個人事業主でも借入できる「ビジネスカードローン」のメリット・デメリットや活用方法をご紹介!

事業資金の借入に使える「ビジネスカードローン」ってご存知ですか?

 

個人が借入できる融資商品に「カードローン」というものがあります。カードローンのメリットは、資金の使い途が原則自由で、一度契約しておけば、限度額の範囲内で何度でも自由に借入・返済ができることです。

 

こんなに便利なカードローンですので、事業資金の借入にも使える「カードローン」があるなら是非欲しいという自営業者は少なくないでしょう。

今回ご紹介する内容

ビジネスカードローンとは?

ビジネスカードローンのメリット・デメリット

ビジネスカードローンの利用が適する人の特徴

 

 

ビジネスカードローンとは?

ビジネスカードローンとは、「カードローン」のように利用できる「ビジネスローン」のことです。カードローンと、ビジネスローンのメリットを併せ持った「良いとこどりの融資商品」として展開されています。

 

カードローンの特徴

カードローンとは、一度審査に通過して契約すると借入専用のカードが渡され、カードを使って借入限度額の範囲内で何度でも自由に借入ができる商品です。つまり、一度審査に通れば、その後は、借入の度に、面倒な申込や審査を経る必要がありません。通常の借入は、その都度審査が必要になるのが普通ですが、カードローンだけは審査なく借入できるのが特徴です。

 

ビジネスローンの特徴

ビジネスローンとは、個人事業主や、中小企業が無担保・第3者保証無で借入できるメリットを持った融資商品です。さらに、審査に要する期間も短く、申込の当日から数日程度で借入することも可能です。

 

ビジネスローンは「事業資金」の借入を目的とした融資ですが、それ以上の資金使途の確認までは求められず、銀行からの融資に比べれば、かなり自由度の高い融資となります。

 

ビジネスカードローンは、このカードローンとビジネスローンの両方のメリットを併せ持った商品です。カードローンのように設定した限度額の範囲内で、何度でも反復して借入・返済が出来ることと、無担保・第三者保証無で事業資金を借入できるのが特徴です。

 

 

何度でも借入可能

ビジネスカードローンのメリットの1つは、カードローンのように何度も反復して借入できることです。このメリットにピンと来ない方もいるかと思いますが、実は相当大きなメリットなのです。

中小企業や、個人事業主にとって資金調達は生命線にもなる問題です。

 

そして、この資金調達を安定させることは非常に難しいのです。銀行融資は、前回借入できたとしても、次回借入できる保証は全くありません。会社の収益が赤字になってしまった、債務超過になったなどの事情があると、融資審査の反応は全く異なってしまうのです。

 

カードローンのように一旦審査に通過すると、その後、限度額の範囲内で自由に借入ができるビジネスカードローンには大きなメリットがあります。すぐに使用する必要がなくても、予備的に限度額だけでも作っておきたい融資商品と言えます(年会費・入会金などは不要です)。

 

ビジネスローンの効果的な活用方法

 

良い時に作っておける

ビジネスカードローンのメリットには、良い時の状況で融資枠を作れるメリットがあります。

中小企業や、個人事業主の経営はどうしても不安定になりがちです。そのため、業況が良く利益の多い年もあれば、逆に赤字になってしまう年もあります。

 

銀行融資では、資金が必要な時に融資審査を受ける必要があるため、タイミングによっては赤字などの状況で審査を受けざるを得ないこともあります。しかし、ビジネスカードローンは、一旦審査に通れば、その後、限度額を保有できる商品のため、都合の良い時に、申込・審査が可能です

 

業況の良い時に審査を受けて、資金が不足する時に借入できるメリットがあります。

 

 

即日借入も可能

大手消費者金融を中心に、カードローンでは申込から審査回答まで最短30分というものもあります。この審査スピード、最短即日融資可能というメリットは、ビジネスカードローンでも維持されています。

ビジネスカードローンでは、必要書類などの準備ができ、審査に通りさえすれば、即日でも借入できるものがあり、大きなメリットがあります。

 

 

総量規制の対象外

カードローンのデメリットに総量規制があります。

総量規制というのは個人が無担保で借入できる上限額を「年収の3分に1」に制限する法律です。年収300万円のかたであれば、借入できるのは100万円となります。個人が大きな金額を借入したい時に障害となってしまう法律です。

 

ビジネスカードローンの関連記事

>>消費者金融からの借入に影響する総量規制とは?

 

 

しかし、ビジネスカードローンには、「総量規制」の対象外で借入できるものがあります。総量規制には、いくつかの例外があり、例外に該当するものは、個人が行う借入であっても、「年収の3分の1」に制限されず借入することができます。

 

総量規制の対象外となるものに、個人事業主が借入する事業資金があります。そのため、個人事業主が借入する事業資金は総量規制で制限されないのです。

 

しかし、通常のカードローンで借入すると、生計費・事業資金の区別も出来ないため、全額が総量規制の対象となってしまい、借入できる金額は年収の3分の1に制限されてしまいます。

 

一方で、ビジネスカードローンで借入する場合は、事業資金の借入になるため、総量規制の対象外として借入できます。そのため、より大きな金額を借入できる可能性が高くなるというメリットがあります(上限額は、各社の審査によります)。

 

ビジネスローンは総量規制の対象外

 

銀行より金利が高い

ビジネスカードローンのデメリットには、銀行の通常融資に比べて金利が高いという点があげられます。ビジネスカードローンの平均的な金利は、10%前後~18%です。

 

中小企業、個人事業主が銀行から借入する融資であれば、5%程度までで借入できるものが多いでしょう。そのため、ビジネスカードローンに中心にした資金調達というのは望ましくありません。急な資金調達に備えた予備や、一時的なつなぎ融資として利用するのが望ましいでしょう。

 

但し、銀行のなかには、ビジネスカードローン(もしくはビジネスローン)を取り扱っている銀行もあります。銀行のビジネスカードローンも無担保・無保証人など、近いメリットを持った商品ですが、その際は、銀行のビジネスカードローンも高めの金利設定がなされていますので、大きな差はありません。

 

ビジネスカードローンとビジネスローンの違い

ここまでビジネスカードローンがどういったものかをご紹介しましたが、中小企業や小規模事業者が利用できる借入にはビジネスローンと呼ばれる融資商品もあります。それでは、ビジネスカードローンとビジネスローンはなにが違うのでしょうか。ここでは、両者の違いについて確認します。

 

ビジネスローンの1つ

ビジネスカードローンもビジネスローンの1つの形態です。つまり、ビジネスカードローン<ビジネスローンと考えれば良いでしょう。

 

ビジネスカードローンはビジネスローンを、カードローンタイプで利用できるようにした1つの借入形態になります。

 

反復して借入できる

一般的なビジネスローンは証書貸付であり、一旦借入した後は返済だけを行っていく契約です。

 

一方、ビジネスカードローンとはカードローンタイプの借入であり、一度契約しておけば契約期間内であれば何度でも借入・返済を反復して行うことができます。また、契約したからと言って、すぐに借入する必要はなく、資金が必要になった時に、必要な金額だけを借入することが可能です。

 

そして、資金に余裕ができた時には完済してしまい、次に必要になった時にあらたに借入を行うことで、支払い利息を減らすことができます。

 

都度の申込・審査が不要

ビジネスカードローンの場合、一度審査に通過して契約しておけば、借入の都度審査を受ける必要がありません。

 

つまり、ビジネスカードローンというのは、契約期間を通じて、いつでも好きな時にお金を借入できる権利を確保しておく契約とも言えます。すぐに借入が必要ない時でも、先に申込・審査に通過しておけば、いざという時に利用できる借入枠を確保することが可能です。

 

 

ビジネスカードローンのメリット・デメリット

ビジネスカードローンのメリット・デメリットを整理すると以下のようになります。

 

ビジネスカードローンのメリット

①一度審査に通ればいつでも借入可能

②総量規制の対象外

③業況の良い時に作っておける

④即日での借入も可能

⑤担保・第3者保証人不要

 

ビジネスカードローンのデメリット

①通常の銀行融資に比べ金利が高い

 

ビジネスカードローンに適する方

ビジネスカードロードのメリット・デメリットを整理して、ビジネスカードローン利用が出来する方をまとめてみましょう。

 

<メリット・デメリット>

①資金調達を安定化させたい方

②将来の調達に備えた保険的な借入枠が欲しい

③急な資金需要に備えて

④銀行融資が受けられなかった方

⑤総量規制の限度を超えて借り入れしたい

 

おすすめビジネスカードローン

実際にビジネスカードローンが利用できるおすすめの商品をご紹介しておきます。是非、こちらで紹介するビジネスカードローンを参考に、ご自身にあった借入先を見つけてみましょう。

 

ビジネクストの事業者ローン

ビジネクストのビジネスカードローン

 

「ビジネクスト」とは、大手消費者金融グループである「アイフル」が、事業性資金の融資を行うことを目的に設立した会社です。つまり、アイフルグループの事業資金用の貸金業者です。

 

大手金融機関の子会社であることから、「良く知らないノンバンクは利用したくない」、「怖い貸金業者は嫌」という経営者にもおすすめできる金融機関となります。「累計で10万円件以上の契約実績がある」のもビジネクストの信用の証です。

 

ビジネクストでは、申込から最短で翌営業日の借入が可能です。資金使途自由、年会費や事務手数料、保証料などの諸費用も不要で借入できます。

 

ビジネクストの借入条件は?

▶ ビジネクストデータ

借入可能額(最大)即日借入対象適用金利担保連帯保証人
1,000万円可能法人企業・個人事業主5.0%~18.0%不要原則不要

 

ビジネクストの事業者ローンでは、50万円~最大1,000万円までの借入が可能です。限度額1,000万円とは、カードローンタイプのビジネスローンでは、業界トップクラスの規模の大きさです。

 

これだけの借入限度額が保有できれば、いざという時の資金需要に対する不安も大幅に減るでしょう。

 

 

ビジネクストに申込できる方

ビジネクストの事業者ローンに借入申込できるのは、「法人」もしくは「個人事業主」となります。ビジネクストの事業者ローンなら、担保や、代表者以外の連帯保証人(第3者保証人)不要で借入できます。

  

ビジネクストへの申込方法

以下のリンクから直接公式ホームページ内の申込画面に移動できます。

WEB上からの申込が可能であり、店舗に行く必要もありません。

 

▼申込専用リンク

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

*必要書類はメール、FAX、郵送のいずれかで提出可能です。

 

申込に必要な書類

ビジネクストの事業者ローンに申込する場合、以下の必要書類を準備しておく必要があります。事前に準備しておけば、申込から借入までスムーズに進みますので、準備しておきましょう。

 

<法人が申込する場合>

・代表者ご本人様を確認する書類

・決算書

※その他必要に応じた書類(ビジネクストから依頼があった場合)

 

<個人事業主が申込する場合>

・ご本人様を確認する書類

・確定申告書

・当社所定の事業内容確認書

※その他必要に応じた書類(ビジネクストから依頼があった場合)

 

 

ビジネスローンの利用が適する方の特徴

 

アコムのビジネスカードローン

最初におすすめするのは、アコムの「ビジネスサポートカードローン」です。

アコムのビジネスサポートカードローンの特徴は、最大300万円までの事業性委金を、12.0~18.0%の範囲内の金利で借入できることです。

 

もちろん、アコムのビジネスサポートカードローンは最短即日借入可能や、限度額の範囲内で反復して借入できるといったカードローンのメリットもそのままに残しています。さらに、ビジネスサポートカードローンは、個人事業主が、年収の3分の1の制限(総量規制の制限)を受けずに借入可能です(借入金額の上限は、アコムの審査で決定します)。

 

なお、アコムのビジネスサポートカードローンの特徴は、通常のカードローンから、ビジネスサポートカードローンへの切り替えもできることです。アコムへの申込・審査が必要ですが、既に保有しているカードローンを切り替えたり、先にカードローンを契約しておいて、後日、ビジネスサポートカードローンに切り替えすることができます。

 

そのため、個人事業主が、かなり自由度の高い目的で、事業資金を調達できるというメリットのある商品になります。

 

<ビジネスサポートカードローン>

貸出先アコム
借入できる方個人事業主(法人・法人代表者は不可)
借入限度額300万円
適用金利12.0%~18.0%
総量規制対象外(年収の3分の1以上可能)
即日融資可能
担保・連帯保証人不要
入会金・年会費不要

 

必要書類

アコムのビジネスサポートカードローンを申込みする際に必要となる書類は以下となります。事前に準備されておくのがおすすめです。

 

・本人確認書類(運転免許証など)

・直近の確定申告書

・(100万円以上の申込/青色申告時)直近1期分の「青色申告決算書(写し)」

・(100万円以上の申込/白色申告時)直近1期分の「収支内訳書(写し)」

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

 

プロミスの「自営者カードローン」

プロミスも個人事業主が借入できるビジネスカードローンを用意しています。プロミスのビジネスカードローンは、「自営者カードローン」です。プロミスの自営者カードローンも、ビジネスカードローンのメリットを総じて取りそろえた商品内容となっています。

 

プロミスは、自動契約機の利用時間が他社に比べて長い(平日土日祝日含めて9時~22時)ため、即日融資を希望する場合にも可能性は高くなります。

アコムのビジネスサポートカードローンと比較的似通った商品性ですが、金利はプロミスの方が、わずかに低く設定されています。

 

<自営者カードローン>

貸出先SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
借入できる方個人事業主(法人・法人代表者は不可)
借入限度額300万円
適用金利6.3%~17.8%
総量規制対象外(年収の3分の1以上可能)
即日融資可能
担保・連帯保証人不要
入会金・年会費

不要

 

必要書類

プロミスの自営者カードローンで必要となる書類は以下となります。

 

・本人確認書類(運転免許証など)

・直近の確定申告書

・(100万円以上の申込/青色申告時)直近1期分の「青色申告決算書(写し)」

・(100万円以上の申込/白色申告時)直近1期分の「収支内訳書(写し)」

・事業実態を証明する資料(営業許可証、受注証など)

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 

 

大きな金額が必要なら・・

ビジネスカードローンで賄い切れない、さらに大きな金額の資金調達が必要な時には、「ファクタリング」や、「ビジネスローン」での借入という方法もあります。

法人企業向けの売掛金をお持ちであれば、ファクタリングによる資金調達という方法もあります。ファクタリングであれば、赤字・債務超過でも資金調達できる可能性があります。

 

ビジネスカードローンの関連記事

>>近年注目が集まっているファクタリングとはなにか?

>>おすすめファクタリング会社の一覧

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

売掛金をお持ちでない方には、ビジネスローンのお申込みがおすすめです。

ビジネスカードローンよりも、大きな金額を数日で借入できる可能性があります。

 

ビジネスカードローンの関連記事

>>ビジネスローンとは?

 

まとめ

大手消費者金融が貸出を行う融資商品に「ビジネスカードローン」があります。ビジネスカードローンは、カードローンとビジネスローンのメリットを両方併せ持つ融資商品です。

 

資金繰りに困っていない時に契約しておけば、いざという時に、審査を経ずに、すぐに借入することも可能となります。

 

ビジネスカードローンの最大のメリットは、個人事業主が急な資金調達を要する時に、いつでも、すぐに借入できるようになることです。いざという時の保険として、ご準備されておいてはいかがでしょう。

 

 

ビジネスカードローンの関連記事

>>ビジネスカード(法人クレジットカード)とは?

>>プロパー融資を借りる方法

>>信用保証協会を活用して借入する方法

 

▼事業資金のご案内 
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG