ファクタリングは売掛債権を売却して現金を調達する方法です。銀行融資を断られてしまった場合でも利用可能ですので中小企業や自営業者を主として注目度が高まっています。

 

そんなファクタリングには「二重譲渡」や「架空債権」などの禁止行為があります。

 

本記事ではファクタリングの禁止行為やトラブル事例にどういったものがあるのか、そしてファクタリング利用者が禁止行為を破るとどうなるのかなどを解説します。

 

 

利用者が起こすトラブルもある

ファクタリングを利用する際にはトラブルを起こさないように注意して利用する必要があります。しかし、ファクタリングのトラブルと言うと、悪質なファクタリング会社による違法行為など、ファクタリング会社が起こすものという印象が強いでしょう。

 

実際、ファクタリング会社のなかには悪質業者が紛れ込んでいて、高すぎる手数料を要求するなど、悪質行為を行っています。そのため、悪質ファクタリング会社に騙されないように対応することは非常に重要です。

 

ファクタリングの関連記事

>>悪質ファクタリング会社に騙されないための方法

>>悪質ファクタリング会社の手口を確認して、安全・安心に利用する方法

 

 

しかし、ファクタリングで起こるトラブルのなかにはファクタリング利用者が引き起こすものもあります。今回のテーマはファクタリング利用者が起こしてしまうことのあるファクタリングのトラブルです。

 

利用者が起こすトラブルは知っていれば回避できるはずです。

 

不用意にトラブルを起こして被害が大きくなってしまわないように対応したいものです。

そして、ファクタリングのトラブルは主に2社間ファクタリングで起こります。3社間ファクタリングでトラブルを起こすことはあまりありません。ファクタリングのトラブルが2社間ファクタリングで多い理由はその仕組みの違いにあります。

 

最初に2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いを確認しておきましょう。

 

ファクタリングのトラブル事例や禁止行為を良く理解

 

2社間ファクタリングと3社間の違い

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いは取引に含まれる当事者の数の違いや、ファクタリングの仕組図を見ると解りやすくなります。

 

まずは以下の図解(2社間ファクタリング・3社間ファクタリング)を確認してください。

 

<3社間ファクタリングの仕組>

3社間ファクタリングの仕組と特徴

 

<2社間ファクタリングの仕組>

2社間ファクタリングの仕組と特徴

 

3社間ファクタリングでは、利用者がファクタリング会社に売掛債権を売却することを、売掛先に通知して同意を得ます。そして、売掛債権の回収期日には売掛先からファクタリング会社に対して直接代金が支払われます

 

一方、2社間ファクタリングでは売掛先にファクタリングを利用することは知らされません。売掛先に知らせない状態で売掛金が譲渡されるのが2社間ファクタリングの特徴です。そのため、売掛金の回収期日には一旦ファクタリング利用者が代理で代金を受け取り、その後、ファクタリング会社に支払うようになっています。

 

「売掛債権をファクタリング会社に売却する」ということが売掛先に知られると信用不安につながる恐れがあります。まだまだファクタリング自体の知名度は薄く、売掛金を売却して資金調達するとなると、「そんなにも資金繰りに困っている」という印象を売掛先に与えてしまうことがあるのです。

 

そのため、売掛先に不安を与えたくない会社などは2社間ファクタリングを利用します。

 

一方、売掛先とのコミュニーケーションが密であり、余計な不安を与える心配がない会社や、売掛先から同意を得る時間的な余裕がある会社は3社間ファクタリングを利用しています。

 

なお、手数料から考えれば2社間ファクタリングよりも3社間ファクタリングの方がお得です。3社間ファクタリングの方が手数料は低く済みます。

 

ファクタリング会社は3社間ファクタリングであれば売掛先から直接代金を受け取れますが、2社間ファクタリングでは一旦ファクタリング利用者を介して代金を受け取ります。詳細は後述しますが、ファクタリング会社にとって2社間ファクタリングの方がリスクの高い取引であり、手数料も高くなってしまうのです。

 

それは「ファクタリング利用者が起こしてしまうトラブル」の大部分が2社間ファクタリングで起こるためです。

 

それでは、今回のテーマであるファクタリング取引時のトラブル事例をご紹介しましょう。

 

2社間ファクタリングと3社間ファクタリングの違いを理解

 

ファクタリングの禁止行為

今回ご紹介するファクタリングのトラブル事例・禁止行為は代表的な4例です。全てファクタリング利用者側で起こすトラブルですので、危険を知っていれば回避できるものばかりです。

 

申込時や審査で嘘の申告を行う

ファクタリングにも審査がありますので、審査に通過して資金調達したい、もしくは少しでも高く売掛金を買い取ってもらいたいと思うあまり、ファクタリング会社に対して虚偽の申告を行ってしまうトラブルがあります。

 

ファクタリングの申込時や審査では、売掛先の信用状況や入金状況などに関する質問が行われます。また、ファクタリング利用者自体に対しても、銀行借入に対する延滞やリスケの有無、税金の支払い状況なども確認されます。

 

こういったファクタリング会社からの質問に対して虚偽の申告してしまうケースは少なくないようです。しかし、ファクタリング申込時の虚偽申告はおすすめできません。

 

ファクタリング会社は利用希望者からの申告内容だけで審査を行っているわけではありません。ファクタリング会社は帝国データバンクや、東京商工リサーチ、有価証券報告書などの公に取得できる情報を利用して審査を行います。

 

そのため、ファクタリング希望者が虚偽申告を行ったからと言って、それほど審査を有利に進めることはできません。むしろ、虚偽申告が判明した際には、ファクタリング会社から信用できない相手と判断されて、審査が不利になってしまうこともあります。

 

さらに、ファクタリング申込時に提出する書類(売掛先への請求書など)を偽造してファクタリングしようとすれば、詐欺になってしまうことさえあります。

 

虚偽申告によるファクタリング利用はばれる可能性の高いものですので避けた方が良いでしょう。

 

 

売掛金の二重譲渡

次にご紹介するファクタリングのトラブル事例は売掛金の二重譲渡です。

 

二重譲渡とは一般的にも用いられる言葉であり、1つのものを複数の方に売却してしまうことを指しています。そして、ファクタリングにおける二重譲渡とは、1つの売掛金を2つ以上のファクタリング会社に譲渡する行為を意味します。

 

つまり、同一の売掛金で2回ファクタリングを行うのが二重譲渡です。

 

ファクタリング利用者は、一度売掛金を売却したことによって、既に売掛金の権利を持っていないにも関わらず、売掛金を売却してしまうことになります。2度売却することで譲渡代金を2回受け取れるかもしれないと考え、資金に困っている利用者が2重譲渡を行ってしまうことがあります。

 

もちろん、売掛先が支払ってくれるのは1回だけですから、2重譲渡されたファクタリング会社のどちらかは代金を回収できません。そのため、2重譲渡はファクタリング会社を騙して、損をさせる行為だと言えます。

 

しかし、「売掛金の二重譲渡なんて本当にできるの?」と疑問に思う方もいるでしょう。

 

「売掛金」は目に見えない権利であり、ファクタリングの利用希望者が悪意を持って騙そうとすれば二重譲渡を行うことも不可能ではないでしょう。

 

しかし、ファクタリング会社も回収できる見込みのない売掛金に対してお金を払うわけにはいきませんので、二重譲渡で騙されないように注意しています。そのため、二重譲渡を簡単に行うことはできません。

 

またファクタリング会社の多くは債権譲渡登記を利用要件に含めていることが多く、債権譲渡登記の際に二重譲渡が判明することもあります。二重譲渡がばれると審査に落ちますし、信用が出来ない会社として、そのファクタリング会社は以降も利用できなくなるでしょう。

 

売掛金の二重譲渡は犯罪になる可能性が高い絶対に避けるべき行為です。

 

当然、ファクタリング利用時には既に売却済みの売掛金でないことをファクタリング会社から確認されます。その確認時にも虚偽の申告を行ったうえで、既にご自身に権利がない売掛金を譲渡してファクタリング会社からお金を騙し取ることになりますので、詐欺に問われる可能性が高いのです。

 

前述の通り、売掛金の二重譲渡は債権譲渡登記などの時に判明することがあります。また、債権譲渡登記不要のファクタリング会社でも、会社の登記簿謄本を確認して、ファクタリングを利用していないかを調べることもあります。

 

二重譲渡の事実が判明した際には非常に大きなダメージを受ける危険な禁止行為です。

 

 

売掛金の2重譲渡は行ってはいけない禁止行為

 

架空債権の譲渡

3つ目にご紹介するのは架空債権を譲渡することによるトラブルです。

 

架空債権譲渡はさきほどの二重譲渡よりもさらに悪質なトラブル事例であると言えます。二重譲渡を、悪意を持って行なう方もいますが、ファクタリングに対する理解不足、誤解によって起こしてしまうこともあります。

 

しかし、架空債権のファクタリングは悪意でしか起こらないトラブルです。

 

なんとか資金調達したい、もしくは少しでも多くの金額を調達したいと希望するファクタリング利用者のなかには、実際には売掛金が存在していないにもかかわらず、存在すると嘘をついてファクタリング会社に売却しようとしてしまうことがあります。

 

もちろん存在していない売掛金ですので、ファクタリング会社に売掛金が存在すると見せかけるための請求書を偽造するなど、騙すための行動を行ったうえで売却することになります。

 

架空債権の売却はファクタリング会社からお金を騙し取る行為ですので詐欺になる可能性が高い危険な行為です。二重譲渡などのように誤って行ってしまったなどの言い訳も難しいでしょう。

 

架空債権でファクタリングを行う場合、売掛金の回収期日に取引先からの入金がありませんので、利用者が別途資金を用意できていなければファクタリング会社にもばれてしまいます。架空債権をでっちあげてまでファクタリングしようとする状況ですので、利用者が期日までに資金を用意しておくことは難しく、期日になれば架空債権で騙したことが判明してしまいます。

 

架空債権によるファクタリングは一時しのぎでしかなく、近い将来に犯罪者として訴えられてしまう危険な行為ですので絶対に利用しないようにしましょう。

 

回収代金の横領

最後にご紹介するのは、売掛先から回収した代金の横領です。これは「2社間ファクタリング」に限定して起こるファクタリングトラブルです。

 

2社間ファクタリングでは売掛先にファクタリング利用を通知していませんので、回収期日の代金受け取りはファクタリング利用者が行います。しかし、実際には既に売却済みの売掛金であって利用者には権利がありません。そのため、これはファクタリング会社から委託を受けて、代理で代金を回収していることになります。

 

しかし、ファクタリング利用者のなかには受け取った代金をすぐにファクタリング会社に支払わず、自己の資金繰りに流用してしまうことがあります。こういった代金の流用は非常に危険です。

 

売掛金の権利者はファクタリング会社であり、ファクタリング会社の資金を無断で使ってしまえば「横領罪」に問われる可能性があります。

 

ファクタリング利用者のなかには2社間ファクタリングを利用して、売掛金から代金回収→ファクタリング会社への支払いを、銀行融資の返済と同じように誤解している方もいるかもしれません。

 

しかし、ファクタリングで回収した代金を支払うのは返済とは違います。

 

元々ファクタリング会社に権利がある資金をファクタリング会社に支払うのは当然です。利用者は代理でお金を受け取ったに過ぎません。そして、ファクタリング会社の資金を無断で自己のために使用すれば犯罪になります。

 

回収した代金の流用は犯罪にもなりうるファクタリングトラブルですので、絶対に行わないように注意しましょう。

 

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングを利用するのに最も大切なことはファクタリング会社選びです。審査に通りやすいかどうかに加え、ファクタリング手数料などの条件も会社ごとで大きくことなります。

 

さらに、悪質なファクタリング会社に掴まってしまっては高すぎる手数料を押し付けられることもあります。ファクタリング会社選びでは1社だけに相談するのではなく、3~4社程度のファクタリング会社に同時並行で相談・比較して選択することが重要です。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

最大買取可能額:1億円

ファクタリング利用時に必ず検討対象に加えたいのが三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が、業界トップクラスに低いことです。

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

ファクタリングの関連記事

>>三共サービスのファクタリングの特徴

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

ファクタリングの関連記事

>>ビートレーディングのメリットをもっと詳しく解説

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用できます。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用できます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

▼MSFJへの相談は以下のリンク

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

中小企業金融サポートの郵送ファクタリングなら来店不要

郵送で手続き完結のファクタリング

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

ビジネスローンも活用

銀行融資の審査に落ちてしまったけど、ファクタリングを利用するための売掛金も保有していないという会社でも資金調達を諦める必要はありません。

 

こんな時に活用できる可能性があるのがビジネスローンです。

 

ビジネスローンは無担保・第3者保証人なしでも利用できる可能性のある融資であり、銀行融資に比べて審査基準が甘く通りやすいのが特徴です。また、数日といった短い期間でも調達できる可能性のある資金調達方法です。

 

ビジネクスト

ビジネクストのビジネスローン

ビジネクストはビジネスローン業界トップクラスの規模と知名度を誇る会社

ビジネクストの特徴はカードローンのタイプのビジネスローンを取り扱っていることです。

カードローンタイプですので、一旦契約しておきば、その後はいつでも自由に借入を行うことができます。 もちろん、契約は借入枠を持っておくことにはお金がかかりません。

アイフルビジネスファイナンス
5

☆事業者向けビジネスローン
☆アイフルグループ
☆急な資金調達に対応可能
☆無担保・無保証(第3者保証)
☆年会費/保証料不要

借入可能額(最大)

1,000万円

適用金利・手数料など

3.1%~18.0%

その他優遇など

カードローンタイプでいつでも自由に借入可能・年会費/保証料不要

 

ユニーファイナンスユニーファイナンスのビジネスローンもおすすめです。

ユニーファイナンスは証書貸付タイプのビジネスローンで大きな金額を低めの金利で借入できます。

ユニーファイナンス
4.28

☆事業者向けビジネスローン
☆無担保型と不動産担保型が選べる

借入可能額(最大)

(不動産担保)3,000万円、(無担保)300万円

 

MRF (エム・アール・エフ)不動担保型のビジネスローンならMRFがおすすめです。

MRFでは土地・建物に担保設定を行い最大3億円・最長15年間の借入が可能です。

エム・アール・エフ
4.3



☆個人事業主・法人向けビジネスローン
☆西日本エリアが対象
☆融資残高284億円の実績(2020年2月末時点)

借入可能額(最大)

3億円

適用金利・手数料など

~15%以内

 

ファクタリングの関連記事

>>ビジネスローンのメリット・デメリット

 

まとめ

今回はファクタリング取引時に利用者が起こしてしまうことのあるトラブルや禁止行為をご紹介しました。

 

一般にファクタリング会社が起こす可能性のあるトラブルは注意されることが多いのですが、利用者が起こす可能性のあるトラブルは注目されることが少ないようです。

 

しかし、利用者が「二重譲渡」や「架空債権の譲渡」、「回収金の流用」など、ファクタリングの禁止行為を行ってしまうと次回以降のファクタリングが利用できなくなるだけでなく、「犯罪」として訴えられてしまう可能性もあります。

 

ファクタリングの禁止行為で資金調達しても一時しのぎにしかなりません。結果的に損害賠償を要求されたり、訴えられることもあります。禁止行為によっておこる被害の大きさを良く理解して、絶対に行ってしまわないようにしましょう。

 

 

▼ファクタリング会社のご紹介ページ

>>ファクタリング会社を比較・ランキングでご紹介

>>ファクタリングのリスクと注意点

>>ファクタリングの利用が適する業種と利用方法とは?

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG