みずほ銀行でお金を借りるとメリットがいっぱい!?お得に借入できる銀行をご紹介します

「みずほ銀行」からお金を借りるメリットをご紹介します。みずほ銀行は三菱FUJ銀行や、三井住友銀行の影に隠れがちであまり目立たないという印象があります(私の個人的な感想ですが)。

 

しかし、実は、個人向けの貸出商品では、みずほ銀行には、他の大手銀行には無いような魅力的な商品があり、全く他の銀行に引けを取らないどころか、相当に「おすすめの銀行」です。

 

本記事ではみずほ銀行からお金を借りる魅力を、お伝えしたいと思います。

 

 

みずほ銀行カードローン

まずは、個人でお金を借りる時に最も使い勝手の良い、カードローンからご紹介します。みずほ銀行カードローンでは、最大で800万円までお金を借りることができます。

 

もちろん、実際にお金借りることができるかどうかは、審査結果によりますが、この金額の大きさは、他のカードローンと比べても、上位に入ります。

 

みずほ銀行カードローンでお金を借りる際の適用金利は、2%14%の範囲内(20179月現在)で、審査結果と、適用される借入可能額(限度額)に応じて決定されます。なお、みずほ銀行カードローンでは、大きな借入可能額を設定できれば、金利も低くなるように設定されています。

 

<関連記事>

消費者金融・アコムからお金を借入する方法とそのメリットをご紹介します!!

全国で借入できる静岡銀行カードローンが良いかも!?静岡銀行のメリットを徹底紹介

 

 

住宅ローンと合せてお得さ倍増

みずほ銀行の「住宅ローン」でお金を借りているという方は、みずほ銀行カードローンでお金を借りるのが最も、おすすめです。みずほ銀行では、住宅ローンの借入残高があると、カードローンでお金を借りる際にも「特別優遇」を受けることができます。

 

みずほ銀行では、住宅ローン借入がある方は、カードローンの基準金利から0.5%の金利優遇を受けることができます。

 

優遇後の適用金利は、1.5%13.5%の範囲となり、銀行カードローンのなかでも、最も金利の低い水準で、お金を借りることが可能となります。なお、みずほ銀行では、「WEB完結型」を採用しており、申込から、契約までの手続きを、インターネット経由で完結できます。

 

日中は仕事で忙しいという方にも、大変利用しやすくなっているのも、みずほ銀行の特徴と言えるでしょう。なお、みずほ銀行では、既にみずほ銀行の口座を保有していれば、カードローンの契約後は、お持ちのキャッシュカードを、借入用カードとして使用できるようになります。

 

借入用カードをすぐに持つことができると、店頭への受取不要で、すぐにみずほ銀行店舗内のATMはもちろん、ゆうちょ銀行や、コンビニATMでも借入が出来ます。

 

 

 

 

みずほ銀行の多目的ローン(フリーローン)

みずほ銀行では、カードローンだけでなく、フリーローン(多目的ローン)でも、お金を借りることができます。

 

フリーローンとは、借入希望者の自由な目的のために、使うことのできるお金を借りる商品となります。みずほ銀行のフリーローン(多目的ローン)では、最大300万円を最長7年間、お金を借りることができます。

 

カードローンの極度額に比べれば、借入規模は小さくなりますが、適用金利は変動金利で5.875%、固定金利で6.65%と、カードローンに比べ、圧倒的に低金利で、お金を借りることができます。

 

さらに、みずほ銀行のフリーローン(多目的ローン)の場合、住宅ローン利用者への優遇幅は、カードローンよりも大きく拡大します。

 

カードローンでは、0.5%の優遇幅であったのが、みずほ銀行のフリーローン(多目的ローン)では、2.5%以上もの金利優遇が受けられます(変動金利3.375%、固定金利3.95%)。更に、最大借入可能額も、通常の300万円から、1,000万円まで、3倍以上の規模に大幅に拡大します。

  

その分、金利などの借入条件は良くなりますので、審査に通過できる見込みがあり、カードローンのように反復的な借入が必要でないのであれば、多目的ローンが適していると考えられます。

 

みずほ銀行からの借入を理解する

 

 

みずほ銀行の住宅ローンもおすすめ

みずほ銀行の住宅ローンもおすすめの借入商品です。この住宅ローンも、みずほ銀行のお得なメリットがたくさんあります。

 

みずほ銀行の住宅ローン(ネット専用商品)では、住宅ローンの事前審査から、最終的な借入の手続きまでを店頭に行かずに、ネットで完結させることができます。

 

また、みずほ銀行の住宅ローンの場合、金利の優遇幅(店頭表示金利から特別に下がる金利)は、1.4%1.85%となるのですが、ネット専用銀行の場合、1.4%1.875%となり、最大優遇幅が0.025%大きくなるのです。結果として、20179月現在、みずほ銀行の住宅ローン適用金利は、変動金利で0.6%となります。

 

 

みずほ銀行住宅ローンの特徴

みずほ銀行住宅ローンでは、ライフプランに応じた返済方法の見直しが可能です。住宅ローンでは返済が長期になりますので、当初は余裕があっても、ライフプランの変化によって、返済が厳しくなることがあります。

 

子供が生まれたり、その子供が進学したりと、ライフステージの変化に応じて、生活費は変わってしまいます。みずほ銀行住宅ローンのこの返済額見直しのサービスを「ライフステージ応援プラン」と言います。

 

通常の銀行で住宅ローンとしてお金を借りると、ライフステージの変化で返済が厳しいからと、返済額の見直しはできません。当初に決めた返済方法を期中で変更することは出来ないのです。

 

<関連記事>

住信SBIネット銀行なら相談して住宅ローンが借入できる!?ネット銀行の不安を解消できるか?

住宅ローンを簡単・確実に比較する方法!!借り換えで最大の成果を生み出す裏ワザ

 

みずほ銀行でお金を借りるメリット

みずほ銀行でお金を借りるメリットには安心感と、オリジナルで優れた商品性という2つの魅力があります。

みずほ銀行は、言わずと知れた大手都市銀行としての信頼や、安心感があります。

 

大手銀行は、信用を重視していたり、風評リスクによるブランド価値の棄損に敏感ですので、法令違反などを行う可能性は低いと考えられます。

 

仮に、みずほ銀行でお金を借りているものが、やむを得ず返済出来ない場合には、みずほ銀行に相談することで、無理な回収が行われるという可能性は低く、その後の返済方法について真剣に相談に乗ってくれるでしょう。

 

 

みずほ銀行でお金を借りる

みずほ銀行でお金を借りることのできる商品には、他行に無いオリジナルの優れた魅力があります。

 

カードローンや、フリーローンなど、住宅ローンとセットになることで金利優遇が受けられたり、住宅ローンにおいてもライフステージに応じて、返済方法を見直すことができるといった利点があります。

 

 

まとめ

みずほ銀行でお金を借りると、他には無いメリットがたくさんあります。

みずほ銀行でお金を借りる方法として、個人であれば、カードローン、フリーローン、住宅ローンがありますが、そのいずれもが、お得さのある魅力的な商品となっています。

 

お金を借りる際には、是非、みずほ銀行も選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

 

 

 
 
アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

<関連記事>

銀行カードローンは即日融資停止!?気になる話題を解説します!

  静岡銀行カードローン「セレカ」で借り入れした方が大手銀行よりも良い理由!?

プロミスで即日借り入れするのに大切なこと!!ポイント徹底解説

銀行カードローンで即日借入するポイントは!?意外と知られていない審査のポイントを解説します

 

▼カードローンのご案内  

 

住信SBIネット銀行
4.98

★住信SBIネット銀行の住宅ローン
★業界トップクラスの低金利
★1/4~3/31にて期間限定の借換キャンペーン金を実施(変動金利0.380%)
★新規購入時の変動金利は0.41%(2021年1月現在)
★全疾病保障保険の特約を無料で利用できる

借入可能額(最大)

1億円

適用金利・手数料など

変動金利0.41%(借り換え時 0.398%) ※所定の条件を満たした場合の金利となります

所要時間

申込から融資実行まで1ヶ月程度

その他優遇など

全疾病保障特約を無料で付加、一部繰上げ返済手数料無料

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG