ファクタリングとABL(売掛金担保融資)の違いはなに?メリット・デメリットと使い分ける方法は?

近年、中小企業・個人事業主を中心として「銀行融資」に依存しすぎないための方法として、売掛債権を活用した資金調達が推奨されています(経済産業省も推奨)。

売掛金を活用した資金調達方法の代表的なものとして、ABL(売掛金担保融資)と、ファクタリングがあげられます。

ABLとファクタリングは混同されがちであり、違いが解らないという声も聞こえますので、疑問や質問に答えたいと思います。

 

ABLとファクタリングの仕組みや、違い、メリット・デメリットを説明します。

ABLとファクタリングを理解して、ご自身にあった資金調達方法を見つけていただくための参考になれば幸いです。

 

ABLってなに?

ABLとは「Asset Based Lending」(アセット・ベースド・レンディング)の略称であり、日本語に訳すと「売掛金担保融資/売掛債権担保融資」となります。

つまり、売掛金/売掛債権などを裏付け・担保として融資する手法にあたります。

 

融資する金融機関は、貸出した相手から返済がなされなかった場合には、担保となっている「売掛金」から直接回収して返済にあてることができます。

ABLを活用すれば、不動産や、動産(機械設備・自動車など)といった資産を持たない中小企業や、個人事業主でも資金調達できる可能性が高くなります。

売掛金担保融資ですので、商取引から発生する売掛金があれば利用することができ、経営者の資金調達手段を多様化させる効果があります。

 

ファクタリングってなに?

ABLは売掛債権担保融資のことを指します。対して、ファクタリングというのは「売掛債権譲渡」と呼ばれる取引となります。

ABLは融資であり、借入でしたが、ファクタリングというのは借入ではありません。

ファクタリングは、商取引で発生した売掛金を、回収期日前にファクタリング会社に売却して資金化する方法を指します。

 

借入を増やさずに資金調達することができるのがファクタリングの特徴と言えます。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリングとは?仕組みや利用方法を解りやすく解説

 

ファクタリングとABLの違いは?

それでは今回のメインテーマである「ファクタリング」と「ABL(売掛債権担保融資)」の違いについて解説していきましょう。

ファクタリングとABLは両方とも「売掛金を活用した資金調達」という共通点があります。

しかし、その方法や、効果に大きな違いがあります。

 

どちらを利用するのが良いかを知るために、ファクタリングとABLの違いや、それぞれのメリット・デメリットを理解する必要があります。

 

借入/融資と譲渡の違い

ファクタリングとABLの最も大きな違いは「借入/融資」に該当するかどうかでしょう。

前述の通り、ABLは「売掛債権」を担保とした融資であり借入になります。

ABLを利用すれば借入金が増加します。対して、ファクタリングは借入ではありません。

 

ファクタリングとは、売掛金を売却して、売却代金を受け取ることによる資金調達方法です。

借入ではありませんので、決算書の貸借対照表上にも借入として計上されませんし、借金ではないので返済義務を負う訳でもありません。

ファクタリングは借入では無いということは重要なポイントになります。

 

審査方法/審査基準の違い

ABL(売掛債権担保融資)と、ファクタリングでは審査方法や審査基準に違いがあります。

一般的に言えば、ファクタリングの方がABLよりも審査に通りやすく、資金調達は行いやすくなります。

 

ABLとは、あくまでも融資であり借入です。

そのため、ABLの審査は資金調達を希望する方の返済能力を基準として行われます。

資金調達者の信用力が悪化する要因(赤字・債務超過・税金滞納・リスケなど)が発生していると審査に落ちて、ABLを利用できないこともあります。

 

一方、ファクタリングは、審査の主要な対象は売却対象となる「売掛金」の回収可能性であり、売掛金を支払う取引先の信用力が重要です。

仮に、資金調達する方が赤字や、債務超過、税金滞納中、リスケと言った状況にあっても、売掛金の支払企業の信用力が高い(大企業など)場合には、ファクタリングを利用できる可能性が高くなります。

 

銀行などの融資審査に落ちた方でも、ファクタリングなら資金調達できる可能性があるという特徴があり、審査に通りやすいというメリットがあります。

 

ファクタリングとABLの違いは?

 

調達コストの違い

ABLとファクタリングでは資金調達に必要な費用が異なります。

まず、資金調達費用の名目は、ABLの場合は利息となりますが、ファクタリングは手数料となります。

ただ、名目以上に重要なのは、費用の金額的な差です。ABLは借入であり、「利息制限法」という法律上の規制を受けます。

そのため、借入時の金利は、上限で18%(100万円以上の場合は15%)に制限されています。

 

一方、ファクタリングは「売掛金の譲渡」であり、借入・融資ではないため、「利息制限法」などの法律上の制限を受けません。

そのため、ファクタリング会社は15~18%を超える手数料を受領することも可能です。

実際上のファクタリング利用にあたっては、対象となる売掛金の信用力と、利用するファクタリングの方式(2社間ファクタリングと3社間ファクタリング)の違いによって、ファクタリング手数料の相場は大きく異なります。

 

2社間ファクタリングとは、ファクタリングの利用(売掛金の売却)を取引先に通知したり、同意を得ない方法であり、ファクタリング業者が負うリスクが高くなってしまいます。

 

ファクタリングの関連記事

 2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは?

 

ファクタリング手数料の相場は、3社間ファクタリングで1~5%程度、2社間ファクタリングの場合で、3~15%程度と言われています。

 

ファクタリングの関連記事

 ファクタリング手数料の低い会社は?

 

ファクタリング手数料と、ABLの借入金利を比べて、「どちらが高い」かと問えば、ファクタリング手数料の方が高くなりがちと答えられます。

ファクタリングは、ABLなどに比べて、審査に通りやすく、資金調達できる方の範囲が広いと言われています。

その分、ファクタリング会社の方が、リスクの高い資金調達にも対応しており、ファクタリング手数料も高くなってしまうのです。

 

ABLの審査に通り、必要な金額が調達できるのであれば、ABLの方が利息・手数料といったコストは低く抑えることができ、メリットも高くなります。

 

調達金額の違い

ABLとファクタリングでは、どちらがより多くの金額を調達できるかを比較してみましょう。

ファクタリングでは、資金調達を希望する方が保有している「売掛金の額」を超えて資金調達することはできません。

つまり、保有する売掛金の額が調達可能額の上限となります。

 

対して、ABLの場合は、資金調達する企業の信用力が重要です。

企業の信用力が高ければ、担保となる売掛金の額を超えて資金調達することも可能です。

逆に、信用力が低ければ、売掛金を保有していても、資金調達できないこともあります。

 

中小企業や、個人事業主が資金調達を行う場合、ABL・ファクタリングのどちらであっても、売掛金の額を超えて、信用力で調達することは難しくなりがちです。

そのため、ファクタリングの方が、審査に通りやすい分、大きな金額を調達できる可能性は高いと考えられます。

 

資金調達までの時間の違い

ABLとファクタリングを比較した場合、相談・申込から、実際に資金調達できるまでにかかる時間はファクタリングの方が短期間となる可能性が高いでしょう。

ファクタリングでは、スピード査定/即日対応を可能にしているファクタリング会社もあり、早ければ即日~翌営業日程度での調達も可能です。

 

ファクタリングの関連記事

 即日調達可能なファクタリング会社のおすすめランキング

 

一方、ABLの場合、審査や、売掛債権を担保とするための手続きの時間がかかることが多く、2~3週間程度の時間がかかります。

そのため、即日資金調達などの対応ができません。

ファクタリングとABLには資金調達までにかかる時間にも違いがあり、資金調達を急ぐ方は、ファクタリングにメリットがあります。

 

銀行融資に対する違い

ABLであってもファクタリングであっても、利用する方は「銀行融資」を主要な資金調達方法として、ABLやファクタリングは補完的に利用するという方が多いでしょう。

そのため、ABLやファクタリングを利用した結果、銀行融資審査に悪影響を与えるようであれば問題があります。

銀行融資審査に与える影響から考えた場合、デメリットが大きいのは、ABLであると考えられます。

 

ABLは借入(融資)になりますので、決算書上の借入金に計上されます。

借入金が増加すればするほど、銀行の審査において、「財務内容」は悪化したと判断されます。

そのため、ABLを利用した分、銀行の審査にはマイナスの影響を与え、融資を受けにくくなる可能性があります。

 

一方、ファクタリングは借入ではありませんので、決算書上の借入金も増加しません。

貸借対照表に計上されるものはほとんどなく、財務内容に与える影響は、ほとんど無いと言って良いでしょう。銀行融資に与える影響が少ないという点ではファクタリングにメリットがあると言えます。

 

ファクタリング・ABLの違いまとめ

ファクタリングABL
取引内容売掛金譲渡借入(売掛債権担保融資)
調達までの時間即日可能2~3週間
調達金額売掛金の範囲内信用力が高ければ売掛金の額を超えた調達も可能
審査比較的通りやすい比較的厳しい
調達コスト手数料
ファクタリング方式によっては高くなる
利息
利息制限法の範囲内
銀行融資への影響ほぼ影響なし財務内容が悪化

 

ファクタリングとABLの使い分けは?

ファクタリングとABLの違いや特徴について説明してきました。

ファクタリングとABLのどちらを利用するのが良いかは、資金調達を希望する法人や個人事業主の個々の状況で変わりますので、一概に言うことはできません。ファクタリングが適する方、ABLが適する方をそれぞれ整理しておきましょう。

 

ファクタリングが適するケース

  • 売掛金の信用力が高い
  • 赤字/債務超過/税金滞納/リスケなど審査に通りにくい状況にある
  • 資金調達を急いでいる
  • 銀行の融資審査に悪影響を与えたくない
  • 特定の企業に対する大口債権がある
  • 納税資金、赤字資金の調達に使いたい

 

ABLが適するケース

  • 赤字/債務超過/税金滞納/リスケなどの状況にない
  • 売掛金の信用力が低い(特に個人事業主向けの債権が多い)
  • 資金調達コストを少しでも低く抑えたい
  • 資金調達までの時間的余裕がある

 

資金調達を希望する法人、もしくは個人事業主の方の信用力が比較的高い場合には、ABLを利用した借入の方が支払い利息は少なく済む可能性があります。

 

一方、融資審査に通らずに困っている場合や、資金調達を急ぐ場合には、ファクタリングの利用が適しています。資金調達までの時間が短くて済むことや、審査に通りやすく、資金調達できる可能性が高いのがファクタリングのメリットとなります。

 

売掛債権が無い場合は?

ABLもファクタリングも「売掛金」を保有している法人、個人事業主が資金調達するための手段となります。

売掛金がなければ、ABLもファクタリングも利用できません。売掛金が無い場合の資金調達としては、ビジネスローンが利用できます。

 

ビジネスローンは、ノンバンクが比較的簡易な審査によって行う融資商品であり、即日~2・3営業日で融資を受けられる可能性があります。

ビジネスローンによっては、担保・連帯保証人不要で借入できるものや、カードローンタイプで、一度契約してしまえば、必要な時に自由に借入できるものもあります。

 

カードローンタイプで利用可能なビジネスローン

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

ファクタリングの関連記事

 ビジネスローンとは?メリット・デメリットとおすすめの会社

 

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングを利用するにあたってはファクタリング会社選びが重要です。

ファクタリング会社選びを誤ると、高すぎる手数料を請求されることもあります。

また、ファクタリング会社のなかには悪質な業者も存在します。以下に口コミ・評判のよい実績豊富なファクタリング会社をご紹介します。

 

1位 三共サービス

 

 

ファクタリング手数料が最も安く、必ず選択肢に含めておきたいファクタリング会社は「三共サービス」です。(三共サービスを利用できるのは法人企業のみとなります。個人事業主は、2位のビートレーディング・3位のMSFJをご覧ください)

 

三共サービスのファクタリング手数料

    • 3社間ファクタリングで、1.5%~
  • 2社間ファクタリングでも5.0%~

 

これは、他のファクタリング会社と比較しても、かなり低く、三共サービスはファクタリング業界でトップレベルに手数料が低い水準と言って良いでしょう

ファクタリング会社を比較するうえで、やはり重要なポイントになるのは「ファクタリング手数料の水準」です。

更に、三共サービスは、全国対応、出張買取りが可能なファクタリング会社です。全国どちらの企業でも相談が可能です。

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

2位 ビートレーディング

ビートレーディングが選ばれる3つの理由

 

ビートレーディングはファクタリング業界で、最も知名度が高い有名なファクタリング会社です。

他のファクタリング会社と比較しても、知名度の高さ、ファクタリング実績の豊富さなどが「ずば抜け」ています。

口コミ情報や、利用者の感想なども豊富にあるので、安心して利用しやすいのが特徴です。

 

他のファクタリング会社と比較して、ファクタリング実績が豊富で、口コミや・評判もたくさんあることから、安心して利用できるのが特徴です。

ビートレーディングは、ファクタリング業界のなかでも、知名度の高い優良なファクタリング会社です。

 

さらにビートレーディングは、他のファクタリング会社に比較して、法人企業・企業規模・個人事業主に関わらず、ファクタリングを利用できるメリットがあります。

「個人事業主」や、「小規模の企業」のファクタリングは取扱っていないというファクタリング会社もいます。

それに対して、ビートレーディングは、大抵の企業や、個人事業主が利用できるファクタリング会社です。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

3位 MSFJ

手数料の解りやすさ、利用しやすさで選ぶならMSFJ

 

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社です。

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。

さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%です。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用することができます。

このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ファクタリングの利用可否を確認

ファクタリングは即日資金調達も可能であることが大きなメリットです。

しかし、少しでも良い条件を引き出すためには、複数のファクタリング会社と条件交渉を行うのが理想です。

慌てすぎると、悪質ファクタリング会社に騙されてしまうこともあります。

 

しかし、資金調達を急ぐ経営者にとって、実際に資金調達ができるかどうかの結果を素早く知りたい、まずはファクタリングの可能性があるかを確認したいという希望する経営者少なくないでしょう。

そんなとき、こちらの「資金調達プロ」を相談対象に加えるのがおすすめです。

 

資金調達プロは「ファクタリングの一括見積サイトを運営する会社」です。資金調達プロでいくつかの質問に回答することで、利用可能性が高いファクタリング会社を紹介してくれます。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

まとめ

ファクタリングとABL(売掛金担保融資)の違いや、それぞれのメリット・デメリットを解説しました。

ファクタリングもABLも中小企業が利用できる重要な資金調達方法であり、正しく認識しておくことは重要です。

 

ファクタリングは資金調達できる可能性が高く、資金調達までに要する時間が短いことがメリットです。

一方、ABLは資金調達コスト(支払い利息)を、ファクタリングよりも低く抑えられる可能性がありますが、審査がやや厳しくなるのがデメリットと言えるでしょう。そのため、ABLを利用したいと思っても、簡単に利用できないという中小企業は多いでしょう。

売掛債権をお持ちで無い方の資金調達には、ビジネスローンがおすすめですので、検討に加えられるのが良いでしょう。

 

ファクタリング会社の選び方

 

 優良ファクタリング会社の探し方・選び方

 おすすめファクタリング会社をランキングでご紹介

 口コミ・評判の良い人気ファクタリング会社の一覧

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG