失敗しないためにアコム カードローンの「強み」・「弱み」を調べました!!借りる前に知っておきたい最低限

銀行カードローンや、消費者金融から借入するのに、どこで借入するのが最もお得なのかを知っておきたいですよね。
借入するのに良い先、悪い先というのは、それぞれの借入人毎の事情に応じて変わってきます。
そのため、どこから借りるのが良いかは、借入先を「深く理解」して、ご自身の状況に照らし合せて選ぶしかありません。
今回は、アコムのカードローンについて、「強み」、「弱み」の観点から、徹底的に調べました。
アコムの「強み」「弱み」を理解すれば、ご自身に適した借入先かどうかが解ります。アコムは消費者金融の大手ですが、強み、弱みを知らずに契約すると失敗するかもしれません。

カードローンでの借入を考えている、カードローンを追加で持ちたいという方は、申込前に、是非、一読いただければ幸いです。

 

カードローンとは?

カードローンとは、銀行や消費者金融などが提供している個人向けの借入商品です。

カードローンは一度申込して契約しておけば、借入限度額の範囲内で、いつでも自由に借入、返済ができる商品です。

そのため、いざという時に備えて、予備的にカードローンを契約しておくという方も少なくありません。

 

カードローンには年会費や、初回手数料といったものがありません。

必要となる費用は借入期間、金額に応じて発生する金利のみです。

そのため、予備的にカードローンを契約しておいても費用はかかりません。

 

また、カードローンは審査時間も短いため、緊急で借入が必要になった方にも利用されることが多い商品です。

 

特に、アコムなどの消費者金融であれば、申込日当日に審査結果がでて即日で借入できるものもあります。

アコムでは審査時間は最短30分といわれていて、カードローンのなかでも最もスピードが速い商品の1つとなっています。

 

アコムカードローンの概要

最初にアコムがどういった借入先なのかから確認してみましょう。

アコムは言わずと知れた、「大手消費者金融」の1社です。
そして、もっとも重要なのは、三菱UFJフィナンシャル・グループの一員になり、大手消費者という以上に、大手金融グループの一員になったことです。

 

消費者金融のカードローンを利用する時に、良く聞かれる質問として「消費者金融って怖くない?」、「返済が出来なくなったときの催促・取り立てがきつくないか?」というものがあります。

やはり、一般的に「消費者金融」という会社のことが知られていないため、こういった不安を感じる方は少なくないようです。

 

その点、アコムように大手銀行グループの会社は安心できます。

大手銀行のコンプライアンスは全業種のなかでもトップクラスに厳しく、違法な行為は限りなく少ないのです。

 

なお、現在は政府の貸金業者に対する規制や、法律も厳しくなっています。

特に、貸金業法といわれる法律が改正されてからは、この傾向が顕著です。そのため、貸金業者としての正規の登録、免許を受けている業者は安心して利用できます。

アコムはもちろん、その他の消費者金融でも正規の免許を受けているところであれば、安心して利用できますので、免許の有無を確認するようにしておきましょう。

 

アコムのカードローンの最大借入可能額は800万です。

といっても、アコムのような消費者金融・貸金業者から、個人が無担保で借入する場合、法律(総量規制)による規制によって、年収の3分の1を超えて借入することはできません。

つまり、最大800万円まで借入可能といっても、この金額を実際に借入できる方は、年収2,400万円以上の方です。

 

正直、そんな高年収の次元の話はここでは関係ありません。

アコムは一般的な方が借入申込するうえでは十分すぎる上限額を設定していますので、商品的に借入可能金額の上限が低くて不足ということは無いでしょう。

 

アコムで借入する場合の、2020年4月現在の適用金利(実質年率)は3.018%です。

100万円以上を借入(借入限度額)するなら、適用金利は3.0%~15%の範囲で審査結果に応じて金利が決定されます。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

アコムに借入申込できる方

アコムのカードローンから実際に借入するためには要件を満たして審査に通過する必要があります。ここでは、アコムの審査に通過するための基準について確認します。

 

年齢の要件

借入申込できるのは、「20歳~69歳までの安定収入と返済能力を有する方」です。審査基準を充足しないと、アコムのカードローン審査に通過出来ません。

アコム審査の安定収入とは?

アコムの審査基準で重要なのは「安定収入と返済能力」の部分です。

アコムのカードローン審査で言われる「安定性」は、「毎月継続して収入がある」状態を指します。

そのうえ、収入の金額の変動が大きい場合、「安定」とは言えなくなります。

そして、アコムの審査では、安定性はさらに以下の2点で判断されます。

  1. 雇用形態
  2. 勤続年数

以降では、それぞれの判断基準や、ポイントについて説明していきます。

①雇用形態による安定性

給与所得者(正社員、契約社員)は、審査では安定していると見なされます。

派遣社員や、契約社員は、やや安定性が劣りますが、実際に「毎月の収入が継続している」と安定性があると見なされる雇用形態です。

アコムのカードローン審査でも、派遣社員・契約社員の方は、借入できる可能性が十分に高いと言えます。

パート・アルバイトの方は、審査基準からは安定性が低いと見なされがちですが、パート・アルバイトの方も、アコムの審査では、実際の給料が、毎月安定して得られていれば、安定性があるものとして、審査通過が期待できます。

②勤続年数による安定性

「勤続年数」から判断する安定性もあります。

アコムのカードローン審査では、正社員でも、勤続年数が短いと、「安定していない」と見なされ、逆に、アルバイト・パートでも、勤続年数が長ければ、カードローン審査で安定性が高いと見なされます。

「安定している」と判断できる「勤続年数」は、カードローン各社で基準が違います。

アコムのカードローン審査で求められる勤続年数は、最低でも「36ヶ月」程度と考えられます。正社員なら3ヶ月程度で安定性が認められ、アルバイト・パートは6ヶ月程度です。

もちろん、アコムの審査でも、より長い勤続年数であれば、借入限度額が増加したり、金利が低下するといった効果が期待できます。

 

カードローンの関連記事

>>アコムカードローンの申込方法や審査基準

 

アコムの強み・長所

今回のメインテーマであるアコムのカードローンの強み・長所を整理していきましょう。アコムカードローンには以下のようなメリットがあります。

強み・メリット①30日間無利息

アコムをはじめて契約する方は、最大30日間の金利が「ゼロ」となります。

つまり、アコムなら最大30日間、ただで借入できる強みがあります。30日間無料であれば、短期的な必要、例えば、給料日前の数日間の借入などには十分です。

 

注意するのは、アコムの場合、「契約日の翌日から30日」ということです。

借入してから30日間ではないことに注意が必要です。

アコムのカードローン契約を済ませてから、1ヶ月経って借入すると、せっかくの強み・メリットの30日間の無利息サービスは受けられなくなります。

 

なお、せっかくならきっちり30日間の無利息サービスを利用したいという方はプロミスがおすすめです。

プロミスでは初回借入日から30日間の無利息サービスを提供していますので、カードローン業界のなかでも無利息サービスが最もお得と言われています。

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

アコムなら30日間無利息で借入ができる

 

強み・メリット②審査が速い

アコムでは、借入申込・審査・契約手続きといった、借入までのスピードが非常に早いことが強みです。

アコムのカードローンで借入申込するには、店頭窓口、自動契約機、インターネット、電話から、選んで申込することができます。

 

アコムの場合、特に、インターネット申込が、混雑も少なく、スムーズに借入申込できるのでおすすめです。

アコムはこういった申込への審査回答が早く、最短30分で回答を得られるという強みがあります。

つまり、アコムでは借入申込してから、実際に借入できるかどうかの待ち時間が少なく、時間を無駄にせずに済むというメリットがあります。

 

強み・メリット③即日融資可能

アコムのカードローンなら即日借入できる可能性が高くなります。

申込~審査結果の回答までの時間は最短30分と、カードローン業界のトップクラスの早さです。

 

アコムの場合、インターネットからの手続きで24時間振込してもらうことが出来るという強みがあります。

また、現金での借入でも、アコムでは自動契約機の稼働時間内(21時)なら、借入用カードを受け取って、店頭、コンビニの提携ATMから借入できるという強みがあります。

 

カードローンの関連記事

>>アコムで即日融資を受けるための申込方法

 

なお、2019年2月から、銀行カードローンの即日融資は困難になっています。

銀行カードローンは、これまで過剰に融資を行っていると批判を浴び、自主規制の一環として、即日融資を抑制することになったのです。

 

そのため、2020年現在、即日融資を受けるためには、アコムのような消費者金融のカードローンを利用する必要があります。

カードローンの関連記事

>>銀行カードローンの自主規制とは?

 

強み・メリット④土日祝日も借入可

土日祝日は、アコムの店頭窓口は営業していませんが、インターネット申込や、自動契約機から申込して、「土日のうちに」借入できるというメリットがあります。

 

つまり、アコムなら土日祝日でも、「即日借入できる」可能性が高いという強みがあります。
土日祝日に、急にお金が必要になると、かなり困ってしまいますが、アコムならそういった場合にも対応可能です。

カードローンの関連記事

 アコムで即日融資を受けるための申込方法

 アコムカードローンで土日・即日融資を受ける方法

 

強み・メリット⑤借入限度額が大きい

アコムカードローンでは、最大の借入限度額は800万円です。

銀行や、消費者金融のカードローンのなかでも、アコムのカードローンの借入限度額の規模はカードローン業界の中でもトップクラスにあると言え、アコムの大きなメリットになっています。

できるだけたくさん借りたいという方には、アコムがおすすめのカードローンとなります。

 

なお、2020年現在、銀行カードローンは、非常に厳しく自主規制に準じるようになっています。

総量規制の影響を強く意識してカードローンを運営しているため、銀行カードローンでも総量規制を越える借入は難しくなっています。

審査基準の厳しさから考えれば、むしろ現在は消費者金融で借入した方が、大きな金額を借り入れできる可能性が高くなっていると言って良いでしょう。

 

強み・メリット⑥安心感

アコムは三菱UFJフィナンシャル・グループの一員という強み・メリットがあります。

審査に通過しやすそうな消費者金融で借入したいけど、「消費者金融って怖くない?」、「消費者金融から借りるのがなんとなく不安」と言う方にも、アコムなら安心して借入できる強み・メリットがあります。

 

大手銀行グループであれば、グループ各社を含めて、「法令順守」に厳しく、また、世間の風評やブランドイメージを大切にしています。

そのため、法令違反や、問題になるような行動を行う可能性は極めて低いでしょう。アコムには、大手銀行グループという、安心感と強みがあります。

 

強み・メリット⑦審査

アコムでは、アルバイトやパート、勤続年数が6ヶ月未満といった方で、銀行カードローンでは、「審査に通りにくい」と言われる方でも、審査に通過できる可能性があります。(あくまで審査は個別要因によりますので可能性ということですが・・)

 

カードローン審査に自信が無い、不安という方なら、アコムのカードローンに借入申込することで、借入できる可能性が、高くなることが期待できます。

 

アコムカードローンの弱み・デメリット

逆に、アコムの弱み、デメリットも整理しておきましょう。強みだけでなく、弱み・デメリットも理解したうえで申込するカードローンを決定しましょう。

弱み・デメリット①金利が高い

やはり、アコムの金利は、銀行カードローンに比べると高めに設定される弱みがあります。
銀行カードローンに比べれば金利が高くなる

消費者金融の他社カードローンの金利と比べると、アコムの金利設定は平均並みで遜色ありません。

消費者金融業界のなかでは、アコムの金利水準は並みから低めといったところでしょう。

 

しかし、銀行カードローンと比べると、やはり金利は割高です。

銀行カードローンの金利は、大抵、15%未満で設定されていますので、アコムの場合、3%程度、高くなる可能性があります。

 

消費者金融のカードローンは、銀行に比べて審査に通過しやすい傾向がある分、金利が少し高くなるといったデメリットがあります。

審査に通りやすいカードローンを選ぶのか、金利が低いカードローンを選ぶのかは利用者ごとの状況に応じて選択する必要があります。

 

但し、アコムでも、100万円以上の借入をする場合の借入金利は、3%~15%の範囲内となりますので、100万円以上の借入をするなら、それほど金利差は大きくありません。

なお、審査には自信があるので、金利が低いカードローンを選びたいという方は以下がおすすめです。

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

弱み・デメリット②総量規制

アコムを含めた消費者金融は、総量規制による制限の対象となります。

総量規制とは、個人が無担保で借入する場合の上限額を、「年収の3分の1」に制限する法律です。

カードローンの関連記事

 消費者金融からの借入に影響する総量規制とは?

 

総量規制は貸金業法という法律の一部であり、貸金業法は消費者金融や、信販会社、クレジットカード会社などを規制するための法律です。銀行は貸金業法の対象外です。

 

アコムなどの消費者金融が総量規制の制限をうける一方で、法律上は、銀行は総量規制の対象外となります。
そのため、以前は、銀行のカードローンなら、年収の3分の1を超えて借入できる可能性があると言われていました。
そのため、アコムから借入できる金額は、銀行に比べると少なくなる可能性があるという弱み・デメリットがあったのです。
但し、近年、銀行カードローンでも、自主規制を強化する動きが強くなっており、法律上の制限はありませんが、総量規制に準じた取り扱いになってきています。

そのため、銀行カードローンで借入しても、総量規制の限度額を超えて借入するということは難しくなっています。

つまり、「アコムのカードローンは総量規制の対象になるのでデメリット」とは言えなくなっています。

カードローンの関連記事

 銀行カードローンの自主規制とは?

 

アコムへの申込方法

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

アコムから借りるために、おすすめの申込方法は、インターネット経由で、アコムのホームページから申込する方法です。

インターネット経由で申込すれば、審査結果を確認するまで、自宅から手続きすることができ、余計な時間を使う必要がありません。
また、最悪のケースとして、審査に落ちたのなら、店頭に行くまでの時間も無駄になりません。
アコムの場合、インターネットからの手続きであれば24時間振込での融資が利用できます。
アコムなら、21時までに、店頭の自動契約機で借入専用カードを発行してもらえば、ATMから即日借入できます。

まとめ

アコムのカードローンにはたくさんの強み・メリットがあります。

消費者金融ならではのスピード、即日借入、審査基準といった強みもあり、かつ、大手銀行系列の消費者金融という、他の消費者金融に比べての強みもあります。

また、アコムなら最大30日間無利息のサービスもありますので、お得に借入することもできます。

 

一方、消費者金融ならではですが、銀行カードローンに比べて金利が高めに設定されるなどのデメリットもあります。

カードローンを申込する場合には、ご自身の状況も踏まえて、メリット・デメリットを良く理解したうえで選択するようにしましょう。

 プロミスカードローンで土日即日借入する方法

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG