急な資金調達に対応できる「ファクタリング」とは?メリット・デメリットから活用方法を大公開

近年、個人事業主や中小企業経営者を中心に「ファクタリング」という資金調達方法が注目を浴びています。
事業を行われている方にとって資金調達は生命線ともなる重要事項です。事業が好調でも、資金繰りを誤って倒産してしまうケースは少なくありせん。
そのうえ、銀行の融資は時間がかかるうえ、審査も厳しく、常に安定して借入できるわけではありません。
ファクタリングは銀行融資の一部を補完するものとして考えられているのです。この「ファクタリング」がどういった資金調達で、使える資金調達なのか、使えないものなのか、「ファクタリング」のメリット・デメリットについて知っておいた方が良いでしょう。

今回はファクタリングによる資金調達を徹底的に解説します。

 

ファクタリングが注目の理由

事業主にとって、急な資金調達が必要になることは「少なからず発生」します。

取引先からの入金が遅れたり、予定外のトラブルが発生しまうこともあれば、予定していた銀行融資が審査に通らなかったということもあるでしょう。

 

そういった資金調達において、最初に思い浮かぶのは、銀行や、公的な金融機関(日本政策金融公庫)だと思いますが、残念ながら、こういった先の資金調達には時間がかかります。

銀行で、当座貸越や手形割引などの「借入枠」を既に持っていれば良いのですが、そうでなければ、新規借入には、審査が必要となり、1ヶ月前後も時間が掛かってしまうことがあります。

 

さらに、これまで、中小企業主が銀行で資金調達を行う際に利用が多かった「手形割引」ですが、近年、利用が減少しています。

それは、大手企業を中心として、「手形の発行」が減少しているためです。

手形を発行するには、印紙を添付する必要があるのでコストが掛かったり、発行した手形の管理が煩雑であったりと、手形離れが進んでいるのです。

 

そのため、事業主は、手形割引以外に、あらたに、急な資金調達に対応できる借入方法を準備する必要が出てきているのです。少なくとも、つなぎ融資としての調達が必要なのです。

ファクタリングが注目される理由

 

ファクタリングとは?

そういった背景のなかで、急な資金調達に対応できる手段として、注目を浴びている資金調達方法が「ファクタリング」です。

ファクタリングは、中小企業や、個人事業主にとって、銀行融資だけに依存せず、資金調達方法を多様化させるための手段となりつつあります。

 

ファクタリングを簡単に言えば、売掛金の売却です。

経営者、個人事業主のなかには「手形割引」を利用したことのある方は多いでしょう。

ファクタリングは手形割引ともよく似ていて、「手形割引の売掛金版」とも言えます。

 

ファクタリングは、商取引で発生した売掛債権を売掛債権の回収期日前に、専門のファクタリング業者に買い取ってもらうことによる資金調達となります。

手形の発行が減り、売掛債権としての期間が延びているなかで、売掛債権を売却することによる資金調達が増加するのは、当然と言える流れですね。

 

ファクタリングのメリット

それでは、このファクタリングの特徴を理解するために、メリット、デメリットの点からファクタリングについて、より深く説明して行きましょう。

 

担保・保証人が不要

ファクタリングの大きなメリットの1つ目は、売掛債権を売却して資金調達する方法であり、借入をするわけではありませんので担保・保証人が不要となることです。

中小の事業主や、急な資金調達を行ううえでは、担保・連帯保証人は重要です。

まだまだ成長段階の中小企業や個人事業主にとって、担保が必要と言われても簡単に用意できるものではありません。

そんな時、担保・連帯保証人不良で利用できるファクタリングのメリットは大きくなります。

 

担保が用意できる経営者、個人事業主は担保を銀行からの借入に使用して、それ以外の短期資金として売掛債権を活用したファクタリングを利用することで、資金調達の選択肢が増える効果があります。

 

個人事業主も利用可能

ファクタリングは、中小企業や、小規模企業だけでなく、個人事業主も利用できる資金調達方法です。

ファクタリング会社のなかには、一定規模以上の「企業」だけを対象とするファクタリング会社もいますが、個人事業主でも利用できるファクタリング会社もいます。

 

個人事業主は、中小企業に比べて、さらに経営基盤が弱く、資金調達できる手段が限定されてしまうという特徴があります。

そういった個人事業主でも利用できるのはファクタリングのメリットと言えるでしょう。

 

個人事業主が利用できるファクタリング会社

個人事業主が即日でも利用できるファクタリング会社と利用時のポイント!失敗しない資金調達方法のご紹介

急な資金調達に対応

ファクタリングでは、「売掛債権の売却」であるため、一般的な銀行からの借入などに比べると審査スピードが速く、即日でも対応できる可能性が非常に高くなっています。

また、審査通過後、ファクタリングによる資金調達の対応スピードは速いため、最短即日から1~2日程度での資金化も可能です。

急な資金調達に対応できるというのは、重要なファクタリングのメリットになっています。

 

なお、ファクタリングの利用可否を数分で簡易的に確認することもできます。

ファクタリング会社のなかには、簡易・無料診断で、ファクタリングの利用可否を審査してくれる会社がいます。

資金調達できる可能性を確認したうえで、ファクタリング会社選びを始めるのも有効な方法です。

 

ファクタリングの簡易・無料診断は「ビートレーディング」や「資金調達プロ」がおすすめです。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

審査に通りやすい

ファクリングは、銀行融資などに比べて審査に通りやすく、資金調達できる可能性が高いというメリットがあります。

ファクタリングは、売却しようとする売掛金を担保として融資を受けることに近く、一般的な無担保融資に比べれば審査に通りやすいのです。

さらに、売掛金を支払う取引先の信用力が高ければ、さらに審査にも通りやすいというメリットがあります。

 

銀行融資などの審査におちてしまった方でも、ファクタリングであれば、資金調達できる可能性があります。

 

関連記事:ファクタリングの審査ポイント

ファクタリング申込前に最終チェック!!審査のポイントを知れば鬼に金棒

 

赤字・赤字債務超過でも利用可

ファクリングには、赤字・債務超過といった、銀行融資ではほぼ審査に通らない状況であっても、資金調達できる可能性があります。

ファクタリングでは、資金調達する個人事業主や、中小企業自身の信用力よりも、売掛金の支払先の信用力が重視されます。

 

そのため、資金調達者が赤字・債務超過といった状況であっても、売掛金の信用力が高ければ、ファクタリングを利用して資金調達することが可能です。

赤字・債務超過でもファクタリングを利用できるのは、大きなメリットと言って良いでしょう。

 

関連記事:赤字でもファクタリングを利用できる

赤字・債務超過・税金滞納があってもファクタリングできる?

 

ファクタリングは借入ではない

ファクタリングには、意外なメリットもあります。

ファクタリングは借入ではなく、売掛債権の譲渡です。

そのため、決算書に借入金として、計上しない処理が可能です。

 

事業主の中には、銀行などからの資金調達を行いやすくしたり、取引先への決算書提出が求められるなど、決算内容に気を配っている方は多いと思います。

その点、ファクタリングでは借入金は増加しませんので、決算内容が悪くなりにくいというメリットがあります(詳細は税理士などと、ご相談のうえ対応していくのが良いでしょう)。

 

また、銀行以外から借入を行う際の心配ごとの1つに、「ノンバンクから借入していると銀行からの借入が難しくならないか」というものがあります。

こういった心配は、的を得たものですが、ファクタリングは決算書に掲載されないので心配は不要です。

さらに言えば、ファクタリングを活用すると、売掛債権が減少し、現預金の増加や、負債の減少に充てられるため、「決算書を改善」するというメリットがあります。

 

取引先の倒産リスクを回避

さらにファクタリングには、取引先の倒産リスクを回避できるというメリットがあります。

つまり、売掛債権を売却した後は、仮にその取引先が倒産したとしても、売掛債権を買い戻す必要がないのです。

予定していた売掛金の入金が急に遅延して、資金繰りの予定が大幅にずれたという経験のある経営者も多いでしょう。

ファクタリングを利用すれば、売却後の取引先の信用悪化から解放されますので、こういった予定外の対応が必要なくなります。

 

銀行の手形割引になれていると、特にファクタリングのメリットを大きなものとして感じられるでしょう。

銀行の手形割引では、不渡りがあると、銀行から不渡り手形を買い戻しする義務が発生します。

 

そのため、事業主は、一旦手形割引で資金調達しても完全には安心していられないのです。

この、取引先の倒産リスクから回避されるというのは、ファクタリングの大きなメリットと言えるでしょう。

 

*関連記事:銀行融資とファクタリングの違いは?

銀行融資とファクタリングは何が違うの?調達条件や担保・保証人の有無、審査スピードなどを比較!

 

取引先からの承諾や通知

ファクタリングでの資金調達を行う上で、事業主が心配されることの1つは、取引先に売掛債権を譲渡したことを知られたくないということがあります。

売掛債権を売却したことを知られてしまうと、取引先からの「信用」が悪化してしまう懸念があるためです。

 

ファクタリングには、取引先からファクタリングとして売掛債権を売却することの承諾を得るものと、敢えて、売却について断らずに行うものを選択することができます(取引先に知らせないファクタリングを2社間ファクタリングと呼びます)。

つまり、取引先に通知したり、同意を得ずにファクタリングを行うことも可能です。

 

但し、ファクタリング業者は、取引先に承諾を取らない方法の方が、回収リスクは高まることになります。

そのため、2社間ファクタリングでは、ファクタリング時の手数料率が高くなってしまうことがありますが、「取引先に知られず」、「取引先から売却の承諾が得られない」という場合でも、売掛債権を売却することが出来るのは、ファクタリングのメリットと言えるでしょう。

 

関連記事:取引先に通知しないファクタリング

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングは何が違うの?図解で仕組みを解りやすく説明

ファクタリングのデメリット

次にファクタリングのデメリットについて解説いたします。メリットだけでなく、デメリットもしっかりと理解して活用する必要があります。

ファクタリングの手数料

1つ目のデメリットは、ファクタリングが、銀行融資に比べて、利息に相当する費用が高くなってしまうことです。

ファクタリング取引では、手数料相場は、利用するファクタリングの方式(取引先に通知するのかどうか)や、取引先の信用力次第で、ファクタリング手数料が大きく異なります。

 

2社間ファクタリング利用(取引先の同意を得ない)時で、取引先の信用力が低いと、ファクタリング手数料は10%以上必要ということもあり得ます。

ファクタリングは、「銀行融資審査に通らない方」や、「資金調達を急ぐ方」が利用することの多い資金調達方法でもあるため、ファクタリング手数料相場は高くなりがちというのがデメリットになります。

 

但し、ファクタリング手数料に関しては、以下のように「ファクタリング手数料の低い会社」を活用して、「手数料を押さえる交渉術」である程度抑えることも可能です。是非、参考にしてみてください。

 

関連記事:ファクタリング手数料の相場は?

ファクタリングの手数料相場と手数料を低く抑える方法!!

 

関連記事:ファクタリング手数料の低い会社

ファクタリング手数料の安いお得な業者を特集!!おすすめのファクタリング業者はどこ?

 

債権譲渡登記が必要?

本来、売掛債権を売却する際には、「債権譲渡特例法に基づく債権譲渡登記」や、取引先からの承諾を得るなどの手続きを行う必要があります。

これは、ファクタリング会社が、正当な売掛金の権利者であることを、法律上も主張できるようにするための手続きになります(第3者対抗要件の具備と言います)。

 

ファクタリングの債権譲渡登記を行う場合、10万円程の諸費用が余分にかかってしまったり、手続きのための日数が1~2日必要になってしまうというデメリットがあります。

債権譲渡登記は、ファクタリング会社の「保全」のために必要な手続きですので、債権譲渡登記なしで利用できるなら、その方が利用者のメリットは大きくなります。

 

しかしながら、ファクタリングでは、債権譲渡登記や、取引先への承諾を得るかどうかは、ファクタリング業者ごとで取り扱いが異なっています。

ファクタリング会社によっては、「ある程度のリスク」を取って、債権譲渡登記を行わずにファクタリングを利用できることもあります。

そのため、利用されるファクタリング会社に債権譲渡登記の要否を確認しておく必要があります。

 

関連記事:債権譲渡登記不要なファクタリング会社は?

ファクタリングの債権譲渡登記とは?債権譲渡登記なしでファクタリング可能な会社は?

 

悪質ファクタリング会社

ファクタリング業界はまだまだ歴史の浅い成長中の業界です。

そのため、業歴の長く、知名度の高いファクタリング会社というものは少なく、それほどの有名でないファクタリング会社が多く存在しています。

 

そういった状況を悪用するファクタリング会社が存在します。悪質ファクタリング会社がいることは、ファクタリングのデメリットと言えるでしょう。

悪質なファクタリング会社に騙されると、詐欺まがいな「高額なファクタリング手数料」や、諸費用を要求されることもあります。

ファクタリングの利用にあたっては、悪質なファクタリング会社に騙されず、優良ファクタリング会社を選択することが非常に重要なポイントになります。

 

ファクタリング会社のなかには、悪質な業者が存在するというデメリットをしっかりと理解しておきましょう。

 

関連記事:悪質ファクタリング会社の手口

悪質ファクタリング業者に騙されないために知っておきたい詐欺手口!/安心利用できるおすすめ会社5選

 

売掛金が必要

ファクタリングは「売掛金」を回収期日前に資金化することによる資金調達方法となります。

そのため、売掛金を保有していないとファクタリングを利用することはできません。

売掛金全額をファクタリングできるわけでもありませんので、通常、必要な資金調達額の120~130%程度を保有しておく必要があります。

 

ファクタリングは、銀行融資などに比べて、審査に通りやすく、個人事業主や中小企業経営者にとって利用しやすい資金調達方法です。

しかし、売掛金が無いと利用できないというのはデメリットとして理解しておかなくてはいけません。

 

さらに、ファクタリングでは、資金調達者(ファクタリング利用者)の信用力よりも取引先の信用力が重要です。

そのため、回収が遅延している取引先向けの売掛金や、個人向けの売掛金はファクタリングの対象となりません。

ファクタリングを利用できる売掛金には条件があるというデメリットは知っておいた方が良いでしょう。

 

関連記事:売掛金が無い方におすすめの資金調達方法

ビジネスローンとは?経営者や個人事業主が知っておくべきメリット・デメリット

 

おすすめファクタリング会社

前述の通り、ファクタリングを利用するためのメリット・デメリットをご紹介してきました。

ファクタリングを利用するにあたっては、「ファクタリング業者選び」が非常に重要であり、そのうえでデメリットを解消するような交渉や準備を行う必要があります。

ファクタリング会社には、大小含めて、様々が専門業者存在しており、優良なファクタリング会社を見つけることは簡単ではありません。

 

今回は、「無料で相談ができる」・口コミや利用実績などでの評判も良い人気ファクタリング会社を4社厳選してご紹介します。

ファクタリング会社選びの参考にしていただければ幸いです。

ビートレーディング

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

 

ビートレーディングはファクタリング業界のなかでも、知名度・契約件数(実績)ともに業界トップクラスと言って良いファクタリング会社です。

申込から2~3日でのスピード対応も可能です。

さらに、ビートレーディングは、債権譲渡登記、連帯保証人、担保、全て不要で利用できるファクタリング会社としても人気があります。

ビートレーディングでは、中小企業などの法人だけでなく、個人事業主相談・申込が可能です。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 ビートレーディングは使えるファクタリング会社か徹底調査!

 

 

三共サービス

三共サービスが選ばれる理由

 

三共サービスはファクタリング手数料が圧倒的に低いと評判の良いファクタリング会社です。

ファクタリング業界トップレベルの手数料率の低さですので、ファクタリング手数料をできるだけ低く抑えてファクタリングしたい中小企業経営者におすすめのファクタリング会社です。

三共サービスのご利用は「法人企業」のみとなりますのでご注意ください。

手数料の低さ、スピード査定、全国対応の三共サービス!!最大1億円までの買い取りが可能

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

 

即日資金調達を希望するなら選択股に含めたいファクタリング会社がMSFJです。

MSFJも即日現金化に対応してくれるファクタリング会社であり、さらに、利用しやすい明確で解りやすい手数料体系を掲げる会社です。

そのため、安心して利用できるのが大きなメリットになっています。

MSFJには2つのファクタリングサービスが用意されています。

クイックファクタリングプレミアムファクタリング
調達限度額(最大)300万円5,000万円
現金化までの日数1営業日1営業日~
ファクタリング手数料3.8%~9.8%1.8%~6.8%

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

トラスト・ゲートウェイ

トラストゲートウェイのファクタリング

 

九州・沖縄地域で事業をされている方のファクタリングなら、こちらがおすすめです。

取引先からの承諾や、通知が不要で、最大5,000万円までのファクタリングが可能です。

また、ご相談後、最短1日で、ファクタリングの利用が可能なのが特徴です。

なお、トラスト・ゲートウェイでは、ご相談をされた方の95%が実際に利用されるということであり、買い取り条件が、同業他社に対して良いことが最大のメリットと言えます。

まずは、無料相談から条件を確認されてみるのが良いでしょう。

トラストゲートウェイ
4.5



☆九州特化型のファクタリング会社
☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
☆保証人・担保不要
☆リピート率98%

適用金利・手数料など

3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

3万円のキャッシュバックキャンペーン

資金調達限度額

3,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

まとめ

ファクタリングに関するメリット・デメリットをご紹介しました。

ファクタリングは、中小企業や、個人事業主にとって資金調達手段を多様化するための有効な方法になります。

中小企業経営者や、個人事業主にとって、資金調達は事業の生命線ともなる重要事項であり、是非、ファクタリングを知って、有効活用していただければと思います。

 

特に、ファクタリングは、新たな資金調達手段として豊富なメリットがある反面、利用方法を間違えれば手数料が高くなってしまうなどデメリットも大きくなってしまいます。

手形割引に代わる資金調達手段として、ファクタリングは、非常に有効な選択股の1つとなるものです。

是非、ご検討対象に加えられるのがお勧めです。

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG