中小企業経営者が利用すべきファクタリングをご紹介!いざという時の資金繰り改善

中小企業オーナーの悩みの種になりやすいのが資金繰りです。銀行などから融資を受けられる金額も少ないですし、社債を発行したり、上場企業のように新規株式を発行したりするのも困難です。

 

このような中小企業のオーナーの資金調達の頼もしい味方となるのがファクタリングです。本記事では今は必要ないと考えている中小企業のオーナーでも知っておくべきファクタリングの基礎知識について説明します。

 

 

ファクタリングとは何か?

ファクタリングは債権を売却することによって代金を得る資金調達手法です。具体的には自社が保有している売掛金をファクタリング会社に売却して、代金から売却手数料を差し引いた金額を売掛金の回収期限前に取得できるのがファクタリングです。

 

ファクタリングは中小企業にとっておすすめとなる資金調達方法になるのですが、最初にファクタリングがどういったものかを確認しておきましょう。

 

3社間と2社間ファクタリング

ファクタリングには大きく分けて、3社間ファクタリングと2社間ファクタリングの2種類があります。

ファクタリングをする際に利用する中小企業にとって気になるのが取引先にばれるのではないかということです。日本では、まだまだ売掛金を売却するとなると、取引先の信用力に不安を感じる方もいます。中小企業の取引にとって信用は重要です。

 

ファクタリングしたことが取引先にばれてしまうことで、今後の取引先との関係性に支障をきたす可能性もあります。

3社間ファクタリングの場合は、取引先に対して売掛金の譲渡通知が届きますのでばれてしまいます。一方で2社間ファクタリングの場合は債権譲渡登記という手法で、売掛金の所有権を明確にするので取引先に譲渡通知は送りません。よって、取引先にばれたくないのなら2社間ファクタリングを利用するべきです。

 

ただし、3者か間ファクタリングに比べて、2社間ファクタリングには手数料が高いというリスクもあります。2社間ファクタリングではファクタリング会社が買い取った売掛金を利用者が取引先から回収して、ファクタリング会社に納めます。つまり、ファクタリング会社からすれば利用者に持ち逃げされるリスクも発生します。

 

ファクタリング会社にとってのリスクが高い分、2社間ファクタリングの手数料は高くなってしまうのです。

 

<2社間・3社間ファクタリングの違いとは?>

>>2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いと選び方

 

 

融資との違い

ちなみに、ファクタリングでも銀行やビジネスローンの融資でも結局資金調達できれば良いのではないかと思われるかもしれません。しかし、両者の性質は少し異なります。

 

まず、一番大きな違いはファクタリングで調達した資金は返済する必要が無いということです。融資を受けると決められた期限に利息をつけて返済しなければなりませんが、ファクタリングで調達した資金は、売掛金の代金なので返済する必要はありません。ただし、取引先から、未来に入金される予定であった売掛金は受け取ることができなくなります。

 

融資とファクタリングの違いは?

 

中小企業に必要な理由

以上のようなファクタリングですが、なぜファクタリングについて中小企業のオーナーが知っておいた方が良いのかについて説明します。

 

融資と基準が違う

一番の理由が銀行やビジネスローン会社が行う融資とは基準が異なる点です。融資の場合は利用する中小企業や経営者の状態をベースに融資の可否判断を行います。

 

銀行などは中小企業の将来性や経営者の資質のような定性的な項目についても評価をしますが、融資に一番大きな影響を与えるのが決算書や、各種費用の支払い状況です。決算書の状態が悪かったり、銀行に対して融資の返済が滞っていたりすると、融資を受けるのは非常に困難です。

 

一方でファクタリングの場合は、中小企業の状態や財務状況の優先順位は低くなります。企業が債務超過や、未払いの税金があったとしても、保有している債権の質さえ良ければ資金調達できる可能性があります。ファクタリング会社としては、売掛先の企業からきちんと代金を回収できるのならば、対象となる中小企業の経済状態はあまり重要ではないからです。

 

中小企業の場合は、事業規模や信用情報の観点から目標通りの資金調達ができなかったり、経営状態が悪かったりすると資金調達は極めて困難になります。このようなときでも質の良い売掛金さえ保有していればファクタリングによって資金調達できる可能性があります。

 

スピードが早い

もう1つのメリットはファクタリング審査のスピードが早いことです。銀行から資金調達するのならば、最低でも半月から1か月程度は余裕をもって準備しておいた方が良いでしょう。しかし、資金繰りに余裕がない中小企業では、数日のうちに資金を調達しなければならないケースもあります。

