ファクタリングは、第3者であるファクター(ファクタリング会社)に、保有している売掛債権を買取ってもらい、代わりに資金を受取ることができる資金調達方法です。

 

ファクタリングは、主に中小企業や個人事業主の資金調達方法として活用されていますが、ファクタリングのリスクや注意点を理解して利用できている方は少ないと思われます。ファクタリングのリスクや、注意点について理解しないままで、ファクター(ファクタリング会社)と契約を結んでしまうと思わぬトラブルとなってしまう危険性があります。

 

ファクタリングに関するトラブルを避けるために、この記事ではファクタリングのリスクと注意点について説明していきます。

今回ご紹介する内容

ファクタリングで注意すべきリスクとは?

ファクタリング利用時の注意点

契約前に確認しておくべき項目

 

 

 

ファクタリングのリスクとは?

ファクタリングは、売掛債権をファクター(ファクタリング会社)に買取ってもらうことによって、その対価として売掛債権の期日よりも前にキャッシュ(現金)を獲得できる方法です。

 

売掛債権を売却して、回収リスクをファクタリング会社に移転することができるので、取引先が、万が一、倒産した場合でも、回収リスクを回避することができるといったメリットがあります。

 

加えて、売掛債権を、本来の回収期日よりも早期に資金化することによって、売掛債権の回収期日前に資金を得ることが可能になります。

 

ファクタリングで資金を得ることで、自己資本比率や、資金効率などの財務内容が改善される効果も期待できます。そのため、ファクタリングの活用方法次第では、銀行や公的機関から融資を受けやすくなるというメリットもあります。

 

ファクタリング手数料が必要

ファクタリングはファクター(ファクタリング会社)に売掛債権を譲渡する取引です。売掛債権は将来会社にキャッシュをもたらす源泉であるため、これを売掛金の回収期日よりも前に資金化できることがファクタリングのメリットです。

 

しかし、銀行融資に利息が必要となるように、ファクタリングでは、ファクター(ファクタリング会社)に対する手数料の支払が必要となります。

 

結果として、売掛債権から手数料が差引かれた額が会社に入金されることになるため、安定的な収益を得られていないような会社の場合、手数料を負担することで、資金繰り悪化のリスクがあることにも注意が必要です。

 

なお、ファクタリングでは、買取を希望する売掛債権の額面の1.0%~10%程度の手数料が標準的な水準となります。しかし、対象となる売掛債権の信用力が低い場合や、悪質なファクタリング会社の場合には、もっと高い手数料を要求されるリスクもあります。

 

そのため、ファクタリングは、緊急で資金の調達が必要な場合には非常に有用ですが、きちんと事業計画や資金繰り表を作って資金繰りを管理しなければなりません。

 

ファクタリングの関連記事

>>ファクタリング手数料の相場や計算方法

 

 

取引先の回収リスク

また、ファクタリングを利用する場合には、ファクタリング契約書をしっかりと注意して確認しておく必要があります。

 

特に、売掛債権を支払う取引先企業が倒産した場合に、ファクタリング利用者と、ファクタリング会社のどちらがリスクを負担するかは重要です。

 

ファクタリング契約の内容によりますが、ファクタリングを使用した後、取引先が倒産してしまった場合には、償還請求(リコース)が行使される危険性があります。

 

多くのファクタリング会社の場合、売掛債権の回収リスクはファクタリング会社が負う契約になっていますが、なかには、ファクタリング利用者にリスクを負荷させるファクタリング会社も存在します。

 

仮に、取引先が倒産して、ファクタリング利用者に償還請求がなされた場合には、取引先の債権を自社が召喚しなければなりません。つまり、ファクタリングで調達した資金を返金する必要が出てきます。

 

ファクタリングで得た資金は、既に資金繰りに利用していることが想定されますので、資金の返還を求められると、資金繰りを悪化させてしまうリスクが高くなります。回収リスクをどちらが負うかを確認しておかないと、後で大きなトラブルになる危険性があることを理解しておきましょう。

 

そのため、ファクタリングを活用する場合には、ファクタリング契約の内容を良く確認しておく必要があります。

 

ファクタリングの関連記事

>>ファクタリング契約で注意しておくべきポイント

 

 

利用できない売掛金もある

さらに、ファクタリングを利用したくても、そもそも所有している売掛金の取引先の信用度が高く無いことから、審査に通らず、ファクタリングを利用できないリスクもあります。

 

ファクタリングは売掛債権をファクター(ファクタリング会社)が買い取ることで資金調達できる方法です。前述の通り、一般的なファクタリングでは、ファクタリング実施後の取引先の倒産リスクはファクタリング会社が負うことになります。

 

そのため、ファクタリング会社にとっては、取引先が支払期日に入金してくれそうかどうかが非常に重要な問題です。

 

ファクタリング会社にとっては、売掛債権を買取ったものの、売掛債権を支払う取引先が倒産したり、期日を過ぎても支払が行われなかったりしたような場合には、大きな損をすることになってしまいます。

 

それを防ぐために、ファクタリング会社は取引先の信用度の審査を行います。結果として、取引先の信用度が低くく、リスクが高いと判断される場合には、ファクタリング契約を結ぶこと自体ができないリスクがあるため、注意が必要です。

 

審査の結果、問題なく取引先の売掛債権が回収できるとファクター(ファクタリング会社)が判断すれば、貸倒れリスクも低いことから手数料も低くなりますが、不安要素があるような場合には、手数料が高くなってしまうこともあります。

 

この点をきちんと理解した上で、ファクタリングを利用することが大切です。

 

ファクタリングの関連記事

>>ファクタリングの対象にならない売掛金とは?

 

 

ファクタリング利用時の注意点

ファクタリングを行う際には、いくつか注意したいことがあります。以下では、ファクタリングの注意点について確認しておきましょう。

 

ファクタリング手数料が必要

まず、ファクタリングを利用する場合には、手数料を支払わなければならないということです。

 

ファクタリングの場合、金融機関や公的機関から融資を受ける場合よりも割引率が高く設定されていることが多いため、割高の手数料を支払わなければなりません。

 

ファクタリングは、銀行融資で審査に落ちた方や、銀行融資が間に合わないような緊急の資金調達に利用されることが多く、ファクタリング会社にとっても、リスクの高い取引となります。

そのため、必然的にファクタリング手数料の水準も高くなってしまうのです。

 

ファクタリングを活用すれば、売掛債権を期日よりも前に資金化することができますが、その分ファクタリング会社に割高の手数料を支払わなければならないので注意が必要です。

 

ファクタリングの関連記事

>>手数料水準の低いファクタリング会社の探し方

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

売掛債権を所有している必要がある

次に、ファクタリングを利用するためには、売掛債権を自社が所有していることが前提となります。そのため、小売業などのように現金商売のケースなど、そもそも、自社に売掛債権が存在しなかったり、譲渡済みであったりする場合にはファクタリングを利用することはできません。

 

そのため、ファクタリングを活用したとしても、自社が所有する売掛債権額を超えて資金を調達することはできないことをきちんと理解しておく必要があります。

 

金融機関や公的機関から融資を受ける場合とは異なり、ファクタリング取引は信用取引ではありません。あくまで、保有している売掛債権を売却することによる資金調達方法であり、売掛債権額が上限となることに注意が必要です。

 

なお、銀行融資に落ちてしまったけども、売掛債権も保有していないという事業者の場合、貸金業者が行っている「ビジネスローン」の活用を検討してみましょう。

 

ビジネスローンは融資の1種ですが、銀行融資に比べれば、審査結果が早く、資金繰りに活用したいのが特徴です。

 

▼エム・アール・エフ▼ビジネクスト▼不動産担保ローンのトラストホールディングス




資金使途自由な不動産担保ローン
抵当順位不問、借地権・共有持分・底地・収益物件等でも対応可能。

 

ファクタリングの関連記事

>>銀行融資よりも利用しやすいビジネスローンとは?

 

 

取引先への通知要否に注意

ファクタリングには、2社間ファクタリングと、3社間ファクタリングという2つのファクタリング方式があります。それぞれのファクタリング方式の違いは、売掛債権を支払う取引先を契約に含めるかどうかの違いです。

 

3社間ファクタリングを利用する場合、取引先の売掛債権がファクター(ファクタリング会社)に譲渡されたことが通知されることになります。

 

3社間ファクタリングを活用すると、売掛債権の譲渡が通知されることによって、取引先に資金繰りに困っていると思われてしまい、今後の取引に影響が出る場合があります。会社間の取引においては掛取引が多いことから、取引先との信頼関係は非常に重要です。

 

ファクタリングを活用する場合には、取引先にファクタリングを利用したことが通知されるかどうかについて、ファクターとの契約の前に十分確認しておくことが大切です。

 

ファクタリングの関連記事

>>2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違い

 

 

債権譲渡登記の要否に注意

さらに、ファクタリングを利用する場合には、取引先との取引内容や、買取を希望する債権額によって「債権譲渡登記」が必要となることがあります。

 

債権譲渡登記とは、債権をファクタリング会社に譲渡したことを公的に証明するためのものです。その手続に時間とコストがかかることがあるので注意が必要です。

 

ファクタリングの関連記事

>>債権譲渡登記不要で利用できるファクタリング会社

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

悪質ファクタリング会社のリスク

最後に、ファクター会社の中には、悪徳なファクター会社も存在しますので注意が必要です。

 

ファクタリング会社が事業を行うには、特別な許認可は必要ありません。そのため、銀行や、貸金業者などに比べて、規制が少ないという特徴があります。ファクタリング会社に対する規制が、まだまだ規制が整備されていないことから、実際に悪徳なファクタリング会社も存在しています。

 

悪質なファクタリング会社と取引を行うと、本来必要な金額以上のファクタリング手数料を求められたり、詐欺まがいの行為を行われるリスクもあります。

 

そのため、悪質なファクタリング会社に騙されないように、ファクタリング会社を良く選別することと、加えて、契約内容を良く確認することが必要です。

 

ファクタリングの関連記事

>>おすすめファクタリング会社の一覧

>>悪質ファクタリング会社にだまされ無い注意点

 

 

おすすめのファクタリング会社

悪質ファクタリング会社に騙されず、また、うっかりとファクタリングによる失敗を起こさないためにはファクタリング会社を良く選ぶ必要があります。ここでは現在最もおすすめのファクタリング会社をご紹介します。これからファクタリング会社を選定される方は是非ご参考にしてみてください。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

最大買取可能額:1億円

ファクタリング利用時に必ず検討対象に加えたいのが三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が、業界トップクラスに低いことです。

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

業界トップクラスの低手数料水準

2社間ファクタリング可能

最短で翌日の現金化が可能

最大1億円までのファクタリングに対応

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

2社間ファクタリング可能

最短即日の現金化も可能

業界最大規模のファクタリング実績

大手ファクタリング会社

法人・個人のどちらも利用可能

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

▼MSFJへの相談は以下のリンク

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用できます。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

解りやすい手数料方式

2社間ファクタリングで即日の現金化可能

個人事業主も利用可能

赤字・債務超過でも利用可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

小口でも利用しやすいファクタリング会社

ファクタリング会社への来店不要

売掛先への通知なし

 

中小企業金融サポート

中小企業金融サポートの郵送ファクタリングなら来店不要

郵送で手続き完結のファクタリング

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

 

まとめ

ファクタリングは債権流動化の一つの方法としてメリットの多い手法として認識されています。しかし、ファクタリングを利用する場合には、そのリスクと注意点をきちんと理解しておかなければなりません。

 

ファクタリングを利用する場合に特に注意したいことは、ファクタリング手数料の高さです。金融機関や公的機関から融資を受けた場合に支払わなければならない利息の利率と比較すると、ファクタリングを利用する場合に支払わなければならない手数料は一般に高くなります。

 

そのため、ファクタリングを活用する場面は、資金繰りがどうしても苦しい場合や急に資金が必要である場合に限定しなければなりません。

 

ファクタリングには収益の先取りという側面があることは否めないので、この点をきちんと理解した上で、ファクタリングを利用するようにしましょう。

 

 

ファクタリングの関連記事

>>大手ファクタリング会社の一覧

>>口コミ・評判で選ぶ人気ファクタリング会社一覧

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG