個人事業主でも借入できる「ビジネスカードローン」のメリット・デメリットや活用方法をご紹介!

カードローン・フリーローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

事業資金の借入に使える「ビジネスカードローン」ってご存知ですか?

個人が借入できる方法に「カードローン」があります。カードローンのメリットは、資金の使い途が原則自由で、限度額の範囲内で何度でも、自由に借入・返済ができることです。

便利なカードローンですが、事業資金の借入にも使える「カードローン」があるなら、さらに便利ですよね。

 

 

ビジネスカードローンとは?


ビジネスカードローンとは、「カードローン」のように利用できる「ビジネスローン」のことです。つまり、カードローンと、ビジネスローンのメリットを併せ持った融資商品として展開されている借入です。

 

カードローンとは、一度審査に通過して契約すると、借入専用のカードが渡され、カードを使って、借入限度額の範囲内で、何度でも自由に借入ができるメリットのある商品です。

つまり、一度審査に通れば、その後は、借入の度に、面倒な申込や審査を経る必要がありません。通常の借入は、その都度審査が必要になるのが普通ですが、カードローンだけは審査なく借入できるのが特徴です。

 

ビジネスローンとは、個人事業主や、中小企業が無担保・第3者保証無で借入できるメリットを持った融資商品です。ビジネスローンは、「事業資金」の借入を目的とした融資ですが、それ以上の資金使途の確認までは求められず、銀行からの融資に比べれば、かなり自由度の高い融資となります。

 

ビジネスカードローンは、このカードローンとビジネスローンの両方のメリットを併せ持った商品です。カードローンのように設定した限度額の範囲内で、何度でも反復して借入・返済が出来ることと、無担保・第三者保証無で事業資金を借入できるのが特徴です。

 

 

何度でも借入可能


ビジネスカードローンのメリットの1つは、カードローンのように何度も反復して借入できることです。このメリットにピンと来ない方もいるかと思いますが、実は相当大きなメリットなのです。

中小企業や、個人事業主にとって資金調達は生命線にもなる問題です。

 

そして、この資金調達を安定させることは非常に難しいのです。銀行融資は、前回借入できたとしても、次回借入できる保証は全くありません。会社の収益が赤字になってしまった、債務超過になったなどの事情があると、融資審査の反応は全く異なってしまうのです。

 

カードローンのように一旦審査に通過すると、その後、限度額の範囲内で自由に借入ができるビジネスカードローンには大きなメリットがあります。すぐに使用する必要がなくても、予備的に限度額だけでも作っておきたい融資商品と言えます(年会費・入会金などは不要です)。

 

 

良い時に作っておける


ビジネスカードローンのメリットには、良い時の状況で融資枠を作れるメリットがあります。

中小企業や、個人事業主の経営はどうしても不安定になりがちです。そのため、業況が良く利益の多い年もあれば、逆に赤字になってしまう年もあります。

 

銀行融資では、資金が必要な時に融資審査を受ける必要があるため、タイミングによっては赤字などの状況で審査を受けざるを得ないこともあります。しかし、ビジネスカードローンは、一旦審査に通れば、その後、限度額を保有できる商品のため、都合の良い時に、申込・審査が可能です。

 

業況の良い時に審査を受けて、資金が不足する時に借入できるメリットがあります。

 

 

即日借入も可能


大手消費者金融を中心に、カードローンでは申込から審査回答まで最短30分というものもあります。この審査スピード、最短即日融資可能というメリットは、ビジネスカードローンでも維持されています。

ビジネスカードローンでは、必要書類などの準備ができ、審査に通りさえすれば、即日でも借入できるものがあり、大きなメリットがあります。

 

 

総量規制の対象外


カードローンのデメリットに総量規制があります。

総量規制というのは個人が無担保で借入できる上限額を「年収の3分に1」に制限する法律です。年収300万円のかたであれば、借入できるのは100万円となります。個人が大きな金額を借入したい時に障害となってしまう法律です。

 

<関連記事>

 

しかし、ビジネスカードローンには、「総量規制」の対象外で借入できるものがあります。総量規制には、いくつかの例外があり、例外に該当するものは、個人が行う借入であっても、「年収の3分の1」に制限されず借入することができます。

 

総量規制の対象外となるものに、個人事業主が借入する事業資金があります。そのため、個人事業主が借入する事業資金は総量規制で制限されないのです。

 

しかし、通常のカードローンで借入すると、生計費・事業資金の区別も出来ないため、全額が総量規制の対象となってしまい、借入できる金額は年収の3分の1に制限されてしまいます。

 

一方で、ビジネスカードローンで借入する場合は、事業資金の借入になるため、総量規制の対象外として借入できます。そのため、より大きな金額を借入できる可能性が高くなるというメリットがあります(上限額は、各社の審査によります)。

 

 

銀行より金利が高い


ビジネスカードローンのデメリットには、銀行の通常融資に比べて、金利が高いという点があげられます。

ビジネスカードローンの平均的な金利は、10%前後~18%です。

 

中小企業、個人事業主が銀行から借入する融資であれば、5%程度までで借入できるものが多いでしょう。そのため、ビジネスカードローンに中心にした資金調達というのは望ましくありません。急な資金調達に備えた予備や、一時的なつなぎ融資として利用するのが望ましいでしょう。

 

但し、銀行のなかには、ビジネスカードローン(もしくはビジネスローン)を取り扱っている銀行もあります。銀行のビジネスカードローンも無担保・無保証人など、近いメリットを持った商品ですが、その際は、銀行のビジネスカードローンも高めの金利設定がなされていますので、大きな差はありません。

 

 

ビジネスカードローンのメリット・デメリット


ビジネスカードローンのメリット・デメリットを整理すると以下のようになります。

 

ビジネスカードローンのメリット

①一度審査に通ればいつでも借入可能

②総量規制の対象外

③業況の良い時に作っておける

④即日での借入も可能

⑤担保・第3者保証人不要

 

ビジネスカードローンのデメリット

①通常の銀行融資に比べ金利が高い

 

 

ビジネスカードローンに適する方


ビジネスカードロードのメリット・デメリットを整理して、ビジネスカードローン利用が出来する方をまとめてみましょう。

 

<メリット・デメリット>

①資金調達を安定化させたい方

②将来の調達に備えた保険的な借入枠が欲しい

③急な資金需要に備えて

④銀行融資が受けられなかった方

⑤総量規制の限度を超えて借り入れしたい

 

やよいの青色申告オンライン
 やよいの白色申告オンライン
▼申込はこちら▼




 

 

おすすめビジネスカードローン


実際にビジネスカードローンが利用できるおすすめの商品をご紹介しておきます。

 

 

アコムのビジネスカードローン


最初におすすめするのは、アコムの「ビジネスサポートカードローン」です。

アコムのビジネスサポートカードローンの特徴は、最大300万円までの事業性委金を、12.0~18.0%の範囲内の金利で借入できることです。

 

もちろん、アコムのビジネスサポートカードローンは最短即日借入可能や、限度額の範囲内で反復して借入できるといったカードローンのメリットもそのままに残しています。さらに、ビジネスサポートカードローンは、個人事業主が、年収の3分の1の制限(総量規制の制限)を受けずに借入可能です(借入金額の上限は、アコムの審査で決定します)。

 

なお、アコムのビジネスサポートカードローンの特徴は、通常のカードローンから、ビジネスサポートカードローンへの切り替えもできることです。アコムへの申込・審査が必要ですが、既に保有しているカードローンを切り替えたり、先にカードローンを契約しておいて、後日、ビジネスサポートカードローンに切り替えすることができます。

 

そのため、個人事業主が、かなり自由度の高い目的で、事業資金を調達できるというメリットのある商品になります。

 

<ビジネスサポートカードローン>

貸出先 アコム
借入できる方 個人事業主(法人・法人代表者は不可)
借入限度額 300万円
適用金利 12.0%~18.0%
総量規制 対象外(年収の3分の1以上可能)
即日融資 可能
担保・連帯保証人 不要
入会金・年会費 不要

 

 

必要書類


アコムのビジネスサポートカードローンを申込みする際に必要となる書類は以下となります。事前に準備されておくのがおすすめです。

 

・本人確認書類(運転免許証など)

・直近の確定申告書

・(100万円以上の申込/青色申告時)直近1期分の「青色申告決算書(写し)」

・(100万円以上の申込/白色申告時)直近1期分の「収支内訳書(写し)」

 

はじめての方にアコム 最短即日融資も可能
<カードデザイン>
ご相談はこちら▲▶
適用金利(実質年率)借入可能額
3.0%~18.0%1~800万円

 

 

プロミスの「自営者カードローン」


プロミスも個人事業主が借入できるビジネスカードローンを用意しています。プロミスのビジネスカードローンは、「自営者カードローン」です。プロミスの自営者カードローンも、ビジネスカードローンのメリットを総じて取りそろえた商品内容となっています。

プロミスは、自動契約機の利用時間が他社に比べて長い(平日土日祝日含めて9時~22時)ため、即日融資を希望する場合にも可能性は高くなります。

アコムのビジネスサポートカードローンと比較的似通った商品性ですが、金利はプロミスの方が、わずかに低く設定されています。

 

<自営者カードローン>

貸出先 SMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
借入できる方 個人事業主(法人・法人代表者は不可)
借入限度額 300万円
適用金利 6.3%~17.8%
総量規制 対象外(年収の3分の1以上可能)
即日融資 可能
担保・連帯保証人 不要
入会金・年会費

不要

 

 

必要書類


プロミスの自営者カードローンで必要となる書類は以下となります。

 

・本人確認書類(運転免許証など)

・直近の確定申告書

・(100万円以上の申込/青色申告時)直近1期分の「青色申告決算書(写し)」

・(100万円以上の申込/白色申告時)直近1期分の「収支内訳書(写し)」

・事業実態を証明する資料(営業許可証、受注証など)

 

プロミス  
お申込はこちら▼










適用金利(実質年率)最大借入可能額
4.5~17.8%1~500万円

 

 

大きな金額が必要なら・・


ビジネスカードローンで賄い切れない、さらに大きな金額の資金調達が必要な時には、「ファクタリング」や、「ビジネスローン」での借入という方法もあります。

法人企業向けの売掛金をお持ちであれば、ファクタリングによる資金調達という方法もあります。ファクタリングであれば、赤字・債務超過でも資金調達できる可能性があります。

 

<関連記事>

blogcard url=”https://www.ozyouzumoney.online/article/factoring-10.html”]

 

▼ビートレーディング


ビートレーディングのファクタリング
つなぎ資金の御相談はこちら

 

 

売掛金をお持ちでない方には、ビジネスローンのお申込みがおすすめです。

ビジネスカードローンよりも、大きな金額を数日で借入できる可能性があります。

 

<関連記事>

 

 

まとめ


大手消費者金融が貸出を行う融資商品に「ビジネスカードローン」があります。ビジネスカードローンは、カードローンとビジネスローンのメリットを両方併せ持つ融資商品です。

資金繰りに困っていない時に契約しておけば、いざという時に、審査を経ずに、すぐに借入することも可能となります。

ビジネスカードローンの最大のメリットは、個人事業主が急な資金調達を要する時に、いつでも、すぐに借入できるようになることです。いざという時の保険として、ご準備されておいてはいかがでしょう。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

<関連記事>

 

 

▼三共サービス
  




資金運営でお悩みの経営者様へ
売掛金を早期現金化!連帯保証人、担保不要!

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カードローン・フリーローン
カードローンの借り換えで失敗しない秘訣!知らないと逆効果になる借り換えの注意点

カードローンで流行りの「おまとめ」ですが、知らずに行うと大失敗する可能性があります。上手に借り換えする方法をご説明します。

事業資金借入
法人は融資を活用した方が良い?経営者が知っておきたい事業資金融資のメリット・デメリット

法人経営者や個人事業主など、事業を行っている方にとって「融資は活用した方が良い?」という悩みはつきも …

事業資金借入
信用保証協会を活用して借入する方法!!中小企業の強い味方を目一杯活用しましょう

中小企業が利用できる保証協会の制度について説明いたします

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。