 

銀行融資と比較すると、ファクタリングは申し込みから入金までのスピードが早い資金調達手法です。早ければ、2~3営業日といった日数でも対応してもらえます。すぐに資金を用意しなければならない場合は、融資だけではなくファクタリングも検討する必要があります。

 

担保・保証人が必要ない

担保や保証人を用意する必要が無いのもファクタリングのメリットです。中小企業の場合、プロパーで融資を受けるのは困難です。大抵の場合は、経営者が個人保証を行うのはもちろんのこと、信用保証協会をつけたり、担保を差し入れたりすることになります。これはオーナーにとって大きなプレッシャーとなります。会社の経営が上手くいかなければ個人の資産もなくなってしまうからです。

 

一方でファクタリングは売掛金を売却するだけなので、担保や保証人は必要ありません。

 

ファクタリングには担保や保証人が不要

 

ファクタリングに関する注意点

以上のように融資とは別のタイミングで使用できるファクタリングですが、利用にあたってはいくつかの注意点があります。最後に中小企業がファクタリングを利用する時の注意点について説明します。

 

資金調達コストが高い

ファクタリングを利用する際に注意すべきが資金調達コストの高さです。銀行融資の場合は、年利1%未満から高くても3~4%程度の金利で資金調達できますが、ファクタリングの場合はそれよりも高く、金利が高い2社間ファクタリングでは10%前後の手数料を支払わなければならないこともあります。

 

もちろん、ファクタリング会社によっても手数料率はばらばらですし、交渉次第で手数料が低くなることもあります。そのため、ファクタリングを利用する際には、ファクタリング会社選びと、手数料を低く下げるための交渉が重要です。

 

<関連:ファクタリング手数料を下げる交渉>

>>ファクタリング手数料を低く抑える方法

 

ファクタリングは融資と違って許認可が必要ないので手数料についてはファクタリング会社によってばらつきがあると考えられます。

 

資金繰りへの影響が大きい

資金調達コストが高いことに関連して、資金繰りへの影響もあります。ファクタリングを利用して資金調達をすると、返済する必要はありませんが、未来に手に入るはずだった売掛金が無くなります(ファクタリングによって前倒しで資金化することになります)。よって、運転資金の資金繰りに大きな影響を与えます。

 

このような理由から、ファクタリングは運転資金の手当てに利用するべきであって、設備資金を用意する場合は、銀行融資などで調達した方が良いでしょう。

 

また、運転資金を融通する為にファクタリングを利用する場合でも、無くなる売掛金に対応する資金をどのように作るのか、あるいは運転資金を削減するのかなどをしっかり考えた上で利用した方が良いです。

例えば、銀行融資やビジネスローンに並行して相談・申込したうえで、融資が得られるまでのつなぎ融資としてファクタリングを利用するのが良いでしょう。

 

業者をきちんと選ぶ

ファクタリングには許認可が必要ないので、銀行やビジネスローンと比較すると玉石混同様々なファクタリング会社が存在します。また、サービスに対する法的な規制もないので、サービスレベルも業者によってさまざまです。

ファクタリングを利用する際には相見積をとってきちんと信頼できる業者を選定してください。

 

おすすめのファクタリング会社

前述の通り、ファクタリングを利用するにあたっては会社選びが重要です。ファクタリング会社のなかには悪質な業者も存在していますので、優良なファクタリング会社のなかから選ぶのが大切です。さらに、条件交渉を上手にすすめるためには、2~3社程度に並行して相談することが大切です。

 

三共サービス

 

おすすめ度:SS

 

中小企業がファクタリングを利用する際に、必ず対象先に加えておきたいのが三共サービスです。

三共サービスはファクタリング業界のなかでもトップクラスに手数料率が低いことで人気のある会社です。また、ファクタリング会社のなかでも「老舗」にあたる業歴の長い会社ですので、安心して利用することができます。

 

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ファクタリングの関連記事

>>三共サービスのファクタリングの特徴

 

三共サービスが選ばれる理由

 

 

MSFJ

 

おすすめ度:SS

 

MSFJも安心して利用できるファクタリング会社です。MSFJのファクタリング手数用は、ホームページ上でも上限が公表されており、安心して利用できるのが特徴です。MSFJのプレミアムファクタリングでは、手数料率は1.8%~6.8%の範囲内で最大5,000万円までの資金調達に利用できます。

 

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

 

ビートレーディング

 

おすすめ度:S

 

ファクタリング業界のなかで知名度が高く、口コミ・評判の良い会社がビートレーディングです。
東京、大阪、福岡の支店があり、出張対応・出張査定も行ってくれますので、全国から利用可能です。

また、ビートレーディングでは、自営業者の申込や、小口のファクタリングも利用可能なのもメリットと言えます。

 

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

実際に利用されている実績や口コミ・評判が多いファクタリング会社は安全に利用できるファクタリング会社と考えて良いでしょう。もし、ファクタリング利用に慣れていなくて、どのようにファクタリング会社を選べば良いのかと迷っているようならビートレーディングがおすすめです。

 

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

 

 

GMO PAYMENT GATEWAY

GMO PAYMENT GATEWAY / GMOペイメント

 

GMOペイメントのポイント

GMO BtoB 早払い

一部上場企業が行うファクタリングサービス

GMOグループのGMOペイメント

ファクタリング手数料は業界最安の1.0%~

2社間ファクタリングにも対応可能

 

▼公式ホームページはこちらから

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

GMOペイメント ゲートウェイ(GMO PAYMENT GATEWAY)の最大の特徴は一部上場企業であるということです。これまでファクタリング会社は中小規模の会社が多く、一部上場企業による参入はありませんでした。しかし、近年、GMOペイメントゲートウェイや、OLTA、ビートレーディングなど、比較的大手と言われる会社の参入が増加しています。

 

もちろん、一部上場企業のファクタリング会社ですので、安心して利用できるのが大きなメリットになります。

▼GMOペイメントゲートウェイのファクタリングが選ばれる理由

GMOペイメントの選ばれる理由

■GMO ペイメントのファクタリング概要

会社名GMO PAYMENT GATEWAY
上場区分東証一部上場(ファクタリング業界では稀)
サービス名称GMO BtoB 早割り
利用できる方法人企業
調達可能額100万円~1億円
ファクタリング手数料の水準1.0%~12.0%
債権譲渡登記不要
対象となる売掛金支払いまでの期間が6ヶ月以内の売掛金
譲渡禁止特約付き債権の取扱い可否買取可能
ファクタリング方式2社間ファクタリングの取扱い可能
現金化までの時間最短2営業日

 

大手ファクタリング会社で安心して利用できるところを探しているなら「GMO PAYMENT GATEWAY」のファクタリングサービスがおすすめです。

 

▼公式ホームページはこちらから

GMOペイメントゲートウェイ
4.95



☆東証一部上場会社のファクタリング【GMO BtoB 早払い】
☆2社間ファクタリングでも手数料は業界最低水準
☆全国対応
☆利用は法人企業のみ

適用金利・手数料など

1.0%~10.0%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短2営業日

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

 

ビジネスローンならこちら

ビジネクストのビジネスローン

 

ファクタリングを利用する際には、同時進行でビジネスローンも申込・相談されてみるのがおすすめです。融資が受けられれば、長めの期間で借入できますので、資金繰りの改善効果も高くなります。

 

ビジネクスト

ビジネクストはカードローン型ビジネスローンとして利用しやすいのが特徴です。それもぞのはず、ビジネクストは大手消費者金融として有名なアイフルの子会社です。一度申込して契約しておけば、必要な時にいつでも事業資金の借入が可能になります。

 

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

MRF

MRFは証書貸付タイプのビジネスローンとしておすすめです。比較的大きな金額を、低めの金利で借入することができます。MRFでは無担保型のビジネスローンから、不動産担保型のビジネスローンまで幅広く取り扱っています。

 

エム・アール・エフ
4.3



☆個人事業主・法人向けビジネスローン
☆西日本エリアが対象
☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

借入可能額(最大)

3億円

適用金利・手数料など

~15%以内

 

 

まとめ

以上のように中小企業のオーナーが知っておくべきファクタリングの基礎知識について説明しました。ファクタリングは銀行やビジネスローンを利用できない際にも、利用できる可能性がある資金調達方法で、資金調達までのスピードも早いです。

 

資金調達コストが高くて、資金繰りにも大きな影響を与えるので利用する際には、使って良いのかを慎重に検討する必要がありますが、ファクタリングという資金調達方法について知っておくことで、中小企業オーナーの資金調達方法の選択肢の幅は広がります。

 

今は利用することはないと思っていても、ぜひ最低限のファクタリングの知識については覚えておいてください。

 

 

ファクタリングの関連記事

>>おすすめのファクタリング会社

>>口コミ、評判で選ぶ人気ファクタリング会社の一覧

>>銀行融資とファクタリングの違いとは?

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG