これだけ知っておきたい!!アコムの審査基準からカードローン審査に通過する方法

アコムでカードローンを作りたい、お金を借りたい方にとって、まず知りたいことは「審査に通過するには、どうすればよいか」でしょう。銀行も、消費者金融も、各社ごとに審査基準は異なり、行き当たりばったりで申込していては審査に落ちる可能性が高くなります。

 

アコムのカードローンを申込するために「知っておくべき審査基準」と「準備しておくべきポイント」を解説いたします。これだけ準備して申込すれば審査に通過する確率はかなり高くなります。

 

 

アコムに申込できる最低条件

アコムのホームページを確認すると、カードローンに借入申込可能な方は、20歳~69歳までの安定収入と返済能力を有する方」という審査基準があります。つまり、最低でもこの審査基準を満たさないとアコムのカードローンに申込すら出来ないか、申込しても審査に通過できる見込みはありません。

 

アコムの1つ目の審査基準は年齢条件であり、20歳~69歳の範囲内の方が対象となります。そのため、未成年者はアコムの審査基準を満たしておらず借入できません。

70歳以上の高齢者も同じです。申込時点でこの年齢条件の範囲外の方は申込できません。

 

そして2つ目に重要となる審査基準として「安定収入」を確認していきましょう。

 

安定収入ってなに?

アコムカードローンの2つ目の審査基準として「安定収入と返済能力を有する方」という条件があります。

この審査基準はアコムのカードローンの重要な審査基準ですが「曖昧な表現」ですよね。どうすれば、この「安定収入のある方」として認められるのかアコムなどの金融機関が実際に行っている判定方法を知っておきましょう。この安定性・返済能力の審査基準を解説します。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

 

審査基準を満たす安定性・返済能力とは?

アコムのカードローン審査で求められる「安定性」とは「毎月継続して収入がある」状態を指します。

そのうえ、収入の金額の変動が大きいと「安定」しているとは言えなくなります。そのため、一時的に高い収入を得ている方でも、継続性が低いと判断されてしまうと審査に通過できないことがあります。例えば、ギャンブルや、一回限りの仕事などで高収入を得た方は「収入は高いですが安定性は低い」と判断されます。

 

この安定性の審査基準は、雇用形態、勤続年数2つの点から見られています。それでは、雇用形態と勤続年数の観点から、収入の安定性を決める要素を確認していきましょう。

 

①雇用形態から見る安定性

の雇用形態というのは、就業先との契約を指します。例えば、正社員や、契約社員、派遣社員、パート・アルバイトといった雇用形態があります。そのうち、正社員、契約社員は、審査では安定していると見なされる可能性が高くなりますので問題ありません。

 

派遣社員の場合、やや安定性が劣りますが、実際に「毎月の収入が継続している」と安定性があると見なされます。アコムのカードローン審査でも、派遣社員の方は、借入できる可能性が高いでしょう。

 

但し、パート・アルバイトの方は、審査基準では安定性が低いと見なされます。しかし、パート・アルバイトも、アコムの審査基準では、給料が毎月安定して発生すれば、安定性ありとしてカードローン申込できます。

 

一方で、日雇いや、短期的なアルバイトでは、収入が不定期(ある月と無い月がある)、月毎の変動が大きく、不安定と見なされる可能性が高くなります。また、個人の自営業者は、アコムへの申込可能ですが、収入の変動が大きいと、不安定と見なされます。

 

勤続年数も影響する?

収入の安定性には「勤続年数」に関する審査基準もあります。

カードローンの審査では、いくら正社員として働いていても、勤続年数が短いと「収入は安定していない」と見なされ、逆に、アルバイト・パートでも、勤続年数が長いとカードローンの審査で安定性が高いと見なされます。

 

「安定性」を認める「勤続年数」は、カードローン各社で基準が違います。

アコムのカードローン審査で求められる最低限の勤続年数は、「36ヶ月」と推測されます。正社員なら3ヶ月程度で認められ、アルバイト・パートは6ヶ月程度確認されます。

 

収入の種類

なお、カードローン審査で、安定収入として認められる収入には制限があります。

それは、給与収入、事業収入、不動産収入などで、年金や生活保護は含まれません。そのため、年金受給者や生活保護対象者がカードローン申込をすることは難しいと言えます。

 

カードローン審査では、年金や生活保護費は「生活するのに最低限必要な金額」であって返済余力は無いと判断されるためです。アコムのカードローン審査でも、年金や、生活保護費の収入だけでは借入は困難でしょう。

 

アコムの借入がおすすめの理由

 

公表されていない審査基準

アコムのカードローンで借入出来る方の条件で、公表されている審査基準は以上です。しかし、実際のアコムのカードローン審査では、それ以外の点も調査されています。

 

そして、この公表されていない審査基準こそが重要です。公表されていない基準ですので、実際にアコムに申込した場合の経験や、口コミ・評判をもとに推測するしかありませんが、この審査基準を知らないと審査に通過できる確率も低下してしまいます。

 

次に、公表されてない、「重要な審査基準」をご説明しましょう。

 

個人信用情報に傷があると駄目

アコムのカードローン審査では、借入申込人の個人信用情報が確認されます。

個人信用情報とは、その人が、銀行や、ノンバンク(消費者金融、信販会社など)から、どれだけ金額を借りていて、返済に延滞が発生していないか、過去に自己破産などの債務整理を行っていないかといったこと(事故歴)が記載されている情報です。

 

信用調査会社を経由して、銀行や消費者金融、クレジットカード会社などは、適正な審査をするために相互に保有する情報を共有しているのです。

 

アコムの審査では、個人信用情報を確認して「延滞歴」、「事故歴」などがある方は、通過することができません。

こういった履歴の方は、原則審査に落ちます。そのため、もし、既存の借入があるなら、「延滞しない」ことが非常に大切です。

 

<関連記事>

借入審査に使われる個人信用情報とは?登録期間から開示請求まで徹底調査

 

 

借入件数が多くても駄目

アコムのカードローン審査で、個人信用情報を確認されると、借入金額だけでなく借入件数も判明します。そして借入件数が多すぎる方は審査に落ちる可能性が高くなります。

 

同じ金額を借入しても、借入件数が多いと審査に落ちる可能性が高まります。「借入件数が多い」こと自体が、審査ではマイナス要素となるのです。

 

アコムのカードローン審査に通過するためには、既存の借入件数は、34社が限度であり、少ない方が、審査に通りやすくなります。既に借入件数が34社あるなら、以下のような「おまとめローン」などを活用して、借入件数を減少させることが重要です。

 

<関連記事>

おまとめローンの審査に通過するポイント!!借入できる条件を理解しておこう

 

 

年収の3分の1が限度

借入件数の次に、借入金額も限度があります。アコムのカードローンで借入できる金額の上限は年収の3分の1となります

 

つまり、年収が100万円の方なら、30万円(≒100万円÷3)、年収150万円なら50万円(=150万円÷3)が借入の限度額となります。そして、アコム以外で既に借入している「無担保借入」があれば、その残高を含めて、年収の3分の1までとなります。

 

アコムのカードローンに借入申込する時点で、既に年収の3分の1を超えているなら、審査に通過することは出来ません。これは、日本の貸金業法という法律に含まれる「総量規制」という制限が影響しています。

 

そのためアコムのカードローンで借入できる上限額は、既存借入額(カードローンなら借入限度額)を含めて、年収の3分の1までということを意識しておきましょう。

 

<関連記事>

消費者金融からの借入可能額に影響する総量規制とは?

 

 

総量規制に含まれない借入

なお、この総量規制が制限する年収の3分の1に含まれない範囲も覚えておくと良いでしょう。

例えば、総量規制の対象は、「無担保借入」ですので、住宅ローンは、いくら借入残高があっても総量規制の対象外です。

 

また、クレジットカードのショッピング枠も、総量規制に含まれません。携帯電話の機種代・分割料金も含まれません。お勤め先から借入している社内借入や、親族・友人などの間で借入しているお金も総量規制には含まれません。

 

総量規制の制限を受けない借入がある

 

住宅ローンとカードローンの併用

住宅ローンの借入残高があっても、アコムのカードローン審査に通過できます。住宅ローンを借入できている方は、「一般的に信用力の高い方」です。銀行の住宅ローン審査は、カードローン審査よりも幅広い項目で厳しく審査します。そのため、銀行の住宅ローン審査に通過した方というのは、かなり信用力が高いと銀行から認められた方ということになります。

 

そのため、住宅ローンに対する延滞などの情報がなければ、カードローン審査でも特に問題ありません。

住宅ローンと、カードローンは併用できます。

 

<関連記事>

住宅ローンとフリーローン、カードローンは併用できる!?知らないと失敗する住宅ローン審査のポイント解説

 

 

アコムで借入したことがある人

過去にアコムで借入した人は、その時の借入・返済の実績が参照されます。過去の取引履歴は個人信用情報から消えてしまっても、アコム社内ではずっと残っていると思っておきましょう。

 

但し、アコムからの借入に対し、過去の借入時に、しっかりと返済を行っていれば問題ありません。アコムから借入して、その後延滞などをせずに完済したのであれば、むしろ、審査には「良い情報」となります。

 

一方で、「延滞を繰り返した」、「強制解約された」など、返済状況が良くなかった方の借入は非常に難しくなっています。こういった取引データは、アコム内で、長期間蓄積されます。

 

外国人は審査で落ちる?

アコムのカードローン審査では、外国人だからという理由だけで審査に落ちることはありません。但し、在留カード(旧外国人登録証)で永住権を証明できる必要があります。

永住権が無いと、アコムのカードローンで借入することは出来ません。

 

借入申込で嘘を付くと駄目?

アコムのカードローン審査で嘘を付くのはNGです。嘘をつくと、大抵の場合、審査に悪影響があります。嘘をつく項目としては、「収入を多く」、「借入残高を少なく」といった点です。しかし、これらの虚偽申告は提出する書類(所得証明書)や、個人信用情報から、ばれることがあります。

 

審査で嘘がばれると、「信用できない」相手と評価されて審査へ影響します。(審査で落ちるかは嘘の程度次第です)

 

過去にアコムの審査に落ちた方は?

過去にアコムの借入審査に落ちた方も、あらためてアコムのカードローンに申込することができます。それに、審査に通過できる可能性も十分にあります。

 

但し、過去に審査落ちした時の要因を解消できていることが重要です。例えば、過去に延滞歴・事故歴があるケースでは、すぐに原因は解消できず、借入申込しても、再度、審査で落ちる可能性があります。

 

勤続年数や、他社借入残高、借入件数が問題であれば、その後、改善していれば、アコムのカードローン審査に通過できることは十分にあります。

 

申込のタイミングってある?

アコムのカードローンに借入申込するタイミングで気を付けるのは、他社への借入申込や、他社でカードローンを作って間もない場合です。稀に、せっかく申込しても落ちるかもしれないと考えて、複数のカードローンに対して同時に申込される方がいますが、カードローンに関しては避けたい方法です。

 

カードローンの申込を受けた金融機関で個人信用情報を取得すると、他社が個人信用情報を取得した履歴が解ります。そのため、複数の銀行や消費者金融に申込していることがばれます。こういった時、金融機関では審査に通過できないために、複数の金融機関に申込していると推測するため、申込人の信用状況に問題があると考えてしまいます。そのため、さらに審査には通過しにくくなるのです。

 

こういったタイミングでアコムに申込しても、それだけで、審査に落ちることはありませんが、「借入限度額」は少ない金額になる可能性があります。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

 

<関連:アコムから借入するメリット>

消費者金融・アコムからお金を借入する方法とそのメリットをご紹介します!!

 

 

2019年おすすめのカードローン

ここまでご紹介した通り、アコムのカードローンは商品性が良く、比較的広範囲の方に借入がしやすい大変おすすめのカードローンです。しかし、商品性の良いカードローンはアコムだけではありません。銀行・消費者金融などたくさんのカードローンがあります。
 
2019年現在、是非、検討対象に加えておきたいカードローンをご紹介します。

 

楽天銀行カードローン

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結
 
2019年現在、銀行系カードローンのなかで最もおすすめのカードローンは楽天銀行スーパーローンです。楽天スーパーローンは銀行カードローンのなかでもトップクラスに金利が低く、借入限度額が大きいという特徴があります。
 
さらに、楽天銀行はWEBからの申込だけで手続きを完結できますので、店舗に行く必要がなく、忙しくて時間がとれない方にも利用しやすいカードローンとなっています。
 

<楽天スーパーローン基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典
10~800万円1.9~14.5%××

 

楽天銀行カードローン
4.3

楽天銀行カードローンは金利がお得でWEB完結

・楽天グループのカードローン
・WEB申込で手続き完結。契約など来店不要

 

 

アイフル カードローン

アイフルのカードローン
 
アイフルカードローンのポイント
最短30分で審査完了!アイフルなら即日借入も可能
契約書の郵送不要。誰にも知られずにカード受取可能
 

<アイフル基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典審査
1千円~500万円4.5~18.0%×30日間金利無料最短30分

 

アイフルカードローン
4.8

☆アイフルのカードローン
☆審査はWEBで完結・来店不要
☆郵送物一切なし。誰にも知られずに申込も可能

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間利息0円

[su_button url=”https://advack.net/r/?ad=00000qbef000m5h ” background=”#d1351c” size=”16″ icon_color=”#d45f5f”]公式ホームページはこちらから[/su_button] 
https://www.ozyouzumoney.online/article/aiful_loan.html 
 
 

プロミス カードローン

プロミスのカードローン
 
プロミスのカードローンポイント
SMBCグループのSMBCコンシューマーファイナンス(プロミス)
大手銀行グループの安心感と消費者金融のスピード!!
 
今なら最大で30日間無利息キャンぺーン中
*50万円以内のお申込みなら所得証明書不要
 

<プロミス基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典審査
10~500万円4.5~17.8%×30日間金利無料最短30分

 
 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

[su_button url=”https://ad2.trafficgate.net/t/r/34/290/287981_360571/” background=”#d1351c” size=”16″ icon_color=”#d45f5f”]公式ホームページはこちらから[/su_button] 
 

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込できる
* ランキングは当サイト独自のおすすめ順位となります。
 

SMBCモビットのカードローンポイント

SMBCグループのSMBCモビット
10秒簡易審査。最短即日借入可能!
(※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。)
 
SMBCモビットなら「電話連絡なし」「郵送物なし」のWEB完結申込が利用できます。
 

<SMBCモビットの基本データ>

借入限度額借入金利即日借入専業主婦パート・アルバイト初回特典審査
 1~800万円3.0~18.0%×最短30分

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」・「郵送物なし」・「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもバレずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能※申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱となる場合があります。

 

 

まとめ

アコムのカードローンに申込するにあたっては、アコムの審査基準をしっかりと把握して、準備をしておくことで、審査に通過できる可能性は高まります。

 

安定収入や、個人信用情報、借入件数など、事前に知っていれば、しっかりと対応できることは数多くあります。

 

こちらの情報を把握して、アコムのカードローン審査に通過できるようにしましょう。

 

以降は、アコム・カードローンの参考です。

アコム カードローンの商品概要

アコムのカードローンは1万円~800万円までの範囲内で借入可能です

2019年4月現在の適用金利は3.018%(実質年率)の範囲内で、審査結果によって実際の適用金利が決まります。

 

 

銀行より低く借入できることも

銀行カードローンの場合、極度額が大きくなる程、金利が低くなるように設定され、当初借入の極度額が100万円であれば、最も金利が高い14%台が適用されます。

 

しかし、アコムのカードローンでは、借入限度額100万円の場合の適用金利(実質年率)は、3%~15%で、審査結果によって適用金利が決まります。

 

もっとも高い水準の15%が適用されても、銀行の適用金利と大差なく、審査結果次第では、10%未満(3%~)の金利で借入できる可能性もあります。アコムのカードローンの方が、銀行より低金利で借入できることもあります。

 

無利息キャンペーン

アコムのカードローン契約が初めての方は、契約翌日から30日間は、金利0円でキャッシングできます。

契約当初だけのサービスですが、カードローンで借入を考えているが「どこに申込すれば」とお悩みなら、アコムがおすすめです。

 

三菱UFJ銀行グループ

アコムは、大手都市銀行である三菱東京UFJ銀行のグループの1殷です。

消費者金融などの貸金業者から借入するのは、「少し心配」と言う方もいるでしょう。

 

しかし、大手銀行系消費者金融であれば、そういった不安も解消できます。

特に、大手都市銀行は、風評や、ブランド、不祥事を、非常に嫌いますので、「コンプライアンス」と言われる基準も厳しく持っています。安心して借入できるのが、アコムの強みです。

 

 

 

 

<関連記事>

アコムのカードローンで即日融資を受けるのに実践すべきポイント!?

全国で借入できる静岡銀行カードローンが良いかも!?静岡銀行のメリットを徹底紹介

アコムのカードローンで即日融資を受けるのに実践すべきポイント!?

 

 

▼カードローンのご案内  

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG