ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法

ファクタリングを利用してみたいけど、「あまり聞いたことが無い会社ばかりで不安」、「ファクタリング会社のなかには悪質な業者や闇金業者が紛れていると聞いたことがあり怖い」といった印象を持たれている方も多いようです。

ファクタリングは中小企業や個人事業主が是非とも活用したい資金調達方法ですが、こういった不安を解消できることが大前提です。

今回は闇金業者や悪徳業者を回避して安心・安全にファクタリングを利用する方法を解説します。

 

ファクタリングは闇金なのか?

そもそもですが、ファクタリングを検討されている方のなかには、ファクタリングは闇金業者が行っている資金調達方法ではないのかという不安を持っている方がいるようです。

この重要な点から解説しておくと、決して「ファクタリング=闇金」といったことはありません。

ファクタリング自体は悪質なサービスなどではなく、しっかりとした資金調達方法です。

 

確かにファクタリング会社のなかには闇金業者が姿を変えた「ソフト闇金」と言われる業者や悪徳業者が紛れていることもあります。

しかし、こういった違法とも言えるファクタリング会社はごく一部であり、大部分のファクタリング会社はしっかりとした営業を行っている会社です。

 

実際、ファクタリングを行っている会社のなかには、みずほファクター(みずほ銀行子会社)や、三菱UFJファクター(三菱UFJ銀行子会社)など、大手銀行グループの子会社も含まれており、大手金融機関もファクタリング分野への進出を図っています。

 

さらに、ファクタリングという取引は日本では始まったばかりですが、海外、特に欧米では良く知られた認知度の高い資金調達方法です。

ファクタリングは商取引で発生した売掛金があれば利用できる資金調達方法であり、売掛債権以外の連帯保証人や不動産担保などを必要としなくて利用できる資金調達方法です。

そのため、中小企業や個人事業主、創業後間もない事業者でも利用しやすいため、非常に普及した資金調達方法となっているのです。

 

また、日本でも、政府がファクタリングを過度な銀行融資依存から脱却するために代替的な資金調達方法として注目していることから、今後さらに拡大していくことが期待されています。

 

悪質会社にだまされないファクタリング

 

ファクタリングが怖いと思われる理由

ファクタリングは世界的に見ても拡大している資金調達方法であり、日本でも大手銀行が進出しているなど、今後さらに利用が拡大していくことが期待されています。

しかし、ファクタリングのことを「怖い」、「怪しい」と思われている意見も存在しているようです。

 

ファクタリングのことを不安に感じられる大きな理由は以下の2つだと考えられます。

  1. ファクタリングに対する法規制が少ない
  2. わずかながら悪質な業者が紛れている

ここでは、ファクタリングに不安がもたれる原因と言って良い、上記2つの要因について確認しておきます。

 

ファクタリングに対する法規制が少ない

「ファクタリングは借入ではない資金調達方法」なのですが、効果としては借入に非常に良く似ています。

実際、ファクタリングは中小企業や個人事業主が利用できる資金調達方法になっています。

 

通常、銀行からの融資や、ノンバンクの融資(ビジネスローンなど)を利用する場合、銀行やノンバンクに対して事細かに規制が行われています。

銀行に対しては「銀行法」が、ノンバンクに対しては「貸金業法」という法律が存在しており、銀行やノンバンクが行ってはいけない行動を規制しています。

そのため、法律によって業者を規制していることで、銀行やノンバンクから融資を受ける事業者は安心、安全に資金調達を行うことができます。

 

一方、ファクタリングは商取引で発生した「売掛金」をファクタリング会社に売却することによる資金調達方法です。

ファクタリングは単に保有している資産を売却するだけであり、融資などのような借入とは異なります。

 

つまり、ファクタリングを規制する法律は存在していません

また、ファクタリング会社を規制する監督官庁なども存在していません。

法律上、ファクタリングは単なる資産の売却に過ぎないのです。

 

ファクタリングを規制する法律が存在していないため、銀行やノンバンクに限らず、幅広い事業者がファクタリング事業に参入することができます。

そのため、大手銀行やノンバンクだけでなく、闇金業者や悪徳ファクタリング業者が参入してしまうことにもなってしまいます。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングに対する法規制や監督官庁は存在するのか?

 悪質ファクタリング会社の手口

 

わずかながら悪質な業者が紛れている

前述の通り、ファクタリング会社のなかには、ソフト闇金などと呼ばれる闇金業者や、詐欺まがい、違法な方法によって利益を得ようとする悪徳業者も紛れ込んでいます。

悪質で違法な行為を行う業者の存在が、ファクタリングに対する不安感を高めている原因になっているのです。

但し、これはファクタリングに限ったことではありません。

 

仮に、中小企業者や個人事業主が融資を受ける場合、銀行や貸金業法で認められたノンバンク(貸金業者)に相談、申込するのが一般的です。

しかし、こういった銀行や貸金業者の審査に通過できなければ、徐々に審査基準の甘い貸金業者などに相談先を変更していきます。

審査のより甘い先を探していけば、貸金業者と名乗っている会社のなかにも、実際は免許を得ていない闇金業者が紛れ込んでいることはあります。

 

そのため、ファクタリングであっても、融資であっても、ビジネスローンであっても、悪質な業者や闇金業者にだまされてしまわないように注意が必要です。

 

闇金業者/悪徳業者を回避する方法

以上の通り、ファクタリング業者のなかには、闇金業者/悪徳業者が存在していることには注意が必要です。

そのため、闇金業者や悪徳業者に騙されてしまわないためのポイントを理解して、回避することが大切になります。

 

ホームページの公表情報を確認する

もっとも基本的なことですが、闇金業者/悪徳ファクタリング会社に騙されないために、最初に行うのは各社のホームページを確認することです。

 

ファクタリング会社はホームページ上で以下のような情報を公表しています。

  1. 会社概要(所在地、代表者名、資本金、業歴など)
  2. 手数料などの条件
  3. 諸費用に関する説明
  4. 2社間ファクタリング・3社間ファクタリングの別

 

こういった情報の記載が曖昧で不十分な会社には要注意です。代表者名を含め、会社の情報を公開していないファクタリング会社は闇金業者などの可能性が高くなります。

また、ファクタリング手数料は融資などに比べて、比較的費用が高い資金調達方法になります。

 

そのため、ファクタリング利用者にとって、手数料がどれくらい必要になるのかは重要な情報です。

ファクタリング手数料の下限・上限、実際に利用した方のファクタリング手数料の平均的な水準など、手数料水準を明記している会社の方が安心して利用しやすくなります。

 

手数料率の表示が明確な会社の例

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

<MSFJの手数料設定>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

売掛債権担保融資に騙されない

ファクタリングに似ていて注意が必要な資金調達方法として「売掛債権担保融資」というものがあります。

注意が必要なのはファクタリングを装って近づいたうえで、「売掛債権担保融資」を進めてくるファクタリング会社です。

 

闇金業者/悪徳業者のなかには、「ファクタリングを規制する法律がない」ことを悪用して、表面上はファクタリングと偽って、実際には融資を行っている会社が存在しています。

もちろん、融資を行うのであれば、銀行法や貸金業法といった規制の対象になりますので、免許を受けている必要があります。

 

しかし、こういった悪質業者は免許を受けていませんので、法律違反を前提に融資を行っていることになります。

つまり、悪質だけでなく、違法な業者ということになります。

 

ファクタリングを利用する側にも、ファクタリングと偽って「売掛債権担保融資」を利用させられることにデメリットがあります。

ファクタリングの場合、譲渡した後の売掛金が、取引先の倒産などによって回収不能となった場合のリスクを負うのはファクタリング会社になります。

ファクタリング利用者としては、ファクタリング利用後の売掛金の回収リスクからは切り離されるため、銀行の手形割引のように、後から買戻しを要求されるという心配がないのです。

 

一方、売掛債権担保融資はこういったリスクを利用者に負担させる取り組みとなっています。

売掛債権担保融資の利用者は、売掛金の回収可否とは別に、借入したお金を返済する義務を負うためです。

 

実際、過去にはファクタリングを装って、売掛債権担保融資を行っていた違法なファクタリング業者が逮捕されたことがあります

こういった業者は法律に違反していることはもちろん、高すぎる手数料を要求するなど、ファクタリング利用者を様々な面から騙そうとしていますので注意が必要です。

 

ファクタリングの関連記事

 売掛債権担保融資を勧めるファクタリング会社を利用してはいけない

 

ファクタリングの疑問にお答え

 

3社以上の相見積もりを取得する

悪質業者や闇金業者を回避する方法の2つ目として行うべきは、3社以上のファクタリング会社から相見積もりを取得することです。

相見積もりとは、それぞれのファクタリング会社を利用する場合のファクタリング手数料や、諸費用など、取引条件に関する見積を、同時並行で複数のファクタリング会社から取得することです。

 

相見積もりを3社以上のファクタリング会社から取得することで、闇金業者や悪徳業者が混ざっていた場合に気付きやすくなることに加え、回避する手段を得ることにつながります。

悪質ファクタリング会社の場合、様々な名目で必要以上の諸費用を請求しようとしたり、高すぎる手数料を要求する可能性が高いでしょう。

さらに、契約内容にも、利用者にとって不利な項目を加えようとします。

 

3社以上の相見積もりを取得することで、こういった不利な条件を盛り込まれたとしても気付きやすくなります。

さらに、ファクタリング利用者のなかには、資金調達を急いでいる方も多くいます。

そんな時、1社だけで相談していると、悪質業者、闇金業者だと気付いても、時間的な余裕がないために断れないという事態が起こります。

 

悪質業者を利用しないためには、3社以上のファクタリング業者と並行して相談しておいて、常に複数の選択肢を持って対応することが大切です。

加えて、相見積もりでファクタリングを相談しておけば、それぞれのファクタリング会社が競争することで、ファクタリング手数料が下がる可能性も高くなります。3社以上の相見積もりを行うことは非常に効果が高く重要な方法となりますので忘れずに行うようにしましょう。

 

なお、複数のファクタリング会社で相談したり、見積もりを依頼するのが面倒臭いと思われる方もいるかもしれません。

 

しかし、ファクタリングの見積もり依頼は比較的容易に行えます。

売掛金の一覧や、口座に対する入出金履歴(過去1年程度)があれば見積り依頼ができますし、どのファクタリング会社も提出書類は同様です。

また、以下のような簡易的なファクタリング会社の紹介サービスを行っている会社もありますので、活用してみてはいかがでしょうか。

 

資金調達プロ

ファクタリングの一括見積サービスなら資金調達プロ

 

  • 最短即日融資可能!!無料診断サービスもあります。
  • 幅広い法人、個人事業主の方がご利用できます。

 

こちらから診断&申込

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

 

担保・保証人を要求する業者に注意

ファクタリングは借入ではありませんので、原則として担保や連帯保証人が不要で利用できる資金調達方法です。

それにも関わらず、担保や連帯保証人をもとめてくるファクタリング会社には注意が必要です。悪質ファクタリング会社や闇金業者である可能性が強くなります。

担保や連帯保証人を求めてくるファクタリング会社は、ファクタリングを装って、融資で貸付しようとしている可能性があります。こういったファクタリング会社には注意が必要です。

 

諸費用の内容にも注意が必要

ファクタリングの条件を確認する場合、「ファクタリング手数料」には注意が向きやすいのですが、一方、諸費用の確認が漏れがちです。

諸費用は実費精算が中心となるので、どちらのファクタリング会社も同じだと思っていたら間違いです。

悪質ファクタリング会社や闇金業者は、諸費用に必要以上の請求項目を盛り込むことで、利用者からお金をだまし取ることがあるのです。

 

例えば、ファクタリングの利用前、審査に通過するために必要な費用だと言って、事前に支払うように求めてくるファクタリング会社などは注意が必要です。

こういった悪質業者は費用だけをだまし取って、実際にファクタリングを行わずに逃げようとしている業者の可能性もあります。

各社から受領した見積りは、諸費用も含めて確認しておく必要があります。

 

ファクタリングの諸費用は何がふくまれるのか?

 

ファクタリング契約書を事前に確認

ファクタリングの見積もりを受け取って、利用を検討するファクタリング会社の見当がつけば、事前にファクタリング契約書を見せてもらえるように依頼しましょう。

悪質で違法なファクタリング会社の手口として、見積もりなどで事前に提示した内容と契約書の内容が異なっているというものがあります。

 

見積りなどで利用者に有利な内容で提案しておきながら、実際の契約書には不利な条件を盛り込んで置き、契約後に気付いて文句を言っても、利用後だからと受け付けない業者が存在します。

こういった悪質な業者は、出来るだけファクタリング契約書を事前に見せず、契約時に内容確認させないまま記名・押印をさせようとします

 

そのため、事前にファクタリング契約書の開示を求め、契約時までに内容を良く確認しておくことが非常に大切です。

もちろん、契約時には、事前に確認した内容と、締結する契約書が同一のものであることを確認することも大切です。

もし、契約書の事前提示を求めても様々な理由をつけて渋るようなファクタリング会社には要注意です。悪質ファクタリング会社の可能性が高いと考えた方が良いでしょう。

 

ファクタリングの関連記事

 失敗しないためのファクタリング契約時のチェックポイント

 

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングの利用には、ファクタリング会社の選別が重要です。

もちろん、審査基準自体もファクタリング会社によって異なりますが、ファクタリング手数料などの条件も会社毎で大きく異なります。

そのため、ファクタリングを活用するには、悪質業者や闇金業者を避けるだけでなく、「手数料などの条件が良く」、「審査に通りやすい」ファクタリング会社を選ぶことが大切です。

 

以下、評判の良い優良ファクタリング会社のなかでも、当サイトが得におすすめするファクタリング会社を4社ご紹介します。(ファクタリングの相談は、2~3社を同時並行で相談されるのが大切です)

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

 

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社です。

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

 

ビートレーディングのファクタリング実績

 

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

 

ビートレーディング
4.95



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

GMO PAYMENT GATEWAY(GMOペイメントゲートウェイ)

GMO PAYMENT GATEWAY / GMOペイメント

 

GMOペイメント ゲートウェイはファクタリング会社のなかでは珍しい東証一部上場会社です。

そのため、ファクタリングを利用するのが初めて、慣れていないという方にも安心して利用できるのが特徴です。

さらに、GMOペイメントゲートウェイの「GMO BtoB」(ファクタリングサービスの名称)は、ファクタリング業界でも最低水準の手数料に設定されています(手数料率1.0%~、上限でも12.0%)ので、費用を抑えたい方にも十分満足できる手数料と言えるでしょう。

 

GMOペイメントも来店不要で利用できるファクタいリング会社です。

WEB上の手続きで完結出来て、手数料も低いおすすめのファクタリング会社です。

GMOペイメントのファクタリングサービス

 

なお、GMO BtoBの現金化までの時間は最短2営業日です。

こちらもファクタリング業界トップクラスのスピードと言えるでしょう。

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

OLTA

ファクタリングのOLTA

  • 急成長中のファクタリング会社
  • 大手金融機関と業務提携
  • ファクタリング手数料2.0%~9.0%の範囲内
  • 信頼性が高く、安心して利用できる
  • 日経新聞などのメディアでも紹介多数

OLTAは近年、急成長中のファクタリング会社です。大手金融機関との業務提携も多く、信頼性が高いファクタリング会社という特徴があります。

 

 

 

OLTAのファクタリングサービスは「クラウドファクタリング」と呼ばれています。

OLTAのクラウドファクタリングとは?

 

クラウドファクタリングとは、一般的なファクタリング会社で「2社間ファクタリング」と呼ばれているものです。

しかし、一般的な2社間ファクタリングに比べて、手数料水準は圧倒的に低いのが特徴です。

 

OLTAのファクタリング手数料は2.0%~9.0%の範囲内です。

2社間ファクタリングでもこの水準ですし、利用実績に応じて手数料が下がっていく「優遇制度」が採用されています。

 

 

OLTAの手数料優遇システム

 

そのため、最初は9.0%のファクタリング手数料になったとしても、次第に手数料率は下がっていくことが期待できます。

しかし、OLTAのファクタリングサービスには、「面談不要」「インターネット上の自動化された手続き」「安心の手数料設定」という特徴があります。

 

OLTAが選ばれる理由

 

OLTA基礎データ

利用できる方法人企業/個人事業主
赤字・債務超過利用可能
税金滞納中利用可能
対応地域全国可能/WEBで手続き完結
買取期間最短24時間で買取可能・スピード査定対応
取引先への通知(注)通知無も可能(2社間ファクタリング)
担保・連帯保証人不要
買取可能金額上限設定なし(売掛金の範囲内)
ファクタリング手数料2.0% – 9.0%

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。

さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。

 

このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ビジネスローンとの選択

ファクタリングを利用するためには「売掛金」の存在と取引先の信用力が重要です。

そのため、そもそも売掛金を保有していない企業や事業主はファクタリングを利用できません。

また、売掛金は保有していても、売掛金の信用力が低い場合や、個人向け債権が大部分を占める場合にも、ファクタリングの利用は難しくなってしまいます。

 

こんな時に利用がおすすめなのがビジネスローンです。

ビジネスローンは、ノンバンクと言われる貸金業者が行っている融資であり、銀行融資に比較して、審査に通りやすく、審査スピードも速いのが特徴です。

 

もちろん、ビジネスローンなら、売掛債権を保有していなくても利用可能ですし、ファクタリングに劣らないほど、スピードの速い審査も可能です。

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

ファクタリングの関連記事

 ビジネスローンのメリット・デメリット

 ビジネスローンとファクタリングの比較

 

まとめ

初めてファクタリングを利用する際には、ファクタリングが違法な資金調達方法でないか、ファクタリング会社には闇金業者や、悪徳会社が紛れているのではないかといったことが不安になりがちです。

 

実際、過去にはファクタリングを装った違法な取引を原因として、逮捕された業者も存在しています。

そのため、ファクタリング利用時には、悪質業者/闇金業者を回避して、安心・安全にファクタリングを利用するためのポイントをおさえておく必要があります。

今回ご紹介した悪質業者/闇金業者を見分けるポイントをおさえ、是非、安全にファクタリングを利用してみてください。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングの利用が適する業種とは?

 当サイト厳選!おすすめのファクタリング会社一覧

 口コミ・評判で選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

ファクタリング審査に落ちた場合の対処方法
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG