銀行や消費者金融から既存借入があっても住宅ローンの審査には通る!?

住宅ローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

住宅ローンを借入したいと考えている方で、既に銀行や消費者金融から借入がある方に必見の話題です。既に銀行や、消費者金融からカードローンや、マイカーローン、教育ローンなどを借入しているけども、「既存の借入があると、住宅ローンの審査には通らないのでは?」と懸念している方はいますよね。

 

結論を言えば、既存借入があっても住宅ローンを借入することはできますし、実際に消費者金融から借入していても審査に通ったという方はたくさんいます。しかし、知らないと損したり、住宅ローン審査に落ちてしまう重要なポイントがあります。

銀行・消費者金融から借入があっても住宅ローンを借入できるためのポイントを説明します。

 

 

嘘の申告は絶対駄目


「銀行や、消費者金融から借入があっても住宅ローン審査に通るか」が話題にあがると、「既存借入があること」を銀行に言わずに、住宅ローンの借入申込をすれば良いと考える方もいます。「他社でいくら借入しているか」なんて、言わなければ解らないだろうと言う訳です。

 

しかし、嘘の申告や、借入があるのに黙っているのは絶対駄目な、やってはいけない対応です。

銀行相手に既存借入額の嘘を付くことはNGです。銀行の住宅ローン審査においては、借入申込人の既存借入額は、簡単に調査することができ、高い確率で嘘がばれます。

 

「個人信用情報」という言葉を聞いたことがありますか?

個人信用情報とは、「お金を貸す」金融機関同士が情報を提供しあって、借入申込人の審査を正確に行えるようにするための制度です。つまり、金融機関から借入している借金の情報は、他の金融機関に提供されています。金融機関同士で相互に情報が提供され、個人毎の借入状況は細かく解るようになっているのです。

そのため、銀行に嘘を付こうとしてもばれます。

 

そのうえ、銀行は「嘘を付く」借入申込人を嫌います。当然ですよね。嘘を付いて、銀行から借入しようとする人は「詐欺」と言われてもおかしくありません。そんな方に、お金を貸したくはありません。銀行の審査では、借入申込人の「信用」を調査しています。嘘を付く方には「信用」が無いと評価されてしまいます。

既存借入の状況で嘘をつくと、銀行の住宅ローン審査には落ちる可能性が高くなると覚えておきましょう。

 

なお、個人信用情報では、既存借入の残高だけではなく、どういった借入か(カードローン、証書貸付など)、いつ借入したのか、延滞していないかどうか、自己破産などの履歴がないかといった情報まで判明します。

 

 

既存借入があっても通る?


銀行に正直に既存借入額を申告して、そのうえで住宅ローン審査に通ることは可能でしょうか。結論から言えば、既存借入があっても、住宅ローンを借入することは可能です。銀行からの借入だけでなく、消費者金融からの借入があっても、もちろん審査に通ることは可能です。

 

但し、いくら借入があっても良いということではありません。

借入残高や、借入件数、支払い状況などの影響は受け、借入が多すぎれば審査に通らなくなります。当然、既存借入が無い方が、住宅ローン審査に通りやすいことも間違いありません。少なからず、住宅ローン審査にマイナスの影響はあります。

 

あくまで、銀行や消費者金融から借入があっても、住宅ローン全く通らなくなると言うことは無く、審査に通る可能性はありますということです。

 

 

借入先によっては駄目


実際、私が働いていた大手都市銀行の住宅ローンの審査基準では、既存借入があっても審査通過は可能でした。決して、借入があるからと言って、即駄目ということはありませんでした。但し、既存借入が「闇金」などの場合は、即審査で駄目ということもあります。

 

闇金から借入する方とは、「通常の銀行や消費者金融から借入できなかった」方であり、かつ、高利の借入をしているため、将来的に破綻する可能性の高い方となります。そのため、闇金から借入している方の場合、住宅ローンの借入は難しくなります。

 

 

借入件数が多いと駄目


多くの銀行の住宅ローン審査では、「借入件数」で制限を設けているケースが多いでしょう。例えば、銀行や、消費者金融からの借入があっても、住宅ローンの借入は可能だけれども、既存借入は3件までで、4件を超えていたら即審査が落ちるなどです。審査基準は、銀行毎に異なりますが、借入件数は34件程度を上限にしている銀行が多いと思われます。

 

 

審査に通った方は沢山いる


実際、銀行・消費者金融からの借入があっても、住宅ローン審査に通った方はたくさんいます。住宅ローン審査に関する口コミ情報や、評判も確認していますが、実際に、既存借入があっても住宅ローン審査に通ったという方はたくさんいます。

 

特に、公的な機関(住宅金融支援機構)が貸出を行う「フラット35」や、地方銀行の住宅ローンの審査基準の方が、既存借入に関して緩いと言われています。実際、銀行・消費者金融の既存借入があっても、フラット35や地方銀行住宅ローンの方が借りやすいと言って良いでしょう。

もし、既存借入があって住宅ローンの申込が不安、または既に大手銀行などの審査に落ちてしまったという方は、フラット35や、地方銀行の住宅ローンに相談してみるのがおすすめです。

 

楽天銀行フラット35
▼申込はこちら▼
住宅ローン フラット35は楽天銀行 借り換え

 

但し、大手都市銀行の住宅ローンや、ネット専業銀行でも借入は可能ですし、実際に審査に通った、借り入れできたという口コミ情報もたくさんあります。

 

 

審査に通るためのポイント


銀行や、消費者金融からの借り入れがあっても、住宅ローンの借入は可能です。但し、全く審査に影響しないわけではありません。既存借入が無い方が審査に通りやすく、借りやすいことは間違いありません。

 

では、既存借入があることが、住宅ローン審査にどう影響するのか、そのうえで住宅ローン審査にどう対処するのが良いかを説明していきましょう。

 

 

借入件数が多いと駄目

カードロ―ンによる借入を1件しているだけなら、それほど審査に影響しません。特に、借入残高が無く、カードローンの契約だけをしている場合なら、ほぼ影響はありません。

 

しかし、カードローンの契約件数が3件以上あり、多少でもカードローンで借入していると審査に影響します。銀行の住宅ローン審査では、34件を借入件数の上限としているところが多く、それ以上の借入の場合、審査に通過しにくくなります。

 

 

完済条件で審査してもらう

既存のカードローンの借入件数が多いと住宅ローン審査に通りにくくなるのは前述の通りです。但し、この時、銀行への借入申込で正直に既存借入を説明して、相談することで、「解約条件」・「完済条件」を付けて住宅ローンに借入申込できる場合もあります。

 

つまり、既存のカードローンの借入件数・金額などの状況を説明して、既存借入全件を完済する前提で審査してもらうのです。それで住宅ローン審査に通った場合、既存借入を約束通り完済して、各銀行・消費者金融から「完済証明書」を発行してもらいます。

受け取った完済証明書を、住宅ローン申込している銀行に提出することで、正式に借入できるようになります。この方法であれば、住宅ローン審査の結果が解るまで、カードローンを解約しなくて済むというメリットがあります。

 

完済条件が認められない場合、住宅ローンを借入するためには、カードローンを完済・解約してから借入申込することになります。完済したからと言って、必ず審査に通るとは限りません。そのため、カードローンは解約して全額返済したのに、住宅ローンも借入できなかったという最悪の状況になる可能性もあります

 

解約条件付きで住宅ローンを申込みできれば、こういった危険を避けることができます。

 

 

借入可能額が減少する

既存借入を残したまま、住宅ローン審査に通って借入する場合、審査には通ったけども、借入可能額が減少されるというケースもあります。

 

既存借入がある場合、無い場合に比べて、住宅ローンの借入可能額は少なくなる可能性があります。住宅ローンの借入可能額は、年収のうちの一定割合を返済原資として、逆算することで計算されます。一定割合は、銀行毎に定められていますが、3035%としているところが多くなります。年収から計算上の返済可能額を定め、借入可能額を計算する方法であり、この比率を「返済負担率」と呼びます。

 

この時、既存借入がある方は、年収から計算する返済可能額から、既存借入に対する返済額を控除します。控除する分、住宅ローンの借入可能額は減少します。

 

年収500万円の方を例とすると、返済負担率35%で計算すると、年間返済可能額は175万円(=500万円×35%)となります。既存借入がなければ、年間返済可能額175万円を前提に、住宅ローンの借入可能額を計算します。

 

一方、既存借入が100万円(カードローン限度額)の場合、借入限度額の10分の1を年間返済額と見なします。つまり、10万円です。住宅ローンの借入可能額を計算するための返済可能額は165万円(=175万円―10万円)となります。

既存借入があっても住宅ローンは借入できるけど、既存借入があると、住宅ローンの借入可能額は減少する可能性が高いということになります。

 

<関連記事>

 

 

解約した方が良い?

カードロ―ンには、借入限度額の範囲内で借入・返済を反復して行うことができるメリットがあります。お小遣いが不足した月など、少しの借入でも便利に行うことができる使い勝手の良い借入商品です。そのため、住宅ローンを借りると言っても、カードローンは解約せずに残しておきたいという方もいるでしょう。

 

一方、住宅ローンの金利は20182月現在、金利優遇後1.0%未満でも借入出来る程低金利です。お金を、お得に借りることを優先するなら、カードローンで借入しているよりも、住宅ローンで少しでも多く借入出来た方が得になります。金利から考えれば、住宅ローンの方が断然お得です。

 

 

住宅ローン借入後に利用


カードロ―ンは一旦解約しても、住宅ローン借入後に再度借入することもできます。住宅ローン借入時に、「完済条件」を付けて、住宅ローンを借入すると、その後、カードローンに再度借入申込して、契約するのは問題があるような気がしますが、そんなことはありません。

 

住宅ローンでは、借入時に条件が付いたとしても、その後、住宅ローンを借入した後に、もう一度カードローンを借入することに問題はなく、条件違反にもなりません。銀行によっては、住宅ローンの利用があることで、カードローンの金利を低く抑えて借入できることもあります。

そのため、住宅ローン借入時に一旦解約しておいて、その後、無事借入が終わってから、再度カードローンに申込・契約しなおす方法もあります。

 

<関連記事>

 

 

住宅ローンの申込なら


これから住宅ローンの借入申込を行うなら、低金利で、既存借入があっても審査に通る可能性のあるネット専業銀行がおすすめです。

 

ネット専業銀行で住宅ローンを借入申込する場合、店頭・対面で相談できるネット専業銀行と、インターネット経由のみで行うネット専業銀行があります。対面で相談するなら、住信SBIネット銀行、インターネット経由なら楽天銀行の住宅ローンがおすすめです。

 

▼ 対面で相談できる銀行なら

住信SBIネット銀行「MR.住宅ローンREAL」
ネット銀行の低金利と対面の安心感

 

▼ WEB経由で申込するなら

楽天銀行住宅ローン
▼ご相談はこちら▼

 

 

まとめ


銀行や、消費者金融からの既存借入があっても、住宅ローンは借入することができますし、実際、審査に通ったという方の口コミなど多数あります。

 

但し、既存借入のカードローン件数は3件程度を上限としていることが多く、それを超える借入があると、審査に通らないという銀行もあります。だからと言って、住宅ローンの借入申込時に、既存借入の状況で嘘をついてはいけません。

 

なお、銀行、消費者金融のカードローンがあっても、住宅ローンを借入することはできますが、借入額が減少したり、マイナスの影響はあります。また、既存借入が無い方が、審査に通りやすいことも間違いないでしょう。

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

<関連記事>

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

住宅ローン
住宅ローンの最大借入可能額は!? 元住宅ローン担当者が銀行が使う「年収倍率」と「返済負担率」を教えます

住宅ローンでいくらまで借入ができるのかを教えます。銀行で行っている計算方法です。

住宅ローン
2018年4月 住宅ローン金利・諸費用の比較ランキング

2018年4月に借入する場合に適用される「主要行の住宅ローン金利・諸費用」など整理・比較したランキン …

住宅ローン
住宅ローンの10年固定金利の借入はおすすめ?変動金利との選択に迷ったら確認して欲しいこと

住宅ローンを借入する時、選択しないといけない重要なものに、「変動金利」と「固定金利」のどちらを利用す …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。