ファクタリングは闇金ではないのか?

良くある疑問!フリーローンとカードローンって何が違うの?

銀行から消費者金融、信販会社まで、幅広く取り扱っており、個人が利用できる人気の金融商品がカードローンです。同様に銀行や消費者金融は「フリーローン」というものを取り扱っています。この二つはよく似た部分もありますが違う商品です。

 

ここではカードローンとフリーローンの違いと特徴、また目的に合わせてどちらの融資を選択したらよいかということを解説していきます。

 

 

 

フリーローンとは?

まずフリーローンとは「利用目的(資金使途)に制限がないローン」の事です。

 

ローンの中でもよく知られているのは住宅ローンや教育ローン、マイカーローンなどです。これらは特定の目的、住宅ローンであれば住宅購入や、それに関連する物品の購入や維持費、と言った利用目的が定められています。これを目的別ローンと呼びます。

 

フリーローンというのは、こう言った資金使途に対する利用制限がない、ほぼすべての目的で利用できるローンの事です。

 

ですから住宅の購入にも使えますし、教育ローンで補えなかった部分の補填目的、日常の生活費などの目的で利用しても問題ありません。

 

 

確認は必要なこともある

なお、フリーローンは資金使途が原則自由で、制限がない借入ですが、「何に使うのか」は金融機関によって確認されます。そのため、物品や、不動産の購入であれば契約書や、見積もり書を提出したり、そちらへの支払を証する領収書を提出する必要があったりします。

 

資金使途の範囲に制限はないけども、何に使用するのかは確認されるのが「フリーローン」とも言えます。

 

 

利用できるのは個人

一般的にフリーローンは「個人向け」と指定されているので、会社の運営費には使うことができません。またギャンブルや投資、投機目的での利用も制限されていることがあります。

 

また種類として不動産を担保にして借り入れを行う不動産担保フリーローンなどもあります。

 

フリーローンはどんな商品?

 

 

カードローンとは?

次にカードローンですが、これは「ローンカード」を発行する金融商品の総称です。

 

一般的にイメージされるローンは申し込みを行い、一括で借り入れ、それを毎月返済していくという仕組みがよくイメージされます。フリーローンの利用もこの仕組みです。

 

ただ、この仕組みだと借り入れごとに審査を行うので、少額の借り入れを繰り返し行う方や今後、追加で借り入れを行うと言う方にとっては不便です。

 

また、借り入れの際に審査を行うと言う事は、金融機関の営業時間中しか対応できないと言うことなので土日祝日では対応できません。そこでローンカードと呼ばれるキャッシュカードの様な物を発行するカードローンの出番となります。

 

カードローンの場合、申し込みを行い、審査を受けるのは同じですが、現金を貸し付ける前に「ローンカードを発行する」というワンクッションをいれます。

 

利用者は発行されたローンカードを使いATMなどでお金の借り入れをする形になります。ポイントは審査・契約の際に「借り入れ限度額」が設定されることで、利用者は枠の中で自由に借り入れができるようになることにあります。

 

ですから極端な話「申し込みだけして利用しない」でも問題ありませんし、最初に全額借り入れをすると言った極端な使い方でも問題ありません。

 

そのうえ、一度借入して返済しても、再度借入するといった利用方法も可能です。

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

 

またATMなどから借り入れを行うので、営業時間外でも利用できます。特に最近はコンビニATMなど、24時間365日運営している場所も増えてきたので、利便性が非常に高いローンであると言えます。

 

最近では、消費者金融から銀行まで幅広い企業がこのカードローンを提供するようになっています。

 

カードローンの関連記事

>>必ず借りれるカードローンはある?

 

 

カードローンはフリーローンの1種?

一般的に提供されるカードローンでは、個人向けであれば利用目的に制限がない、つまりフリーローンの定義にあてはまるのが通常です。

 

そのため、カードローンはフリーローンの一種と言う事も言えます。

 

ただし、すべてのカードローンがフリーローンという分けではなく、事業費以外の目的では使えないビジネスローンの中では、カードローンと同様にローンカードを提供する方式を取っていることもあります。

 

<ビジネクストのカードローン>

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

カードローンの関連記事

>>ビジネスローンカードとは?申込方法と便利な利用方法

 

 

またカードローンもフリーローンも担保や保証人を取らない会社が多いですが、フリーローンについては不動産担保を求める商品を提供している会社もあります。

 

 

キャッシングとはなに?

カードローンと同じ位よく聞かれる言葉にキャッシングと言う言葉があります。キャッシングというのは「小口融資」の事です。実際のサービスでは1,000万円以下の融資を行えるサービスをキャッシングとすることが多いようです。

 

カードローンはほぼ小口融資を目的として作られているので、カードローンとキャッシングは同じものとして扱われていることがあります。

 

実際、クレジットカードのキャッシングサービスはカードローンと同じようなサービスですが、ローンカードを発行しないのでキャッシングと呼ばれます。逆にカードローンではなくキャッシングと呼ぶ消費者金融も存在します。

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

商品の分け方の違い

辞書的な定義は上に上げた通りなのですが、実際の場面での名称としては「会社によって違う」と言うのが実状となっています。

 

カードローンと、フリーローンの両方の取り扱いがある金融機関の場合、「一括で借り入れを行う利用目的に制限がないローン」を「フリーローン」として提供し、「ローンカードを発行する目的に制限がないローン」をカードローンとすることが多いようです。

 

ただ、初めからフリーローンを提供しない会社もあるほか、様々な目的で使えると言うことで「多目的ローン」と呼ぶ会社もあります。カードローンについてもキャッシングと呼ぶ会社があるなど、細かな部分は会社によって大きく違うので利用の際に確認しましょう。

 

カードローンとフリーローンを分ける違い

 

 

どちらの商品がおすすめ?

カードローンとフリーローンの二つを比較すると、まず目的に制限がないので、使い道としては同じになります。

 

使い途が同じであれば、カードローンとフリーローンの違いは「一括で借り入れを行う」か「返済と借り入れを繰り返す」の違いになると言って良いでしょう。

 

金利的な面でみると契約書面上、全体的にフリーローンの方が金利は低くなる傾向にあります。

 

ただし、これは50万など小口の融資も可能になっているカードローンと比べて、フリーローンは100万以上など、高額の借り入れがメインとなりやすいと言う事から来るもので、限度額などを考えるとそこまで大きな違いはありません。

 

 

繰り返しの利用ならカードローン

この二つの違いを考えた場合、「まとまった資金」を借入したいと言う場合以外はカードローンの方が便利と言う事が言えます。

 

例えば、フリーローンの使い途として、車や不動産と言った商品以外で100万円単位の高額の物を購入する場合、また旅費と言った目的でも使うことができます。

 

そのほかの使い方としては、教育ローンで利用できない引っ越し費用や移動費などをフリーローンで補うと言った使い方もあります。

 

一方で、カードローンはローンカードを使い繰り返し借り入れを行う使い方に向いています。そのため、毎月の生活費の補填や遊興費と言った使い方に向いているでしょう。

 

カードローンは借り入れをしなくても問題ありませんし、土日でも借りることができるので定期的に借り入れをする予定がない方でも使いやすくなっています。

 

そのため、借入の目的が明確で、一度限りの大きな金額を利用したいなら「フリーローン」、様々な目的で何度も借入・返済を利用したいなら「カードローン」といった使い分けが良いと考えられます。

 

 

おすすめのカードローン商品

最後にカードローンの申込を検討される際に、参考にして頂きたいおすすめのカードローン商品をご紹介します。

 

カードローンと一括りに言っても、申込する金融機関などで商品性は異なります。是非、それぞれの特徴を把握してご自身にあった商品を選びましょう。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

アイフルカードローンのポイント

銀行カードローンのなかでもトップクラスの金利の低さ!

借入限度額の大きさも最高クラスカードローン

WEBからの申込だけで手続きを完結でき、1度も店舗に行かずに申込を完了できる人気のカードローンです。

 

<楽天スーパーローン基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト
10~800万円1.9~14.5%
楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

>>ネット銀行で借入可能なカードローン

>>低金利のカードローンに借り換えて利息を減らす方法

 

アコムカードローン

アコムのカードローン

アイフルカードローンのポイント

三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感。

豊富なATMによる利便性の高さ! 審査回答最短30分。土日も即日借入できるアコム

 

<アコム基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1~800万円3.0~18.0%30日間金利無料
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

>>アコムカードローンの強み・弱み

>>アコム土日にお金を借りる方法!

 

ファーストプレミアムカードローン

ファーストプレミアムカードローン

 

アイフルの最上位クラスのカードローン

金利の上限は9.5%

初めてアイフルを申込する方に限定

30日間無利息キャンぺーン

 <基本データ>

借入限度額借入金利即日借入 パート・アルバイト初回特典審査
 最大800万円3.0~9.5%30日間金利無料最短30分
アイフル(ファーストプレミアムカードローン)
5

☆初めてアイフルを利用される方向けの優遇サービス
*すでにアイフルとご契約がある方はご利用頂けません
☆金利が大手銀行カードローンよりも大幅に低い
☆満23歳~59歳の方で一定の年収がある方が対象
☆アイフルカードローンのお得なプラン

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

(実質年率)3.0%~9.5%

所要時間

即日借入可能

その他優遇など

30日間利息0円

 

アイフル カードローンアイフルのカードローン

アイフルカードローンのポイント

最短30分で審査完了!アイフルなら即日借入も可能

契約書の郵送不要。

誰にも知られずに申込やカード受取可能な便利なカードローン

<アイフル基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1千円~500万円4.5~18.0%30日間金利無料
アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

>>アイフルのカードローン完全ガイド

>>アイフルで土日・即日借入する方法

 

 

 

プロミス カードローンプロミスのカードローン

アイフルカードローンのポイント

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

大手銀行グループの安心感と消費者金融のスピード!

今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中

*50万円以内のお申込みなら所得証明書不要

<プロミス基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
10~500万円4.5~17.8%30日間金利無料
プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

>>プロミスで即日借入する方法

>>プロミスなら土日即日借入できる

 

 

まとめ

カードローンは、借入限度額の範囲内で、何度でも繰り返し、借り入れと返済を行うのであれば非常に便利です。使い勝手の良さがカードローンの特徴です。

 

ただ、一回のイベントで資金が必要になり借り入れをすると言った場合、完済しても、借入が無くならない(ローンカード返却の手続きがいる)ので不便な面があります。例えば、住宅ローンなどの借入審査を受ける場合、カードローン契約があると、残高が無くても、既存借入ありと判定されます。

 

逆に、フリーローンは比較的大口の資金が一回で必要になった、といった場合、面倒はありませんが、繰り返しの融資が必要になると言う場面では不便です。

 

「一回のイベント」のフリーローンと「日常的に使う」カードローンは、利用目的はほとんど同じですがこう言った違いがあります。ですから自分が借り入れをする目的にあった商品を購入するようにしましょう。

 

またカードローンやフリーローンと言う名前でも具体的な契約内容は会社によってことなります。借り入れの前に契約内容をしっかりと確認し、無理のない返済計画をたてるようにしましょう。

 

 

カードローンの関連記事

>>SMBCモビットなら電話連絡不要で知られずに申込できる

>>専業主婦のカードローン借入限度額

>>新生銀行のレイクALSAとカードローン エルは総量規制の対象外で借入できるのか!?

ファクタリングは闇金ではないのか?
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG