NOをつきつける

ファクタリングを偽装したヤミ金に注意!?似非ファクタリング会社とは?

「法外な利息」や「悪質な取り立て行為」が問題となっている、悪徳金融業者いわゆるヤミ金業者は、様々な手段を使って私たちを騙そうとしてきます。

 

近年、そのヤミ金の手がファクタリング業界にも及んでいるということが問題になっています。安心してファクタリングを使うためにも、ファクタリング業者を装ったヤミ金の騙しの手口や騙されないために私たちができることについて学んでいきましょう。

 

 

ヤミ金融ってどんなもの?

日本国内で貸金業を行う為には、貸金業としての登録が必要です。また、貸金業の営業を行うにあたって遵守しなければならない貸金業法のような法律も多数用意されており、違反すると罰則が与えられます。この法律は、貸し過ぎや借りすぎによる生活苦・悪質な取り立てなどの迷惑行為・恐喝行為などから消費者を守る働きをしています。

ヤミ金融(闇金融):『財務局や都道府県の登録を得ていない非正規の貸金業者』や『出資法などに違反する高金利を請求する業者』のことを意味する。

闇金やヤミ金と表記されることが多い。

しかし、ヤミ金は法律を守って貸金などの営業を行っていません。そのため、信じられないほどの暴利や人権を無視した取り立て行為などの犯罪行為を行って消費者からお金を巻き上げています。法律上の規制外で営業しているため、ヤミ金と呼ばれるのです。

 

警察や政府としても、ヤミ金による犯罪の横行を食い止めるために様々な対策を施しています。しかし、手を替え、品を替え犯罪行為を繰り返すヤミ金とはいたちごっこ状態となっていると言えるでしょう。

 

ファクタリングに偽装したヤミ金とは?

上記の“ヤミ金とは”の文章を読んで、「ファクタリングは融資ではないのに、どうしてヤミ金が発生するの?」と思った方もいらっしゃるでしょう。

 

それもそのはず、法人向けのローンや消費者金融などで受ける融資とは異なり、ファクタリングは『売掛債権を売却する資金調達方法』です。つまりは借入をしている訳では無いので金利というものは基本的には発生しないのです。そのため、ファクタリングと高額な金利を巻きあげてくるというイメージの強いヤミ金とは縁遠いのではないかと感じる方も多いでしょう。

 

しかし近年、ファクタリング会社を装ったヤミ金が横行しており、社会問題化しています。

 

ファクタリングを装ったヤミ金には以下のような特徴があります。

・売掛債権の売買と見せかけて、売掛債権担保融資の契約を結ばせる
・ファクタリングは審査落ちとなった・確実に融資を受けさせてくれる金融機関を紹介すると言ってヤミ金融を紹介する
・法外な遅延損害金を請求する
・2社間ファクタリングなど売掛先への情報公開を匂わせて、高額な手数料を請求する
・事前説明にはなかった高額な手数料を繰り返し請求する

このようにファクタリング取引を装って悪質な契約を結ばせようとするヤミ金業者は、「似非ファクタリング業者」や「悪徳ファクタリング業者」とも呼ばれています。なお、似非ファクタリング業者というのは読み方が難しいですが、「えせファクタリング業者(似非ファクタリング業者)」と読みます。

 

似非というのは「似ているが本物ではない」という意味で、似非ファクタリング会社とはファクタリング会社を装っているけども、本当のファクタリング会社ではないということを意味しています。

 

ファクタリング会社を装ったヤミ金に注意

 

具体的な事例を見てみよう

さきほどご紹介した、似非ファクタリング業者や悪徳ファクタリング業者の具体的な事例を見ていきましょう。比較的被害が多いとされる悪質ファクタリング会社の手口を2つご紹介します。

 

①売掛債権担保融資

売掛債権担保融資とは売掛債権を売却したことによる資金調達と見せかけて、売掛債権を担保とした貸付契約を結ばせるものです。ファクタリングは売掛債権の売却ですので融資ではありません。それにもかかわらず、ファクタリングを装ったヤミ金会社は融資取引を行うことがあります。

 

つまり、売掛債権担保融資を行います。ファクタリング手数料や金利などで高額な金銭を巻きあげるのが特徴です。

 

本来このような金銭の貸し付け行為をするには貸金業者としての登録が必要となりますが、ファクタリング取引を装うことで、無許可で営業を行なっているのです。もちろん、融資をファクタリングと偽って行っていますので、違法行為であり、ヤミ金取引です。

 

②買戻特約付きのファクタリング契約

買戻特約付きのファクタリング契約とは売掛先が期日までに支払いを行わなかった際などに、売却した債権を買い戻す契約を結ばせるものです。

 

本来、ファクタリングの回収リスクはファクタリング業者が負います。ファクタリング利用者は、売却した売掛債権の回収リスクから解放されます。また、この回収リスクに対する代償として払っているはずのファクタリング手数料等が全くの無駄になります。

 

通常のファクタリング契約とは、買い取った債権の回収リスクはファクタリング会社が背負うことになります。これを、「ノンリコース」や「償還請求権なし」と表現します。

 

しかし、偽装ファクタリングでは、万が一取引先が支払不能に陥った時はこの債権回収義務を買い戻すという内容の契約となっていることがあるのです。

 

このケースの場合、偽装ファクタリング会社はノーリスクでお金を貸しているようなものなので、契約を結べば結んだだけファクタリング手数料分が儲かる仕組みになっています。低金利や審査なしといったうたい文句で言葉巧みに契約を誘導してくることでしょう。

 

闇金ファクタリング会社の悪質取引の事例

 

ファクタリングを規制する法律はない

こういったヤミ金の偽装ファクタリング(似非ファクタリング)が発生する要因としては、ファクタリングを規制する法律がないことがあげられます。

 

法律上、ファクタリングは単なる売掛債権の売買だと考えられています。商取引で発生した売掛金を保有している事業者が、単に売掛債権を売却して現金に変えているだけなのです。そのため、ファクタリングを規制する法律というのは存在しないのです。

 

ファクタリング自体は怖いものではない!

ファクタリングという資金調達方法は、まだまだ認知度が高くありません。その一方でファクタリングを偽装したヤミ金に対しての注意喚起は各方面から行われています。そのため、ファクタリング自体に『詐欺が多くて危ない・ヤミ金が多い』というネガティブなイメージを持ってしまっている方が多いといわれています。

 

世間一般的にファクタリングに対しての正しい知識が浸透しないまま、注意喚起情報のみが独り歩きしてしまっていることでファクタリング自体のイメージが低下しているというだけで、ファクタリングそのものはヤミ金ではありませんし、決して恐いものではないのです。

 

ファクタリングは、世界的にも認められている正当な資金調達方法の一つです。売掛金による取引の多い業種や中小企業などからは、融資よりも利便性が高いと重宝されています。ファクタリングはアメリカやヨーロッパといった先進国のビジネスにおいては融資と同じくらいメジャーな資金調達方法です。

 

政府も経済活動が活発化につながるとの考えから、売掛金の有効活用は積極的な姿勢を取っています。

 

ファクタリング偽装ヤミ金への政府の対策

営業登録や金利などで法律の網がかかる貸金業と異なり、ファクタリングに対する規制を定めた法律などは現在ありません。そのため、誰でも簡単にファクタリング業者として営業をスタートさせることが出来てしまうのが現状です。

 

これについては、金融庁をはじめとして政府内でも早急に対応するべき案件として認知されているものと推測されます。法整備が整うまでの現段階における対策としては、都道府県や金融関連組合・金融庁など各方面からの注意喚起に留まっています。

 

安全なファクタリング業者を選ぼう

ヤミ金はファクタリング業界の一部分であり、正当にファクタリングを行っている業者はたくさんいます。そのため、安全なファクタリング業者さえ選ぶことができれば、ファクタリングはビジネスシーンにおいて強い味方となってくれることでしょう。

 

安全なファクタリング業者を選ぶための大前提として、自身がファクタリングについての正しい知識を身に付けておくことが重要です。

 

ファクタリングは融資とは異なり、「掛け目」や「債権譲渡通知」、「債権譲渡登記」など専門的な用語がたくさん出てきます。ファクタリングやそれに関連する用語について正しく理解できていないまま話を聞きに行ってしまうと、相手の雰囲気にのまれてしまうだけでなく、自分が結ぼうとしている契約が真っ当なものなのかそうでないのかの判断も出来かねてしまうでしょう。

 

▼ファクタリングの基礎知識

>>ファクタリングの債権譲渡登記とは?

>>ファクタリングの掛け目ってなに?

 

まずはファクタリングについてしっかりと知識を付けた上で、無料見積もりや無料相談に挑むのが望ましいでしょう。その時に、複数のファクタリング会社に見積もりを出してもらうことで、自分の持っている売掛債権の相場が分かるでしょう。契約を急かしてくるファクタリング業者や、見積もり・契約書をしっかりと見せてくれない業者は要注意です。

 

<関連:ファクタリング取引とは?>

>>ファクタリングとは?ファクタリングの仕組みや利用方法を解りやすく解説

 

 

おすすめのファクタリング会社

ファクタリングを利用するのに最も大切なことはファクタリング会社選びです。ファクタングは規制の無い業界ですので、ファクタリング会社選びを間違えると高額の手数料を請求されるなどの問題があります。そのため、ファクタリング会社を良く選んで、優良なファクタリング会社を利用する必要があります。

 

さらに、ファクタリング会社選びでは1社だけに相談するのではなく、3~4社程度のファクタリング会社に同時並行で相談・比較して選択することが重要です。

 

三共サービス

三共サービスのファクタリングサービスをご紹介

最大買取可能額:1億円

ファクタリング利用時に必ず検討対象に加えたいのが三共サービスです。

三共サービスの魅力は、ファクタリング業界のなかでも「大手」に位置して安心できること、そして、ファクタリング手数料の水準が、業界トップクラスに低いことです。

三共サービス
4.95



☆三共サービスは手数料水準の低さが業界トップクラス
☆業歴19年の老舗ファクタリング会社
☆全国対応可能

適用金利・手数料など

(3社間) 1.5%~8.0% (2社間) 5.0%~10.0%

所要時間

最短翌営業日の現金化が可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

1億円

利用できる方の条件

法人のみ(個人事業主は利用不可)

 

ビートレーディング

ビートレーディングのファクタリングサービス

最大買取可能額:3億円(業界トップクラス)

ビートレーディングは、知名度・口コミ評価でNo.1の人気ファクタリング会社

また、法人企業だけでなく、個人事業主・自営業者の利用も可能や、債権譲渡登記が不要など、かなり利用しやすく、メリットの多いファクタリング会社です。

どこに相談するか悩まれるという方は、とりあえずビートレーディングも加えておかれるのがおすすめです。

ビートレーディング
4.85



☆ファクタリング業界で最も知名度・利用実績が豊富
☆全国対応可能
☆かんたん5秒の簡易診断サービスあり!

適用金利・手数料など

2%~(ファクタリング手数料)

所要時間

最短即日での現金化

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

3億円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

MSFJ

MSFJのファクタリングサービス

最大買取可能額:5,000万円

MSFJは、法人・個人事業主のどちらでも利用できるファクタリング会社

5,000万円までの大口ファクタリングはもちろん、100万円未満の小口ファクタリングにも積極的に対応してくれます。さらに、100万円未満のファクタリングならスピード審査・即対応が可能ですので、即日資金調達できる可能性も高いのが特徴です。

 

MSFJの特徴

MSFJの特徴はファクタリング手数料比率が明確であることです。

業界トップクラスに低い水準でもあるため、安心して利用できます。

MSFJのファクタリング手数料の基準は以下となります。

<MSFJの特徴>

商品種類プレミアムファクタリングクイックファクタリング
調達可能額(上限)5,000万円300万円
ファクタリング手数料1.8%~6.8%3.8%~9.8%
審査スピード最短1営業日原則1営業日

 

MSFJのプレミアムファクタリングならファクタリング手数料は最大でも6.8%。

もちろん、MSFJでは2社間ファクタリングの利用も可能ですので、取引先に知られることなくファクタリングを利用できます。このMSFJのファクタリング手数料率の水準は業界トップクラスです。

 

さらに、ファクタリング会社のなかで、手数料率の上限を示している会社はMSFJを除いてほとんどいません。手数料率の上限を示しているのは、MSFJがかなり信頼できる会社の証拠と言えるでしょう。

▼MSFJへの相談は以下のリンク

MSFJのファクタリング
4.8



☆業界最低水準の手数料率
☆スピード審査に対応
☆他社からの乗り換えも可能

適用金利・手数料など

1.8%~9.8%(ファクタリング手数料率)

所要時間

最短1営業日での現金化

その他優遇など

手数率は業界最低水準で審査通過率90%

資金調達限度額

30万円~5,000万円

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

ウィットのファクタリング

ウィットなら非対面でファクタリングが利用できる

ウィットは面談不要・来店不要のファクタリングサービス

ウィット
4.6



☆ウィットのファクタリング
☆小口専門のファクタリング会社
☆全国対応可能(来店不要)

適用金利・手数料など

非公表

所要時間

最短即日での資金化可能

その他優遇など

2社間・3社間ファクタリングも利用可能

資金調達限度額

少額での利用可能(下限なし)

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

中小企業金融サポート

中小企業金融サポートの郵送ファクタリングなら来店不要

郵送で手続き完結のファクタリング

(一社)日本中小企業金融サポート機構
4.6



☆非対面で申込・契約完了の郵送ファクタリングサービス
☆審査回答は最短30分

適用金利・手数料など

1.5%~10%(ファクタリング手数料率)

所要時間

即日での資金化可能

その他優遇など

来店不要・審査通過率95%

資金調達限度額

非公表

利用できる方の条件

個人事業主・法人ともに可能

 

資金調達プロファクタリング会社選びにできるだけ時間を掛けたくない経営者におすすめなのが「資金調達プロ」です。

資金調達プロは直接ファクタリングを行う会社ではありませんが、多数のファクタリング会社を同時に比較して、おすすめの会社を提案してくれるサービスです。

資金調達プロ
4.7



☆日本最大級の一括ファクタリング見積もりサービス

 

 

まとめ

融資とは異なり、ファクタリング業に関する法整備は行われておらずいわば無法地帯化しているといっても過言ではありません。ファクタリング業界の環境が整っていないというだけであり、真っ当なファクタリング業者もたくさん存在します。

 

安全な業者を見極めてファクタリング取引を味方につけることで、様々なシーンで経営をサポートしてくれる心強い存在になることでしょう。

 

 

<チェックしたいファクタリング記事>

>>ファクタリング手数料の相場を確認

>>おすすめファクタリング会社の一覧をランキング形式でご紹介

 

NOをつきつける
最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG