専業主婦がお金を借りる時に知っておきたいこと!!おすすめのカードローンの選び方から審査のイロハまで!?

「給料」がないから専業主婦は借入が出来ないなんて思っていませんか?そんなことはありません。専業主婦でもちゃんとお金を借入できます。
 
但し、専業主婦が審査に通過して、お金を借入するには、借入や審査に関する「知識」が必要です。
 
知らないと専業主婦がお金を借りるのは難しく、審査に通過できなかったり、銀行や消費者金融の窓口で断られてしまって、やっぱり専業主婦は「借入出来ない」なんて誤解してしまいます。

 

 

専業主婦をタイプ別に分ける

専業主婦と一言でいっても、いくつかのタイプに分かれます。そして、タイプごとに借入できる方法を理解しておく必要があります。
 
専業主婦をタイプに分ける基準は、パートなどの収入があるかどうかと、借入することをご主人に話して同意を得るかと、秘密にするのかです。
 

<専業主婦の申込タイプ>

収入
(パートなど)
ご主人申込
秘密銀行カードローン
同意を得る銀行カードローン
消費者金融
どちらも可銀行カードローン
消費者金融

一言に専業主婦と言っても、専業主婦は大きく分けて3つのタイプに分けられます。
 
1つ目のケースとして、専業主婦に収入が無くて、そしてご主人に言いたくないという方が借入する方の申込先は銀行カードローンとなります。
 
銀行でも、大抵の借入は「ご自身に収入のある方」が対象となりますが、カードローンは収入がなくても借入可能です。専業主婦で、ご自身に同意を得て借入する方は、消費者金融にも借入申込ができます。
 
そして、パート収入であっても、直接ご自身に収入のある専業主婦は、ご自身の収入で借入申込ができるので、ご主人に話す必要なく、銀行カードローンと消費者金融のどちらでも借入申込ができるようになります。

 

 

銀行カードローンがおすすめ

専業主婦が借入する場合には、総じて、銀行カードローンを利用するのがおすすめです。その他の銀行の借入審査の基準として、ご自身に収入がないと、審査に通過できません。

 

しかし、銀行のカードローンに関しては、「専業主婦に収入がなくても、ご主人に安定した収入があれば」、借入申込が可能なものがあります。銀行カードローンの審査では、ご主人の収入をもとに返済ができるかの審査が行われますが、借入するのは、あくまで専業主婦ご本人です。

 

そのため、ご主人に電話されたり、お勤め先に在籍確認の電話が行われることもありません。

 

あくまで、銀行カードローンでは、専業主婦が単独で借入できます。但し、近年は大手銀行を中心として、自主規制により、カードローンの申込基準を消費者金融に近づけていることがあります。

 

そのため、銀行であっても大手銀行では難しいことが多く、地方銀行のカードローンがおすすめとなります。

 

専業主婦には銀行カードローンがおすすめな理由

 

 

消費者金融は借入できない?

消費者金融には、総量規制という法律上の制限があります。

総量規制では、個人が無担保で借入する場合、「年収の3分の1」が借入できる金額の上限と定められています。

 

 消費者金融からの借入に影響する総量規制とは?

 

そのため、「収入が無い」専業主婦は、消費者金融から借入できません。

 

一方で、銀行は、総量規制の対象外ですので、総量規制の年収基準とは無関係で借入できます。それ以外の審査基準に通過すれば、専業主婦は、単独で銀行カードローンから借入することができます。

 

 

消費者金融も同意があれば可能

専業主婦が消費者金融のカードローンで借入する場合でも、ご主人の「同意」があれば、審査に通過できる可能性があります。

 

ご主人の同意とは、以下のようなものを指します。

①ご主人の収入から借入を返済する

②専業主婦の借入分が、ご主人の総量規制の限度額から控除されることに対する同意です。

 

つまり、ご主人の総量規制上の限度額の一部を使用して、借入するのです。

ご主人から同意を得る場合、実際に消費者金融に「同意書」を提出する必要があり、かつご主人に対して電話や、在籍確認が行われることもあります。(これを配偶者貸付と呼びます)

 

 

パート収入があれば単独借入可能

例え、収入の金額が多くなくても、ご自身にパート収入などのある専業主婦であれば、単独で借入できます。
 
総量規制の観点から言えば、「年収の3分の1」が借入限度額となりますので、パート収入が年間で100万円あれば30万円、パート収入が60万円であれば20万円の借入が可能ということになります。
 
パート収入があればカードローンの申込可能
 
 

専業主婦の審査のポイント

専業主婦がカードローンで借入申込する際の審査のポイントについて解説いたします。
 
審査のポイントを知らずに借入申込していては、審査に落ちるだけでなく、その後、どこに借入申込しても通過しにくくなっていきます。最初に審査のポイントを把握して準備しておくことが何より重要です。

 

ご主人の収入の安定性が重要

大抵の銀行カードローンの審査基準には、「専業主婦の場合は、ご主人に安定した収入があること」と記載されています。つまり、銀行カードローンの審査では、ご主人の収入をもとに、返済ができるかが審査されます。
 
そのための審査での重要なポイントが「収入の安定性」です。
そして、カードローン審査での「収入の安定性」とは、雇用形態と勤続年数が重要になります。

 

審査に影響する雇用形態?

雇用形態というのは、正社員、契約社員、派遣社員、アルバイト、パート、自営業などの区分のことです。雇用形態が審査で重要なのは、雇用形態によって就業の安定性が変わるためです。
 
例えば、正社員なら、大きな問題を起さない限り、雇用が法律で守られます。
 
そのため、会社の都合で、簡単に契約を解除することはできません。つまり、本人が自主的に退職しないかぎり、収入も安定して受けることができますので、銀行の審査でも安定していると評価され有利になります。
 
一方で、派遣社員や、アルバイト、パートなどは、期間を特定して契約していることが多くなります。その都度、契約を更新できますが、会社から契約を更新しないことも可能です。そのため、カードローンの審査でも、正社員の安定性が高く、派遣社員やパート、アルバイトの安定性は低いと評価されます。

 

 

勤続年数の重要性

雇用形態は契約上の安定性ですが、勤続年数はご本人の特性に関する安定性の評価になります。正社員でも転職、退職を繰り返す方もいれば、アルバイトやパートでも長く働き続ける方もいます。
 
アルバイトやパートなど、契約上は安定していない言われる方でも、12年と長く働いていれば、カードローン審査で、安定している方と判断してもらえるようになります。
 
勤続年数が長い方は銀行のカードローン審査で非常に重要なポイントです。審査では、勤続年数の長い方は、「仕事を続ける継続性・忍耐力」、「契約を続けていく能力のある人」、「まじめに働ける方」と評価され、審査でとても有利に働きます。
 
専業主婦でも借入可能 

 

 

人信用情報は専業主婦

銀行のカードローン審査、消費者金融の審査でも個人信用情報を確認します。
 
個人信用情報というのは、銀行や、消費者金融、信販系会社、クレジットカードなどの借入件数や、借入残高、そして返済で延滞していないか、過去に自己破産などの事故情報がないかを確認できる情報です。
 
個人信用情報は、借入申込人や、関係者以外を取得することができませんので、銀行審査ではご主人の個人信用情報は取得できません。消費者金融で同意人になる場合は取得されます。専業主婦が銀行カードローンで借入する場合、他のカードローンや、クレジットカードのキャッシングを使用していると、かなりハードルが高くなります。
 
以降で説明いたしますが、専業主婦が銀行カードローンで借入できる限度額はそれほど大きくありません。消費者金融からの借入で、ご主人の同意を得て借入する場合は、23件程度の借入があっても、審査に通過できる可能性があります。

 

 

専業主婦が借入できる限度額

専業主婦が単独で、銀行カードローンで借入する場合の、借入可能な限度額は、最大で50万円程度です。
 
この金額を超えて借入申込しても、審査で、この金額の範囲内に減額されることが多いでしょう。
大抵の銀行の審査で、「収入の無い専業主婦が借入できる限度額」を50万円以内、銀行によっては30万円以内としています。

 

 

専業主婦に対する在籍確認は?

カードローンに借入申込すると在籍確認が行われます。在籍確認とは、審査の一環で、申告した勤務先で実際に働いていることを確認するために、銀行や消費者金融から電話確認が行われることです。
 
収入が無い専業主婦が、銀行カードローンに借入申込する場合は在籍確認が不要です。そのため、ご自身の携帯電話・自宅の電話(借入申込時に指定した番号)に電話がかけられ、本人確認と借入申込の意思確認のみ行われます。
 
ご本人宛に電話が掛かってくるのは、他人名義で借入申込することを避けるために対応です。消費者金融に、ご主人が同意人となって借入申込する場合は、ご主人の職場に在籍確認されることがあります。
 
また、パート収入のある専業主婦がご自身の収入で借入申込する場合は、パート先に在籍確認が行われます。

 

勤務先に借入がばれる!!カードローンを申し込むと行われる在籍確認とは?

 

 

おすすめの銀行カードローン

専業主婦が借入申込する場合に、審査に通過できる可能性の高いおすすめ申込先をご紹介いたします。まずは、収入の無い専業主婦が単独で借入申込のできる、審査に通過しやすい銀行カードローンとなります。
 
銀行カードローンの中でも、大手都市銀行に比べると、地方銀行の方が、審査基準は低く、借入しやすいと言われています。そのため、インターネット手続きなどで、全国的に借入が可能で、商品内容が良い銀行カードローンは、専業主婦にとっても非常におすすめです。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

アイフルカードローンのポイント

銀行カードローンのなかでもトップクラスの金利の低さ!

借入限度額の大きさも最高クラスカードローン

WEBからの申込だけで手続きを完結でき、1度も店舗に行かずに申込を完了できる人気のカードローンです。

 

<楽天スーパーローン基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト
10~800万円1.9~14.5%
楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

 

静岡銀行カードローン「セレカ」 

静岡銀行カードローンセレカ

専業主婦も静岡銀行カードローン「セレカ」で借入可能。

静岡銀行カードローンの金利条件や商品性は都市銀行に負けず劣らずのハイスペックなカードローン。

 

静岡銀行カードローンの適用金利は14.5%(50万円借入時)。

静岡銀行カードローンのおすすめポイントの1つは「45日間、利息キャッシュバック」が受けられることです。

 

静岡銀行カードローン「セレカ」では、初回契約から、45日間の「利息」キャッシュバックサービスがあり、45日間実質無利息で借入できるのです。 もちろん、静岡銀行カードローンは、静岡県内に限定なく、日本中から、インタ―ネット経由で借入申込や契約といった手続きが完結でき、「来店は必要なく審査してもらえます」。

 

借入もセブン・イレブンに設置されているセブン銀行ATMが利用できますので、ATMも24時間無料で利用できます。また、静岡銀行カードローンは、郵送物や、電話連絡にも配慮してもらえ、バレにくいカードローンでもあります。

 

(静岡銀行公式ホームページ。5秒簡易審査もできます)

 

 

 

消費者金融からの借入

前述の配偶者貸付が利用できる消費者金融は実は多くありません。
配偶者貸付のカードローンでの借入や審査は、消費者金融にとっても、「面倒くさい」貸付となるため、取り扱っていないところが多いというデメリットがあります。
 
今回は配偶者貸付を行っている消費者金融を見つけてきましたので、ご紹介いたします。

 

 

アコムカードローン

アコムのカードローン

アイフルカードローンのポイント

三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感。

豊富なATMによる利便性の高さ! 審査回答最短30分。土日も即日借入できるアコム

 

<アコム基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1~800万円3.0~18.0%30日間金利無料
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJ・フィナンシャルグループ

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

アイフル カードローンアイフルのカードローン

アイフルカードローンのポイント

最短30分で審査完了!アイフルなら即日借入も可能

契約書の郵送不要。

誰にも知られずに申込やカード受取可能な便利なカードローン

<アイフル基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1千円~500万円4.5~18.0%30日間金利無料
アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

https://www.ozyouzumoney.online/article/aiful_loan.html 

 

 

 

プロミス カードローンプロミスのカードローン

アイフルカードローンのポイント

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

大手銀行グループの安心感と消費者金融のスピード!

今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中

*50万円以内のお申込みなら所得証明書不要

<プロミス基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
10~500万円4.5~17.8%30日間金利無料
プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

アイフルで土日・即日で借入するために知っておいた方が良いこと!

 

女性におすすめ!「レディースフタバ」のメリットとキャッシングする方法!

 

 

パート収入のある専業主婦なら

パート収入のある専業主婦なら、単独で消費者金融から借入が可能です。消費者金融なら銀行より審査基準もやや低くなります。この時おすすめなのは、アコムのカードローンです。

 
アコムは三菱UFJ銀行グループという安心感もある大手消費者金融です。アコムのカードローンの適用金利は、3%~18%となり、審査結果に応じて、適用金利はことなります。審査結果は、最短で30分で回答となり、即日借入も可能となります。
 
アコムのカードローンは、アコムの店頭に設置されたATMだけでなく、三菱UFJ銀行のATMや、各種コンビニATMが利用できますので、利便性も大変高くなっています。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJ・フィナンシャルグループ

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

<関連記事:アコムからの借入する基礎知識>

これだけ知っておきたい!!アコムの審査基準からカードローン審査に通過する方法

消費者金融・アコムからお金を借入する方法とそのメリットをご紹介します!!

 

まとめ

専業主婦でも銀行カードローンや消費者金融から借入することは可能です。但し、無闇に準備なく借入申込すると審査に落ちてしまう可能性があります。
 
こちらでご紹介している審査のポイントを把握して、準備しておけば審査に通過できる可能性が高まります。
 
また、おすすめの銀行カードローンや、消費者金融を参考にしていただければ、さらに審査に通過して、お得に借入できる可能性も高まります。

 

 

<関連記事>

 
 
 
▼カードローンのご案内  
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG