銀行カードローンをお勧めの順番にランキングしてみました!!間違えない会社選びの極意

銀行カードローンは、どの銀行でも基本的に取り扱っている銀行の人気融資商品です。
 
そのため、一言で銀行カードローンと言っても、数多くの種類があり、どの銀行カードローンに申し込むのが最もメリットがあると言えるかは難しい問題です。また、カードローンに申込する場合、金利や借入限度額などの商品性だけでなく、審査に通りやすいかどうかも勘案して申込したいものです。
 
今回は、筆者の独断と偏見で、銀行カードローンのお勧め度をランキングしてご紹介いたします。

 

 
 

銀行カードローンの「お勧め度」を比較

最初に、銀行カードローンをランキングするための基準から確認しておきましょう。カードローンのお勧め度を図る重要ポイントとしては、以下の5つのポイントがあげられます。

金利

借入可能額

即日融資の可否

申込手続きの簡易さ

審査が通り易いかどうか

 

もし、カードローン審査に自信がある方なら、金利などの借入条件重視でカードローンを選ぶことができます。

 

一方、資金に困っていたり、時間的な余裕のない方は、審査に通り易いかどうかや、即日融資の可否でカードローンを選ぶことが重要となります。銀行カードローンは金利の低さが魅力ですが、審査基準は比較的厳しくなりますし、さらに、現在は、銀行カードローンの原則即日融資が難しくなっています。

 

そのため、即日融資が希望という方は、消費者金融系カードローンを選択する必要があります。

 

<関連:即日融資が可能なカードローンのご紹介>

【2020年度版】即日借入可能なカードローンと即日融資の方法をご紹介!!

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 

銀行と消費者金融のカードローンを比べて、どちらに申し込むのが良いかに迷った場合は、審査に通る自信があるなら銀行カードローン、審査に自信が無いなら、もしくは即日で借りる必要があるという方は、消費者金融のカードローンを選ぶということになります。
 
審査に問題がなければ、やはり、銀行カードローンの借入条件は、消費者金融よりもメリットが多くなりますので、銀行カードローンから選ぶのが良いでしょう。
 
銀行カードローンがおすすめ
 

銀行カードローンランキング

実際に銀行から借入できるカードローン商品を、ランキング形式でご紹介したいと思います。

 

1位 楽天銀行スーパーローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結
 
筆者が選ぶ銀行カードローンのランキング1位は、楽天銀行カードローン(スーパーローン)です。
 
楽天銀行カードローンの借入限度額の大きさはカードローン業界のなかでトップクラスとなる800万円です。これだけの限度額が用意されていますので、大部分の人にとって十分な金額であると言えるでしょう。
 

また、楽天銀行カードローンの金利水準(低金利)も業界トップクラスです。

 
さらに、楽天銀行では、インターネット上での申込で、カードローンの申込・契約までを完結できるのがお勧めポイントです。
 
そのため、1度も店舗に来店することなく、手続きを完了できます。インターネットから24時間のお申込みでき、即日で審査結果を得ることが出来るという、審査スピードの早さは、かなりお勧めできます

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

 

2位 三菱UFJ銀行バンクイック

大手都市銀行、三菱東京UFJ銀行のカードローン商品である「バンクイック」がお勧め度2位となります。バンクイックは、24時間、インターネットでの申込を受付しているほか、銀行窓口や、銀行支店内に設置されている「テレビ窓口」(無人契約機)で申込ができます。

バンクイックの金利は、1.814.6%の範囲内で適用されるので、他行のカードローンに比べても、相当に低い水準と言えます。バンクイックは、大手銀行のカードローンならではの支店やATMの豊富さがあり、お勧めさを更にUPします。なお、残念ながら、現在はバンクイックでは即日借入は原則不可になっています。大手銀行を中心として、自主規制の一環に、カードローンの即日借入を付加とするように営業方針は変わってきているためです。
 

 

3位 住信SBIネット銀行

ランキング3位の銀行カードローンは、住信SBIネット銀行(MR.カードローン)です。こちらも、相当にお勧めのカードローンと言えます。
 
審査結果によりますが、プレミアムコースが利用できれば、適用金利は、0.997.99%と、業界トップクラスに低い水準になります(但し、一定の条件を満たす必要があります)。
 
プレミアムコースの利用限度額は最大で1,200万円ですので、借入極度額も最高水準であり、商品性は、相当にお勧めできる銀行カードローンです。
 

人気の銀行カードローンランキング

 

好条件を獲得する審査対応

商品性の良いカードローンを選んでも、申込時の審査で評価が低くなってしまうと意味がありません。
 
審査に通らない可能性もありますし、加えて、審査に通っても借入限度額が低く設定されたり、金利が高くなってしまう可能性があります。銀行カードローンの審査通過率を高め、良い条件を得るためには、審査で重要視されるポイントを理解して、事前に準備を行っておくことが大切です。
 
銀行カードローンの審査では、既存借入がほとんどなく、収入レベルが高く、勤続年数も長いという方であれば問題はないでしょう。
 
しかし、審査に不安を感じている方もたくさんいるでしょう。カードローンの審査では、事前準備が大きく影響しますので、審査に自信が無い方は前もって用意を行っておくのが良いでしょう。
 
銀行カードローンの審査で見られるポイントは、①年収、②勤続年数、③個人信用情報です。

 

審査のポイント① 年収

①の年収は、返済能力を決める要素として、やはり借入時の審査では重要な項目になります。
 
もちろん、年収は大きければ大きい程、審査にも良い影響となります。しかし、年収は借入可能額を決定する要素として重要ですが、銀行カードローンの結果は年収の規模だけで決まるものではありません。

 

審査のポイント② 勤続年数・雇用形態

年収以外にも、勤続年数、雇用形態も重要です。銀行カードローンの審査では、申込人の収入の「安定性」を評価しますので、勤続年収の長さや、雇用形態(正社員か否か)が重要となります。
 
銀行カードローンの審査が通りやすくなる勤続年数の目安は、最低でも1年以上となります。そのため、勤続年数が1年未満と言う方は、少し待ってから申込を行うか、大手消費者金融のカードローンを利用されるのがおすすめです。
 

審査ポイント③個人信用情報に傷がないこと

銀行カードローンの審査では、個人信用情報から、借入状況や、延滞の有無などが調べられます。
 
申込時に、既存の借入状況を申告する必要がありますが、嘘をついても、審査で見る個人信用情報からばれてしまいます。
 
個人信用情報というのは、銀行や消費者金融が加盟している信用調査会社が提供するサービスです。銀行や消費者金融は、適正な審査を行うため、個人信用情報で申込人の借入情報をチェックしています。

 

<関連:個人信用情報とは?>

借入審査に使われる個人信用情報とは?登録期間から開示請求まで徹底調査

 

 

個人信用情報を見れば、申込人の既存借入の状況はすぐに判明します。

 
そのため、申込人が自己申告で嘘を付いて、結果的に金融機関の調査でばれた方は、審査に落ちる可能性が高くなってしまいます。
 
金融機関は既存借入が多い方を嫌いますが、申込時に嘘をつく方も嫌います。既存借入額で嘘を付く方は、金融機関を騙してでもお金を借りようとする方であり、非常にお金に困っていたり、正直に話すと間違いなく審査に落ちてしまうほどの方だと懸念されてしまいます。
 
また、個人信用情報で延滞履歴がある方も、間違いなく審査で落ちます。申込時には、嘘と使いないこと、既存の借入に対しては、しっかりと返済を行うことをお勧めいたします。
 

 

消費者金融のカードローン

銀行カードローンは金利や借入限度額の大きさといったメリットのある有利なカードローンです。

 

しかし、銀行カードローンには審査が厳しいというデメリットもあります。

 

そのため、銀行カードローンに申込したけど、審査に落ちてしまったという方は、消費者金融のカードローンを検討してみましょう。

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込できる

 

SMBCモビットは大手都市銀行であるSMBCグループの消費者金融です。

 

そのため、消費者金融から借入するのは不安、抵抗があると言う方でも、安心して借入できるのが大きなメリットとなります。

 

さらに、SMBCモビットでは、WEB完結申込という制度があり、こちらを利用すると、職場や自宅に対する電話連絡や郵送物不要で借入申込ができます。そのため、職場や自宅に借入がばれたくないという方にもおすすめのカードローンとなります。

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

アコム

アコムのカードローンなら最短30分

 

アコムも大手都市銀行である三菱UFJ銀行が所属する三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。

 

さらに、アコムは消費者金融のなかでも最大手の会社です。

 

消費者金融のカードローンのなかでも、トップクラスの利用実績があるカードローンになります。これからカードローンを申込されるなら、是非、アコムを検討に入れてみましょう。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 
 
 

アイフル カードローン

 
最短30分で審査完了!アイフルなら即日借入も可能
契約書の郵送不要。誰にも知られずにカード受取可能
 
 <基本データ>

借入限度額借入金利即日借入 パート・アルバイト初回特典審査
 1,000円~800万円3.0~18.0%30日間金利無料最短30分

 
https://www.ozyouzumoney.online/article/aiful_loan.html 
 
 

プロミス カードローン

プロミスなら24時間振込可能
 
 
SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)もおすすめです。

SMBCモビットと同様にSMBCグループの安心感と消費者金融のスピード感が魅力です。

 
さらに、今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中です。プロミスは契約日からではなく、初回借入時から30日間の無利息サービスです。

 

そのため、きっちり30日間無利息サービスを無駄なく利用しやすいのが特徴です。

*50万円以内のお申込みなら所得証明書不要

 
<基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦 パート・アルバイト初回特典審査
 10~500万円4.5~17.8%×30日間金利無料最短30分

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 
(リンク集)
プロミス土日に借入方法
プロミス即日借入のコツ
プロミスは事業資金も借入できる
 
 

まとめ

これからカードローンの申込を検討されている方には、やはり、金利の低さ、限度額の大きさなどから、銀行カードローンの商品性が良く、おすすめしたいカードローンになります。
 
そのなかでも、特にメリットの多い、お勧めできるものをランキングにさせていただきました。
 
こちらのランキングを参考に、是非、有利な条件を得られるように、銀行を選別すること、審査に向けて準備しましょう。
 
なお、カードローンの申込を検討されている方のなかで、即日借入を希望されている方や、銀行カードローンよりもさらに審査の通過率が高そうなカードローンがご希望という方は、消費者金融のカードローンを検討されるのが良いでしょう。以下では、おすすめの消費者金融カードローンをご紹介いたします。

 

消費者金融のカードローン借入を知ろう!詳しく知れば不安が便利に変わる

 
 
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 
 
 
 
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG