしまいますし、個人信用情報の履歴も悪くなってしまって、以降の住宅ローン借入などにも問題が出てくる可能性があります。

 

カードローンの利用は2~3件を上限としましょう。

この借入件数を超えてしまいそうなら、借入限度額の大きいカードローンを作って、そちらに借入をまとめてしまうなど、借入件数を減らすための努力も必要です。

 

>>おまとめローンを活用して借入件数を減らす方法

 

 

まとめ

カードロ―ンを、大手都市銀行、地方銀行、ネット専業銀行、大手消費者金融、中堅消費者金融の5つの分類で比較して、違いや、メリット・デメリットを評価しました。

 

それぞれのカードローン毎に特徴や、メリットがありますので、ご自身の希望や、好みに応じて、カードローンを選ぶのが大切です。これからのカードローン選びの参考になれば嬉しく思います。

 

 

<関連記事>

>>地方銀行カードローンの審査が甘いって本当?

 

アコムクレジットカード
4.3

アコムが発行するクレジットカード(ACマスターカード)
キャッシング機能が充実して安心
年会費・手数料は無料

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG