勤務先に借入がばれる!!カードローンを申し込むと行われる在籍確認とは?

銀行のホームページなどでもあまり大きく記載されていないため、見落としがちなのですが、カードローンを申込むと在籍確認というものが行われます。在籍確認は大部分の金融機関で採用されている審査過程であり、必ずと言って良いほど行われます。

 
よく理解しておかないと、急に在籍確認が行われて焦ってしまったり、職場で気まずい思いをすることもあり得ます。

 

 

在籍確認とはなにか?

銀行のカードローンを申し込むと行われる在籍確認ってどういうものか、ご存知でしょうか。まずは、基本的なことからご説明いたしましょう。
 
在籍確認とは、文字通り申込者が勤務先として申告された会社で、「本当に勤務しているか」、「会社に在籍しているか」を銀行が確認することです。在籍確認は銀行などの金融機関から借入申込人の勤務先に電話をかけて行うのが一般的です。
 
カードローンでは、担保や保証人を取らないため、申込人自身の信用にお金を貸すことになるため、せめて、重要な勤務状況くらい、嘘をついていないか直接したいというためのものです。

 

在籍確認は必ず行われるのか?

在籍確認は100%ではありませんが、原則行われます。在籍確認自体を不要にしている金融機関はまれです。しかし、在籍確認を電話以外の方法で行う場合や、申込人の状況・信用・提出書類の内容に応じて、電話による在籍確認を不要とするケースはあります
 
そして、在籍確認の電話が行われないケースとしては、
①そもそも在籍確認をおこなわないことを宣言している金融機関、
②申込金額が低いため必要としない、
③提出書類で十分に確認ができたので不要と判断、
 
といったケースがあります。これらの在籍確認の要否は銀行ごとの個別判断であったり、担当者の判断で行われます。
 
カードローンの申込に在籍確認は必要か?

 

 

在籍確認では何が行われるのか?

やはり心配なこととして、在籍確認が行われることで、職場に借入がばれるんじゃないかということがあると思います。
 
カードローンや、キャッシングを利用して銀行などから借入を行うことは悪くありません。しかし、借入は個人的なことであり、必要以上に周囲の方にばれるのは嫌なものです。絶対に知られたくないと考える方も多いでしょう。

 

在籍確認が行われることで職場で借入がばれるのかは、在籍確認でなにが行われるのかを知ることで確認できます。銀行が行う在籍確認の順序を、以下でご説明いたします。

 

①金融機関から勤務先に電話がかかってきます。

原則、借入申込時に申告した勤務先に電話連絡されます。

 

 

②電話応対者に対し、申込人への取次が依頼されます。

希望すれば、個人名で電話してくるなど、勤務先にばれないように気は使ってくれます。現在は、情報漏洩や、個人情報保護についても厳格ですので、安易に勤務先に借入がバレるような発言はしません。

 

 

③申込人に電話がつながると問題なし

在籍していることが確認できると原則それで問題なしです。電話では、本人確認や、申込の意思確認(別人が嘘で申込していないことの確認)程度が行われます。

 

 

④本人がいなかった場合は、応対者に確認される
外出などで電話に出られなかった場合は、応対者に、申込人が在籍していることを確認するか、もしくは、あらためて時間を変えて電話してきます。
 
基本的には、その会社に在籍していることを確認するのが目的ですから、在籍していることが解れば、目的は果たされてことになります。
 

専業主婦が申込人の場合

専業主婦がカードローンの申込を行う場合、「勤務先」という考え方がないので、銀行からは専業主婦である申込者本人の携帯電話に電話が掛かってきます。この電話で、申込意思の確認と、本人確認が行われます。

 

専業主婦に対する在籍確認は原則以上です。

 

配偶者である夫の職場に対して無断で在籍確認が行われることはありません。

 

審査でどうしても必要という場合には、夫の職場に在籍確認が行われる可能性はありますが、その場合は必ず申込人である主婦に在籍確認を行って良いかどうかの確認があります。無断で行われることはありません。

 

専業主婦もカードローンの申込が可能

 

<専業主婦のカードローン申込に関する関連記事>

 専業主婦がお金を借りる方法

 専業主婦のカードローン借入限度額

 

 

パートや、アルバイトでも連絡はある

パートやアルバイトの収入を返済原資として、カードローンの借入申込をすると、そちらへの在籍確認が行われます。パートやアルバイトだからと言って在籍確認が不要になるということはありません。
 
実際の在籍確認で行われる内容自体は、前述の内容と同様です。
 
在籍確認は、正社員だけへのものではなく、パート、アルバイトにも行われます。
 
 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

 

 

在籍確認なしで借りる方法はないの?

カードローンに申込する方のなかには、絶対に在籍確認の電話が嫌だと言う方もいます。
 
また、可能であれば出来るだけ在籍確認無しで済ませたいと思われる方は少なくないでしょう。カードローンの借入で、在籍確認は無くす方法は、以下の点が考えられます。
 

  • 在籍確認不要の金融機関に申し込む
  • 提出書類で代用してもらうように交渉する

 
それでは、順番に説明いたします。

 

 

電話連絡不要なカードローン

在籍確認を行うかどうかは、申込を行う銀行や消費者金融などのカードローン取り扱い者ごとのルールで異なります。
 
しっかりとした銀行や消費者金融であれば、申込者に対して、無断で在籍確認を行うことはありませんのでよく確認する必要があります。

 

また、在籍確認の電話が嫌だと言う方は、事前に銀行や消費者金融のコールセンターなどのお問合せ先に電話して、在籍確認を避けたい旨を相談すると対応してもらえる場合もあります。

 


 
なお、在籍確認の電話を避けたいと考える方に、得におすすめしたいのが消費者金融の「SMBCモビット」です。
 
SMBCモビットには、「WEB完結」というサービスが用意されています。SMBCモビットのWEB完結サービスは、「電話連絡なし」でカードローン申込を完結できる、大変便利なサービスです。
 
WEB完結サービスでは、電話連絡や、郵送なしで、WEB上の手続きのみで申込ができるサービスになっています。SMBCモビットならではのおすすめのサービスですので、是非、活用されてみてはいかがでしょうか。

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

<関連記事>

 SMBCモビットなら電話連絡不要で知られずに申込できる

 電話連絡なしを希望ならSMBCモビットのカードローンがおすすめ

 

 

まとめ

少額での借入なら、在籍確認されない可能性もあります。原則は、どこの金融機関でも、在籍確認する可能性があることを明記しています。
まずは電話確認不要なカードローンへ申し込む(SMBCモビットのWEB完結申込など)のがおすすめです。
 
それでも駄目なら、アコムなど、在籍確認に代えて、書類確認してもらえる可能性のある消費者金融に交渉されてみてはいかがでしょうか。
 

 

 

 

 

<関連記事>

 プロミスで即日借入する方法

 静岡銀行なら専業主婦も借入可能!

 アイフルのカードローン、メリット・デメリット

 アコムカードローンの強み・弱み

 

▼カードローンのご案内  

 

 
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG