知らないと損する!?静岡銀行カードローン「セレカ」で借入限度額を増額する方法!!

既に静岡銀行カードローン「セレカ」を利用されている方や、これから契約予定だけど限度額が少ないと不満に感じている方に情報です。

 

カードローンの借入限度額を増やしたいなら、新たにカードローンを新規申込して、件数を追加するしかないって思っていませんか?実はそれ以外にも、既存のカードローンの借入限度額を増額する方法があります。新規でカードローンを申込して借入するよりも、限度額を増額する方が、簡単で早くて、そして「お得」なメリットがあるのです。

 

今回は以下のような点を説明します。

追加申込よりも借入限度額を増額する方が良い点

静岡銀行カードローンの借入限度額を増額する方法

増額申込前に注意しておきたい点

増額を認めてもらうための審査のポイント

 

 

カードローンの増額とは?

カードローンの増額とは契約時に決めた借入限度額を契約後に増加させることです。

 

カードローンの初回契約時点で借入限度額が50万円であったとしても、その後、一旦契約して、カードローンの借入限度額を増額させて、100万円、200万円と増やすことができるのです。

 

そして、既に保有しているカードローンの借入限度額を増やすことをカードローンの「増額」と言います。

 

カードローンでもっとたくさん借入したい時、新規のカードローンを申込して新たなカードを1枚持つのも良いでしょう。しかし、それとは別に既存のカードローンの借入限度額を増加させた方が良いメリットというものがあります。

 

今回はカードローンの借入限度額を増額させる方法やそのメリットについて解説します。

 

カードローンの関連記事

 

静岡銀行カードローンは増額できる?

審査はありますが、静岡銀行カードローン「セレカ」でも借入限度額を増額させることが可能です。実際、静岡銀行の公式ホームページ内にも、カードローン「セレカ」の増額を希望する場合の手続きについて記載されています。

 

 

 

以降では、先に静岡銀行カードローン「セレカ」の借入限度額増額の方法やメリットについて解説していきます!!

 

カードローンを増額させるメリット

静岡銀行カードローン「セレカ」の借入限度額を増額させるメリット(他銀行や、消費者金融で新規カードローンの申込をするのに対して)からご紹介していきましょう。

 

静岡銀行カードローン「セレカ」で、借入限度額を増額すると、もちろん、カードローンとして借入できる金額が増加します。しかし、それ以外にも、もっと多くのメリットがあります。静岡銀行カードローンを増額することのメリットは以下のようになります。

 

静岡銀行カードローン「セレカ」の借入限度額を増額するメリット

①借入できる金額が増加する

②金利が低下する可能性がある

③手間暇が増加しない

④審査に通りやすい

⑤追加契約不要ですぐに利用できる

 

借入できる金額が増加する

借入限度額を増加する最も基本的な目的は利用できる金額を増加できることです。

 

いざという時の予備、保険として静岡銀行カードローンを契約している方にとっても、借入限度額は大きい方が安心につながるでしょう。一方、借入限度額を大きくしても、それによって手数料や年会費が発生するということもありません。

 

そのため、いざという時に備えて、セレカの借入限度額をできるだけ大きくしておいた方がメリットも大きくなるでしょう。

 

金利が低下する可能性がある

銀行カードローンでは借入限度額が増加すると借入金利が低下する仕組みになっています。

静岡銀行カードローン「セレカ」では、借入限度額が100万円以内の場合、適用金利は14.5%ですが、100万円超、200万円以内に増額できると12.0%になります(▲2.5%)。

 

さらに、200万円超、300万円以内となると9.0%になり、以降も100万円増額するごとに借入金利は低下していきます。以下の図は借入限度額と金利水準の関係を示しています。こちらを見れば静岡銀行カードローン「セレカ」が借入限度額の増額とともに金利が低下しているのが解りますよね。

 

<静岡銀行セレカの借入限度額と借入金利率の関係>

借入限度額適用金利
100万円以内14.5%
100万円超、200万円以内12.0%
200万円超、300万円以内9.0%
300万円超、400万円以内7.0%
400万円超、500万円以内4.0%

 

手間暇が増加しない

銀行カードローンの件数が増加すると、返済日が別々に分かれたり、諸届をそれぞれで行う必要があるなど、煩雑な手間暇が増加します。

 

例えば、借入を2件のカードローンに分かれて行う場合、それぞれの返済日にATMで返済の手続きを行ったり、返済用口座に残高を入金するといった手間がかかります。加えて、住所変更したり、返済が間に合わない時の連絡をそれぞれに行うなどの面倒もあります。

 

カードローンの増額で対応できると、こういった手間暇の増加は回避できます。

 

カードローンの関連記事

>>静岡銀行カードローンのメリット・デメリット

 

 

審査に通りやすい

静岡銀行カードローンの借入限度額の増額には審査が必要です。

 

借入限度額の申込が出来ると言っても、審査に通らなければ限度額は増額できません。

 

しかし、通常、他のカードローンに新規で申込する場合に比べ、既に利用しているカードローン(セレカ)で増額申込した方が認められる可能性は高くなります。

 

これは、既に利用しているカードローンの場合、借入とその後の毎月返済といった実績ができています。カードローンの審査ではこういった実績が非常に重要であり、実績ができてからの方が高い金額の借入限度額を認めやすくなるのです。

 

カードローンの関連記事

>>カードローン審査に通るための申込方法

>>カードローン審査に落ちた時の対処方法

 

 

追加契約不要ですぐに利用できる

カードローンに新規で申込する場合、審査に通過した後、契約の手続きを行ったり、借入専用のカードを受け取るといった手間暇がかかります。

 

カードの受け取りがうまく進まないと、実際に借入できるまでに時間がかかることもあります。

 

しかし、既に利用している静岡銀行カードローンの限度額増額の場合、審査で認められれば、特段の手続きなしで、すぐに増額分の利用ができるようになります。すぐに借入限度額の増額部分を利用できるのもメリットと言えるでしょう。

 

静岡銀行カードローンセレカ

 

限度額の増額が出来ない方

静岡銀行カードローン「セレカ」には借入できる金額が50万円までとする条件付きの方がいます。具体的には、派遣社員、アルバイト、パート、専業主婦の方が対象となります。

 

専業主婦など、50万円の借入制限が付いた方は、今現在の借入限度額が50万円に達しているなら、それ以上にカードローンの借入限度額を増額申込することはできません。

そのため、これらの方は、追加的に借入が必要な場合は、別の銀行や、消費者金融で、新たにカードローンを契約するといった対応が必要です。

 

セレカで増額ができない方の条件パート、アルバイト、専業主婦、派遣社員の方の借入限度額は最大でも50万円

 

パート・アルバイト・専業主婦、派遣社員の方は比較的審査に通りやすいカードローンで2枚目にチャレンジしてみるのも良いでしょう。

カードローンの関連記事

>>2枚目、3枚目のカードローンを利用する方法

 

 

静岡銀行カードローンの増額方法

静岡銀行カードローン「セレカ」で、借入限度額の増額申込をする際の具体的な手続き方法を確認しておきましょう。

 

セレカで増額申込する場合の手続きの流れは以下のようになります。

増額の申込(WEBから)・書類提出

静岡銀行での審査

増額分の再設定

借入の利用開始

 

増額の申込(WEBから)・書類提出

静岡銀行カードローンの場合、借入限度額を増額するには、具体的に増額申込を行うことになります。

 

静岡銀行の場合、インターネットから増額申込を行います。静岡銀行のホームページ内に用意された静岡銀行のカードローン利用者専用に用意された会員ページにログインし、「カードローンメニュー」から、「ご利用限度額の変更」手続きを行うことになります。

 

カードローンの増額申込ができるのは、「借入申込金額が300万円」までとなります。

 

また、静岡銀行カードローンで最小に申込した時から、年度が替わっている場合には「所得証明書」の提出が必要となります。所得証明書の提出もホームページ上から行うことができます。

 

静岡銀行の審査

カードローンの増額申込でも審査が必要です。

具体的な審査項目は後述します。

 

増額分の再設定

静岡銀行カードローンの場合、借入限度額の増額審査に通過すると、その後の再契約などの手続きは必要ありません。

 

静岡銀行側でのシステム的な再設定が行われて、すぐに借入可能となります。

 

静岡銀行カードローンは審査に通ればすぐに追加借入できるようになる

 

増額申込には審査が必要

静岡銀行カードローンの借入限度額の増額を申込すると、借入限度額を増額させて良いかという審査が行われます。審査に通らないと増額できませんので、審査のポイントを確認しておきましょう。

 

審査のポイントは以下の通りです。

<セレカの借入限度額の増額審査ポイント>

初回契約後の経過期間(通常6ヶ月以上)

利用実績の確認(借入実績、延滞がないか)

個人信用情報の確認

所得証明書の再提出(借入限度額300万円以上の場合)

職場への在籍確認が行われることもある

 

初回契約後6ケ月以上が経過

最初に静岡銀行カードローンの審査に通過して、契約してから6ヶ月間の限度額増額はできません。

 

当初申込時点で静岡銀行の審査が行われていますので、6ヶ月間という短期間で審査結果を変えることがないためです。

 

さらに、既にセレカで借入契約を締結している方の場合、実際の利用状況も審査対象になります。カードローンの利用実績を確認するための最低期間として、通常、当初契約から、最低でも6ヶ月間は、借入限度額を増額させることは難しくなります。

 

利用実績の確認

静岡銀行カードローン「セレカ」の増額申込では、カードローンを契約してから、実際にその借入限度額を使っての借入・利用した実績が審査項目になります。

 

具体的にチェックされる項目は、セレカで借入した実績と、その借入に対して、延滞なく、しっかりと返済が続けられているという返済実績が増額申込に対する審査では重要となります。

 

セレカで借入限度額を作っていても、実際には借入したことがなく、契約があるだけという状況では増額も認められにくくなります。加えて、借入を行ったことがあっても、その後の返済で入金を遅らせていると審査に通りにくくなります。

 

利用実績を確認するポイント

・実際にセレカで借入したことがあるか

・借入後の返済で入金遅れがないか

 

個人信用情報の確認

また、カードローンの増額申込では、新規カードローンの申込に近い審査が行われます。

 

つまり、個人信用情報も新たに確認され、他社からの借入が増加していないか、また、他社からの借入に対して延滞歴が発生していないかといったことが確認されます。個人信用情報を確認された時に、他社からの既存借入が減少していれば良い材料となりますが、他社の借入が増加していればネガティブな材料となります。

 

延滞歴があった場合は、増額申込が却下されることはもちろん、逆に借入限度額が減額される可能性もありますので注意が必要です。

 

個人信用情報で確認されるポイント

・他社からの借入が増加していないか

・他社からの借入が減少していないか

・他社借入で延滞、債務整理などの事故情報がないか

 

所得証明書の再提出

静岡銀行カードローンの当初申込日から年度が代わっている場合、所得証明書の再提出が求められます。

 

静岡銀行カードローンでも、借入限度額は年収をもとに計算されていますので、年収が増加している方の場合、それだけでも増額申込が認められる可能性は高くなります。

 

静岡銀行カードローンの借入枠は増額できる

 

借入限度額を増額しやすい条件

静岡銀行カードローン「セレカ」を含め、カードローンの増額申込が認められやすくなるためには条件がありますので覚えておかれると良いでしょう。

 

以下が条件がとなりますが、全てを満たす必要はありません。このうちのどれかに該当すれば、静岡銀行カードローン「セレカ」で増額できる可能性は高くなります。

 

静岡銀行カードローンで増額が認められやすいタイミング

①当初契約時から年収が増加した

②当初契約時から他行(もしくは消費者金融)を完済して借入が減った

③静岡銀行カードローンで定期的に借入・返済を継続

④契約後、6ヶ月以上経過

⑤静岡銀行から提案を受けた

 

当初カードローン契約から年収が増加

カードローンの借入限度額を決定づける重要な要素に「総量規制」という法律があります。

 

総量規制では、個人が無担保で借入できる金額を、年収の3分の1までに限定しています。本来、銀行カードローンは総量規制による制限の対象外ですが、銀行も自主規制として、総量規制による制限を意識したカードローン融資を行うようになりつつあります。

 

そのため、静岡銀行カードローンに対しても、総量規制から大きく乖離した借入は難しくなります。

静岡銀行カードローンで最初に審査に通過した時の年収から増加していて、さらに、源泉徴収票などで増加後の年収に対する根拠資料を提出できるタイミングは増額申込しやすい時期となります。

 

他行・消費者金融からの借入が減少

先ほどの総量規制が与える影響として、年収は変わらなくても、元々あった既存借入が減少したのであれば、借入限度額を増額させやすいタイミングとなります。

 

ただし、既存借入がカードローンの場合には注意が必要です。

 

カードローンで借入が減少したと認められるのは、契約を解約して、借入限度額自体を減少させた時になります。カードローン契約が残ったままで、利用している借入残高が減少しただけでは、借入が減少したとは判断されません。

 

カードローンの関連記事

>>借入可能額に影響する総量規制とは?

>>銀行カードローンの自主規制とは?

 

 

静岡銀行に対する利用実績が蓄積

また、カードローンの増額申込をするにあたって、そのカードローンを全く利用していないと増額申込は認められにくくなります。そのため、ある程度、実際にセレカで借入を行って、取引実績を作っておく必要があります。

 

静岡銀行から増額の提案を受けた

まれではありますが、静岡銀行からカードローン「セレカ」の借入限度額の増額提案を受けることがあります。

 

静岡銀行も営業としてカードローンを行っているため、優良顧客に対しては利用を促すようなプロモーションを行います。

 

その1つが、借入実績、返済などの利用状況が良く、当初申込時点の情報で増額が可能であると考えられる利用者に対する、借入限度額の増額提案です。静岡銀行としても、優良顧客が利用を増加してくれれば、利息収入が増えて、喜ばしいと考えているのです。

 

こういった増額の提案を受けた時は絶好のタイミングです。

もちろん、増額申込後の審査は必要ですが、銀行からの提案ということもあって、比較的審査に通りやすくなります。

 

カードローンの借入限度額の増額審査に通りやすい条件

 

増額申込が適さない時期

一方、静岡銀行カードローンに対して、増額申込を行わない方が良いタイミングもあります。

 

静岡銀行カードローンで増額申込を避けた方良いタイミング

①年収が減少した

②離職、転職した

③他行の借入が増加している

④他行返済で延滞した

⑤静岡銀行カードローンで入金遅れがあった

 

年収が減少した

先ほどの増額申込が適したタイミングと逆の条件になります。

年収が減少したタイミングで限度額の増額申込を行っても、認められる可能性は低くなります。

 

離職・転職している

現在、カードローン申込時に就業していた会社から離職・転職している場合にも注意が必要です。

 

退職して、現在は就業していないという状況であれば、増額申込が認められる可能性は極めて低くなります。加えて、現在の収入が無いという状況であれば、現在の借入限度額が減額されてしまうリスクもあります。

 

転職して、別の会社で勤務している方の場合、勤続期間が1年以上となってから増額申込を行う方が良いでしょう。勤続年数が短い状況で増額申込しても、認められない可能性が高くなります。

 

他行・消費者金融で借入が増加している

こちらも、先ほどの増額申込に適したタイミングと逆になります。

 

他からの借入が増加している場合、総量規制の観点からセレカでの増額も認められにくくなってしまいます。

 

他行返済で延滞している

他行からの借入に対し、1ヶ月以上の延滞を行ったことのある方は増額申込を避けた方が良いでしょう。

 

こういった延滞のある方は、個人信用情報に事故情報が記載されている可能性があります。

 

静岡銀行の審査にて、個人信用情報に対する事故情報が確認されると、審査に通らないどころか、現在のセレカの借入限度額を減額、もしくは利用がストップされてしまう可能性もあります。

 

静岡銀行に対する入金遅延がある

セレカを実際に利用している方で、毎月の返済を遅らせてしまったことのある方は注意が必要です。

 

数日程度の入金遅れは個人信用情報に記載されません。

しかし、同じ静岡銀行ですので、静岡銀行に対する入金遅れは審査で判明してしまいます。

 

そして、カードローン利用で、入金遅れがある方に対しては、審査でも慎重になってしまいます。特に、以下のような遅れがある方は増額申込を避けた方が良いでしょう。

 

6ケ月以内に入金遅れがあった

2年以内に2回以上の入金遅れがあった

 

静岡銀行カードローンへの増額申込が適さない時期もある

 

セレカに増額申込する前の注意点

ここまで、静岡銀行カードローンの増額に関するメリットや、増額申込に適したタイミングについて説明してきました。

 

しかし、最後に、セレカの増額申込を行う前の注意点を説明しておきます。

 

それは、先ほどの増額申込が適さないタイミングで説明した、「個人信用情報の事故情報」、「離職中・無収入」といったタイミングで申込することです。

 

増額申込を行う場合、増額に対して静岡銀行の審査が行われます。

審査ですので、所得証明書や、個人信用情報などの確認が行われ、こういった事故情報、無収入という状況を知られてしまうことになってしまいます。

 

静岡銀行としても、審査で良くない情報を知ってしまうと、増額を認めないだけでなく、現在の借入限度額を減額したり、そもそも追加借入をストップさせてしまうこともあります。

 

増額申込しなければ、こういった情報を知られることなく、現在の借入限度額を利用継続できたかもしれません。それが、増額申込したことによって利用ができなくなってしまうこともあり得ますので注意が必要です。

 

増額申込前の注意点事故情報、離職などの情報を知られてしまうことに注意!

 

静岡銀行カードローンの特徴

静岡銀行のカードローン「セレカ」で借入する場合の金利条件など、商品の概要を整理しておきましょう。

 

▼静岡銀行公式ホームページ

 

 

 

静岡銀行カードローンの借入条件

静岡銀行のカードローンの適用金利は、4.0%~14.5%の範囲内です。金利水準は大手都市銀行や、ネット専業銀行のカードローンと比較しても遜色ない水準です。

 

また借入限度額は最大500万円までの利用が可能です。通常、500万円という規模まで利用することはほぼありませんので、借入限度額の設定も十分は額と思って良いでしょう。

 

▼静岡銀行カードローン(セレカ)の借入条件

カードローン名称静岡銀行カードローン SELECA(セレカ)
借入金利(年率)4.5%~14.5%
借入限度額10万円~500万円
資金使途自由
担保・保証人不要

 

 

45日間の実質無利息キャンペーン

静岡銀行カードローンでは、初回契約時から45日間のキャッシング利用に対する「利息」が実質無利息になるキャンペーンを行っています。

 

そのため、短期的に利用される方や、初めてセレカを利用する方は実際に適用される金利条件よりお得(実質低金利)に借入できる可能があります。

 

他の銀行カードローンや、消費者金融と比べても、45日間という無利息期間の長さはお得です。他のカードローンの無利息期間は長くても30日間のものが多く、45日間という無利息期間は大きなメリットとなります。

 

>>静岡銀行カードローン(セレカ)はお得がいっぱい!

 

静岡銀行は45日間の無利息

 

 

提携ATMが豊富・ATM手数料無料

カードローンの利用にはATMを使用する機会が多くなりがちです。

 

例えば、借入の都度ATMから出金することもありますし、毎月の返済や、臨時返済(繰り上げ返済)をATMで行うことも可能です。

 

せっかく金利の低いカードローンを選んでも、利用の都度ATM手数料がかかったり、利用できるATMを探さなければいけないのでは費用が高くついてしまうことにもなります。

 

そのため、利用できるATMが豊富にあり、かつ利用手数料が無料であるカードローンの方がお得ということになります。

 

静岡銀行カードローンは静岡銀行に設置されているATMはもちろん、セブン銀行ATMも無料で利用できます

 

セブン銀行は大手コンビニであるセブンイレブンやイトーヨーカドーだけでなく、大きな駅や空港、商業施設内にも設置されているコンビニATMです。

 

設置場所が非常に多いため、地域を限定せず、全国的に利便性が高いATMを利用できるのは大きなメリットとなります。

 

申込はWEBで完結

静岡銀行カードローンに申込を希望しても、ご自宅の近くに静岡銀行支店が無いと思われる方も多いでしょう。

 

静岡銀行の支店は名称通り、静岡県内が主となりますので、その他地域に支店はあまりありません。

 

しかし、心配は不要です。

 

静岡銀行カードローンはWEBからの申込で完結でき、一度も支店に行く必要はありません

 

また、静岡銀行に口座を持っていないという方も申込可能です。WEBからのカードローン申込時に同時に口座開設ができます。

 

支店に行く手間をかけずに、すぐに申込できるのはカードローン「SELECA」の魅力の1つとなります。

 

静岡銀行の6つのメリット

 

静岡銀行カードローンを借入できる方

静岡銀行カードローン「セレカ」で借入申込できる方には以下の条件があります。

 

①満20歳以上70歳未満の方

静岡銀行カードローン「セレカ」では、70歳未満の方まで申込が可能です。

 

②保証会社の保証が受けられる方

保証会社というのは、カードローンの審査を行う会社のことです。

 

静岡銀行カードローンの保証会社は、静銀ディーシーカードまたは新生フィナンシャルのどちらです。一般的に、保証会社が2社ある場合、どちらかの保証が受けられれば、カードローンの借入が出来るため、審査に通過しやすくなります。

 

カードローンの関連記事

>>静岡銀行カードローンセレカの審査基準

 

 

おすすめのカードローン

カードローンは計画的に利用することで利便性がアップします。しかし、利用方法は重要ですが、どのカードローンを利用するかも非常に重要です。以降では、現在もっともおすすめのカードローンをご紹介します。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

楽天グループの高スペックなカードローン

銀行カードローンのなかで最もおすすめの1枚!!

借入限度額の大きさ・金利の低さは業界トップクラス

WEB申込で完結、1度も店舗に行く必要がないカードローン

 

<楽天スーパーローン基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト
10~800万円1.9~14.5%
楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

アコムカードローン

アコムのカードローン

三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融

豊富なATMによる利便性の高さが魅力

審査回答最短30分。土日も即日借入できるアコム

 

<アコム基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1~800万円3.0~18.0%30日間金利無料
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

>>アコムカードローンの強み・弱み

>>アコム土日にお金を借りる方法!

>>アコム審査基準を解剖!ポイント解説

 

アイフル カードローンアイフルのカードローン

最短30分で審査完了!即日借入希望ならアイフル

契約書の郵送不要/WEB申込で完結

誰にも知られずに申込やカード受取可能な便利なカードローン

<アイフル基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1千円~500万円4.5~18.0%30日間金利無料
アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

>>アイフルカードローンの利用方法とメリット・デメリット

 

 

プロミス カードローンプロミスのカードローン

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

大手銀行グループの安心感と消費者金融のスピード!

今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中

50万円以内のお申込みなら所得証明書不要

<プロミス基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
10~500万円4.5~17.8%30日間金利無料
プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

>>プロミスで即日借入するための注意点

 

 

まとめ

静岡銀行カードローン「セレカ」では、一旦、借入契約して借入限度額を設定した後でも、借入限度額を増額させることが可能です。

 

但し、静岡銀行カードローンに限定せず、カードローンの増額申込に対しては、一定の審査が行われるため、必ず増額できるとは限りません。

 

また、当初契約から、時間が経過していない(6ヶ月程度)、全く利用していない、延滞したことがあるといった場合には、増額することが難しくなってしまいますので、注意が必要です。

 

 

増額が出来なかった方には・・

静岡銀行カードローンで増額が出来なかった方、もしくはお急ぎの方には、以下のカードローンで借入する方法もあります。

 

特に、消費者金融系のカードローンであれば審査にも通りやすく、借入限度額を増額できる可能性は高くなります。

 

 

カードローンの関連記事

>>静岡銀行カードローンなら専業主婦でも借入できる?

>>静岡銀行カードローンの口コミ・評判

>>本当に即日借入できるカードローン

 

▼カードローンのご案内  

 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG