フリーターでもお金を借入できる!カードローン審査に通る申込方法を説明

銀行や消費者金融からお金を借入できるのは正社員だけでしょうか。それともフリーターでもお金を借入することは可能でしょうか。フリーターやアルバイトの方のなかには、借入したいけど、どうせ無理だからと諦めてしまっている方もいるかもしれませんが、フリーターがお金を借りることは可能です。

 

今回は以下の点をご説明します。

フリーターでもお金を借りる方法

フリーターが気を付けたい審査のポイント

審査に落ちる原因

フリーターにおすすめのカードローン

 

 

 

フリーターの定義

最初に今回の対象となる「フリーター」の定義から確認しておきましょう。厚生労働省の定義(平成3年)によれば、中学校卒業後の年齢15歳から34歳(以下若年者)で、在学していない者のうち、以下の条件を満たす者とされています。

 

フリーターの定義とは?

現在就業している者については、勤め先における呼称が「アルバイト・パート」である雇用者

現在無業の者については、家事も通学もしておらず「アルバイト・パート」の仕事を希望する者

 
さらに、平成15年版 国民生活白書(内閣府)での定義であれば、「若年者(ただし、学生と主婦を除く)のうち、パート・アルバイト(派遣等を含む)及び、働く意志のある無職の人」ということでした。
 
つまり、一般的には、若年層のパート、アルバイトのことをフリーターと読んでいるようです。

 

若年層のパート、アルバイトのことをフリーターと呼ぶ

 

フリーターでも審査に通る

結論を言えば、フリーターでも審査に通って、お金を借入することは可能です。フリーターであることを理由として審査に落ちるということはありません。

 

但し、もちろんお金を借りるためには審査があります。審査に通らなければフリーターに関わらず、誰であってもお金を借りることはできません。

 

フリーターが銀行からお金を借入出来るかどうかには、いくつかポイントがあります。例えば、以下のような点が重要です。

 

フリーターが審査に通るために大切なこと

年齢が20歳以上(未成年者はそもそも難しい)

毎月同量程度働いている(やったりやらなかったりでない)

③1つの勤務先に勤務継続している(短期でない)

 

年齢が20歳以上

銀行の借入審査では、フリーターかどうかに関わらず、20歳未満の方は、そもそも借入が出来ません。
 
カードローンやフリーローン、住宅ローンなど、銀行や消費者金融の大部分の融資商品は借入できる年齢制限を20歳以上で設定しています。
 
20歳以上を借入できる最低年齢にしているのは、法律上、未成年者が単独で契約できないためです(こちらに、より詳細に記載しています)。フリーターでなく、正社員として勤務している方であっても、20歳未満の方は単独で借入契約ができないため、銀行などで借入をすることはできません。

 

未成年者は一般的なカードローンやキャッシングを利用することができないのです。

 

毎月同程度の収入がある(安定収入)

銀行や、消費者金融の借入商品(カードローン、フリーローンなど)に申込できる方の制限に、「就業していて安定収入があること」という条件が設けられています。

 

フリーターの方がカードローンなどの借入をする場合、パート、アルバイトなどで就業している必要があります。全く働いておらず、無収入のフリーターは借入ができません。

 

さらに、「安定収入があること」という条件があることにも注意が必要です。

安定収入とは、毎月継続して収入があることを意味します。パート、アルバイトなどで、月々の仕事の変動が大きく、収入がある月もあれば、収入の無い月もあるという方は、安定収入があるとは見なされない可能性があります。

 

1つの勤務先に継続して働いている

銀行や、消費者金融から借入する場合、勤続年数も大切な要素になります。

フリーターの方の場合、短期的に就業先を変えている方も珍しくないでしょう。

 

しかし、現在の就業先での勤続期間が短すぎると、カードローンなどの審査には通りにくくなってしまいます。

 
フリーターであっても満20歳以上で、特定の勤務先で継続して働いていて、収入が継続しているのであれば、銀行から借入できる可能性は十分にあります。
 

フリーターの定義と銀行借入の制限

 

カードローンの審査項目

それでは、より具体的に、フリーターがカードローンなどを利用して借入できるためのポイントを解説していきます。
 
実際に銀行や消費者金融が審査でチェックするポイントを理解して、しっかりと準備するようにしましょう。カードローンを申込する際にチェックされる審査項目には以下のようなものがあります。

 

審査でチェックされるポイント

①総量規制の制限

②個人信用情報に事故情報がないか?

③勤務先への在籍確認

 

銀行が審査で見るポイントについてそれぞれ説明します。

 

総量規制の制限を超えていないか?

総量規制とは、個人がカードローンなどの借入を行う際、借入できる限度額を年収の3分の1に制限する法律です。総量規制は、貸金業法という貸金業者(消費者金融、クレジットカード会社、信販会社など)を規制するための法律です。

 

そのため、本来は銀行は規制の対象外です。

しかし、近年は大手銀行を中心として、法律上の規制とは関係なく、自主規制として総量規制に準じた営業を行う銀行が増加しています。

 

結果として、総量規制は消費者金融のカードローンだけでなく、銀行のカードローンにも影響を与えるようになっています。そして、総量規制とカードローンの影響として、以下の点が重要となります。

 

<カードローン審査と総量規制のポイント>

カードローンの申込金額は総量規制の範囲内か?

総量規制の計算には他社からの既存借入も含めて範囲内か?

 

申込を行う銀行や、消費者金融に対して、年収の3分の1を超える金額を申込しても、審査に通る可能性は低くなります。例えば、年収150万円の方は、3分の1に相当する50万円を超えるカードローンやフリーローンに申込しても審査に通るのは難しいでしょう。

 

また、この総量規制には既に借入している他社借入残高も含まれます。

 

先ほどの例に条件を加えて、既に他社で30万円のカードローンを利用しているものとしましょう。この時、年収150万円で計算した3分の1は50万円です。ここから既存借入の30万円が控除されますので、追加で借入できる上限額は20万円ということになります。

 

総量規制による借入可能額の制限

 

 

個人信用情報に事故情報がないか?

次に、銀行や、消費者金融などの借入審査では、必ずと言って良いほど「個人信用情報」がチェックされます。

 

個人信用情報とは、銀行や、消費者金融などの貸金業者が加盟する信用調査機関が、会員が適正な審査を行えるように、会員相互で個人の借入情報を共有できるようにするサービスです。そのため、銀行や消費者金融は、個人信用情報を通して、借入申込人の借入の他社での借入利用情報を確認できるのです。

 

もし、カードローンの利用希望者が他銀行などから借入があれば、借入申込時に自己申告していなくても、個人信用情報を確認された時点で判明します。また、個人信用情報には、カードローンなどの限度額も記載されますので、実際に借入に利用していないカードローン(借入残高なし)を持っているだけでも判明します。
 
銀行は、個人信用情報を見れば、その人の借入残高がすぐに解るのです。
 
さらに、個人信用情報では他社への返済状況も確認できます。この時、特に重要となるのは、「延滞履歴」や「債務整理」を行ったことの履歴です。こういった履歴のことを「事故情報」、「異動情報」などとも呼びますが、銀行や消費者金融の会社にとって、最も借入希望者の信用情報を低くしてしまう情報となります。
 
 

勤務先への在籍確認

フリーターであっても、借入申込においては、勤務先へ在籍確認が行われます。
 
これは正社員が借入申込する場合と同じです。在籍確認とは、本当に就業していて、勤務しているかどうかの確認です。銀行などにとっても、実際には収入が無い方が、収入があるように嘘をついて申込することを避けたいと考えています。

 

そのため、借入希望者が実際に就業しているかを在籍確認によって調査するのです。

 
具体的な在籍確認の方法としては、借入希望者の申告した勤務先に、銀行から電話が掛けられ、申込人への取次ぎを求めることになります。
 
その電話で、本人からの申込に間違いないこと、申込内容(勤務先、申込金額など)があっているかどうかが最終確認されます。目的は、本人が勤務先で、在籍していることの確認ですので、その確認がとれれば、在籍確認は終了です。
 
もし、電話に出られなかった場合は、再度掛かってくるか、電話に出た人に、在籍を確認される場合があります。
 
なお、勤務先に対する電話連絡が嫌という方も多いでしょう。こういった方には、SMBCモビットのカードローンがおすすめです。SMBCモビットの「WEB完結申込」なら、書類による在籍確認が可能であり、電話連絡が原則無く、カードローンの申込を行うことが可能です。

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

なお、職場への電話連絡が嫌という方にはSMBCモビットのWEB完結申込がおすすめです。

WEB完結申込は書類提出によって在籍確認が行われますので、原則、職場や自宅への電話連絡がありません。

 

 電話連絡不要で申込できるSMBCモビットとは?

 

カードローンの審査でチェックする項目

 

フリーターが審査に通るためのコツ

最後にフリーターがカードローン審査に通るためのコツについて説明します。

 

銀行や、消費者金融がカードローン審査でチェックするための確認項目は前述の通りですが、さらに以下のようなコツをおさえておけば、フリーターでも審査に通りやすくなります。

 

フリーターは正社員に比べて審査で不利になることもあります。そのため、コツをおさえて申込するのは大切です。

 

フリーターが審査に通るコツ

  • 勤続年数は長いほうが審査に有利
  • 他社からの借入件数は少なくする
  • 一度に多数のカードローンに申込しない
  • 最初の借入希望金額は低くする
  • 審査で嘘を付かない

 

それでは、フリーターが審査に通るためのコツについて説明していきましょう。

 

 

勤続年数は長いほうが審査に有利

 

カードローンなどの借入審査では勤続年数も重要なポイントになります。

 

フリーターや、アルバイト、パートの方は、一つの職場での勤続年数が短く、短期的に職場を変えることも多いでしょう。しかし、このように職場ごとの勤続年数が短いことは、フリーターが審査に通りにくいことの大きな原因になります。

 

勤続年数は長ければ長い方が審査に有利です。理想を言えば、勤続年数1年以上でカードローン申込するのが良いでしょう。一方、銀行カードローンで6ケ月未満、消費者金融でも3ヶ月未満で申込すると、審査落ちしてしまう可能性は高くなってしまいます。

 

カードローンなどの借入を考えているなら、出来るだけ勤続年数を長くしたうえで申込するようにしましょう。

 

 

他社からの借入件数は少なくする

 

新しいカードローンなどに申込する場合、できるだけ既存借入を少なくしておく方が審査に通りやすくなります。

 

一般的に、フリーターの方は借入可能であり、カードローンを利用することもできます。しかし、認められるカードローンの件数は、最大でも2~3件程度になります。それ以上のカードローンを利用していると、追加で借入申込しても、審査に落ちてしまう可能性が高いでしょう。

 

もし、新たにカードローンを申込する場合、既存のカードローンをまとめてしまい、件数を減らしておくのも良いでしょう。

 

例えば、カードローンを3件契約している場合(それぞれ、借入限度額が20万円・借入は10万円ずつと仮定)なら、カードローンの借入残高を2件に集約してしまい、借入残高の無い契約を解約してしまうのも良いでしょう。

 

また、おまとめローンを活用して、借入を1本化してしまう方法もあります。上手くおまとめローンを利用すれば、借入件数を1本にしてしまうこともできます。

 

 

一度に多数のカードローンに申込しない

 

カードローンの利用を希望するあまり、一度に多数のカードローンに申込するのは避けた方が良いでしょう。

 

カードローンに申込すると、前述の通り、カードローン会社は個人信用情報を確認します。そして、個人信用情報は確認される度に、閲覧履歴が記録されます。そのため、次に個人信用情報を見る金融機関は、どれだけの金融機関が個人信用情報を閲覧していたのかを知ることができます。

 

多数の金融機関に個人信用情報を閲覧されている借入希望者は金融機関から敬遠されます。

 

それは、閲覧履歴の多い方は、それだけ金融機関の審査に落ちている方と推測されてしまうためです。つまり、カードローンの申込件数が多くなると、審査に通りにくい状況に陥ってしまうことがあるのです。この状況を「申込ブラック」とも呼びます。

 

なお、個人信用情報への閲覧履歴は6ケ月で消去されます。申込ブラックに落ちってしまった場合は、6ヶ月以上経過してから再度申込するのが良いでしょう。

 

 

最初の借入希望金額は低くする

 

カードローンを取り扱っている金融機関にとっても、借入限度額が大きくなればなるほど、大きなリスクを抱えることになり、審査基準も厳しくなってしまいます。

 

フリーターの方がカードローンを申込する場合、最初の借入限度額は低く申込するのが良いでしょう。最初は審査に通過して、契約することを優先しておけば、後から借入限度額を増額するという方法も可能です。

 

初めて利用するカードローンの場合、借入限度額は30万円以内で申込を行うようにしましょう。

 

 カードローンの借入限度額を増額する方法

 

 

 

審査で嘘を付かない

 

カードローンなどの借入審査には、他社からの既存借入の状況や、年収が影響します。

 

そのため、カードローンを申込する際に、借入状況や年収などの項目で嘘の申告を行う方もいます。例えば、他社でカードローンを2件契約しているにも関わらず、他社からの借入はしていないと申告したり、年収を本来の金額よりも多く申告する場合などがあります。

 

しかし、こういった嘘の申告は決して行ってはいけません。

 

なぜなら、申込時の嘘の申告はばれる可能性が高いうえ、嘘をつく申込人は信用されにくくなってしまうためです。

 

既存借入の状況は、前述の通り個人信用情報で確認できます。また、年収はカードローンの審査段階で所得証明書の提出を求められることもあります。

 

カードローン審査に通るためのコツ

 

フリータにおすすめの銀行

いくつか実際にフリーターの方でも借入申込が可能としている銀行で、かつ商品内容が良く、おすすめできるカードローン商品をご紹介いたします。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結
 
楽天銀行のカードローン(スーパーローン)は、フリーターが借入できるだけでなく、雇用形態に関わらず、おすすめできる商品性の良いカードローンとなります。カードローンの申込をWEB完結できますので、店頭などに行く必要がないのも特徴です。

 

 金利の低いネット銀行(楽天)のカードローン

 フリーターやアルバイトでも申込可能

 申込や契約はWEBで完結

 
楽天銀行カードローンでは、借入金利は、年率1.9%~14.5%の範囲内で審査結果に応じて個別に設定されます。この水準で借入できることは、通常のカードローンでは、ほぼありません。

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

 

静岡銀行カードローン

静岡銀行カードローンセレカ

 

アルバイト、パートなどのフリーターでも申込しやすいカードローンとして静岡銀行カードローン(セレカ)があげられます。セレカは地方銀行のカードローンですが、WEBで申込を完結でき、全国どこでも利用できるカードローンとして非常に便利な商品です。

 

 日本全国どちらでも利用できるカードローン

 申込はWEBで完結でき、来店不要で申込できる

 コンビニATMとの提携多数あり

 フリーター、パート、アルバイト、専業主婦も利用可能

 

 

イオン銀行

イオン銀行カードローンは、フリーターでも借入できる銀行として、かなりおすすめの融資商品です。金利が、3.8%13.8%の範囲内での適用となりますので、一般的な都市銀行などのカードローン金利(14%台半ばのところが多い)に比べても、相当に低い水準で借入が可能です。

 

こちらでは、ご契約時の年齢が満20歳以上、満65歳未満で、ご本人または配偶者に安定、かつ継続した収入の見込める方であれば、フリーター( パート、アルバイト)、自営業者、専業主婦(夫)でも借入可能としています。

 

フリーターにおすすめの消費者金融

銀行カードローンで審査に通過できなかった時には、消費者金融のカードローンもおすすめです。

 

銀行カードローンに比べ、金利は少し高めですが、柔軟な審査で利用できるメリットがあります。

 

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込できる

 

SMBCモビットは大手都市銀行であるSMBCグループの消費者金融です。

SMBCモビットでは「WEB完結申込」を利用すれば、職場や自宅に電話連絡や書類の郵送なくカードローンに申込できます。

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

アコム

アコムのカードローンは最短30分で借入可能

 

アコムは三菱UFJ銀行などが含まれる三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。

審査は最短30分から可能であり、即日借入・土日祝日の借入にも対応可能です。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

銀行が駄目ならクレジットカード

最後に、クレジットカードのキャッシング(借入)枠を利用するという方法も一応ご紹介いたします。クレジットカードは、小口のキャッシング(借入)枠ですが、フリーターだけでなく、学生や、主婦でも比較的簡単に申し込みができる借入手段となっています。
 
クレジットカード会社は、競争が激しく、若い世代の獲得に積極的です。また、若い世代や、主婦は、消費意欲も高いため、優良顧客ともなりますので、比較的、審査にも通り易いと言えます。
 
クレジットカードのキャッシング(借入)枠は、10万円から20万円前後の範囲で設定される少額が中心となります。通常、クレジットカード会社は、利用実績を確認しながら、借入枠を増やしていきます。利用期間が長くなることで、徐々に借入枠を増やしていくことができます。
 
もし、数年使用しているクレジットトカードが既にあるなら、そちらの会社に電話して、借入枠を増やしてもらえるように交渉もできるでしょう。まだクレジットカードを持っていない、もしくは、新たに持ちたいということであれば、今、最もおすすめのクレジットカードは楽天カードです。
 

楽天カード  
【期間限定】ポイントキャンペーン中!!
お申込はこちら▲

 

>>おすすめのクレジットカードをランキングでご紹介

 

審査に落ちてしまいやすい人の特徴

正社員、フリーターなど、カードローンに申込しても審査に落ちてしまいやすい人の特徴を整理します。

 

審査に落ちる方の特徴から、カードローン審査に対応するための参考としましょう。

 

カードローン審査に落ちやすい人の特徴

  • 勤続年数が短い
  • 他社からの借入件数、残高が大きい
  • 個人信用情報に事故情報が掲載

 

フリーターがカードローンに申込する際、以下のような特徴にあてはまらないようにする必要があります。

 

勤続年数が短い

カードローン審査では、現在の就業先に対する勤続年数も審査に大きく影響します。

 

銀行や消費者金融が求める勤続年数は、

銀行カードローンで1年以上

消費者金融で3ヶ月超

 

勤続年数がこれらの水準よりも低いのであれば、フリーターの借入審査は厳しくなってしまいがちです。

 

他社からの借入件数、残高が大きい

他社からの借入件数、借入残高が大きい場合も審査落ちしやすくなります。

 

フリーター、専業主婦のカードローン申込では、既存借入は極力整理して、借入件数・残高は少なくなるようにしましょう。

 

個人信用情報に事故情報

個人信用情報に事故情報の記載があるなら、カードローン審査に通過できる可能性は極めて低くなります。

 

銀行、消費者金融、フリーターであるかどうかに関係なく、個人信用情報に事故情報があると審査に通らないと覚えておいた方が良いでしょう。

 

まとめ

フリーターが、銀行から借入できるかどうかのポイントは、収入の安定性です。
フリーターだけでなく、どの雇用形態でも、1つの勤務先で長く(できれば1年以上)働いていることは、銀行の借入審査で重視されるポイントとなります。
 
もし、フリーターの方が、すぐに審査に通らなくても、一定期間の勤務を継続することで、借入が可能となる可能性は十分にあります。あせらずに、じっくりと検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

 
 
 
▼カードローンのご案内  
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG