カードローンを利用したことがない方でも、カードローンという名称を耳にしたことがない方はほとんどいないと思います。それだけ多忙に生きる現代人にとって、カードローンは身近な存在になっています!

 

本記事ではカードローンは何となく知っているけれど、イマイチそのサービスが分からない方、そして上手にカードローンを利用して日常生活を充実させていきたい方に、カードローンの商品概要や賢い利用方法について解説いたします。

 

本記事でご紹介する内容

  • カードローンの商品概要
  • どういった人に適する商品か
  • カードローン商品の選び方
  • 利用方法
  • 申込方法
  • 利用時の注意事項

 

 

カードローンは個人向け無担保融資

カードローンの利用法について解説する前に、まずは「カードローンとは何なのか?」という基本的な疑問を解消していきましょう。

 

カードローンとは銀行や信販会社、消費者金融が提供する、いわゆる個人向けの無担保融資のことです。

 

無担保融資、つまりは担保を立てる必要がなく、なおかつ保証人や連帯保証人が必要なく借入できる利用しやすいローンがカードローンです。カードローンで借りたお金の使い途は自由に設定されていますが、通常事業用資金には利用できない場合がほとんどなので、ビジネスに使いたい場合は別途事業者用ローン等を申込まなければなりません。

 

カードローンとは無担保・保証人なしで利用できる融資商品” icon=”icon: pencil-square-o

 

基本的にカードローンは申込をするにあたり、いくつかの申込条件が各社で設定されています。安定した収入があること、年齢制限はどこの業者、銀行でも共通ですが、その他にも雇用形態や地域制限が申込条件に課される場合もあります。

 

カードローンは申込者の収入、勤続歴や家族構成、借入額・件数などの個人情報(属性と言います。)と今までの借入、返済歴である信用情報を基に仮審査を行い、仮審査に通過した場合のみ、在籍確認や必要書類提出による本人確認目的の本審査が行われます。

 

これらのカードローン審査に通過すれば、融資上限額までならば何度でも借入できるので様々なピンチに対応できる、それがカードローンのメリットであり一番の特色なのです。

 

カードローンの関連記事

>>かードローン審査に通る安定収入のポイント

>>かードローン審査に落ちた時の4つの対処方法

 

 

カードローンを上手に利用する方法

カードローンを使うのはいいけれど、決してそれに使われてはならない!それがカードローン、永遠のテーマです。ここではカードローンの特徴を踏まえた上で、その賢い使い方について考察していきたいと思うので、カードローン申込を考えている方は要チェックです。

 

いつ訪れるか分からない出費でも安心

身の丈にあった生活をすることは大切ですが、時にタイミング悪く欲しかったあのアイテムをこの手にするチャンスが訪れるかもしれないし、はたまた突然の冠婚葬祭に財布の紐が開きっぱなしになることも……。

 

そんな時こそカードローンの出番です。無下にお金を借りるのではなく、いつ来るのか分からないお金のピンチの時にカードローンをしっかり使いこなせる。それがカードローンの正しい、そして理想的な賢い使い方なんです。

 

今使う必要はなくとも、いざという時のピンチに備えて、そっとローンカードを1枚お守り代わりに財布に入れておくのも良いでしょう。

 

 

 

初回限定、利息0で借入する

大手消費者金融では初回限定に限り、1か月の期間限定ではありますが利息0で借入できる無利息キャンペーンを用意しています。この無利息キャンペーンは通常銀行カードローンでは行われておらず、いわゆる消費者金融限定の強みとなっています。

 

消費者金融では上限金利が銀行より高く設定されていますが(銀行カードローンの上限金利平均は約15.0%、大手消費者金融は18.0%程度です。)、金利0円で利用できるのは消費者金融だけです。

 

特に5~20万円程度の小口融資で翌月の給与で全額返済可能な場合は、全く利息を支払うことなく借入、返済することができるので、ぜひ初回限定の無利息キャンペーンを上手に利用していきましょう。

 

▼プロミスは初回借入から30日間無利息

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 

 

コンビニで24時間便利に借入

コンビニ利用率が高い方にとってうれしいのが、コンビニATMでも借入・返済ができるカードローンが多い点です。ローンカード(借入専用に発行してもらうカード)1枚で、必要な額だけコンビニで借入・返済ができるので、その高い利便性は見逃せません。

 

多くの大手消費者金融カードローンではスマホアプリを利用した借入、返済も可能になっています。特にローンカードの持ち歩きを不安に思う方にとって、スマホアプリで借入できるアプリローンは大きな味方になってくれることでしょう。

 

カードローンの賢い利用方法を簡単にまとめてみましたが、この他にも複数社の借り換えや、即日融資にも対応するスピード審査にも対応していますので(消費者金融、信販系カードローンのみ)、ぜひ色々なシーンでの活用を想定して用意しておいてはいかがでしょうか。

 

 

賢いキャッシングをするための注意

前項ではカードローンの特徴から、その上手な使い方について解説していきました。しかし賢いカードローンの使い方を徹底するには、カードローンのメリットだけでなく、デメリット、注意点にも目を配ることが大切になってきます。

 

ここではカードローンを利用する上で、注意するべき点について解説していきたいと思います。参考にしてみてくださいね!

 

 

利息と返済計画はしっかり練ろう

どのカードローンを利用するにしても、気にかけないといけないのがその金利です。上限金利と下限金利がありますが、通常下限金利は各業者、銀行が設定する審査基準でかなり高い評価を受けないと適用されません。審査の結果を良くするには、年収の高さや、実際に利用してからの返済実績なども必要となるため、容易ではありません。

 

そのため初めて借入する方が注意しなければならないのは上限金利となり、平均的なカードローン利用では14.0~20.0%の金利が、利用者の借入金額と属性、信用力を基に設定されます。

 

多くのカードローン商品はリボルビング払いによる返済になります。リボルビング払いでは、毎月の最低返済金額が少額に抑えられる代わりに、その分完済までに時間がかかります。借入期間が長くなれば、期間に応じて金利が発生することになりますので、支払い利息は多くなります。

 

その為、賢いカードローンライフを送るには、こまめに追加返済を行うことが大切です。お金に余裕ができたときには追加返済を行い、必要な時だけ借入するようにすれば、総利息を抑えることができます。

 

 

他のローン審査に影響を及ぼす可能性

カードローンをはじめとした金融商品を利用すると 、JICC、CIC、日本全国銀行個人信用情報センターと呼ばれる信用情報機関に申込、利用、返済履歴が登録されます。

例えばカードローンの申込は6か月ほど信用情報機関に登録され、事故情報と呼ばれる長期延滞や債務整理などは5年~10年間信用情報に情報が残ります。基本的にカードローンを申込、利用している事実がネガティブな信用力に繋がる訳ではありません。

 

しかし、多重債務の方や返済割合額が大きい方、事故情報などは、住宅ローンやマイカーローンなどの比較的融資額が大きなローン申込において不利になる場合も考えられるので、その点は留意しなければなりません。

 

カードローンの関連記事

>>カードローンとその他の借入は併用できるか?

 

 

意志力の管理ができない方は注意

カードローンは前述のように、返済した分だけ借入可能額が回復し、融資上限額以内であれば何度も借入が可能です。

 

それがカードローンの大きなメリットであり、賢い利用方法のベースになる部分になるわけですが、裏を返すとカードローンの利用は利用者の意思の強さに大きく依存します。

 

つまりはカードローンが散財の源になってしまったり、使い過ぎてしまったために、逆に返済に疲弊し自転車操業に繋がってしまうといったケースもあります。そんな最悪なパターンにならないように、カードローン利用に関しては強い意思を持って利用することが前提条件になります。

 

使い方次第では私たちの生活に大きな実りをもたらしてくれるカードローンではありますが、自己抑止力が低い方や意思が弱い方の利用は推奨できないのが実情なのです。

 

 

おすすめのカードローン

これからカードローンの申込をご検討中の方に、2019年現在で最もおすすめのカードローン商品をご紹介します。こちらを参考に、是非、ご自身にあったカードローンを探してみましょう。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

アイフルカードローンのポイント

銀行カードローンのなかでもトップクラスの金利の低さ!

借入限度額の大きさも最高クラスカードローン

WEBからの申込だけで手続きを完結でき、1度も店舗に行かずに申込を完了できる人気のカードローンです。

 

<楽天スーパーローン基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト
10~800万円1.9~14.5%
楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 
 

アコムカードローン

アコムのカードローン

アイフルカードローンのポイント

三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感。

豊富なATMによる利便性の高さ! 審査回答最短30分で最短即日借入可能

土日も即日借入できるアコム

 

<アコム基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1~800万円3.0~18.0%30日間金利無料
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

>>アコムカードローンの強み・弱み

>>アコム土日にお金を借りる方法!

>>アコム審査基準を解剖!ポイント解説

 

アイフル カードローンアイフルのカードローン

アイフルカードローンのポイント

最短30分で審査完了!アイフルなら即日借入も可能

契約書の郵送不要。

誰にも知られずに申込やカード受取可能な便利なカードローン

<アイフル基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1千円~500万円4.5~18.0%30日間金利無料
アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

>>アイフルのカードローン完全ガイド

>>アイフルで土日・即日借入する方法

>>アイフルのカードローン、メリット・デメリット

 

 
 

プロミス カードローンプロミスのカードローン

アイフルカードローンのポイント

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

大手銀行グループの安心感と消費者金融のスピード!

今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中

*50万円以内のお申込みなら所得証明書不要

<プロミス基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
10~500万円4.5~17.8%30日間金利無料
プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

>>プロミスで即日借入する方法

>>プロミスなら土日即日借入できる

>>プロミスから事業資金を借入する

 

まとめ

今回はカードローン初心者の方の為に、いかに上手に、そして賢くそれらを利用していくかを解説してみました。

 

カードローンは付帯サービスも充実しており、正しい利用方法を守れば非常に有益な金策対策になるということが分かって頂けたと思います。お金を借りることばかりに注視しがちですが、自身の身の丈にあった利用を心がけ、長期に及ぶ完済計画とどのように向き合っていくかが、カードローンを賢く利用する上で大切な要素になってくるのです。

 

 

カードローンの関連記事

>>借換に良いカードローンランキング

>>借金の借り換えに失敗しない方法

>>ブラックリストになってから借入する方法はある?

>>電話連絡なしを希望ならSMBCモビットのカードローンがおすすめ

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG