借金を一本化する最適な方法は!?低金利・審査に通りやすい商品をご紹介

カードローン・フリーローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

借金を一本化するには、おまとめローンを利用したり、銀行のカードローンを使って借り換えする方法があります。しかし、借金に相当詳しい方でないと、どの銀行や消費者金融、どういった借入を使うのが良いか、それぞれのメリット・デメリットなどは解りにくいのが実際のところでしょう。

 

今回は、借金を一本化に使える低金利のおすすめ商品をご紹介し、借金を一本化するポイントを解説します。

 

 

借金の一本化とは?


「借金の一本化ってなに?」、「なんのために一本化するの?」という方もいますよね。最初に、借金を一本化する目的や、一本化のメリットについて説明しておきましょう。

 

借金の一本化とは、複数ある既存借入を、一本の新規借入で借り換えることです。カードローンや、クレジットカードのキャッシングを利用していると、限度額一杯まで使ってしまって、ついつい、2件、3件と契約が増えてしまうことがあります。そんな時に、借金を一本に借り換えるので「一本化」という訳です。

 

 

借金一本化のメリット


では、なぜ、わざわざ借金を一本化する必要があるのでしょうか?

一本化するメリットや、効果がないのであれば、面倒な借り換え手続きなんてする必要ないですよね。

 

もちろん、借金の一本化には大きなメリットがあります。それは、毎月の返済額を軽減することと、手間暇を削減できるためです。カードローンなどで借入して、借入件数が増えてくると、借入金額(残高)の割に、返済負担が重くなってしまうことがあります。

借入には、それぞれ「最低返済額」が設定されているため、借金毎に返済が必要です。毎月、3件、4件と約定返済があると返済額も大きくなりますし、ストレスにもなります。それを、一本化すると、最低返済額を下げることもできます。

 

そのうえ、「金利の低い」借入で借り換えできれば、支払利息も減ります。利息が減少すれば、さらに、毎月の返済額は減少します。「返済が厳しくて・・」という方いますよね。そんな方には、金利を下げる借金の一本化がおすすめです。

借金の一本化では、金利が下がるということが非常に重要です。

 

 

 

手間暇を削減


借金の借入件数が多くなってくると、返済手続きも煩雑になります。借入毎に、約定返済日が異なっていると、毎月、何回も返済の手続きを行わなくてはいけません。

借金も1~2件なら良いですが、3件、4件と増えてしまうと、返済手続きも大変です。段々と、どの借金が何日に、いくら支払うのかすら覚えていられなくなります。そして、間違って、延滞してしまうことも起こりやすくなります。

 

そんなとき、借金を一本化すると、返済手続きが1件になりますので、手間暇が削減されて、楽になります。

 

 

一本化は金利が重要


借金を一本化する時には、「金利」が重要と覚えておきましょう。

間違っても、借り換え後に、「金利が上がる」のは避けるべきです。

 

借金を一本化する際は、毎月の返済額を下げることを目的とすることが多いのですが、その際、2つの方法があります。

 

・金利を下げる

・返済期間を延長する

 

借金を一本化すると同時に、例え金利が上昇しても、返済期間を延長すれば、毎月の返済額を下げることが可能です。しかし、金利上昇・返済期間延長となる借金の一本化は避けるべきです。

なぜなら、毎月の返済額は下がりますが、数年単位で見た、支払い総額は、大きく増加する可能性があり、負担はむしろ増加するからです。

 

短期的に楽になったと思っていても、支払い総額が増加してしまうと意味がありません。毎月の負担を減らすのであれば、「金利が下がった」範囲に押さえておきたいところです。

 

 

一本化に使える借入


借金の一本化に使える借入商品には以下のようなものがあります。それぞれの特徴を理解して、ご自身にあった借入を選択する必要があります。

 

<一本化の特徴整理>

 

銀行
カードローン
銀行おまとめ
ローン
大手消費者金融 中堅消費者金融
金利 低~中 低~中 中~高 中~高
審査 厳しい 甘い 甘い
申込条件 少ない 多い 少ない 少ない
借入金額 少ない 大きい 大きい 中~大
手続き 即日~数日 数日・煩雑 即日~数日

即日~数日

 

 

借金の一本化に使える商品は、大きく上記の4つに分けることができます。

それぞれの特徴を、もう少し具体的に説明しておきましょう。

 

①銀行カードローン

・申込手続きは簡単

・金利が低い

・総量規制の影響を受けるため、借入可能金額は少ない

・借金の一本化には不向き

 

②銀行のおまとめローン

・金利低い

・大きい金額が借入できる

・取り扱い銀行が少ないというデメリット

・申込、審査基準が厳しい

 

③大手消費者金融

・金利はやや高め

・大きい金額が借入できる

・総量規制の例外扱い

・銀行よりは審査に通りやすい

 

④中堅消費者金融

・金利はやや高め(各社による)

・大手消費者金融より借入額は少ない

・審査に通りやすい

 

 

銀行カードローンは困難


銀行カードローンでのおまとめを推す方もいますが、あまり現実的ではありません。銀行カードローンの場合、現在は、実質的に総量規制の影響を受けているため、借入可能金額が低くなってしまうのです。

 

*銀行カードローンに対する総量規制の影響はこちらをご参照ください。

 

 

そのため、銀行カードローンで新規借入できる金額は、「(年収の3分の1)-既存借入額」までとなります。この額で、既存借入額全額の一本化ができるのであれば良いですが、難しい方が多くなってしまう。

 

さらに、大手銀行のカードローンは、既存借入件数の多い方(3件以上)は、審査にも通りにくくなります。借金を一本化するための借入にも関わらず、借入件数が多いと利用できないというのはデメリットとなります。

 

 

一本化に使えるカードローン


銀行のカードローンで一本化するなら、静岡銀行カードローンがおすすめです。地方銀行カードローンは、大手銀行に比べて、比較的審査に通りやすいのがメリットです。

 

 

<関連記事:地方銀行カードローンは審査が甘い?>

地方銀行カードローンの審査が甘いって本当!?

 

 

さらに、静岡銀行カードローンは、最大500万円までを、4.0%~14.5%までの金利で借入できます。借金の一本化にも使用できるカードローンとなります。

 

静岡銀行カードローンの基本情報

適用金利 4.0~14.5%
借入可能額(最大) 500万円

 

静岡銀行カードローン「セレカ」
お申込みはこちらをクリック▲
5~10分程度で簡単に登録可能
お申込みはこちらから

 

 

<関連記事:全国で借入できる静岡銀行カードローンのメリット>

全国で借入できる静岡銀行カードローンが良いかも!?静岡銀行のメリットを徹底紹介

 

 

銀行おまとめローン


銀行おまとめローンで借入できるなら、こちらが理想です。

金利は比較的低いですし、大きな借入金額が利用できます。しかし、ネックとなるのは、審査の厳しさです。

例として、銀行の借金一本化商品の代表的存在である、東京スター銀行の「おまとめローン」を見てみましょう。

 

 

東京スター銀行のおまとめローンの基本情報は以下となります。

適用金利 5.8~14.8%
借入可能額(最大) 1,000万円

 

金利が最大でも15.0%未満で一本化できるのは、大きな魅力です。

 

しかしながら、以下の条件をクリアしないと申込ができません。

 

<申込条件>

① 満20歳以上、65歳未満の方

② 給与所得者(正社員・契約社員・派遣社員の方)

③ 年収200万円以上

④ 保証会社の保証が受けられる

 

このうち②、③といった条件は、銀行おまとめローンに見られる特徴です。

(もちろん、こういった条件がない銀行おまとめローンもあります)

 

そのため、銀行のおまとめローンを使った借金の一本化は、申込できる方の基準が厳しくなってしまいます。

 

 

 

取扱銀行が少ない


銀行おまとめローンというのは、「取り扱っている銀行が少ない」という問題点もあります。正直なところ、借金の一本化というのは、銀行の融資姿勢には、あまり向いていません。

 

借金の一本化が必要になる方は、借入件数が3件以上ある方が多いのですが、大手銀行はこういった方への融資を行いたくありません。そのため、おまと目ローンを取り扱っていない銀行が多いのです。一部の特徴ある銀行や、ネット銀行の一部が取り扱っているのみです。

 

 

一本化融資の比較


それでは、実際におまとめローンとして使える借入をご紹介しましょう。

東京スター銀行はご紹介しましたので、消費者金融からのご紹介となります。

 

 

アコムのおまとめローン


 

 

消費者金融大手のアコムでも「おまとめローン」を取り扱っています。

アコムの一本化商品は、「貸金業法に基づく借り換え専用ローン」です。

 

アコムの一本化の特徴は、「貸金業者債務の借り換え」に限定されることです。貸金業者とは、消費者金融や、クレジットカードのキャッシング、信販会社からの借入のことです。

銀行カードローンなどは対象となりません。

通常、アコムからの借入は、銀行からの借入よりも金利が高くなるので、対象とならないのです。

 

そして、アコムの一本化は、「貸金業法に基づく借り換え」であるため、総量規制の制限を受けずに借入が可能です。

一本化の対象となる借金が、年収の3分の1を超えてしまっていたとしても、総額の一本化に使用することができます。

 

<アコムの基本情報>

適用金利 7.7~18.0%
借入可能額(最大) 300万円
貸金業法対応
借り換え対象 貸金業者債務

 

はじめての方にアコム 最短即日融資も可能
<カードデザイン>
ご相談はこちら▲▶
適用金利(実質年率)借入可能額
3.0%~18.0%1~800万円

 

 

<関連記事:アコムからお金を借入する方法>

消費者金融・アコムからお金を借入する方法とそのメリットをご紹介します!!

 

 

プロミスの一本化


アコムでの借り換えと比較的、良く似た一本化商品として、プロミスがあります。

プロミスのおまとめローンも、「貸金業法対応」であり、さらに、「貸金業者債務」の一本化商品となります。

 

<プロミスの基本情報>

適用金利 6.3~17.8%
借入可能額(最大) 300万円
貸金業法対応
借り換え対象 貸金業者債務

 

プロミス  
お申込はこちら▼










適用金利(実質年率)最大借入可能額
4.5~17.8%1~500万円

 

 

<関連記事:プロミスで即日借入する方法>

プロミスで即日借り入れするのに大切なこと!!ポイント徹底解説

 

 

中堅消費者金融での一本化


意外と知られていないおまとめローンに、中堅消費者金融の商品があります。

中堅消費者金融のなかには、大手に負けない金利水準であり、かつ、審査にも通りやすいという消費者金融があります。

 

通常、知名度の高くない消費者金融は、「本当に利用して大丈夫?」と不安になることが多いのですが、「業歴が長く」、「しっかりとした本店を持って営業している」、「正規の貸金業者」であれば、利用しやすくなります。

 

 

中央リテール


「おまとめローン」専門の貸金業者に「中央リテール」があります。

中央リテールは、東京都渋谷区に本店を置き、業歴14年(2017年12月現在)となる正規の貸金業者です。

 

おまとめローン専門ということもあり、おまとめローンの借入条件は、銀行や、大手消費者金融にも負けない水準で、金利は高くても13.0%までとなります。銀行のおまとめローンの平均的な金利は14%台、大手消費者金融は18%です。中央リテールの金利は相当に低い設定となっています。

 

 

 

審査に通りやすいことも魅力であり、銀行などの審査に落ちた方でも、申込できるメリットがあります。中央リテールは、中堅消費者金融ではありますが、決して銀行や、大手消費者金融にも負けない商品性と言えます。

 

<中央リテールの基本情報>

適用金利 10.95~13.0%
借入可能額(最大) 500万円
貸金業法対応
借り換え対象 貸金業者債務

 

 

中央リテールへの申込


中央リテールは、▼のリンクから、インターネット経由での簡易相談が可能です。

 

 

U-Finance(㈱UCS)


こちらも東京都に本店を置く、正規の貸金業者(消費者金融)です。

U-Financeは、業歴12年を超える、大口金額に対応できる消費者金融になります。U-Financeは、最大700万円までの大口金額を、7.3%~15.0%までの金利で借入できます。もちろん、借金の一本化にも対応しています。

 

 

大手消費者金融の借り換え専用ローンの上限金利は18%程度に設定されていますので、U-Financeは、3%低い設定になっています。金利が重要な借金の一本化において、有利な一本化商品となります。

 

 

<U-Financeの基本情報>

適用金利 7.3~15.0%
借入可能額(最大) 700万円
貸金業法対応
借り換え対象 貸金業者債務

 

 

▼ U-Financeへの申込はこちら

 

 

審査で気を付けたいこと


借金の一本化商品を比較して選択した後は、審査に通過することが重要となります。銀行や、消費者金融の一本化融資の審査で重要となるポイントを整理します。

こちらの内容を良く理解、把握して、審査に通過できる可能性を高めておきましょう。

 

 

カードローンの申込条件


借金の一本化が必要となる方は、少なくともカードローンのご利用があるという方が多いでしょう。そのため、カードローンの申込条件については、多少のご理解があると思います。

 

一本化借入の審査でも、カードローンの条件が最低条件になると言って良いでしょう。

つまり、年齢条件(20~65歳程度)と、安定した収入があることとなります。

 

 

延滞・遅延は駄目


借金の一本化融資の審査でも、個人信用情報は確認されます。

 

個人信用情報に、延滞歴や、事故情報があった場合は、残念ながら問題外です。この場合、審査に通過することはできません。

一度、個人信用情報に延滞・事故情報の履歴が乗ると、数年間消えませんので注意が必要です(詳細は、以下からご確認下さい)。

 

 

<関連記事:個人信用情報とは?>

借入審査に使われる個人信用情報とは?登録期間から開示請求まで徹底調査

 

 

借金の一本化審査の場合、個人信用情報以上に厳しく、返済状況を確認される可能性があります。それは、銀行口座からの入金履歴などで、数日単位の返済遅れが発生していないかを見られることがあるのです。

こういった返済遅れが発生していると、それだけでも審査に通らないことがあります。既存借入の返済は非常に重要ですので、遅れないようにしっかりと行いましょう。

 

 

まとめ


借金の一本化は、毎月の返済額を減少させ、返済手続きに関する手間暇も削減できる有効な方法です。

しかし、借金の一本化が成功するかどうかは、銀行や、消費者金融の選び方や、どういった借入商品を利用するかで大きく異なります。

一本化商品のポイントとなるのは、金利が低いことと、審査に通りやすいことでしょう。こちらでご紹介した銀行や消費者金融を参考に、借金を一本化されてみてはいかがでしょうか。

 


 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

 

<関連記事>

 

 

お得なカードのご紹介 
Yahoo! JAPANカードのお申込み▼楽天カードのお申込み▼




年会費無料【Yahoo! JAPANカード】
お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、なんと通常の3倍

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カードローン・フリーローン
カードローンの借り換えで失敗しない秘訣!知らないと逆効果になる借り換えの注意点

カードローンで流行りの「おまとめ」ですが、知らずに行うと大失敗する可能性があります。上手に借り換えする方法をご説明します。

カードローン・フリーローン
<期間限定>楽天カードで7,500円相当がもらえる入会キャンペーンがお得過ぎる!(~2018年4月23日)

お得なクレジットカードとして楽天カードをご紹介します。知らないと損なカードと言えます。

カードローン・フリーローン
カードロ―ンで銀行から借入できる金額を知ろう!最大借入可能額(与信枠)の計算方法!?

個人が銀行から借入する場合に、いくらまで借入可能なのかを解説

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。