ファクタリング手数料の計算方法を知っておけば安心!?コストを抑えて資金調達する方法

ファクタリングは債務超過や長年赤字が続いている会社や、個人事業主でも可能な数少ない資金調達の1つですが、一般的に手数料が高いと言われています。

もちろん、銀行融資とはあまりに違う資金調達方法であり、多くの別のメリットがありますので、一概に銀行融資より調達コストが高いからファクタリングは劣った資金調達だということはできません。

本記事ではファクタリングの手数料の計算方法について説明することによって、ファクタリングはなぜ銀行と比較して金利が高いのか、その原価や、手数料を抑えるためには何をすれば良いのかについて説明します。

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングとは?初心者にも解りやすく解説

 

ファクタリング手数料の仕組み

まずは、ファクタリングの手数料の仕組みや計算方法について説明します。

まず、前提としてファクタリングは融資における金利のように、ファクタリング手数料を制限する法律が存在しません。

銀行や貸金業者は法律で決められた上限利息の範囲内で金利を設定します。

一方、ファクタリング業者には規制がありませんので、ファクタリング業者が自由に手数料率を設定します。

それでは、このファクタリング手数料はどういった基準で設定されるのでしょうか?

 

ファクタリング手数料の決まり方

もちろん、ファクタリング手数料の相場は存在しますが、理論上ファクタリング業者が何%の手数料で売掛債権を買い取るかはファクタリング会社の自由です。

そして、ファクタリングの手数料は、「対象となる売掛債権の質」「ファクタリング利用者の信用力」という2つの要素によって決定されています。

まず、対象となる売掛金の債権の質(信用力・回収可能性)はファクタリングの手数料を決める上で非常に重要な要素と計算方法をご紹介します。

ファクタリングの場合、ファクタリング会社は売掛債権を買い取って回収しないと利益が出ないので、どのような相手に対する売掛金なのか、どの位の金額で何か月後に回収できるのかが、手数料の高低を決める重要なポイントになります。

確実に売掛金を回収できそうな売掛先ならファクタリング手数料は低くなりますし、反対に信用情報に不安がある取引先の売掛金債権の手数料は高くなります。

そのため、既に信用不安が噂されるような取引先や、小規模の会社に対する売掛金であれば手数料も高くなります。

 

ファクタリング利用者の信用も重要

また、ファクタリング利用者の信用力もファクタリング手数料を決める要素となります。

ファクタリングでは売掛金を支払うのは売掛先なので、ファクタリング利用者の信用は重要ではないと思われがちです。

しかし、2社間ファクタリングの場合、ファクタリング利用者が、一旦取引先から売掛金を回収してから、ファクタリング会社に支払うことになるなど、利用者の信用力も重要になります。

特に、ファクタリング利用者には、資金繰りに困っていて、急いで資金調達したいという経営者が多くなりますので、初めての利用者からの申込の場合、ファクタリング会社のリスクも高くなります。

<2社間ファクタリング図>

2社間ファクタリングの手数料が高い

そのため、何回もファクタリング取引をしている実績のある利用者になると、初回ファクタリング取引の利用者と比較して、ファクタリング会社では多少の手数料を融通してくれることが多くなります。

また、二社間ファクタリングの場合は債権の回収を利用者が行うので、利用者が回収した売掛金を使い込む可能性に対するリスクヘッジの為に、ファクタリング利用者の信用力も手数料に影響します。

以上のような2つの要素を反映してファクタリング手数料率が計算されます。

<ファクタリング利用者の信用力ポイント>

  • 2社間ファクタリングでは利用者の信用力も重要
  • 3社間ファクタリングより2社間ファクタリングの手数料が高い
  • ファクタリング実績に応じて手数料は下がっていく

ファクタリング利用者の信用力と手数料水準の関係

手数料の相場はいくら?

ファクタリング手数料にも相場が存在します。

相場は、ファクタリングによる買取金額に対して、3社間ファクタリングの場合はだいたい1~5%程度、2社間ファクタリングの場合は5~15%が目安となります。

そのため、ファクタリング手数料だけを考えれば、3社間ファクタリングを利用した方が良いということになります。

しかし、3社間ファクタリングには取引先に売掛金の売却を知られてしまうことや、急ぎの資金調達に向いていないなどのデメリットもありますので、どちらのファクタリング方式を利用するかは慎重に選ぶ必要があります。

ファクタリングの関連記事

 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

また、ファクタリング時の契約の内容によっては手数料の他に掛け目というものが設定されることがあります。掛け目というのは契約成立時に、すぐに支払ってもらうことのできるお金のことを指します。

多くのファクタリング会社の場合、掛け目はだいたい80~90%に設定されて、残りの10%~20%はファクタリング会社がきちんと売掛債権を回収してから、ファクタリング利用者に支払われます。

例えば、売掛金の額面金額600万円、手数料5%、掛け目90%という条件でファクタリングする場合は以下のようになります。

手数料:600万円×5%=30万円

掛け目:600万円×90%-30万円=510万円

残金:600万円-510万円-30万円=60万円

つまり、600万円の売掛金を手放す代わりに、まず510万円の現金を調達できて、ファクタリング会社が債権を回収した後に60万円を調達できることになります。

業者のファクタリング原価

手数料5%前後ということで銀行の金利と比較すると少し割高だと思われるかもしれません。

しかし、ファクタリングに掛かっている原価を考えると決してこの手数料は高額ではありません。

また、いくら値下げしても原価を下回る手数料でファクタリングすることはできません。ここでは業者が計算しているファクタリングの原価について説明します。

 

3社間ファクタリングの場合

3社間ファクタリングの原価として最初に挙げられるのが債権回収に関する費用です。

売掛金は必ず現金化できるとは限りません。売掛金を支払う取引先が倒産してしまえば回収できない可能性が高いですし、売掛先の資金繰りの悪化を理由にリスケ交渉をされるかもしれません。

このような債権を回収できないリスクと債権を回収する労力のためにファクタリング会社は人件費やリスクヘッジのために手数料が必要なのです。

債権回収に関する費用は個別のファクタリング毎に掛かる費用ですが、もちろん会社としては事務所の家賃や宣伝広告費、事務員の人件費などさまざまな費用が更に必要になります。

このようなことを加味するとファクタリングの手数料は決して高利貸しのような不当に高い金額というわけでないことが解ります。

ビジネスローンのチェックポイント

2社間ファクタリングの場合

2社間ファクタリングの場合は、3社間ファクタリングに必要な原価に加えて、更に債権譲渡登記の費用と、利用者の信用に対するリスクヘッジのための費用が必要になります。

2社間ファクタリングの場合は取引先に債権譲渡通知を送らないため、債権の所有者を確定するために債権譲渡登記を行う必要があります。

この登記を司法書士に頼むと最低数万円の費用が必要となります。

また、先ほど説明した通り2社間ファクタリングの場合、利用者が債権を回収してからファクタリング会社に納められますので、利用者に回収した売掛金を使い込まれるリスクが存在します。

一般論として、2社間ファクタリングを利用する会社は資金繰りに困窮していることが多いのでリスクヘッジのための費用も多めに確保しておく必要があります。

以上のように3社間ファクタリングよりも2社間ファクタリングの手数料が高くなるのにはそれなりの理由があると言えます。

ファクタリングの関連記事

債権譲渡登記不要のファクタリング会社

 

手数料を抑えるためには?

ここまで、ファクタリング手数料の計算方法や、ファクタリング手数料を決定する要素について解説しました。

ファクタリング手数料を抑えるためにはどうすれば良いのでしょうか。ファクタリング取引を最大限活用するためには、極力低い手数料で資金調達できるようになることが大切です。

以降では、実際にファクタリング手数料を抑えるための方法について解説します。

 

ファクタリング実績を作る

ファクタリング手数料の計算方法の所でも説明した通り、ファクタリングの手数料は手数料率を何%に設定するかによって決定します。

よって、手数料を抑えるためには、ファクタリング業者に手数料率を減らしても良いと思わせる必要があります。

そのためにまず利用者ができることは取引を重ね、ファクタリング業者に対する信用力を作ることです。

ビジネスですので常連客としてある程度の利益を確保できる取引先は、他の会社に契約を取られないために有利な手数料を提示することもありますし、信頼関係が構築できて2社間ファクタリングでも債権譲渡登記を行わずに契約できればその分手数料が安くなる可能性があります。

また、ファクタリングするならばできるだけ質の高い債権の方が良いです。

安定して債権を回収できそうな売掛先の方がファクタリング会社の債権回収リスクが少なくなるので手数料が安くなります。

更に、額面の大きな売掛金の方が手数料は同じでもファクタリング会社の利益額が大きくなるので、手数料の減額交渉を行いやすいです。ファクタリング会社に対して交渉を行う際には、ただ手数料を引き下げてくださいではなく、ファクタリング会社がファクタリングにかける原価を考慮した上で、了承しやすい条件で交渉を行う必要があります。

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング実績で手数料は下がる

取引実績でファクタリング手数料は下がる

相見積もりを行う

ファクタリング手数料を低く抑えるために是非とも活用したいのは相見積もりです。

相見積もりとは、複数のファクタリング会社に並行して相談し、それぞれからファクタリングの条件提示を受ける方法です。

複数のファクタリング会社の条件を比較できるため、最も良い条件のファクタリング会社を選択できるうえ、ファクタリング会社に自然と競争を促すことができるため、ファクタリング手数料も低くなる傾向にあります。

ただファクタリング会社に対して条件を交渉するよりも、相見積もりを行ったうえで条件を比較する方が、大幅な手数料減を期待することができます。

なお、相見積もりでファクタリング会社を比較する場合、以下のようなファクタリング会社がおすすめです。

▼三共サービス:標準のファクタリング手数料が業界最安水準

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング会社を相見積もりで選ぶ方法

 手数料水準の低いファクタリング会社

 

一括査定サービスを利用する

ファクタリング手数料を下げるうえでは相見積もりを行うことが非常に重要です。

そして、相見積もりと並行して行うことが効果的サービスがファクタリングの一括査定サービスの活用です。

一括査定サービスとはWEBを経由して、同時に複数のファクタリング会社に見積り・事前審査を依頼するサービスです。

一括査定サービスを活用すれば、ご自身に利用できる可能性の高い複数のファクタリング会社から条件提示を受けることができます。

相談のために入力する必要項目も最小限に抑えられ、かつ1回の入力で利用できるため時間もかかりません。そして、複数のファクタリング会社から同時に条件提示を受けることができるため、手数料の低い最適なファクタリング会社を見つけやすくなります。

 

資金調達プロ

ファクタリングの一括見積サービスなら資金調達プロ

資金調達プロはファクタリングの一括見積サービスを行う会社のなかでは特に知名度の高いサイトです。紹介可能な提携業者の数が多く、このなかから利用希望者に見合ったファクタリング会社を選択して連絡をくれます。

 申込はこちらから

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

債権譲渡登記不要の会社を利用

ファクタリング利用時にかかる費用は「ファクタリング手数料」だけでなく、「諸費用」も必要です。諸費用とはファクタリング利用にあたって必要となる実費の費用のことですが、このなかで特に大きな割合を占めるのは「債権譲渡登記」です。

ファクタリングの債権譲渡登記は2社間ファクタリング利用時に必要となる手続きであり、銀行から不動産融資を受ける際の「抵当権の登記」のような効果を持つものです。

債権譲渡登記はファクタリング会社にとっての保全となりますので重要な手続きですが、ファクタリング会社のなかには債権譲渡登記不要で利用できるファクタリング会社も存在します。

債権譲渡登記不要で利用できるファクタリング会社を選択すれば、諸費用を抑えて利用できますのでおすすめです。

 債権譲渡登記不要のファクタリング会社例

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

3社間ファクタリングを利用

ファクタリング利用者の大部分は2社間ファクタリングを利用します。

2社間ファクタリングとは売掛金を支払う取引先にファクタリング利用を通知しない方法であり、3社間ファクタリングは売掛金の取引先に通知する方法です。

3社間ファクタリングでは、売掛金の回収期日になると、売掛先からファクタリング会社に直接代金が支払われます。

2社間ファクタリングの利用が圧倒的に多い理由は「信用不安を抑制する」ためです。3社間ファクタリングのように、取引先に対して売掛金の売却について通知すると、取引先のなかには、銀行融資で資金調達できないほどに信用が悪化しているのではないかと不安に思うケースもあります。

取引先から信用に不安を抱かれると、以降の商取引に悪影響がでることもありますので、3社間ファクタリングは敬遠されることが多いのです。

しかし、2社間ファクタリングに比べて、3社間ファクタリングの方が手数料水準は低くなります。

そのため、信用不安が起こることのない取引先向けの売掛金であれば、3社間ファクタリングを利用した方が手数料水準は低く抑えることができるのです。

3社間ファクタリングを利用する

ファクタリング会社との交渉はできる?

ファクタリング会社の手数料を下げるための方法を4つご紹介しました。

前述の4つを実践すれば、自然とファクタリング手数料は下がっていく可能性が高いでしょう。しかし、この4つを実践するだけでは不十分です。

最後に、ファクタリング会社と直接交渉して手数料を引き下げる努力が必要です。

しかし、ただ単純に「ファクタリング手数料を下げて欲しい」と伝えるだけでは効果が期待できません。

ファクタリング手数料の交渉においてはポイントをおさえて、効果的に交渉する必要があります。以降では、ファクタリング会社との直接交渉を成功させるポイントを解説します。

交渉に最適な時期は?

ファクタリングの手数料交渉を行う時期も大切です。

時期を選ぶだけでも手数料交渉の成否は大きく変わります。そして、ファクタリング会社との交渉に適した時期は毎月の10~20日です。

ファクタリング会社には1月のなかでも相談・申込が増加する繁忙期があります。

特に申込が集中するのは月末・月初だと言われています。これは、一般的にファクタリングを利用する方の多くは、月末の資金繰りが足りないということが判明して大急ぎで相談していたり、銀行融資の審査に落ちて相談されるケースが多いためです。

当然、繁忙期にファクタリング会社に交渉しようとしても敬遠されます。ファクタリング会社としても、特別交渉せずに利用を希望する顧客がたくさんいる時期に、手数料交渉に真剣に取り組もうとは思わないためです。

そのため、ファクタリング会社との交渉は繁忙期が終了して、次の繁忙期が来るまでの中旬(10日~20日)に行うのが良いでしょう。

継続的な利用をアピールする

ファクタリング会社にとって優良な顧客であれば、ファクタリング手数料を下げてでも取引を獲得したいと思うでしょう。

それでは、ファクタリング会社にとって優良な顧客とはどういった方でしょうか。

それは、「継続的にファクタリングを利用する方」です。

単発の需要で一回だけファクタリングを利用する方よりも、定期的にファクタリングを申込してくれる方の方がファクタリング会社としても望ましいのです。

そのため、売掛金の発生が多く、定期的にファクタリングを利用するつもりであることをアピールしておくことが有効です。

まとまった金額で利用

少額のファクタリングであっても、大口のファクタリングであってもファクタリング会社にとってかかる手間暇は大きく変わりません。

売掛金の取引先数が多くなれば審査に手間はかかりますが、契約などの手続きはどちらも1回のみです。

そのため、ファクタリング会社にとっても大口のファクタリングの方が、効率的に商売ができるため望ましい取引となります。そして、大口のファクタリングの方がファクタリングの方が手数料を減額できる余地は大きくなります。

例えば、100万円の売掛金を5%の手数料で利用する場合、ファクタリング手数料は5万円です。

一方、同じファクタリング手数料率でも、買取金額が500万円なら、ファクタリング手数料は25万円(=500万円×5%)となります。この金額ならファクタリング手数料率が4%になっても手数料は20万円です。

ファクタリングはまとまった金額の売掛金を一括で利用する方が、ファクタリング手数料を下げる余地は大きくなります。

具体的な目標値を定めておく

ファクタリング手数料を下げる交渉を行う場合、欲張りすぎて低すぎる目標値を定めないことも大切です。

ファクタリング手数料は銀行融資などに比べて手数料水準は高く、利用者としてもできるだけ下げたいと思うのは当然です。

しかし、ファクタリングは銀行融資の審査に落ちた方や、緊急の資金調達に利用されることが多く、ファクタリング会社にとってもリスクの高い取引となります。そのため、ファクタリング手数料が銀行融資よりも高くなるのは仕方ありません。

欲張りすぎてファクタリング手数料を過度に下げようとすると、ファクタリング会社から利用を断られてしまうこともあります。

実現可能性の高い交渉幅は、3社間ファクタリングで0.5%~1%程度、2社間ファクタリングでも1~3%程度が限度だと考えた方が良いでしょう。

 

ファクタリング手数料の安い会社

ファクタリング手数料を抑えるうえで最も効果的なのは、そもそも手数料水準が低いファクタリング会社を利用することです。

しかし、ファクタリング会社にはたくさんの選択肢があります。ここでは、当サイトでおすすめする手数料水準の低いファクタリング会社をご紹介します。

是非、ファクタリング会社選びの参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

三共サービス

手数料水準でファクタリング会社を選ぶなら三共サービス

 ファクタリング手数料が最も安く、必ず選択肢に含めておきたいファクタリング会社は「三共サービス」です。(三共サービスを利用できるのは法人企業のみとなります。個人事業主は、2位のビートレーディング・3位のMSFJをご覧ください)

 三共サービスのおすすめ度:SS+

 

三共サービスの特徴

三共サービスは、業歴も19年(2020年2月時点)と長く、ファクタリング専門会社としての強み・実績が豊富にあります。

三共サービスのファクタリング手数料は以下の通りです。

3社間ファクタリングで、1.5%~

2社間ファクタリングでも5.0%~

これは、他のファクタリング会社と比較しても、かなり低く、ファクタリング業界でトップレベルに低い水準と言って良いでしょう。

ファクタリング会社を比較するうえで、やはり重要なポイントになるのは「ファクタリング手数料の水準」でしょう。更に、三共サービスは、全国対応、出張買取りが可能なファクタリング会社です。全国どちらの企業でも相談が可能です。

なお、三共サービスではスピード査定が可能ですが、買い取りに要する期間は、最短で2営業日です。

スピードが速く、即日資金調達可能を謳うファクタリング会社に比較すると、その点のみがデメリットとも言えます。

三共サービスが選ばれる理由

三共サービスへのご相談・申込

三共サービスへご相談するには、下記のサイトリンクから公式ホームページに移動してください。

 申込はこちらから

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

*三共サービスは無料で相談・見積もり出来ます

そして、移動後すぐに表示されるページにて、「WEBで申し込み」を選択(クリック)してください。

お電話の際には、画面に表記されている「お問合せコード(アルファベット3文字)が必要となりますので、ご確認のうえお電話してください。

WEB申込時に表示される「8項目程の項目」に入力して送信すると、追って担当者から連絡が来ます。お急ぎの場合や、翌日になっても電話連絡が来ない場合は、こちらから電話確認するのが良いでしょう。

ファクタリングの関連記事

 三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

 

ビートレーディング

知名度・実績でファクタリング会社を選ぶならビートレーディング

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング会社です。他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ています。口コミ情報や、利用者の感想なども豊富にあるので、安心して利用しやすいのが特徴です。

おすすめ度:S

 ビートレーディングの特徴

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあることから、安心して利用できるのが特徴です。

ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、知名度の高い優良なファクタリング会社です。

さらにビートレーディングは、他のファクタリング会社に比較して、法人企業・企業規模・個人事業主に関わらず、ファクタリングを利用できるメリットがあります。

「個人事業主」や、「小規模の企業」のファクタリングは取扱っていないというファクタリング会社もいます。それに対して、ビートレーディングは、大抵の企業や、個人事業主が利用できるファクタリング会社です。

ビートレーディングのファクタリングの特徴を整理すると以下となります。

①日本全国ファクタリング可能

②無料のスピード査定可能

③ファクタリング会社としての認知度No1

④契約件数全国トップクラス(同社調べ)

⑤ファクタリングの顧客満足度No1(同社調べ)

⑥小口から大口までのファクタリングに対応

⑦個人事業主、法人のどちらも利用可能

⑦2社間ファクタリング可能

知名度・実績のあるファクタリング会社をお探しなら「ビートレーディング」がおすすめです。

 

ビートレーディングへの相談・申込

ビートレーディングでは、5分程度でのスピード査定を依頼することが可能です。

もちろん、スピード査定、見積もりは無料です。相談するにあたっては、以下のリンクから公式ホームページに移動してください。

 申込はこちらから

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

公式ホームページに移動後、「急を要する場合」でなければ、「WEBからのお問合せ」がおすすめです。

「WEBからのお問合せ」をクリックしてください。

その後表示される10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、内容に沿った担当者から折り返しの連絡がもらえます。

ファクタリングの関連記事

 ビートレーディングのファクタリングサービスをご紹介

 

MSFJ

手数料水準と利用しやすさでファクタリング会社を選ぶならMSFJ

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。

さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

おすすめ度:A

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であり、業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用しやすいことです。MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。

このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

MSFJへの申込・相談

MSFJへの相談は以下のリンクから公式ホームページに移動します。

 申込はこちらから

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ビジネスローンも活用

なお、ファクタリングで資金調達するためには、商取引で発生した売掛金を保有していることが必須の条件となります。

それも、個人事業主や、自営業者などの売掛金は原則不可であり、法人向けの売掛金が必要です。

しかし、売掛金があまり無く、ファクタリングを利用できないという経営者も少なくないでしょう。

こういった時には、ビジネスローンがおすすめです。

ビジネスローンであれば、売掛金が無くても資金調達可能ですし、短期資金だけでなく、1年以上の中期資金を調達することも可能です。また、ビズネスローンも最短で即日から、2~3営業日程度での資金調達が可能です。

 申込はこちらから

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

まとめ

以上のようにファクタリングの手数料の計算方法とファクタリングの原価を中心に説明してきました。

ファクタリングの手数料の計算方法はシンプルで、売掛金の額面金額と、手数料率、掛け目が分かればすぐにわかります。

予想するのが難しいのが手数料率で、債権の質と利用者の信用によって決定されます。

また、ファクタリング会社側の事情としてファクタリングにかかる原価という要素も存在しています。

もちろん原価以下の金額でファクタリングするとファクタリング会社は損をしてしまうので、通常は原価を下回る手数料でファクタリングすることはありません。

ファクタリングの手数料を抑えたい場合は、ファクタリングに掛かる原価を加味した上でファクタリング会社が了承しやすい条件を提示する必要があります。

例えば、売掛金の回収リスクが少ない売掛金の方が手数料は少なくなりますし、売掛金の額面が大きい方がファクタリング会社の利益額も大きいので手数料交渉がしやすくなります。

また、取引を重ねてファクタリング会社との間の信頼関係を構築することも重要です。

 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG