銀行カードローンの審査通過と年収の関係性!?高ければ良いわけではない意外な真実

銀行カードローンを利用されていますか?銀行カードローンを既に利用されている人も、これから利用されようとしている人も審査基準は気になりますよね。
せっかくカードローンを利用したいと思っても、銀行が融資で見ているポイントを今回ご紹介したいと思います。

 

実は、カードローンの審査にとっては、年収が高ければ大丈夫という訳でもなく、それ以外に重要な基準や要件というものもあります。
知っておくと役立つことが多いので、是非、参考にしてみてください。

 

年収はどれくらい重要なの!?

銀行カードローンの借入申込を行うと、申込書への記載が必要なことがあります。

銀行では、申込書の記載情報から、カードローンの貸出の可否や、借入可能額を審査することになります。

その記載欄のなかに年収の項目が用意されています。もちろん、審査では、やはり年収は重要な要素となります。

 

カードローンの審査において、融資可否に影響を与えるだけでなく、借入可能額にも影響する重要な要素となります。

銀行の審査では、年収を見るポイントは、実は、金額の大小だけではないのです。年収が高額であれば審査に通過するという訳ではないのです。

 

審査で重視するのは安定性

銀行カードローンの審査で見ている、年収の重要なポイントとしては「安定性」があります。

実は、カードローンの審査では、年収が低いからカードローンに通らないということではありません。年収が低くても、それに応じた借入可能額が設定されます。

 

むしろ、大切なのは収入がいることです。

一時期的に収入が高くても、数年後の収入がどうなるか解らないという方の場合、銀行の審査では、敬遠される可能性があります。

フリーターや、アルバイト、日雇いの派遣といった雇用形態が、これにあてはまります。正社員でも勤続期間が短い(1年未満)と、安定性が低いと判断されます。

 

 審査に通過しやすくなる安定収入とは?

 

自営業者はお金を借入しにくい?

勤続年数は長くても、小規模の自営業者は、銀行からお金を借入するのは少しハードルが高いことがあります。

自営業の方は、長期間の借入を銀行から行うことは、実は難しいのです。それは、どうしても自営業者の方の収入は不安定になってしまうので、長期的な借入が難しいと判断されるためです。

 

また、銀行カードローンのように、自由に借入が出来る商品の場合、事業主は事業性資金として借入してしまう可能性があるため、こういった貸付を敬遠することもあります。

銀行カードローンは、借入の使い途は原則自由なんですが、事業性資金としての使用は、唯一禁止されているのです。

 

プロスポーツ選手や、芸能人、投資業などを行っている方も、通常は安定性が低いと考えられ、銀行からの借入は難しくなります。

銀行カードローンでは、一旦審査に通過すると、その後、借入が自由に出来ますので、不安定性な職種の方は、持ってもらいたくないのが銀行の本音と言えます。

 

 ビジネスカードとは?

 

年収以外の重要な審査基準

銀行カードローンの審査では、年収は非常に重要な要素ですが、それ以外にも重要な要素があります。
 

個人信用情報に事故情報がない

銀行や消費者金融のカードローン審査で、例外無くもっとも大切な情報は個人信用情報です。

個人信用情報は、銀行や、消費者金融など、お金を貸す金融機関に対して、信用調査機関が、申込人個人の信用情報を提供するサービスです。

 

信用情報とは、個人が借入している残高や、延滞情報や、破産・債務整理などの事故情報が該当します。

既に借入している借入や、過去の借入で数ヶ月の延滞を行った場合や、自己破産などの債務整理を行った場合には、個人信用情報に事故情報として履歴が残ります。

こういった事故情報の履歴が残っていると審査に通ることはできません。

 

また、銀行にカードローン借入を申込すると、現在の借入状況を記載することが求められます。

銀行の審査においては、自己申告された借入情報と、個人信用情報を照らし合わせ、嘘がないかも確認しています。

 

 個人信用情報とは?

つまり、銀行カードローンの審査では、個人信用情報の問題(多重債務、延滞ありなど)と、申込人の申告内容に嘘がないかという両面から審査されています。

そして、嘘があった場合にも、審査には通過できなくなります。

 

審査で見られるその他の要素

居住形態(持ち家、賃貸など)や、親族との同居の有無、年齢、既婚かどうか、扶養親族など、申込書に記載する内容のそれぞれが審査で確認されています。

 

年収が低くても、両親と同居しているといった情報があれば、有利に働くこともあります。

また、既に住宅ローンを借りている方は、銀行カードローンの審査では、むしろ有利に働くことがあります。

 

数千万円の銀行審査に通過したのだから、数十万円~数百万円の借入は可能だろうという前提で銀行から見てもらえるためです。

特に、現在、住宅ローンを借りている銀行に申込すれば、金利条件などで優遇を受けられることもありますのでそちらに対して相談されるのがおすすめです。

 

年収から借入可能額を逆算

カードローン審査は年収が高ければ良い訳ではないと言いましたが、年収が高い方が良いこともあります。

そのうち、特に影響が大きいの借入可能額です。借入可能額は年収が大きい方が有利と言って良いでしょう。

銀行カードローンで借入可能な金額は、年収から、ある推測することが出来ます。

借入可能額を決定する要素には、以下の2つの判定基準があります。

  1. 総量規制による制限
  2. 返済能力による判定

それぞれの内容について、もう少し詳しく確認しておきましょう。

 

総量規制は銀行にも影響

総量規制とは、無担保で、個人が借入できる金額を、年収の3分の1までに制限する法律です。

しかし、総量規制が対象とするのは消費者金融などの貸金業者であって、銀行はこの総量規制の対象ではありません。

そのため、法律から考えれば、銀行が、総量規制の制限を超えて、貸付を行うことも問題ありません。

 

しかし、最近は銀行が総量規制の制限を受けていないことを悪用して、個人の借入人に対して「過剰な融資」を行っているという批判が増加しています。

そして、銀行のせいで、多重債務者が増加しているとも言われているのです。

 

そのため、銀行としても、自主的に、カードローンでの借入可能額は、総量規制の範囲内に制限する動きがみられます。

 

 総量規制とは?

 

返済余力から計算する借入可能額

銀行が本来、借入申込人毎のカードローンによる借入可能額を決定するのは、こちらの返済余力からの判定となります。

銀行の審査においては、個人の返済余力は、おおよそご年収の20%30%程度と考えられています。

 

仮に、ご年収を200万円として計算すれば、40万円(200万円×20%)が返済に充てられる金額となり、この金額から返済できる金額が借入可能額となります。

5年間での返済を前提とすれば、200万円の返済が可能(40万円×5年)です。

その中には金利も含まれていますので、100150万円程度が元金としての支払いとなります。

 

現実的には、銀行でも、リスクの高い貸付ということを考慮して、この半分程度(5075万円)を借入可能額として設定します。

なお、年収の高い方は、返済に回せる比率が高くなる(生活費は年収に比例しないため)ので、極度額が大きくなります。

 

 年収から計算する借入可能額は?

 

小口なら年収は低くても審査に通る

カードローンの申込をする場合、大きな金額を希望するよりも、小さめの金額で申込した方が審査には通りやすくなります。

銀行や消費者金融にとって、大口のカードローンはリスクが高いので、審査も厳しくなってしまいます。一方、小口であれば、リスクも限定されるため、審査基準は緩くなるのです。

 

小口(20万円~30万円)であれば、ご年収が低くても、銀行カードローンを作れる可能性は十分にあります。

小口の銀行カードローンなら、専業主婦でも、借入申込が可能です。50万円以下の小口での借入申込なら、所得証明書の提出を求めない銀行も多くあります。

 

銀行カードローンでは、50万円以下の借入は、金利設定も高くて採算が良いので、多少リスクが高くても貸付してもらいやすいのです。

少額申込ならカードローン審査に通りやすい

 

審査で嘘はだめ!!

銀行のカードローン審査で、良い評価を得たいからと言って、嘘を付くことは許されません。

特に多いのは「既存借入」や「年収」に関する嘘の申告です。ばれないだろうと安易に考えて、既存借入の額を少なく申告したり、所得証明の提出が不要だからと、年収を多めに書いてしまいがちですが、こういった嘘の申告は絶対いけません。

 

銀行や消費者金融の審査で嘘をついていることがばれた時に、その後の借入審査を通過することが難しくなってしまうことがあります。

また、当初は所得証明書の提出不要でも、申込内容に不自然な部分があると後から提出を求められることもあります。

さらに、既存借入の額については個人信用情報を通してばれてしまう可能性が高いです。

 

借入後に申告内容が嘘であったことがばれると、借入の一括返済を求められてしまうこともありますので、こういった嘘の申告は非常にリスクが高いと言えます。

 

おすすめのカードローン

2020年、これから申込する場合のおすすめのカードローンをご紹介していきます。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

 

銀行カードローンのなかで最もおすすめなのが楽天銀行カードローンです。

楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)はカードローンのなかでも借入限度額の大きさや、借入金利の低さが業界トップクラスの水準です。

 

さらに、借入申込や契約をインターネット経由で完結できるのも特徴です。そのため、楽天銀行カードローンの申込は、店舗に行く必要がありません。

 

楽天銀行のデータ

ポイント

対応の有無

インターネットで完結できるか

審査のスピード

×

(即日は原則不可)

審査基準の厳しさ

在籍確認は必須か?

×(必須)

即日カード発行

×

即日振込

土日でも借入できるか

即日は不可

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

アコムのカードローン

アコムのカードローンは最短30分で借入可能

アコムのカードローンは、スピード重視の方、なんとしても即日借りれるカードローンを探している方、銀行系列の安心感のあるカードローンで借入したい方におすすめです。

 

消費者金融大手のアコムカードローンも、即日借りれるカードローンです。

アコムは、三菱UFJ銀行のグループの一員であり、銀行並みの安心感と、消費者金融としての審査スピード、審査への通り易さという両面のメリットを併せ持つカードローンです。

もちろん、アコムのカードローンは、即日借りれるカードローンです。

 

アコム借入のデータ

ポイント

対応の有無

インターネットで完結できるか

無人契約機の稼働時間

8002200

審査のスピード

(最短30分)

審査基準の厳しさ

在籍確認は必須か?

即日カード発行

即日振込

土日でも借入できるか

 

アコムのカードローンでは、インターネットの借入申込で完結でき、審査通過後は、無人契約機から借入用カードを発行することもできます。

借入用カードを使わずに、振込融資を利用することで、即日借入することもできます。

 

さらに、アコムでは、楽天銀行口座を保有していれば、24時間、時間の制限なしに、振込してもらうことが出来ます。

つまり、即日借りれるカードローンとしてはかなり強みがあります。

また、アコムの審査では、在籍確認が必要ですが、カードローンの借入申込時(インターネットから借入申込後)に、コールセンターに電話して、交渉すれば、書類提出で代替してもらえる可能性があります。

 

健康保険証+給与明細(12ヶ月)を提出することで、在籍確認の電話を不要にできる可能性があります。

もちろん、アコムのカードローンは、土日でもインターネット、無人契約機を利用して、即日借りれるカードローンになります。

アコムカードローンの借入金利は、3.0%~18.0%(100万円以上借入時は、3.0%~15.0%)ですが、初回契約日から30日間は無利息で借入できます。

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJ・フィナンシャルグループ

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

SMBCモビットのカードローン

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込できる

電話連絡が嫌な方におすすめなのは「SMBCモビット」のカードローンです。

SMBCモビットのカードローンも「最短で即日借りれるカードローン」です。SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融です。

 

SMBCモビットには、「WEB完結申込」という制度があります。

WEB完結申込を利用すると、職場や自宅への「電話連絡なし」、郵送書類なしで、カードローンの借入申込ができます。そのため、職場や家族にばれずに借入申込したいという方にも利用しやすいカードローンとなります。

 

なお、モビットのWEB完結申込を利用するには、①三井住友銀行、もしくは三菱UFJ銀行、ゆうちょ銀行、みずほ銀行のいずれかの口座を保有している、及び②健康保険証を保有している、必要があります。

 

SMBCモビットのデータ

ポイント

対応の有無

インターネットで完結できるか

無人契約機稼働時間

(店舗によって異なる)

9:00~18:00※営業時間は店舗により異なります。(三井住友銀行ローン契約機)

審査のスピード

(最短30分)

審査基準の厳しさ

電話連絡の有無

WEB完結なら不要)

即日カード発行

※三井住友銀行のローン契約機なら即日でカード発行

即日振込

土日でも借入できるか

SMBCモビットでWEB完結のカードローンを申込した場合、借入用カードの発行はありません。

WEB完結以外の申込であれば、即日カードの発行ができます(※三井住友銀行のローン契約機なら即日でカード発行)。

 

WEB完結の場合、審査通過後、振込依頼をすることで「即日借りれるカードローン」となります。

SMBCモビットから借入する際の実質年率は、3.0%~18.0%です。

 

 SMBCモビットから借入するメリットは?

 

 プロミス

プロミスならお得にカードローンが利用できる/きっちり30日間無利息

 

プロミスもSMBCモビットと同様にSMBCグループの消費者金融です。

そのため、大手銀行グループということもあり、安心して利用できるカードローンとなります。

プロミスでは、初めてプロミスを利用される方に限定して、初回借入から30日間の無利息キャンペーンを行っています。

一般的なカードローンが行っている方は、初回契約日から30日間の無利息のため、いざ借入に利用すると、既に無利息期間が終了しているというケースもあります。

しかし、プロミスの場合は初回借入日から30日間の無利息サービスですので、高い確率で無利息サービスを利用できるのがお得です。

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 

プロミスのカードローンデータ

ポイント

対応の有無

インターネットで完結できるか

無人契約機の稼働時間

審査のスピード

(最短30分)

審査基準の厳しさ

在籍確認は必須か?

即日カード発行

即日振込

土日でも借入できるか

 

 

静岡銀行カードローン

静岡銀行のカードローン

 

厳しい審査は避けたいが、低金利な銀行カードローンで借入したい方なら、静岡銀行カードローン「セレカ」がおすすめです。
静岡銀行カードローン「セレカ」も即日借りれる銀行カードローンです。
静岡銀行は静岡県に本拠を置く地方銀行ですが、インターネット手続きで全国から借入可能で、地方銀行ですので大手都市銀行に比べて「審査基準」は低くなっており、審査に通過しやすいと考えられます。

カードローンのデータ

ポイント

対応の有無

インターネットで完結できるか

無人契約機の稼働時間

×

審査のスピード

(最短30分)

審査基準の厳しさ

在籍確認は必須か?

即日カード発行

×

即日振込

土日でも借入できるか

×

 

静岡銀行カードローンでは、在籍確認は必須ですが、在籍確認のタイミングが解りやすく、そして、融通が利くため対応しやすくなります。

つまり、静岡銀行カードローンに本申込を行った後、本人宛(携帯電話など)に確認の電話が行われてから、在籍確認が行われます。

(静岡銀行公式ホームページ。5秒簡易審査可能)

 

そして、都合が良い時間があるなら、その時間を指定して在籍確認してもらうこともできます。

静岡銀行カードローンでは、14時までに審査に通過すれば、すぐに指定口座へすぐに振込してもらうことで、即日借りれる銀行カードローンとなります。

 

また、静岡銀行カードローンで、初めて契約される方は、契約後、45日間の無利息キャンペーンもありますので、かなり、お得に使える即日借りれるカードローンとなります。

静岡銀行カードローン「セレカ」の適用金利は、4.0%~14.5%、最大借入可能額は500万円です。

 

関連記事:静岡銀行カードローンで即日借入する方法

 

まとめ

銀行カードローンの借入申込では、年収は重要な要素ですが、それだけで全てが決まるわけではありません。

銀行は、年収の大きさだけでなく、安定も重視する傾向にありますので、勤続年数や、個人信用情報も大切です。その他の項目も理解して、しっかりと審査に備えるようにしましょう。

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG