カードロ―ン申込に年収証明書が必要となるのは?総量規制と所得証明との関係!

カードローン・フリーローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

カードロ―ンの借入申込をするなら、「年収証明書の提出が不要なカードローンが良い」と思っている方は多いでしょう。年収証明書の準備は面倒ですし、そもそも、年収証明書とか、所得証明書の提出基準が厳しいカードローンは「審査が厳しい」・「総量規制の制限が厳格」な傾向にあります。

 

なぜなら、カードローンの申込で年収証明書の提出を求めるのは、「総量規制」という法律の影響が大きく関係しているためです。総量規制と年収証明書の関係を探れば、「総量規制外で借入できる」カードローンも見つかります。

カードロ―ン申込の年収・所得証明書と総量規制の関係を説明します。

 

 

総量規制ってなに?


カードロ―ンと非常に関連の深い「総量規制」ですが、総量規制は良く理解されていますか?まだ良く解らないという方のために、総量規制について簡単に説明しておきましょう。

 

総量規制とは、「貸金業法」という法律に含まれる規制で、個人が無担保で借入できる上限額を制限するための法律です。総量規制では、個人が無担保で借入できる金額を「年収の3分の1」までに制限しています。

そのため、できるだけ大きな金額を借入したいと思っても、カードローンで借入できる金額は「年収の3分の1」までに制限されてしまいます。

しかし、総量規制は、全ての借入で等しく対象となるわけではありません。法律上、総量規制の対象となるのは、貸金業者からの借入です。そして、貸金業者というのは、消費者金融や、クレジットカード会社、信販会社などが該当します。

 

一方、銀行や、信用組合なども、カードローンを取り扱っていますが、銀行は貸金業者ではないので、総量規制の対象外です。そのため、銀行や信用組合のカードローンで借入するのであれば、本来、総量規制の対象にはなりません。しかし、最近は、銀行も法律上の制限とは関係なく、「自主規制」として、総量規制に準じたカードローン融資を行うところが増えています。そのため、銀行のカードローンであっても、実質的に総量規制の影響を受けるものが多くなっています。

 

表にすると以下のようになります。

 

<総量規制とカードローン>

カードロ―ン発行会社 消費者金融 一部銀行
(大手銀行など)
銀行
(地方銀行など)
総量規制 法律で規制 自主規制 対象外
具体歴 アコム
プロミス
アイフル
など
都市銀行
大手ネット銀行
一部地方銀行
など
一部地方銀行など
信用組合

 

つまり、消費者金融のカードローンは全て総量規制の対象。銀行カードローンも大手銀行を中心に総量規制を順守(自主規制)していますが、現時点でも総量規制の対象外として営業しているカードローンも残っています。

 

<関連記事>

 

 

年収証明が必要な訳


カードローンの借入申込を行った時に、年収証明書・所得証明書が必要となる理由は以下となります。

 

①総量規制(年収の3分の1)を順守するため

②貸付可否を判断するため

 

このうち、カードローンでは特に①が重要となります。

カードロ―ンで借入する場合、消費者金融だけでなく、銀行からの借入であっても、実質的に「総量規制」の対象となるカードローンがあります。総量規制の対象となると、借入可能額は「年収の3分の1」に限定されますが。この年収の3分の1を上限としてカードローン貸付を行うには、借入希望者の「年収」を確認する必要があります。そのために年収証明書を必要とするのです。

 

実際、総量規制の法律上も、カードローンの借入額を「年収の3分の1」に規制するために、借入希望者から年収証明証を取得するように求め、年収証明書によって、総量規制を順守するように求めています。

 

しかし、実は、総量規制では「年収証明書による確認が不要」なケースも定めています。

 

 

年収証明書が必要になるのは?


カードロ―ン申込全てに対して「年収証明書」の提出を必要とすると、借入申込人の負担が増加してしまいます。そのため、総量規制の法律上は、一定金額未満のカードローン申込であれば、「年収証明書」による確認を不要としています。

総量規制では、借入限度額の小さいカードローン申込であれば、年収証明書ではなく、借入申込人の自己申告による年収で審査して良いとしています。

 

<年収証明書が必要なケース>

・新規借入申込額が50万円を超える

もしくは

・既存の借入額との合計額が100万円を超える

 

総量規制の法律上、年収証明書による確認が必要となるのは、「新規借入申込額が50万円を超える場合、もしくは既存の借入額との合計が100万円を超える場合」となっています。この2点にあてはまらなければ、総量規制上、年収証明書の提出は求められていません。

 

 

融資可否に必要無いのか?


前述の「新規借入申込額が50万円を超える場合、もしくは既存の借入額との合計が100万円を超える場合に年収証明書が必要」というのは、総量規制による規則です。

総量規制とは関係なく、消費者金融や、銀行の判断で、カードローン審査に必要と考えれば、上記の基準に関係なく、年収証明書を要求することは可能です。

 

しかし、消費者金融や、銀行では、総量規制の規制がなければ、年収証明書の提出を求めないことが多いのです。なせなら、消費者金融や、銀行のカードローンの場合、以前は、「借入申込金額が300万円以内のカードローンなら所得証明書不要」としている銀行や消費者金融が多かったのですが、総量規制の影響で、「50万円を超える場合に必要」と大幅に基準を変更したのです。

 

そのため、総量規制の影響がなければ、300万円以内のカードローン申込に所得証明書は必要ないのです。

 

 

総量規制対処外のカードローン?


消費者金融のカードローンは全て総量規制の対象です。そのため、消費者金融のカードローンで、年収の3分の1を超えて借入することはできません。

一方で、銀行カードローンには、総量規制を自主規制として順守するものと、そうでない銀行カードローンもあります。

 

カードロ―ンで借入したいと考える方のなかには、「総量規制の対象外のカードローンが良い」と思っている方はたくさんいます。そんな方の参考として、総量規制の自主規制を行っていない銀行カードローンの見分け方を説明しましょう。

 

総量規制外の銀行カードローンを見分けるには、カードローン各社が設定する、「年収証明書・所得証明書の提出が必要となる基準」を確認すれば良いのです。

 

<総量規制のカードローンとは?>

銀行カードローン 自主規制 総量規制対象外
(自主規制せず)
年収証明が必要な場合 50万円を超える借入申込 300万円を超える借入申込
判定 ×

 

銀行カードローンのなかでも、「借入申込額が300万円以内なら年収証明書の提出不要」としているものは、原則、総量規制の自主規制を行っていないカードローンと考えられます。

 

 

嘘の申告はNG


年収証明の提出が不要なカードローンであっても、借入申込時に「虚偽の年収を申告」をすることはやめましょう。

年収証明書の提出が不要なカードローンの場合、審査に使用する「年収」は、原則、借入申込人が自己申告した金額になります。確かに、嘘の金額を年収として申告してもばれない可能性があります。年収を高く申告して、ばれないのであれば、総量規制による制限を超えて、借入できる可能性も高くなります。

 

しかし、カードローン申込時に、年収を虚偽申告してはいけません。

銀行や、信用組合では、過去の経験などから、職種・年齢・企業規模などをもとに、ある程度の年収を予測できます。カードローンの借入申込人の年収額が、予測額から大きく乖離していると、銀行や、信用組合も、「申告の年収が嘘ではないか?」と疑います。こんな時、別途、審査のために年収証明書を求めたり、そもそも怪しいからとカードローン審査で断ることもあります。

 

 

総量規制外のカードローン


「借入申込金額が300万円以内なら年収証明書の提出が不要」の銀行カードローンは総量規制外で借入できる可能性が高いということを根拠として、該当する銀行カードローンを探しました。

 

現在は、地方銀行カードローンでも「総量規制」に準じた取り扱いをしている銀行カードローンが多くなっていますが、該当する銀行カードローンを2件見つけましたのでご紹介します。

 

 

滋賀銀行カードローン

1件目は滋賀銀行カードローン「サットキャッシュ」です。

滋賀銀行は、名前の通り、滋賀県の地方銀行です。関西圏以外の方には、馴染みが薄いと思われますが、滋賀県では最も規模の大きい有力地方銀行です。

 

滋賀銀行のカードローン「サットキャッシュ」は借入限度額300万円以内の申込なら年収証明書の提出が不要なカードローンです。

しかし、滋賀銀行カードローンで借入申込できる方には、地域的な制限がありますので、注意してください。対象となるのは、「大阪府、京都府、滋賀県」の3県にお住まいの方のみとなります。この3県以外にお住まいの方は、滋賀銀行カードローン「サットキャッシュ」への借入申込はできません。

 

また、滋賀銀行カードローン「サットキャッシュ」では、審査通過後、滋賀銀行の預金口座を作ることが必要となります(既に口座をお持ちなら不要)。口座の作成は郵送での手続きが必要となりますので、即日借入は困難となります。

 

カードロ―ンの作成を急がないこと(1週間程度必要)、及び、大阪府・京都府・滋賀県にお住まいの方であれば、滋賀銀行カードローン「サットキャッシュ」は総量規制の対象外で借入できる可能性が高く、大変、おすすめのカードローンとなります。

 

▼ こちらをクリック ▼

 

<関連記事>

 

<基本データ>

借入限度額 借入金利 即日借入 専業主婦  パート・アルバイト
 30~500万円 4.8~14.9% ×(注) × 

(注)滋賀銀行口座をお持ちでない場合、インターネット申込にて審査承認後、郵送での手続きが必要となります。

 

 

ハナ信用組合

ハナ信用組合のカードローン「カードローンアラカルト」も総量規制の対象外で借入できる可能性の高いカードローンです。ハナ信用組合のカードローンアラカルトは、借入限度額300万円以内なら所得証明書の提出が不要です。

 

さらに、カードローンアラカルトは、適用金利が「2.8%~12.8%」と、カードローン業界のなかでも最も低い金利水準のカードローンです。500万円までの借入限度額の申込なら、ハナ信用組合に組合加入する必要もなく、借入申込が可能です。

 

なお、ハナ信用組合のカードローンアラカルトに借入申込できる方は、関東圏もしくは長野・水戸・高崎のどちらかにお住まいの方、もしくは勤務している方となります。

 


▼ こちらをクリック ▼

 

<基本データ>

借入限度額 借入金利 即日借入 専業主婦  パート・アルバイト
 30~800万円 2.8~12.8% ×

 

 

滋賀銀行カードローン「サットキャッシュ」も、ハナ信用組合のカードローンアラカルトも、各種コンビニATMと提携していますので、一旦、カードローン契約を行って、借入用カードを発行してもらえば、利用に不便はありません。

 

是非、活用してみてはいかがでしょうか。

 

 

まとめ


カードロ―ンに借入申込する場合、総量規制に規制があるため、年収証明書の提出を求められることがあります。総量規制の規制では、カードローン申込に年収証明書が必要となるのは、「借入申込額が50万円を超える、もしくは、既存借入額との合計額が100万円を超える場合」となります。

 

一方、銀行カードローンのなかには、現在も、総量規制に準じていないカードローンがあります。これらの銀行カードローンであれば、50万円を超える借入申込であっても、年収証明書の提出が不要となるものがあります。

 

「総量規制外で借入できるカードローンが良い」、もしくは「年収証明書の提出が不要なカードローンが良い」という方は参考にされてみてはいかがでしょうか。

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

<関連記事>

 

はじめての方にアコム 最短即日融資も可能
<カードデザイン>
ご相談はこちら▲▶
適用金利(実質年率)借入可能額
3.0%~18.0%1~800万円

 

 

静岡銀行カードローン「セレカ」
お申込みはこちらをクリック▲
5~10分程度で簡単に登録可能
お申込みはこちらから

 

 

Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カードローン・フリーローン
カードローンの借り換えで失敗しない秘訣!知らないと逆効果になる借り換えの注意点

カードローンで流行りの「おまとめ」ですが、知らずに行うと大失敗する可能性があります。上手に借り換えする方法をご説明します。

カードローン・フリーローン
<期間限定>楽天カードで7,500円相当がもらえる入会キャンペーンがお得過ぎる!(~2018年4月23日)

お得なクレジットカードとして楽天カードをご紹介します。知らないと損なカードと言えます。

カードローン・フリーローン
カードロ―ンで銀行から借入できる金額を知ろう!最大借入可能額(与信枠)の計算方法!?

個人が銀行から借入する場合に、いくらまで借入可能なのかを解説

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。