銀行融資とファクタリングは何が違うの?調達条件や担保・保証人の有無、審査スピードなどを比較!

近年、人気・注目が急上昇している資金調達方法に「ファクタリング」があります。

これまで中小企業や、個人事業主が資金調達する場合には、「銀行融資」が主な資金調達方法でした。

ファクタリングは、銀行からの借入とは全く違う資金調達方法です。それでは、ファクタリングと、銀行融資には、どういった違いがあるのでしょうか?

せっかくのファクタリングも特徴や違いが解らないと上手く利用できません。ファクタリングを良く理解するために、銀行融資との違いを比較しながらファクタリングの特徴を解説いたします。

 

ファクタリングとは?

ファクタリングとは、事業性資金の調達方法の1つです。

しかし、ファクタリングとは、資金調達方法の1つではありますが「借入」・「融資」ではありません。

 

ファクタリングは「保有している売掛債権を売却」する資金調達方法です。

資金調達を希望する利用者が、資産として保有している売掛金(取引先に対する代金の請求権)を売却して、売却代金として現金を調達する方法を指します。

ファクタリングは借入よりも、銀行の「手形割引」に近い資金調達方法と思った方が良いでしょう。

 

つまり、ファクタリングは「借入・「融資」ではなく、資産の売却であることが銀行融資との最大の違いとなります。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングを初心者にも解りやすく解説

 ファクタリングの仕組みなどを徹底的に解説

 

ファクタリングの重要性

これまで中小企業や個人事業主が資金を調達するとなると、「銀行からの融資」を想像する方が多かったと思います。

というよりも、中小企業経営者や・個人事業主が資金調達する手段は少なく、銀行融資くらいしか選択肢が無かったのです。

 

しかし、銀行融資にのみ資金調達を依存することは中小企業・個人事業主にとって危険です。

銀行の融資姿勢は、景気や、経済環境で頻繁に変わります。以前借入できたからと言って、今後も同じように借入できるとは限りません。

 

銀行を監督する「金融庁」が、中小企業・個人事業主の倒産を減らせと言えば、融資に積極的になり、逆に、「融資を厳しくしろ」というと、突然、手のひらを返したように融資審査が厳しくなります。

それに加えて、銀行内部では、各中小企業・個人事業主を「格付」しています。

 

銀行は、「格付」に応じて、融資姿勢を決定しています。融資先の経営状況が一時的にでも悪化すると格付けを下げます。

そして、格付が一定以上さがると、突然、銀行から融資を受けられなくなるどころか、既に受けている融資の回収を図られることもあります。

「貸し渋り」・「貸しはがし」なんて言葉を聞いたことのある方もいますよね。

 

資金調達をそんな不安定な銀行融資にのみ依存するのは非常に危険です。

銀行融資へ依存し過ぎていては、個人事業主・中小企業経営者は安心して経営することも、長期的に経営を続けていくことも難しくなってしまいます。

そのため、企業経営者や、個人事業主は、銀行融資以外にも資金調達手段を確保しておく必要があるのです。

 

中小企業は銀行融資以外の資金調達手段を確保しておきたい

 

国もファクタリングを推奨

それでも、「ファクタリングって良く解らないから不安」、「本当に使えるの?」と言う方は多いと思います。

そんな方に知っておいて欲しいことの1つが、ファクタリングは国(経済産業省)も推奨している資金調達手段であるということです。

 

日本の中小企業や、個人事業主は、他国と比べて、銀行借入への依存度が強いため、それに代わる資金調達手段を増加させる必要があると政府でも考えられているのです。

そんな中小企業や個人事業主の有効な資金調達手段の多様化の1つとして、ファクタリングは経済産業省からも推奨されている方法なのです。(経済産業省「中小企業における資金調達の課題~売掛債権担保及び動産担保の活用に向けて~」)

 

銀行融資とファクタリングの違いは?

銀行融資とファクタリングの違いを特徴毎に整理すると以下のようになります。

 

銀行融資との違いまとめ

項目ファクタリング銀行融資
契約内容売掛金の売却借入
調達までの時間即日~数日1~2ヶ月
審査の難易度比較的通り安い

(赤字、債務超過でも可能)

厳しい

(赤字、債務超過は困難)

リスケ・税金滞納中の利用可否可能不可
財務内容への影響・売掛金→現預金

・運転資金が減少

借入金が増加

(財務内容悪化)

取引先への影響3社間ファクタリングでは信用不安の懸念がある特に心配は不要
担保要否不要要・不要どちらもある
保証人要否不要代表者の保証は原則必要
法律上の規制

 

それでは、以降で、銀行融資とファクタリングの特徴を比較して、解説していきましょう。

 

資金調達に要する時間

資金調達の必要が発生して、申込・相談してから、実際に資金調達できるまでにかかる時間となります。

 

銀行融資1ヶ月~2ヶ月
ファクタリング即日~数日

 

銀行融資では、「新規」の銀行に相談するのであれば、1ヶ月~2ヶ月程度時間がかかることは少なくありません。

既に融資取引のある銀行からの借入でも、2~3週間かかることもあります。

中小企業や、個人事業主が銀行に融資申込すると信用保証協会を利用することが多くなります。

 

そうなると、

銀行に申込 ⇒ 銀行の審査 ⇒ 承認 ⇒ 銀行から保証協会に申請 ⇒ 保証協会審査 ⇒ 承認 ⇒ 結果回答 ⇒ 借入条件決定 ⇒ 契約 ⇒ 融資

といった過程を経て、融資に至ります。

 

銀行と保証協会のそれぞれで審査が必要であり、審査を2回経るうえ、それぞれの審査で色々と書類を求められたり、銀行や保証協会の担当者と面談して、ヒアリングを受けたりします。

それに対して、ファクタリングでは、ファクタリングの申込 ⇒ ファクタリングの条件見積もり ⇒ 申込人が条件確認 ⇒ 応諾すれば即時買取 となります。

 

ファクタリングでは、保証協会を経る必要もなく、そのうえ、ファクタリング会社で行う審査スピードは、銀行に比べ、非常に速いのが特徴です。

ファクタリング会社に相談する方の多くは、緊急の資金調達の必要があり連絡されます。そのため、急ぎの審査や、即日の資金調達に慣れているのです。

ファクタリングは「資金調達までのスピードが速い」のが特徴です。

 

 スピード査定・即日調達が可能なファクタリング会社

 

銀行融資は資金調達までに時間がかかる

 

調達コストの違い

資金調達にかかるコスト(金利など)も重要です。

 

銀行融資2~6%程度
(ビジネスローンなら10%以上も)
ファクタリング2~10%以上も

 

資金調達に必要となるコストは、銀行融資の方が低くなる可能性が高いでしょう。

中小企業・個人事業主が銀行融資を受ける場合、「銀行への金利+保証料」がコストとして必要になります。

その場合、3~5%程度の調達コストが平均的な水準になります。

 

銀行からのプロパー融資を受けられるなら、保証料が不要ですので、1~2%程度で資金調達できることもあります。

しかし、プロパー融資を受けること自体、中小企業や、個人事業主には、かなりハードルの高い、難しいこととなります。

 

 プロパー融資を受けるためのポイントはこちらで解説

 

それに対して、ファクタリングでは、売却する売掛債権の取引先信用力や、2社間ファクタリング・3社間ファクタリングのどちらにするかで、手数料水準は大きく異なります(2社間ファクタリングというのは、取引先に売掛債権の売却を伝えない方法です。逆に、伝えるのが3社間ファクタリングとなります)。

 

2社間ファクタリングで 5.0%~、3社間ファクタリングで 1.0%~、というのがファクタリングでの資金調達の最低コストです。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング手数料の相場はどれくらい?

 ファクタリング手数料の低いお得なファクタリング会社一覧

 

なお、銀行からの融資でも、「ビジネスローン」の場合、10%前後でのコストがかかるものも少なくありません。(三菱UFJ銀行のビジネスローン「融活力」は2.35%~9.0%)

 

資金調達のコストの違いを比較

 

審査の難易度

資金調達できるかどうかの審査の難易度です。

 

銀行融資厳しい(赤字・債務超過では困難)
書類準備・審査対応も煩雑
ファクタリング売掛債権があれば調達容易

 

銀行融資と、ファクタリングを比較した場合、審査の難易度に関する違いが大きなポイントになります。銀行融資は、審査が厳しく、時間をかけて相談したり、書類を準備しても、最終的に融資を受けられないことも少なくありません。

 

特に、「赤字」、「債務超過」であったり、融資を受けたことの無い銀行に相談する場合は、さらに審査も厳しくなります。

それに対して、ファクタリングでは資金調達できる可能性が非常に高いのが特徴です。ファクタリングでは、資金調達する企業や、個人事業主の損益や、財務内容は、あまり関係ありません。

 

売却する売掛債権に関する取引先の信用力が重要となります。そのうえ、取引先の信用力が低い場合も、その分、調達コスト・手数料が高くなることはありますが、全く調達できないということは、あまりありません。

そのため、ファクタリングでは、売掛債権さえ保有していれば、資金調達できる可能性が高いのです。

 

 ファクタリングの審査基準!赤字、債務超過、リスケ中でも利用できる?

 

リスケ・延滞中の調達

中小企業や、個人事業主では、資金繰りが悪化して、銀行の返済をリスケ(返済期間の延長)や、支払いを止めることがあります。そういった期間中の資金調達の可否に関する比較です。

 

銀行融資不可
ファクタリング可能

 

銀行融資の場合、リスケ・延滞期間中の資金調達はできません。

銀行だけでなく、「税金」の滞納があっても資金調達できません。

もちろん、民事再生中などの法的手続きの場合も同様で、銀行からの借入ではできません。

 

それに対して、ファクタリングでは調達する企業の信用力はあまり関係ありません。

そのため、リスケ・延滞・税金滞納、民事再生などの法的手続中であっても資金調達することができます。

つまり、延滞など、銀行から融資を受けられなくなった企業が資金調達できる有力な手段です。

 

もちろん、リスケ・延滞・税金滞納期間中でも資金調達ができると言っても、ブラックな資金調達ではありません。

インターネット広告などで、「ブラックでも借入できる」なんて宣伝を見かけることありますよね。

 

そういった時の借入先は「高利貸し」、「無免許」であることも多いですが、ファクタリングは、そういった資金調達とは異なります。正当な資金調達方法です(但し、悪質なファクタリング業者が紛れていることはありますので、よく吟味する必要があります)。

 

ファクタリングは、資金調達をする企業自身の信用力と別で調達できる手段です。言ってみれば、資産の売却であって、融資ではありません。

リスケ・延滞中・税金滞納中・民事再生などの方鉄手続き中でも資金調達が可能であることは、ファクタリングの大きなメリットとなります。

 

ファクタリングは赤字、債務超過、リスケでも資金調達可能

 

財務内容への影響

銀行融資であっても、借入が大きくなると、財務内容が悪化して、次第に融資を受けにくくなっていきます。銀行融資と、ファクタリングが財務評価に与える影響を比較してみましょう。

 

銀行融資借入金が増加(財務内容悪化)
ファクタリング売掛金⇒現預金に変化

 

銀行融資を受けると、決算書への影響としては「借入金」が増加します。

借入金は多くなればなるほど、銀行融資を受けるための審査において、「財務内容」に関する評価は悪くなっていきます。

対して、ファクタリングの場合、売掛債権が現預金に代わります。それに加えて、現預金で借入金を返済すると、借入金を減少させることもできます。

 

つまり、ファクタリングを活用すると、財務内容を悪化させるどころか良化させることもできます。

銀行から「財務内容に問題」があるとして、融資審査に受からなかった場合、ファクタリングを活用することで、審査に通りやすくすることもできます。

 

保証人・連帯保証人

銀行融資の場合、必ずと言って良いほど保証人・連帯保証人が必要となります。

中小企業経営者(代表者)の連帯保証だけでなく、第3者保証を求められることもあります。

 

中小企業・個人事業主の資金調達において、保証人・連帯保証人は、非常に大きなネックとなります。

連帯保証をクリアするために苦労されている経営者は多いでしょう。

 

しかし、ファクタリングには、保証人・連帯保証人は必要ありません。

ファクタリングでは売却する売掛金が担保の役割にもなっているのです。そのため、銀行融資で苦労されている方には、大きな助けとなるでしょう。

 

ファクタリングには保証人・担保が不要

 

ファクタリングに担保は不要

ファクタリングは資産(売掛金)の売却取引ですので、担保は原則不要です。

銀行融資でも無担保で借入できるものもありますが、無担保借入はその分審査が厳しくなります。

 

一方、ファクタリングは無担保が原則ですので、無担保でも売却する売掛金の信用力に問題がなければ、比較的利用しやすいという特徴があります。

なお、ファクタリング業者のなかには、ファクタリングと称して「売掛債権担保融資」を進めてくるものもいます。

 

しかし、こういったファクタリング業者は利用してはいけません。

 

ファクタリングと称して売掛債権担保融資を勧めてくる業者は「闇金業者」である可能性が高いので非常に危険です。

融資には法律上の規制がありますので、闇金業者のような「高すぎる金利」を要求する業者は違法行為になります。

そのため、闇金業者は融資と言わず、ファクタリングと称して違法は融資をおこなうことがあるのです。

 

 悪質ファクタリング業者の見分け方!

 

ファクタリング会社選び

ファクタリングによる資金調達にメリットがあるからと言って、ファクタリング会社には「ピンからキリ」まで多数あります。

悪質なファクタリング会社を利用すると、損してしまうことが少なくありません。

 

銀行融資知名度が高い・安心
ファクタリング優良から悪質まで多数・知名度低い

 

銀行融資では、金融庁の厳しい監督を受けるうえ、業歴も長く、地域に根差した金融機関や、超大手の銀行など知名度の高いものが多くなります。

そのため、どの銀行に相談しても、「騙される」、「悪質」な危険性は少ないでしょう。

 

しかし、ファクタリング会社の場合、まだまだ業者は「ピンからキリ」まであり、なかには悪質な業者も存在しています。

そのため、ファクタリングを利用するにあたっては、ファクタリング会社を、厳しく選別する必要があります。

 

ファクタリング会社選び効果的な方法の1つは「相見積もり」です。

優良なファクタリング業者を「2~3社」、候補として選び、そのファクタリング会社それぞれに、ファクタリングを行った際の見積もりを依頼することが大切です。

 

ファクタリングの場合、銀行融資と違って煩雑で大変な審査対応は必要ありません。

売却の対象となる売掛債権の明細を渡せば、資金調達する側に、それほど手間暇がかからず、ファクタリング会社で見積もりを行ってくれます。

 

そのため、2~3社の相見積もりを行っても、それほど手間暇はかからず容易に比較することができます。

そして、ファクタリング会社の見積もりを比較するだけでなく、それぞれの対応や、説明内容を比較して、信頼できる先を選ぶことが大切です。

複数社のファクタリング会社を比較すると、それぞれの説明内容で一致するものや、異なってくる部分など、各社の特徴が見えてきます。そのうえで、ファクタリングを利用することが大切です。

 

 当サイト厳選!おすすめファクタリング会社の一覧

 

ファクタリング会社を選ぶことが大切

 

メリット・デメリットで比較

次に、ファクタリングと銀行融資をメリット・デメリットに整理して比較してみましょう。

ご自身がファクタリングと銀行融資のどちらを使うべきかと迷われているのであれば、こちらのメリット・デメリットで検討してみるのが良いでしょう。

 

ファクタリングのメリット

ファクタリングのメリットを整理すると以下になります。

  • 資金調達スピードが速い
  • 審査に通りやすい(赤字、債務超過、リスケ中、税金滞納中でも利用可能)

 

やはり、ファクタリングのメリットとして大きいのは、審査スピードが速く、審査に通りやすいということです。

例え、銀行融資の審査に落ちた方であっても、ファクタリングであれば利用できる可能性は十分にあります。

 

ファクタリングのデメリット

一方、ファクタリングのデメリットを整理すると以下のようになります。

  • 融資に比べて費用が高め
  • 調達できる金額は少なめ(>売掛金の額)
  • 悪質なファクタリング業者が存在する

 

ファクタリングは審査に通りやすく、利用しやすい反面、手数料は融資に比べて高くなりがちです。

そのため、審査に通って、銀行融資が利用できるのであれば、融資を利用した方が良いということになります。

 

ファクタリングは銀行融資を受けるまでの「つなぎ融資」や、審査に落ちて利用できなかった時の「代替手段」で利用するのが良いでしょう。

なお、ファクタリングによる調達可能額は売掛金の範囲内となりますので、比較的金額が少額になってしまう点にも注意が必要です。

 

ファクタリングと銀行融資のメリット・デメリットを比較

 

銀行融資のメリット

ファクタリングの次は銀行融資のメリット・デメリットを確認しておきましょう。

先ほどのファクタリングンの逆となりますが、以下のようなメリットが期待できます。

  • 金利が低い
  • 大きな金額を借入できる可能性がある

 

銀行融資の最大のメリットは金利の低さと、借入金額の大きさにあると言って良いでしょう。

ファクタリングで調達できる金額は、売掛金の80~90%程度が上限になります。一方、銀行融資であれば売掛金の金額を超えた額でも借入できる可能性があります。

 

銀行融資のデメリット

最後に銀行融資のデメリットについて確認しておきましょう。

  • 審査が厳しい
  • 申込から借入までに時間がかかる
  • 担保・保証人を求められる

 

銀行融資は審査に通って利用できればメリットは豊富です。

しかし、借入するまでのハードルが高く、なかなか利用できないのが銀行融資のデメリットと言えます。

銀行融資はそもそも審査が厳しく通りにくいですし、審査に1ヶ月以上の時間がかかることも頻繁にあります。

 

おすすめファクタリング会社

相見積もりを含め、安心して相談・申込することができるファクタリング会社をご紹介します。

こちらでご紹介するのは、ファクタリング業界のなかで、特に有名で、代表的なファクタリング会社となります。

是非、参考にしていただければと思います。

 

1位 三共サービス

 業界トップクラスに低い手数料水準の三共サービス

 

ファクタリング手数料が最も安く、選択肢に、必ず含めておきたいファクタリング会社は「三共サービス」です。

 

三共サービスを利用できる条件:法人企業

*個人事業主は、三共サービスの利用対象外となります。

 

三共サービスの特徴

三共サービスのファクタリングは、業歴も19年(2019年7月時点)と長く、ファクタリング専門会社のなかで安心感・信頼感のある企業です。

 

三共サービスのファクタリング手数料は、ファクタリング業界のなかで最安水準です。

  • 3社間ファクタリングで、 1.5%~
  • 2社間ファクタリングでも  5.0%~

 

三共サービスのファクタリング手数料は、ファクタリング業界でトップレベルに低い水準です。

更に、三共サービスは、全国対応、出張買取り可能なファクタリング会社です。

地域を限定せず、全国どちらの企業でも相談・ご利用が可能です。

最大調達額も1億円まで可能です。

 

なお、三共サービスの買い取りに要する期間は、最短で2営業日です。

即日対応可能なファクタリング会社に比較すると、その点が弱みと言えます。

もちろん、相談・見積もりは無料です。

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 三共サービスのファクタリングの特徴

 

2位 ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス  

 

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い、有名なファクタリング会社と言って良いでしょう。

 

ビートレーディングをご利用できる方:法人企業・個人事業主

 

他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ており、さらに、個人事業主でも利用できるところが魅力です。

 

ビートレーディングの特徴

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあることから、安心して利用できるのが特徴です。

ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、最も安心してご利用できる、知名度の高い優良なファクタリング会社です。

さらにビートレーディングは、他のファクタリング会社に比較して、法人企業・企業規模・個人事業主に関わらず、ファクタリングを利用できるのも特徴です。

 

「個人事業主」や、「小規模の企業」のファクタリングは取扱っていないというファクタリング会社が多い中で、最大手のビートレーディングがどちらでも利用できるというのは大変うれしいところです。

 

ビートレーディングのファクタリングの特徴は次のようになります。

  1. 日本全国ファクタリング可能(全国対応)
  2. 無料のスピード査定可能
  3. ファクタリング会社としての認知度No1
  4. 契約件数全国トップクラス(同社調べ)
  5. ファクタリングの顧客満足度No1(同社調べ)
  6. 小口から大口までのファクタリングに対応
  7. 個人事業主、法人のどちらも利用可能
  8. 2社間ファクタリング可能

知名度・実績のあるファクタリング会社を、1つだけあげるなら「ビートレーディング」がおすすめです(もちろん、相見積もり候補としてもおすすめです)。

 

ビートレーディングへの相談・申込

ビートレーディングでは、5分程度でのスピード査定を依頼することが可能です。もちろん、スピード査定、見積もりは無料です。

相談するにあたっては、以下のリンクから公式ホームページに移動してください。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 ビートレーディングのファクタリングの特徴

 

公式ホームページに移動後、「急を要する」必要がなければ、「WEBからのお問合せ」がおすすめです。

10項目程(ご希望金額・売掛金の額・会社名(個人事業主なら屋号・個人名など)・連絡先)を入力して送信すれば、その後、ご相談内容に適した担当者から、電話連絡してきます。

 

3位 トラスト・ゲートウェイ

トラストゲートウェイのファクタリングサービス

 

九州、特に福岡で事業を行っている事業主に適しているファクタリング会社が、トラスト・ゲートウェイです。

 

トラスト・ゲートウェイをご利用出来る方:法人企業

法人であれば、創業1年目からでもご利用できます。

*個人事業主はご利用できませんので注意して下さい

 

トラスト・ゲートウェイの特徴

ファクタリング会社の中で、九州に地盤を持っている会社はあまりいません。

やはり、東京などの首都圏に本社を置くファクタリング会社が多いのですが、遠方のファクタリング会社より、近くの会社を利用した方が相談しやすいのも事実です。

 

トラスト・ゲートウェイは、首都圏のファクタリング会社と比較しても、遜色の無い、優良なファクタリング会社です。九州で事業を行っている企業であれば、是非、相見積もり候補に加えておきたいファクタリング会社です。

 

トラスト・ゲートウェイの特徴は次のようになります。

  1. リピート率98%の満足度
  2. 最短1日のスピード査定→ そのうち95%が申込に至る好条件
  3. 担保・保証人不要
  4. 50~5,000万円までのファクタリングに対応
  5. 新規契約時に3万円のキャッシュバック
  6. 九州エリアトップクラスの買取率
  7. 2社間ファクタリングの取り扱い可能
  8. ご相談・見積もりは無料

九州でファクタリング会社をお探しならトラスト・ゲートウェイがおすすめです。

 

トラスト・ゲートウェイのご相談

トラスト・ゲートウェイはスピード査定・最短1日で資金調達ができるファクタリング会社です。

トラスト・ゲートウェイへのご相談は以下のサイトリンクをクリックしてください。公式ホームページに移動します。

トラストゲートウェイ
4.5



☆九州特化型のファクタリング会社
☆2社間・3社間ファクタリング利用可能
☆保証人・担保不要
☆リピート率98%

適用金利・手数料など

3社間ファクタリングで平均3.0%~6.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

3万円のキャッシュバックキャンペーン

資金調達限度額

3,000万円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 トラストゲートウェイのファクタリングサービス

 

4位 ジャパンマネジメント

ジャパンマネジメントのファクタリングサービス

 

ジャパンマネジメントも「おすすめ」のファクタリング会社です。

ジャパンマネジメントをご利用できる方:法人企業・個人事業主

 

ジャパンマネジメントの特徴

ジャパンマネジメントのファクタリングの手数料率は 3.0%~です。

ファクタリング業界の中では、かなり低めの手数料率であり、個人事業主でも利用できるファクタリング会社です。

相見積もりを行う際には、是非、加えておきたいファクタリング会社です。

 

ジャパンマネジメントのファクタリングの特徴を整理すると以下となります。

  1. 最短即日で資金調達可能
  2. 全国対応(出張買取OK)
  3. 保証人・担保不要
  4. 顧客満足度に自信あり(経営アドバイス、アフターフォローに自信あり)
  5. 個人事業主のファクタリング利用も受付中

 

ジャパンマネジメントへの相談

ジャパンマネジメントへ相談・申込するには、以下のリンクをクリックして、公式ホームページへ移動してください。

ジャパンマネジメント
4.4

☆他社からの乗り換えにも対応
☆全国対応可能
☆来店不要(WEB申込で完結)

適用金利・手数料など

3.0%~(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 ジャパンマネジメントのファクタリング

 

銀行系ファクタリングとは?

ここまで銀行融資とファクタリングの違いについて解説してきました。

しかし、もう1つ「銀行系ファクタリング」という言葉がありますので、銀行系ファクタリングについても解説しておきましょう。

 

一般的に、中小企業、自営業者がファクタリングを行う場合、「ファクタリング会社」を利用して行います。このファクタリング会社には、「独立系のファクタリング会社」と「銀行系列のファクタリング会社(銀行の子会社など)」が存在します。

 

この銀行系列のファクタリング会社を銀行系ファクタリングと呼びます。

主な銀行系ファクタリング会社としては、「みずほファクター(みずほ銀行系列)」、「三菱UFJファクター(三菱UFJ銀行系列)」などがあげられます。会社名に「銀行系列」であることが解る名称が含まれているのが特徴です。

 

銀行系ファクタリングには以下のような特徴があります。

  • 手数料水準は低め
  • 2社間ファクタリングの取り扱いなし
  • 資金調達に時間がかかる

 

銀行系ファクタリングと言うだけあって、ファクタリング手数料は低めです。

 

しかし、重要な特徴として3社間ファクタリングの取り扱いがないことを忘れてはいけません。銀行系ファクタリングは2社間ファクタリングが原則です。

そのため、取引先に対する売掛金売却の通知が必須となります。その分、ファクタリングにも時間がかかってしまいます。

なお、銀行系ファクタリングは手数料が低いとは言っても、一般的なファクタリング会社も3社間ファクタリングの手数料はそれほど高くありません。

 

つまり、銀行系ファクタリングは目立った優位性がなく、あまり実践的に利用がおすすめとは言えない内容になっています。

 

まとめ

ファクタリングと、銀行融資の違いを整理してご説明いたしました。

銀行融資は、中小企業や、個人事業主にとって非常に重要です。

しかし、銀行融資にのみ依存していては、長期的に経営を安定させていくことはできません。銀行融資以外で資金調達できる手段を確保しておくことが必要です。

ファクタリングは、銀行融資に依存しがちな中小企業や、個人事業主でも活用できる有効な資金調達です。是非、うまく活用して、資金調達能力を高めましょう。

 

ファクタリング・資金調達の関連記事

 おすすめのファクタリング会社をご紹介

 日本政策金融公庫の創業融資とは?

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG