住宅ローンの借入金利はいつ決まる?

カードローンの使用限度額を増額して究極の1枚を作ろう!やらなきゃ損の利用術

ついつい便利だからと、カードローンを普段使いしていると、いつの間にか借入額が積み重なって、気づいた頃には予想以上の借入残高を利用してしまっているなんてこともあるでしょう。カードローンでの借入をあてにしていたら、既に使用限度額一杯まで利用していて、欲しい金額を借り入れることができなかったなんて話も良く聞きます。

 

カードローンの使用限度額で困らないために、使用限度額を増額したり、金利を低下させるなど、カードローンのスペックを高めて、さらに利用しやすくする情報を解説します。

 

 

 

 

カードローンの使用限度額の決まり方

最初にカードローンの使用限度額の決まり方からご説明します。どうやって使用限度額が決まるのかが解らないと増額することはできません。

 

銀行や、信販会社など、カードローンの発行会社がどのように使用限度額を決定しているかご存知でしょうか。カードローンの使用限度額を決定づける主要な要素は以下の3つです。

 

1.総量規制に基づき決定

2.カードローン商品としての借入限度額

3.年収や勤務先などの審査で決定

 

それでは、上記の使用限度額を決定づける3つの要素について、順番に確認していきましょう。

 

 

総量規制に基づき決定

カードローンを申込みする先が消費者金融や、信販会社などの貸金業者の場合、「貸金業法」という法律に従って営業しています。貸金業法のなかには、「総量規制」という規則があり、貸金業者からお金を借入できるのは、年収の3分の1までと決められています。

 

総量規制では、個人が貸金業者のカードローンで無担保借入を利用する場合、年収の3分の1が上限額となります。

 

例えば、年収300万円の人であれば、100万円がカードローンで借りることのできる上限金額となります。法律上の規制ですので、カードローン会社の裁量で、この上限額を超えて融資することはできません。つまり、使用限度額が100万円を超えることはないということです。

 

<関連:カードローンを規制する総量規制とは?>

>>借入可能額の影響する総量規制の詳細

 

なお、銀行のカードローンでは銀行法に従っており、貸金業法には関係なく融資しています。そのため、銀行カードローンは、この総量規制に従う必要がなく、3分の1という上限額はありません。

 

法律上の規制で言えば、銀行カードローンでは年収によって借入金額が制限される必要はないことになります。しかし、近年、銀行カードローンも総量規制の影響を受け始めています。

 

これまで、銀行カードローンは、総量規制が無いことを良いことに、消費者金融が貸付できない方に大量に融資を行っていました。銀行が無制限に貸付しすぎであり、過大な負債を抱える債務者を増やしていると問題視した金融庁が指導するようになりました。

 

そのため、大手銀行を中心として、自主規制により総量規制に準じて融資を行うようになっています。そのため、大手銀行のカードローンでは、年収の3分の1を超えて借入することは難しくなっています。

 

<関連:銀行カードローンも総量規制の影響を受ける?>

>>銀行カードローンの自主規制とは?

 

カードローンで大きな金額を借入したいという方は、「地方銀行のカードローン」がおすすめです。地方銀行は、大手銀行ほどには自主規制を厳しく行っていません。

 

以下の静岡銀行は、インターネット経由で全国から申込可能な地方銀行カードローンです。

 

 

 

カードローン商品の借入限度額

カードローンで借りられる借入の限度額の上限は、銀行や消費者金融など、それぞれの会社ごとで定められています。各社のカードローン商品としての使用限度額ということです。

 

例えば、消費者金融は銀行カードローンに比べると、借入限度額の上限が低めで、およそ500~800万円程度が平均的な使用限度額の上限になります。

 

但し、総量規制によって年収の3分の1の金額までしかカードローンでの借入ができないことや、契約当初は、審査を行ったとは言え、どうしても借入人の信用力に未知数の部分が多いため、カードローンの借入限度額が商品上の限度額一杯まで認められることは無いでしょう。

 

特に、カードローンの使用限度額は、契約後の利用状況や、信用力に応じて増額するという考え方もあるため、契約時から大きな金額が認められることは少なく、徐々に増額していくことになります。

 

 

銀行カードローンは、消費者金融に比べると、商品上の使用限度額の上限は高く設定されています。銀行カードローンの中には、借入限度額の上限を、800~1,000万円程度という高額に設定しているものもありますので、高額な金額を借入できる可能性があります。

 

しかし、銀行カードローンも自主規制として、総量規制に準じて運用されています。そのため、カードローンの商品上の限度額まで借入できることは少ないと言えるでしょう。

 

カードローンの商品上の限度額は消費者金融であっても、銀行カードローンであっても、一般的な方(平均的な年収400~500万円前後、もしくはそれ以下の方など)の場合、特に問題となることはありません。

 

 

収入や勤務先などから決定

誰でもカードローンを設定すれば借入の限度額まで借りることができるわけではありません。申込者が借入できる金額は、最終的にカードローン発行会社の審査によって、使用限度額が判断されます。

 

カードローン審査の主なポイントとしては、以下のような点があげられます。

 

①年収

②勤続年数

③勤務先

④雇用形態(正社員、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトなど)

⑤他社からの既存借入の残高

⑥個人信用情報の金融事故の有無(延滞履歴など)

 

以上のような点を踏まえて、カードローンは審査が行われ、利用可否や、借入限度額も決定されることになります。

審査では総合的に判断されますが、各社とも具体的な審査内容は公表されていないのが実状です。

 

また、カードローンの使用限度額の決定以前に、そもそも、カードローンの利用可否を決める審査があります。こちらは、会社員などの一般サラリーマンはもちろん、例え年収が低くても、パートやアルバイトでも安定した収入源さえあれば、カードローン自体の利用は可能です。

 

事前にカードローン使用限度額の審査があるのは、銀行や消費者金融が、自社の回収リスクを減らすためです。つまり、当たり前ではありますが、返済能力が低い人に対して、返済能力を上回るような高額の融資をすることを避けているのです。

 

この返済能力を測る一つの目安が年収になります。そのため、年収が高ければ高いほど、返済能力も高いと見なされ、それに見合ったカードローンの利用限度額が認められるようになります。

 

上記のような、審査ポイントを総合的に勘案され、最終的なカードローンの使用限度額は設定されています。

 

収入や勤務先が借入限度額に影響する

 

カードローン適用金利はどう決まる?

カードローンを借りる際に、もう1つ気になる重要な要素は「金利」でしょう。

 

金利とは、言葉の通り、カードローンで借入したお金を返す際の利息に相当します。当然、金利が高くなれば、借入金額に対して、返済時の金額は大きくなっていきます。そのため、少しでもお得に利用したいなら、金利を低く抑えることが大切になります。

 

現在、多くの金融機関では、この利子について実際の融資額ではなく、利用した上限額によって金利が変動するシステムが採られています。

 

 

使用限度額で金利が変わる

利用限度額で金利が変わるというのは、どういうことでしょうか。具体例をもとに、カードローンの借入限度額と、適用金利の関係について解説していきましょう。

 

ここでは、人気のある「SMBCモビット」のカードローンを例として解説します。

 

例えば、大手消費者金融会社のSMBCモビットでは、下限金利が3.0%、上限金利が18.0%(※50万円以下の限度額の場合)が適用され、100万円以上の限度額になる場合には、12~15%程度の金利になります。カードローンの使用限度額が大きくなることで、適用金利は下がるのです。

 

その他にも、カードローンの借入限度額が大きくなるほど、適用金利は低い水準になるように調節されているものがあります。特に、銀行カードローンでは、限度額が大きくなるにつれて、段階的に適用金利が低くなるものが多くなります。

 

そのため、金利を減らすコツとしては、使用限度額を上げておくことが大切です。カードローンは、一旦契約した後でも、使用限度額を増額することが可能です。銀行や、消費者金融に申込すれば、審査を経て、増額してもらえることがあるのです。

 

使用限度額の増額であれば、金利に関する特別な交渉を行わなくても、限度額が増額された際に自動的に金利も低下します。

 

カードローンの使用限度額の増額申込の方法は、利用するカードローン商品毎に異なりますので確認が必要です。ホームページを通じて、インターネット経由で申込できるものや、直接、電話して申込するものがあります。

 

なお、カードローンの使用限度額の増額交渉には、取引実績から生まれる信頼関係が重要となってきますので、最低でも6ヶ月以上の利用がないと、使用限度額の増額交渉に応じてくれる可能性は低くなります。

 

<関連:カードローンの借入限度額を増額する方法>

銀行カードローンの限度額を大きく増加させ、たくさん借りる方法!!銀行をうまく活用するコツ教えます!?

 

<関連:静岡銀行カードローンの増額申込方法>

知らないと損する!?静岡銀行カードローン「セレカ」で借入限度額を増額する方法!!

 

 

使用限度額増額の注意点

もし、どうしてもカードローンの使用限度額以上の金額が必要になった場合にはどうすれば良いのでしょうか?前述の使用限度額の増額も1つの手段ですが、注意点もありますので確認しておきましょう。

 

使用限度額の上限額の引き上げを希望する場合には、カードローン会社での「審査」が必要です。

 

 

使用限度額の増額には審査が必要

カードローンの使用限度額の上限をあげたい、その場合には「審査」が必要です。しかし、増額の審査を受ける前に注意しておきたいことがあります。

 

なぜなら、当初カードローン契約をした際の審査時から、年収が減っていたり、他社からの借入額が増加しているなどの場合、銀行や消費者金融からの信用度が下がり、使用限度額を増額してもらえるどころか、逆に、使用限度額が減額されてしまうこともあるためです。

 

そのため、カードローンの使用限度額の増額を申請する場合には、現状を見極めて慎重に判断することをお勧めします。ご自身の状況(主に、年収と他社借入、返済状況に延滞がある場合など)を確認して、悪化している場合は、増額の申込は避けた方が良いでしょう。

 

 

増額の提案をもらった時はチャンス

日頃からカードローン会社の信用を高めておくと、逆に自ら増額の申請をしなくても「増額の提案」や「金利引き下げのお知らせ」等が届くこともあります。

 

基本的には上記のように増額申請、金利引き下げ交渉には厳格な審査が伴いますが、これらのお知らせが来た場合には、有効な信頼関係が築けていると思ってまず問題ないでしょう。なので、この時点で数十万円程度の増額の申込をすれば、よほどの事がない限りは審査に通ると思われます。

 

銀行や、消費者金融も、カードローンの利用状況や、当初契約時の情報から、審査に通る可能性が高い方を抽出して、増額の提案を行っているためです。銀行や消費者金融から使用限度額の増額提案が届いた場合は、増額のベストタイミングでもありますので、この機会を有効に活用しましょう。

 

 

複数会社への同時申込は避ける

なお、増額申請を行う際には、以前よりも審査によって限度額が下がってしまうリスクの他にも、あまり知られてはいませんが、別の注意点もあります。

 

カードローンの増額申込にも審査が行われるため、個人信用情報も確認されます。個人信用情報を照会されると、その後の半年程度は、個人信用情報に照会履歴が残ります。照会履歴は、本来は悪い情報という訳ではありませんが、相談していることが他の金融機関にも判明する原因になります。

 

しかし、銀行や、消費者金融は、同時に複数の借入を相談される方を敬遠する傾向にあります。そのため、使用限度額の増額申込をしながら、他のカードローンでも同様の相談をしたり、あらたに新規申込をするのは難しくなります。

 

つまり、A社でカードローンの増額申請を出した後に、B社で増額申請を出しても、信用情報機関を通じてB社にも照会履歴が判明します。

 

複数社での増額申請は「お金に困っている」とも判断されて増額申請が通ることは難しくなるのです。個人信用情報の照会履歴が残るのは、通常6ヶ月程度です。その後は、リセットされて、照会履歴もなくなります。

 

カードローンは複数会社に同時申込しない方が良い

 

増額が駄目なら新規申込

前述の通り、カードローンの使用限度額は増額することも可能です。しかし、審査に通過する必要があるため、必ず認められるとは限りません。審査に落ちて、使用減額が増額できないということもあります。

 

使用限度額の審査に落ちてしまった場合でも、どうしてもお金が必要になることはあります。そんな時には、消費者金融のカードローンを活用して、あらたに使用限度額を増加させるのがおすすめです。

 

消費者金融のカードローンは、銀行カードローンに比べれば審査に通りやすく、利用できる可能性も高くなります。さらに、インターネット申込を通じて、いつでも申込が可能ですし、契約後はコンビニATMを通じて、24時間のキャッシングが可能です。

 

消費者金融のカードローンとしては、以下が大変お勧めです。

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 

 

まとめ

カードローン契約当初から大きな使用限度額を認められることは少なく、契約後の使用実績を積み上げて、銀行や、消費者金融の信用力を高めながら、徐々に使用限度額を増額させていく必要があります。

 

逆に、使用限度額が少ないことで、カードローンの利用に慣れていない時に、支払いが困難になるくらいの金額を借りてしまうというリスクは大きく減ると思います。消費者金融のカードローンは、審査に通りやすい反面、当初契約時の使用限度額は低めに設定されます(平均的には20~50万円程度が多いようです)。

 

カードローンは一度契約すると、その後は使用限度額の範囲内で自由に借入できます。そのため、便利だからと、ついつい借入が増加してしまうこともあります。しかし、いつまでも返済できないでいると、どんどん金利が上乗せされていき返済負担は重くなってしまいますので、「計画的に利用」することが大切です。

 

住宅ローンの借入金利はいつ決まる?
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG