カードローンを計画的に利用するってどういうこと?借入前にチェックしておくべき活用方法

「カードローンのご利用は計画的に!」とテレビCMなどで良く耳にしますが、計画的に利用するとはどういうことなのか、なんとなくはわかるけれど具体的にどうすれば良いのか分からないという方も多いのではないでしょうか。

 

カードローンで借り入れを行ったことが無い人にとっては、返済ができない状態になってしまったら、脅されたり、怒鳴られたりするなど怖い印象を持っている人がいるかもしれません。特に、女性であればなおさらです(もちろん実際にこんなことはありません)。

 

しかし、しっかり返済までのプロセスを考えてから利用すれば、カードローンは怖い存在ではなく、強い味方になってくれます。毎月の生活費の補填や、急な冠婚葬祭費、医療費などが必要になった場合にカードローンを申し込んでおけばすぐにお金を借りることができます。

 

カードローンを最大限上手に活用するための計画的利用について解説します。

 

 

借り入れは本当に必要なのか?!

仮想通貨やオンライン決済など、キャッシュレスが当たり前になった現代社会でも、急にまとまった現金が必要になるタイミングがあります。主婦の方やパート、アルバイト勤務で収入が不安定な方だとクレジットカードの審査に通りにくく、クレジットカードを作れない方もいるでしょう。

 

そんな時にも、カードローンはクレジットカードよりも審査が緩いと言われており、主婦やパートタイマー、アルバイト勤務の方でも審査が通りやすく困った時の保険として持っておくと安心です。

 

しかし、手軽に利用できるカードローンだからこそ、計画的に利用するために、まずは考えて欲しいことがあります。

 

「そのお金は本当に必要か?」

 

カードローンの利用目的で1番多いのは、生活費のためです。生活費のために借入を行うと、翌月の給与から返済が引かれていくために翌月も生活費で苦しむ可能性があります。

 

生活費を借り入れる前に、まずは自分の支出を見直しましょう。支出の中から、飲み会を減らす、買い物を控えるなど削れそうな部分があれば削って、生活費に回すことで借り入れる金額を抑えることができます。支出を減らす努力を行っても足りない金額だけ借り入れようにすると、借りた後の返済が楽になります。

 

カードローンを計画的に利用するためのの最初のステップは、本当に必要な分だけ借入することなのです。

 

 

借入の上限額は最大でも年収の3分の1

カードローンを計画的に利用することの2つ目は、借入の上限額をコントロールすることと、上限額が大きくなっても、カードローンの利用しすぎに注意することです。

 

主婦やパートタイマー、アルバイト勤務の方でも、審査が通りやすいカードローンですが、貸金業法で定められた総量規制によって借り入れは最大で年収の3分の1までと決まっています。銀行は総量規制の対象外ですが、近年は自主規制によって総量規制に準じる取り扱いを行っています。

 

<関連:総量規制とは?>

>>消費者金融からの借入に影響する総量規制とは?

 

総量規制によって、原則的には、年収300万円の人であれば、最大100万円までとなりますが、これはあくまでも上限であって、誰でもこの上限額までを借入できるわけではありません。様々な要素によって審査が行われ、借入上限額は決定されます。

 

例えば、社会的信用度も上限金額を決める上で重視されるポイントで、同じ年収でも公務員とアルバイト勤務の人では、信用度が高いとされる公務員の方が上限金額は高くなりがちです。

 

その他にも、これまでのクレジットの利用履歴、扶養家族の有無なども考慮されますが、初めてカードローンを利用する場合、初回は5〜10万円と上限額が低めに設定されることが多いでしょう。初めの上限額が低くても、借り入れた金額をきちんと返済することを続けていくと信用が高くなり、上限金額も高くなっていきます。

 

上限金額が高くなってきたときに、ふと考えてほしいことがあります。「カードローンに依存していないか」ということです。途切れなく借りては返すということを繰り返していると、カードローンで借りている金額も自分の収入の一部だと錯覚してしまうことがあります。

 

借り入れる前に、「カードローンを使用するのは、最高でも2か月に1回にする」など、借り入れが全くない状況を意図的に作りだすことでカードローンに依存することを防ぐことができます。カードローンに依存しすぎてしまうのではなく、必要最小限で計画的に利用していくことが大切です。

 

カードローンで借入できる上限額は年収の3分の1

 

カードローンの支払い方法と回数を考える

カードローンの計画的利用には返済方法も大切です。

カードローン借入後の返済方法は、申し込む会社によって異なりますが、銀行口座からの自動引き落としと、ATMからの手動による入金などが選べます。また、支払い回数は、一回で全額返済する一括払いと、月々決まった金額を返済するリボ払いから都合が良い方を選ぶことができます。

 

借り入れから日数を開けずに一括返済を選ぶと、最も利息がかからない方法になります。契約する会社によっては、借り入れてから数日は無利息というものもあります。ただし、無理な返済方法を選ぶと、返済が期日に遅れてしまう可能性が出てきます。

 

一番怖いのは、返済が遅れること、つまり延滞してしまうことです。返済が1日でも送れると、利息分に追加で遅延損害金が発生します。最悪の場合には、信用情報期間にブラックリストとして登録され、以降5年間はクレジットカードの作成をしたり、ローンを組んだりすることができなくなります。

 

そうならないために、自分の収入と支出をしっかり把握して、無理のない返済方法や回数を選ぶことが大切です。

 

カードローンを計画的に利用するために、ご自身に無理のない返済方法を選択するようにしましょう。

 

 

借入前に、返済シミュレーションを行う

カードローンを計画的に利用するために気を付けておきたいのは、返済が無理なく行える範囲で借入するということです。そのためには、借入後の返済プランを確認しておくことが大切です。急な出費が起こり支出を見直しても、どうしても足りない場合には、強い味方であるカードローンの出番です。

 

まずは、次の給料日までに幾ら必要になるのか考えます。本当に必要な金額を知るためには、自分が一日、一週間単位で支出がどのくらいかを知っておく必要があります。

 

家計簿をつけている人は、家計簿で毎月、毎週、毎日の支出を確認して次の給与までに必要になる金額をしっかり算出しましょう。毎月の収入から必要な支出分を差し引いた金額で返済プランを立てていきます。

 

家計簿をつけていない人は、これをきっかけに家計簿をつけ始めることをおすすめします。

 

最近は、モバイルアプリでレシートの写真を撮影するだけで家計簿をつけることができる便利なアプリもあります。いざカードローンが必要になる前に、家計簿をつけて自分の収支を把握しておきましょう。

 

今すぐに借入が必要な状況だけど、家計簿をつけたことがない人は、とりあえず数日間のお金の流れを把握しましょう。数日間の平均に、毎月必ずかかる固定費(家賃、光熱費、モバイル通信費など)を合わせて1ヶ月の支出を予測します。

 

毎月の収入から予測した支出を引いた金額から、借り入れするお金の返済計画を立てます。その際も、利息率は高くなりますが少し余裕のある返済プランを立てるようにしておくと安心です。

 

借入前に返済シミュレーションをしてみる

 

借入はサブで、自分のお金ではないと認識する

計画的なカードローンの利用のためには、「借入は借入」という当たり前のことを忘れないようにすることも大切です。

 

始めてカードローンを利用するときは怖かったけれど、少額な借り入れと返済を繰り返して慣れてくると、カードローンで借り入れすることが当たり前になってきたという経験者は多いようです。

 

毎月、少額ずつ借り入れを続けていると、借り入れたお金も自分のお金のような感覚になってくることがありますので要注意です。借り入れては返済するということを毎月繰り返していると、どんどんと借り入れる金額が増えていき、返済ができないような状況になることも想定できます。

 

継続して借り入れを続けるのではなく、借りたお金は完済してから本当に必要になった際に改めて借りるなど、上手にカードローンと付き合うことが計画的にカードローンを利用する上で重要です。

 

カードローンはちょっとした必要時に使えることも魅力ですが、日常的に使ってしまわないようにすることが賢明です。

 

 

おすすめのカードローン

カードローンは計画的に利用することで利便性がアップします。しかし、利用方法は重要ですが、どのカードローンを利用するかも非常に重要です。以降では、現在もっともおすすめのカードローンをご紹介します。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

アイフルカードローンのポイント

銀行カードローンのなかで最もおすすめの1枚!!

借入限度額の大きさ・金利の低さは業界トップクラス

WEB申込で完結しますので、1度も店舗に行く必要がないカードローンです。

 

<楽天スーパーローン基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト
10~800万円1.9~14.5%
楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

アコムカードローン

アコムのカードローン

アイフルカードローンのポイント

三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融

豊富なATMによる利便性の高さが魅力

審査回答最短30分。土日も即日借入できるアコムです。

 

<アコム基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1~800万円3.0~18.0%30日間金利無料
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

アイフル カードローンアイフルのカードローン

アイフルカードローンのポイント

最短30分で審査完了!即日借入希望ならアイフル

契約書の郵送不要/WEB申込で完結

誰にも知られずに申込やカード受取可能な便利なカードローン

<アイフル基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1千円~500万円4.5~18.0%30日間金利無料
アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

>>アイフルのカードローンを利用するための完全ガイド

 

 

プロミス カードローンプロミスのカードローン

アイフルカードローンのポイント

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

大手銀行グループの安心感と消費者金融のスピード!

今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中

*50万円以内のお申込みなら所得証明書不要

<プロミス基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
10~500万円4.5~17.8%30日間金利無料
プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

>>プロミスのカードローンを利用するための完全ガイド

 

 

まとめ

カードローンで初めに少額を借り入れて完済できると、成功体験が生まれます。人間の心理としては、一度利用に成功しているので次回からは少しずつ借り入れる金額が増えていきます。大きな金額になってくると、余裕を持って少し多めにお金を借りておこうかなという気持ちが起こってくるものです。

 

しかし、借入で現金を手に入れてしまうと返済について考える間もなく使ってしまうということが起こります。こうなると、カードローンの借り入れが自分の収入と錯覚してしまい、カードローンに依存している状況になってしまいます。そうなると借入が膨らんでしまって返済に追われはじめたり、支払い利息が大きくなって資金繰りが悪化することになります。

 

借り入れる前から返済している間も、ふと立ち止まって自分の支出と向き合う時間を持ちましょう。カードローンを利用する人の心持ちによって、カードローンは敵にも味方にもなります。

 

カードローンに操られるのではなく、計画的に賢くカードローンを利用しましょう。

 

 

<カードローンの関連記事>

>>土日の即日借入に利用できるカードローンの選び方

>>カードローン利用者必見!返済できなくなった時の対処法

 

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG