2社目・3社目のカードローンを借りる!銀行カードローンは何社利用できる?

銀行カードローンの利用を始めると、カードローンの便利さが解ってきて、ついつい借入額が膨らんでくるということがあります。そうなると、最初は限度額は少なくて良いと思っていたにも関わらず、借入枠が足りなくなってしまいます。
 
 
そんな時、すぐに借入が必要でなくても、2社目・3社目のカードローンを持ちたくなってきます。しかし、2社目以降のカードローンになってくると審査が厳しくなることも予想されます。
 
カードローンを2枚目、3枚目と持つための審査対応や、おすすめのカードローンをご紹介します。
 
本記事でご紹介する内容
  • 2枚目、3枚目のカードローンが難しい理由
  • 2枚目、3社目のカードローン審査に通過する方法
  • 2枚目以降に適するカードローン
  • 2枚目を持つ注意点

 

 

2社目のカードローンも可能?

銀行カードローンは審査が厳しいと思われるので、2社目も銀行カードローンというのは無理かもと思われている方は多いと思います。
 

しかし、2社目、3社目のカードローンも銀行で審査に通って持てる可能性は十分にあります。

 
2社目、3社目の銀行カードローンを持つために必要なのは、銀行の審査に備えて準備しておくことです。そうすることで、2社目の銀行カードローンで審査に通る可能性を高めることができます。
 
今回は、そのための準備方法・ポイントについて、あくまで「正攻法」で2社目の銀行カードローンの審査に通過する方法を解説します。

 
 

審査を通過するためのポイント

実際に銀行カードローンを申込するにあたって審査に通過するためのポイントを解説します。 以下のポイントをおさえて早めに準備しておきましょう。

 

 

多重債務者の借入は難しい

2社目の銀行カードローンを申込するために、銀行の審査で通りにくいケースとして、多重債務者と判断されてしまうことがあります。

 

多重債務者とは、複数の銀行や消費者金融から借入を行っている方のことで「借入への依存度が高い方」のことです。

 

借入への依存度が強すぎると、生活費を借入で賄うなどして借入が徐々に増えてしまい、将来的に返済が困難に陥ってしまうことがあります。

 

銀行カードローンの審査では、多重債務者への貸付は敬遠されます。将来的に回収が難しくなるリスク回避の観点と、そもそも金融庁からも、多重債務者を生む貸付をしないように指導が行われています。2社目、3社目と銀行カードローンを増加させるにあたって、多重債務者と判定されると追加できなくなります。

 

2社目の銀行カードローンを申込するにあたっては、いかに多重債務者と判定されないかが重要となります。

 

 

 

 

多重債務者と判定されるのは?

同じ数の銀行カードローンを利用している方でも、多重債務者と判定されやすい方というのがいます。
 
つまり、2社目の銀行カードローンを申込するとしても、1社目の銀行カードローンの契約からそれほど時間が経っていない(数か月など)場合には、2社目の銀行カードローンでも、多重債務者と判断されやすくなり、審査に通りにくくなります。
 
特に、最初のカードローンを契約してから数か月という短期間で、1社目の銀行カード―ローンの借入限度額が一杯になってしまっている方は注意です。銀行カードローンの審査では、「短期間」の間に、借入が増えてしまう方は、慎重に審査されてしまいます。

 

 

既存借入で延滞しない

2社目の銀行カードローンの申込では、既存カードローンなどの借入に対する返済状況が重要です。
 
銀行カードローンの審査では、借入する方が「まじめに返済される方」か、「平気で延滞する方」か見極めようとしています。
 
そのため、1枚目の銀行カードローンに対して、延滞しないことが大切です。銀行カードローンの審査では、どの銀行であってもほぼ間違いなく、個人信用情報を確認します。個人信用情報では、延滞歴や、過去の自己破産などの履歴も掲載されますので、銀行には情報が判明してしまいます。
 
個人信用情報で、こういった延滞・債務整理の履歴があると、銀行カードローンの審査には通過できません。1社目の銀行カードローンや、その他の借入がある方は、「延滞しない」ことが非常に重要ですので、しっかりと返済を行いましょう。
 
>>個人信用情報とは?開示請求で確認することもできる
 

 

借入申込額には制限がある(総量規制)

1枚目、2社目に関わらず、銀行カードローンの申込にあたっては、借入金額(申込金額)が妥当な範囲内にあることが重要です。申込する希望借入金額が過大だと、銀行カードローンの審査に通過できません。

 
借入希望金額が大きすぎると審査に通らない理由には以下の2点があります。

①「借入依存度が高く、金銭感覚が悪い」と判断される

②返済能力を超える(総量規制など)

 
①について、「借入申込金額」とは、申込人の「金銭感覚」を示す指標ともなります。
つまり、銀行カードローンの申込で、その方の返済能力を大きく超える申込が行われると、「金銭感覚が低い」、「借入への依存度が強い」と判断されてしまいます。「金銭感覚」のバランスが悪いと判断されるとマイナスになります。
 
②総量規制という法律があり、無担保で個人が借入できる金額には制限があります。本来、総量規制の対象は貸金業者(消費者金融などのノンバンク)であって、銀行からの借入は対象外ですが、銀行もある程度、自主規制として総量規制を意識しているようです。
 
そのため、銀行カードローンであっても、総量規制の制限を大きく超えて、借入することは難しいのです。なお、総量規制では、借入可能な金額の上限は、申込人の「年収の3分の1」までに制限されています。

 

<関連記事:総量規制とは?>

>>借入可能額に影響する総量規制とは?

 
 

返済能力はあるか

特に2社目のカードローンでは、銀行の審査で申込人の返済能力が評価されます。
 
返済能力は総量規制以外にも影響します。つまり、実態として、ご自身の収入と、生活費、借入の返済額から考えた、返済余力があるのかどうかという点が重要になります。
 
銀行カードローンの審査では、金融庁からも、「申込人の返済能力を見極めたうえで」貸出を行うことを求められています。そのため、「年収の3分の1」という総量規制上の制限だけでなく、実質的な返済能力があるかということも重要になるのです。
 
ただ、全ての方の実態を詳細に評価することは困難ですので、実際は、ある程度年収の高い方(600700万円以上など)の場合、総量規制を越えた借入をできることがあるなど、上限額を緩和してもらえることがあります。これは、年収が高くなっても、比例して生活費が高くなるわけではないため、年収が高い方は追加的な返済余力があると認められるのです。

 

カードローンの関連記事

>>消費者金融からの借入可能額に影響する総量規制とは?

>>クレジットカードのショッピング・リボ・分割払いは総量規制に含まれる?

 

カードローン申込には返済能力が求められる

 

収入は安定しているか

銀行カードローンの審査では、申込人の収入の安定性も評価されています。
銀行カードローンで重視される収入の「安定性」とは、給与所得者であれば、お勤め先の雇用形態(正社員、アルバイトなど)や、就業年数が影響します。
 
就業年数が短い方(最低1年未満)や、アルバイト、フリーター、主婦といった方は、収入の安定性は低いと判断されやすくなります。特にこういった影響は、1社目よりも、2社目、3社目に進むにつれて、銀行カードローンの審査に強く影響するようになります。
 
そのため、アルバイト、フリーター、主婦は、銀行カードローンで2社目の審査に通過することは、「かなり難しく」なってしまいます。同様に、転職後間もない(1年未満)方や、自営業の方なども、安定性は低いと判断されやすいため、2社目の銀行カードローンは難しくなります。

 

>>カードローン審査に通過する安定収入とは?

 

 

短い期間で申込しすぎない

短い期間内に複数の銀行カードローンや、消費者金融に申込するのは避けるべきです。銀行の審査では、他社への申込状況がある程度ばれてしまいます。
 
前述の通り、銀行カードローンの審査では、ほぼ間違いなく個人信用情報を確認します。
個人信用情報には、その申込人の借入残高や、借入日、延滞の有無なども確認できるのですが、それ以外に、個人信用情報の照会履歴も記載されます。そのため照会履歴が多いと、他の銀行カードローンや、消費者金融に対して、借入申込を行っていると推測されます。
 
銀行カードローンなどに多数の借入申込をしていると、銀行では、「他社の審査に落ちたから、申込に来ている」と推測されてしまい、信用力に問題のある方と決めつけられてしまいます。
 
銀行カードローンの審査は、他社の審査に落ちている方は、借入できない方、リスクの高い方と、推測されてしまい、さらに審査に通過するのが難しくなります。こういった状況を「申込ブラック」と呼ぶこともあり、申込しすぎたことで、ブラックリストに近い状況になってしまうのです。
 
特に、同じカードローンでも、銀行は審査が厳しく、消費者金融の審査基準は低いと言われます。
 
銀行カードローンの審査では、消費者金融などで審査に落ちる方は、銀行カードローンの審査に通過にしない前提で判断されています。そのため、12社程度の銀行カードローンに申込して審査に落ちた場合、36ヶ月程度、時間を置いてから、あらためて別の銀行に申込した方が審査に通りやすくなります。
 
カードローンの関連記事

>>カードローンの異動情報(事故情報)とは!? ブラックリストになる原因と対策

 

 

嘘の申告は絶対にダメ

2社目、3社目のカードローン審査が厳しくなると、そもそもカードローン申込時に既存のカードローンや、借入状況について嘘の申告を行ってしまう方がいます。

 

例えば、既存カードローン(借入限度額50万円)を利用しているにもかかわらず、カードローンは持っていないと申告したり、カードローン契約はあるが借入限度額が30万円であると申告(本来の内容より少なく申告)することがあります。

 

しかし、こういった嘘の申告は絶対にやめておきましょう。

 

なぜなら、現在のカードローンや借入の利用状況は個人信用情報を通してばれてしまいます。個人信用情報は借入残高だけでなく、カードローンの利用限度額まで判明します。

 

そして、嘘の申告であったことがばれてしまうと、カードローン申込の審査にも落ちてしまう可能性が高くなります。

 

2社目に適した銀行カードローン

一般的な評価として、銀行カードローンにも、審査に難易度の順位があります。個々の銀行カードローンの難易度もありますが、総じて、都市銀行などの大手銀行の審査基準が厳しく、地方銀行の方が、審査には通過しやすくなります。
 
その中でも、特に、インターネットから全国で借入申込可能な地方銀行のカードローンはおすすめです。
 
コンビニATMと提携しているため、借入などの手続きに不便はなく、借入金利などの条件も大手銀行と比べて、同程度で借入できるものがあります。2社目としての借入にはこういった地方銀行カードローンがおすすめです。

 

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

 

楽天銀行カードローン(楽天スーパーローン)は銀行カードローンのなかでも特におすすめのカードローンです。

 

金利や借入限度額は銀行カードローンのなかでもトップクラスに好条件となっています。そして、楽天銀行カードローンではインターネット申込で手続きが完結できるのも特徴です。そのため、直接店頭に行く必要がなく、ご自宅から簡単に申込ができます。

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

 

静岡銀行カードローン「セレカ」

 

静岡銀行カードローンセレカ

 

静岡銀行のカードローン「セレカ」は特におすすめの地方銀行カードローンです。

 

そもそも、静岡銀行は地方銀行といっても、「地銀の雄」と言われる程規模が大きく、財務内容も都市銀行を凌ぐほどです。

 

静岡銀行カードローンでは、最大500万円まで借入が可能です。静岡銀行カードローンの適用金利は、4.0%~14.5%の範囲内です。借入可能金額や、適用金利は、大手都市銀行や、ネット銀行と比べて、全く遜色ない条件と言えます。

 

そして、静岡銀行カードローンのメリットは、「45日間、利息キャッシュバック」が受けられることです。静岡銀行カードローンでは、初回契約時から、45日間の「利息」キャッシュバックサービスがあり、45日間実質無利息で借入できます。静岡銀行カードローンは、静岡という地域に限定せず、日本中どこから申込可能です。インタ―ネットからの手続きで完結でき、「来店は不要」です。

 

借入もセブン・イレブンに設置されているセブン銀行ATMが手数料無料で利用できます。

 

 

 

カードローンの関連記事

>>静岡銀行カードローン口コミ・評判

>>静岡銀行なら専業主婦も借入可能!

 

 

2社目の申込に適した時期

2社目、3社目のカードローンに申込して審査に通りやすいタイミングもあります。必ずしもこういったタイミングでカードローン申込ができるわけではありませんが、知っておくと参考になります。

 

年収が増加して所得証明書が提出できる

前述の通り、カードローンの借入限度額には総量規制が影響します。

そのため、既に借入限度額が年収の3分の1に到達している、もしくは近い水準まで借入している場合には、2枚目、3枚目のカードローンに申込しても審査に通るのは難しくなってしまいます。

 

しかし、年収が増加すれば、その分、総量規制の制限額も上昇することになります。

例えば、年収150万円の方が、年収200万円に増加する場合で考えてみましょう。

 

この時、従前の借入可能額(上限)は50万円(=150万円÷3)になります。一方、年収が増加した後では、借入可能額の上限は60万円(=180万円÷3)になり、10万円分の借入可能額が増加することになります。

 

年度が終了して、あらたな源泉徴収票で年収の増加が確認できるタイミングは、2社目のカードローンに申込する時期としても良いでしょう。

 

既存借入が減少した時

一方、総量規制に影響するのは年収だけではありません。既存借入が減少した時もカードローンの借入可能額が増加するタイミングです。

 

例えば、年収150万円の方がカードローン(借入限度額30万円)と、フリーローン20万円の利用がある場合を考えてみましょう。この時、総量規制の借入上限額は50万円ということになりますので、これ以上の借入は難しいということになります。

 

しかし、フリーローンの返済が進んで完済になると状況は変わります。20万円の借入が無くなりますので、その分、あらたにカードローンを利用できる可能性が出てきます。

 

 

審査に通過できない時の対応

前述のような審査対応を行っても2社目、3社目の銀行をカードローンの審査に通過できなかった時にはどうすれば良いでしょうか。

 

以下に対応方法を解説しましょう。

 

借入限度額を増やす方法もある

銀行カードローンで、借入できる金額を増やすことが目的なら、2社目、3社目と件数を増やすだけでなく、1社目の銀行カードローンの借入限度額を増額する方法もあります。
 
既に契約して保有している銀行カードローンでも、後から借入極度額を増額できます。
特に、利用実績が良好なカードローンであれば、借入限度額を増額できる可能性は高くなります。
 
そして、場合によっては、借入件数を増やすよりも、1つの銀行カードローンの借入限度額を増やした方がお得になる可能性があります。例えば、カードローンで借入する時の金利は、借入限度額が増額した方が低くなるように設定されています。

 

同じ銀行や、消費者金融のカードローンであれば、30万円の借入限度額のカードローンを利用するより、限度額100万円のカードローンを持った方が金利も低くなる傾向にあると言えるでしょう。しかしながら、借入限度額の増額にも審査があります。

 

そのため、誰でも申込すれば限度額の増額が認められるとは限りません。以下のような条件が必要です。

既存借入に延滞がない” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”24″]

契約後6ケ月以上経過” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”24″]

カードローンの利用実績がある” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”24″]

総量規制の範囲内にある” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”24″]

 

既存借入に延滞がない

カードローンの増額申込であっても再度審査が行われます。

増額申込時の審査でも個人信用情報の確認が行われますので、個人信用情報に事故情報(延滞、債務整理など)が掲載されていると増額申込どころではありません。せっかく保有しているカードローンの限度額を減額されたり、契約期間終了後の更新ができないという可能性も発生します。

 

また、個人信用情報に掲載されるほどの延滞(通常1ヶ月以上の延滞)がなくても、借入限度額の増額を申込しているカードローンに対して、数日程度でも延滞を行っていると増額申込は認められにくくなります。

 

数日程度の延滞なら個人信用情報に記載まではされませんが、延滞したカードローンの会社には「事故情報」に近いものとして記録されてしまうためです。

 

契約後6ケ月以上経過

通常、銀行の審査結果は6ケ月以内だと見直してはうれません

そのため、契約したばかりのカードローン利用者から増額申込が行われても、当初審査からの期間が短いと増額可否の審査に至らないのです。

 

カードローンの利用実績がある

増額申込しようとするカードローンの利用実績があることが大切です。

全く借入したことのない、未使用のカードローンの増額申込を行っても、「必要性がない」ものと判断されて、増額申込を認めてもらえない可能性が高くなります。

 

総量規制の範囲内にある

消費者金融のカードローンや、大手銀行のカードローンでは「総量規制」による制限内でしか借入限度額を認めてもらえません。

 

総量規制とはカードローンなどの借入を年収の3分の1までとする法律です。総量規制は消費者金融などの貸金業者にとっては法律上の規制であり、違反するとペナルティを課せられる危険性もありますので、この総量規制の制限を破ることは期待できません。

 

銀行は総量規制の対象外ですが、大手銀行を中心として、自主規制として総量規制に準じた融資を行うようになっています。そのため、大手銀行カードローンでも総量規制の範囲内でしか借入できないと考えた方が良いでしょう。

 
1社目の銀行カードローンを契約してから6ヶ月以上の期間が経過している、延滞したことがないなら、借入限度額の増額を考えてみるのも良いでしょう。
 
>>カードローンの借入限度額を増額するための手続き詳細
 

 

消費者金融のカードローンを利用する

銀行カードローンで2社目、3社目を申込して審査に落ちてしまった場合、消費者金融のカードローンを利用することも可能です。

 

審査基準は銀行カードローンよりも消費者金融の方が甘く、比較的審査に通りやすいと言われています。そのため、銀行カードローンで審査に落ちたとしても、消費者金融のカードローンなら審査に通るということもあります。

 

2枚目、3枚目におすすめの消費者金融

アコムカードローン

アコムのカードローン

アイフルカードローンのポイント

三菱UFJフィナンシャル・グループの安心感。

豊富なATMによる利便性の高さ! 審査回答最短30分。土日も即日借入できるアコム

 

<アコム基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1~800万円3.0~18.0%30日間金利無料
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

>>アコムカードローンの強み・弱み

>>アコム土日にお金を借りる方法!

 

アイフル カードローンアイフルのカードローン

アイフルカードローンのポイント

最短30分で審査完了!アイフルなら即日借入も可能

契約書の郵送不要。

誰にも知られずに申込やカード受取可能な便利なカードローン

<アイフル基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
1千円~500万円4.5~18.0%30日間金利無料
アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

>>アイフルのカードローン完全ガイド

>>アイフルで土日・即日借入する方法

>>アイフルのカードローン、メリット・デメリット

 

 

 

プロミス カードローンプロミスのカードローン

アイフルカードローンのポイント

SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)

大手銀行グループの安心感と消費者金融のスピード!

今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中

*50万円以内のお申込みなら所得証明書不要

<プロミス基本データ>

借入限度額借入金利パート・アルバイト初回特典
10~500万円4.5~17.8%30日間金利無料
プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

>>プロミスで即日借入する方法

>>プロミスなら土日即日借入できる

 

 

時間を空けて申込を行う

2枚目、3枚目のカードローンを早く持ちたいと思い、慌てて複数のカードローンに申込を行ったのであれば、審査落ち後は少し時間を空けてみるのも大切です。

 

一度、カードローンに申込すると、審査で個人信用情報が確認されます。

この個人信用情報には「閲覧された」という履歴が残ります

 

そのため、2番目、3番目に申込されたカードローン会社は個人信用情報を取得した際に他社の閲覧履歴があることに気づきます。そして、先に別のカードローンに申込を行っているにも関わらず、審査に落ちたせいで自分達にも申込を行っているのだと想像することになります。

 

そうなると審査には通りにくくなってしまいます。

個人信用情報への閲覧履歴が2件、3件と多くなるごとに審査に通り辛くなります。こういった状況を「申込ブラック」とも呼びます。

 

なお、こういった個人信用情報の閲覧履歴は6ヶ月です。6ヶ月経過すれば閲覧履歴は消去されますので、6ケ月以上経過してから別のカードローンに申込されるのが良いでしょう。

 

 

カードローンは何社まで持てるのか?

そもそも、カードローンは1人あたり何枚まで持つことができるのでしょうか?

 

こういったカードローンの利用限度枚数については質問されることも多いのですが、正直、希望する人によって変わってしまいます。例えば、年収が1,000万円の方と、年収150万円の方であれば、2枚目以降のカードローン審査に対する通りやすさも大きく違うでしょう。

 

また、雇用形態が正社員なのか、パート・アルバイトなのかや、年齢によっても条件は異なります。

 

こういった条件による違いを無視し、目安として利用上限枚数を考えると以下のようになると考えられます。

 

銀行カードローンは2社” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

大手消費者金融で2~3社” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

中堅商社金融で3~4社” icon=”icon: check” icon_color=”#2731d0″ size=”26″]

 

もちろん前述の通り、年収や就業状況によっては上記の枚数より少なくなることもあります。

 

カードローンを利用できる枚数は通常、4社が上限であると考えた方が良いでしょう。申込方法や、申込先によってはこの枚数を超えて持てることもあります。しかし、カードローンの利用枚数が5社目以降となると重度の多重債務者となります。

 

多重債務者となってしまうと将来的に返済が出来なくなる可能性も高くなりますし、今後、住宅ローンや、マイカーローンなど、金額の大きい借入を行うことも難しくなってしまいます。カードローンの利用枚数は増やしすぎず、せいぜい3枚目までで抑えておくのが良いでしょう。

 

 

銀行カードローンは金利が低い!

金利や、いざという時の取り立てに対する心配、総量規制による借入限度額など色々なことを考えると、カードローンの申込先としては消費者金融よりも銀行が良いという方は多いと思います。
 
実際、銀行カードローンなら金利も「かなり」低く借入できる可能性があります。
 
例えば、代表的な銀行カードローンである三菱UFJ銀行のカードローンの場合、借入時の適用金利は、1.8%~14.6(2020年2月現在)です
 
一方で、同じ三菱UFJフィナンシャル・グループの一員である消費者金融 アコムのカードローンの適用金利は3.018.0%です。同じ銀行グループ内でも、消費者金融のカードローンと、銀行カードローンでは、3.4%も金利が低くなる(それぞれ上限で比較)ということが解ります。

やはり銀行カードローンには金利が低いというメリットがあります。金利という条件に注目すれば、2社目も銀行カードローンで借入したくなりますよね。

 

まとめ

2社目の銀行カードローンなら、審査に通過できる可能性は十分にあります。しかし、2社目、3社目と銀行カードローンの件数が増加すれば、審査で確認される項目も増え、審査基準も厳しくなっていくことは間違いありません。
 
そのため、2社目の銀行カードローンを持つためには、審査通過のポイントを「しっかりと理解して、準備しておく」ことが大切です。準備不足で審査に通ることは難しく、審査落ちが続くと「申込ブラック」と言われる、さらに難しい状況に陥ってしまう可能性もあります。
 
また、銀行カードローンでは、借入限度額を増額させるという選択肢もありますので、合わせて検討されてみてはいかがでしょうか。

 

 

おすすめ記事はこちら

 

▼カードローンのご案内  
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG