ファクタリングなら即日資金調達できる!失敗しない手続き・申し込み方法完全ガイド

ファクタリングは即日調達が可能な資金調達手法の1つです。通常の場合、即日で調達できるビジネスローンなどでは金額が少額なことも多いですが、ファクタリングは売掛金さえあれば大量の資金調達も可能です。

 

ただし、ファクタリングなら即日資金調達が可能と言っても、スムーズに手続きが進まなければ即日で資金調達はできません。

 

本記事ではファクタリングで即日資金調達するためのポイントを説明します。

 

 

ファクタリングの手続き

ファクタリングで即日資金調達をするための方法を考えるためには、まずファクタリングはどのような手続きで資金調達を行うのかを知る必要があります。

 

最初にファクタリングの基本的な手続きの流れを確認しておきましょう。

 

問合せから契約まで

ファクタリングの問合せから契約までは、大きく分けて3ステップに分類することができます。

  1. 問い合わせ(申込人)
  2. 売掛金の査定(ファクタリング会社)
  3. 契約・入金(相互)

 

このうち2.の売掛金の査定は、ファクタリング会社に依存するので、ファクタリング利用者側で時間をコントロールすることはできません。出来ることは、対象となる売掛金の明細などを素早く準備することくらいでしょう。

 

また、3.契約・入金についても、先方のあることなのでファクタリング利用者が自由にコントロールすることはできません

即日資金調達するために、ファクタリングの問い合わせから契約までの中で、ファクタリング利用者側がコントロールすることができるのは問い合わせの段階です。

 

この問い合わせ(対象とするファクタリング会社の選定含む)から、書類準備・提出までを段取り良く行うことが即日資金調達のポイントとなります。

 

2社間ファクタリングの場合

また、ファクタリングの方法についても注目しておく必要があります。

2社間ファクタリングであれば、資金調達希望者とファクタリング会社のみでファクタリング契約を完了することができます。2社間ファクタリングは2社での取引であり、関係者が少ないので、その分、資金調達までの速度を速めやすくなります

 

ただし、大抵の場合は買い取った債権は債権譲渡登記を行って所有権を確定する必要があります

 

ファクタリングの対象となる売掛金をファクタリング会社に査定してもらい、その後、両者で契約してお金をもらって、債権譲渡登記はファクタリング会社に任せるのというのが基本的なパターンとなります。

 

ファクタリングには債権譲渡登記が必要となることが多い

 

 

3社間ファクタリングの場合

3社間ファクタリングは資金調達希望者、ファクタリング会社、そして、売掛先企業の3社間で行うファクタリングです。2社間ファクタリングに比べて、「売掛先企業」が含まれるのが特徴です

 

資金調達希望者とファクタリング会社の間で条件の合意ができれば、売掛先企業に債権譲渡の合意をもらってからファクタリング契約を締結し、利用者側に入金されます。

 

理屈としては、資金調達希望者と売掛先企業との契約書で、債権譲渡に関する制限を設定していなければ、売掛先企業の同意までは必要なく、債権を譲渡した通知を行うだけで良いものとなります。

 

しかし、実際には勝手に売掛金を譲渡すると、利用者と売掛先企業の間の関係性が悪化することが考えられますし、債権を回収できない可能性もあるので、売掛先の同意をファクタリング会社は求めることが多くなります。

 

取引先の同意には時間がかかるため、即日資金調達は難しくなりやすいのが3社間ファクタリングの特徴です。

 

取引先に慌てて同意を求めると、資金繰りが厳しいということがばれてしまい、信用不安を引き起こすこともあり得ます。そうなれば、せっかく資金調達ができても、重要な取引先を失うこともあり得ます。

 

 ファクタリングの関連記事

 2社間・3社間ファクタリングの違いは?

 

 

即日資金調達するポイント

以上のファクタリングの手続きを踏まえた上で、即日資金調達に成功するためには何がポイントになるのかについて説明します。

 

書類は事前に準備しておく

まず、ファクタリングのスケジュールの中で、自分でコントロールできるのは問い合わせまでの期間です。即日資金調達をしなければならないのに、当日に問い合わせをしたり、書類を準備したりしていると間に合いません。

 

あらかじめファクタリングの必要がありそうならば、先んじてファクタリング業者の選定や、必要書類の準備だけは行っておいた方が良いでしょう。

 

特に商業登記簿謄本や印鑑証明書などが必要になる場合は、法務局から書類を取り寄せる必要があるので、直接法務局に取りに行くか、数日郵送で送られてくるのを待つことになります。

即日で資金調達するには必要な書類を事前準備しておいた方が良いでしょう。

 

 ファクタリングの関連記事

 ファクタリングで必要な書類はこちらで確認

 

 

2社間ファクタリングを利用する

即日で資金調達したい場合は2社間ファクタリングの方が便利です。

 

3社間ファクタリングの場合は、売掛先の会社から債権譲渡の同意をもらう必要があるので、書類の郵送・返送などの作業だけでも数日のタイムラグが発生してしまいます。

また、売掛先企業の同意に関しても、依頼して即日可否の判定が得られるとは限りません。取引先からの反応として、同意を依頼して、即日では回答を得られないこともあります。

 

よって、即日資金調達を狙うなら、2社間ファクタリングを利用することになります。

 

 

即日調達可能な会社を探す

最後に、当然のことですが、即日調達可能な会社にファクタリングを依頼する必要があります。どのファクタリング会社でも即日でファクタリングしてくれるわけではありません

 

会社によっては、ホームページを見ると、即日資金調達が不可能な会社も散見されますし、問い合わせをすると、即日ファクタリングの条件が厳しくて、実際には即日ファクタリングを利用するのが厳しいということがよくあります。

 

即日でファクタリングにより資金調達をしたい場合は、事前にどのファクタリング会社がどのような条件で即日ファクタリングをしてくれるのかを事前調査しておく必要があります。

 

▼即日資金調達が可能なファクタリング会社

▼ビートレーディング
▼三共サービス
▼エルネストファクタリング




 
当サイトの一番人気
資金運営でお悩みの経営者様へ
10秒簡易審査で条件確認
つなぎ資金の御相談
業界最安水準の手数料

 

 ファクタリングの関連記事

 スピード査定が可能なファクタリング会社の例

 

 

ビジネスローンとどちらがお得?

ファクタリングと並んで、即日で資金調達できる可能性がある資金調達手法がビジネスローンです。両者の使い分け方について説明します。

 

まずはファクタリングとビジネスローンの違いについて説明します。手続き面の違いを除けば、ファクタリングとビジネスローンの違いは大きく分けて3点に分けて説明することができます。

 

 

決算書に与える影響

ファクタリングとビジネスローンでは、利用した時の決算書の見え方が異なります。

貸借対照表上では、ファクタリングを利用すると売掛金が減少して、現預金が増えます。一方で、ビジネスローンの場合は現金が増える代わりに借入金が増えます。

 

貸借対照表の見え方は、ビジネスローンよりも、ファクタリングを利用したときの方が良くなります。貸借対照表における現金の割合の比率や、借入金との比率の見栄えが良くなるからです。

 

ただしファクタリングは手数料が高いですし、損金として一括処理しますので、損益計算書の見栄えはファクタリングを利用した方が悪くなりやすいと考えられます。

 

ファクタリングとビジネスローンの違いを考える

 

資金繰りに与える影響

資金繰りへの影響はビジネスローンの方が良いと言えるでしょう。

ビジネスローンは「借入」ですので資金調達希望者は新たに現金を手にできます

 

一方、ファクタリングは売掛金の早期資金化を行う資金調達方法です。そのため、直近の資金を調達する代わりに、未来の売掛金が無くなってしまいます。ファクタリングは、一時的な資金不足に対応するものとしては有効ですが、常時資金不足に陥っている企業や、事業主には適当ではありません。こういった企業には、安定的・中長期的に使用できる「運転資金」が必要です。

 

無計画に、その場しのぎでファクタリングを利用すると、売掛金が入るはずだった月で再度資金繰りに困窮する可能性もあります

 

▼ビジネスローンの例

▼エム・アール・エフ▼ビジネクスト▼不動産担保ローンのトラストホールディングス




資金使途自由な不動産担保ローン
抵当順位不問、借地権・共有持分・底地・収益物件等でも対応可能。

 

 

審査の基準の違い

ビジネスローンもファクタリングも一般的に資金調達コストが銀行融資よりも高いです。

銀行融資もビジネスローンも同じような審査で厳しいか、緩いかの違いなので、会社の財務状態が悪い場合は、ビジネスローンも利用できない可能性があります。

 

一方で、ファクタリングは銀行融資やビジネスローンと違い、売掛金の質を重視して審査を行います。

また、ビジネスローンは自社の信用に基づくので数千万円の資金調達を行うのは困難ですが、ファクタリングならば売掛金さえ持っていれば数千万円の資金調達も可能です。

 

 

両者の使い分け方

基本的には、ビジネスローンを利用した方が、後で資金繰りに困るリスクは低いです。ただし、ファクタリングを行うことによって貸借対照表の見え映えは良くなりますし、返済しなくても良いお金の売掛金の金額に応じて資金調達可能です。

 

銀行融資やビジネスローンの利用を断られた場合や、粗利が高いビジネスだけれども売掛金が現金化するまでの期間が長い業種などはファクタリングが有効です。

 

 ビジネスローンのメリット・デメリット

 

 

相見積もりは必須

なお、即日で資金調達する場合、複数のファクタリング会社や、ビジネスローンを提供してくれるノンバンクなどと並行して相談する必要があります

 

特定の1社のみで相談するのは危険です。ファクタリングやビジネスローンは複数社を平行して相談する相見積もりを行うことが大切です。

 

ファクタリング、ビジネスローンのどちらでも、「審査」は必要ですし、仮に審査に通過するとしても、資金調達のための条件が望ましいものでは無いこともあります。こういったとき、特定の1社のみで相談していると、良くない条件でも飲まざるを得ず、不利な契約を余儀なくされてしまうことになります。

 

一方、複数のファクタリング会社や、ノンバンクと並行して相談しておけば、余裕を持って条件交渉を行うことが可能です。また、複数の調達先と相談していることで、ファクタリング会社や、ノンバンクからも有利な条件を引き出しやすくなります。

 

おすすめのファクタリング会社

悪質ファクタリング会社に騙されず、また、うっかりとファクタリングによる失敗を起こさないためにはファクタリング会社を良く選ぶ必要があります。

 

ここでは現在最もおすすめのファクタリング会社をご紹介します。これからファクタリング会社を選定される方は是非ご参考にしてみてください。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

 三共サービスは特におすすめのファクタリング会社

 最大買取可能額:1億円

 三共サービスはファクタリング利用時に必ず検討対象に加えたい会社

 大手ファクタリング会社

 ファクタリング手数料は業界トップクラスの低水準

 2社間ファクタリングで取引先に知られず資金化も可能

 申込・相談はこちら

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

 ビートレーディングは最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

 知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

 法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能

 債権譲渡登記が不要

 利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社

 どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておきましょう

 申込・相談はこちら

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

 最大買取可能額:5,000万円

 MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

 5,000万円までの大口ファクタリングに対応

 100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応

 スピード審査・即対応が可能。即日資金調達できるファクタリング会社

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用できます。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用できます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

 MSFJへの相談は以下のリンク

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

 ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

 小口専門のファクタリング会社

 個人事業主でも安心して利用可能

 申込・相談はこちら

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

中小企業金融サポートの郵送ファクタリングなら来店不要

 郵送で手続き完結のファクタリング

 申込・相談はこちら

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

 申込・相談はこちら

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

 

まとめ

以上のようにファクタリングで即日資金調達する方法について説明してきました。

ファクタリングの場合、ビジネスローンや銀行融資とは違う基準で審査するので、融資を断られた場合でも、ファクタリングなら資金調達できる可能性があります。

 

ファクタリングの場合、即日での資金調達は可能ですが、事前準備や、知識なく、ただ申込する場合には、即日資金調達も難しくなります。ファクタリングで即日資金調達するには、それなりの準備が必要です。

 

ファクタリングは比較的簡易的に資金調達できる方法ですが、それでも、書類の用意だけでも時間がかかります。

 

ファクタリングで即日資金調達をするためには、事前に必要書類を用意して、見積もりを取るファクタリング会社を選定、2社間ファクタリングを利用することによって即日の資金調達が可能です。

 

 

 

 ファクタリングの関連記事

 スピード査定、即日調達可能なファクタリング会社

 ファクタリングとでんさいの違いとは?

 おすすめファクタリング会社をランキングでご紹介

 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG