大手都市銀行のカードローンは審査が厳しくて、消費者金融は審査に通り易そうというイメージを持っている方は多いと思います。

実際に、都市銀行のカードローンに申込したけど、審査に落ちてしまったという方は少なくないと思います。

 

それでも、消費者金融でカードローンを借入するより、金利も低そうだから、「銀行のカードローンを作りたい」という方はいますよね。

また、2~3社目のカードローンを作りたいけど、もう銀行カードローンの審査に通過するのは無理かもと不安に思っている方もいるのではないでしょうか。

 

そんな方は地方銀行カードローンがおすすめです。地方銀行カードローンには比較的審査が甘く、借入しやすいカードローンもあります。

地方銀行が全国対応で行っているカードローンをご紹介します。

 

地方銀行の審査は甘い?

「地方銀行カードローンの審査は甘い!!」というと言い過ぎかもしれません。

地方銀行だからと言って、誰でも審査に通るということはありません。

 

カードローンの審査基準を申込先別で厳しい順に並べるとこのような感じです。

都市銀行・大手銀行 > 地方銀行 > 大手消費者金融 > 中小消費者金融

 

地方銀行カードローンは、消費者金融ほどには審査が甘くありません。

しかし、都市銀行のカードローンほどには厳しくもありません。

つまり、大手都市銀行のカードローンなどで審査に落ちた方でも、まだ、「地方銀行カードローン」で借入できる可能性はありますという水準です。

 

「都市銀行のカードローンで審査に落ちてしまった」けど、銀行でカードローンで借入したい、もしくは、急いでいる、嫌な思いをしたくないから、そもそも審査基準が甘めのカードローンで申込したいという方に、地方銀行カードローンは大変おすすめです。

 

都市銀行に比べて借入条件は?

でも、審査基準が甘めである分、地方銀行のカードローンの条件は、「都市銀行より悪いのでは?」と心配になりますよね。

 

そんな心配はありません。地方銀行カードローンの借入条件は、都市銀行と比べても、ほとんど遜色なく、かなりの好条件で借入することができます

 

つまり、地方銀行カードローンは、都市銀行に比べて審査基準は低く(甘く)、都市銀行に負けない条件で借入できるのが特徴です。

地方銀行カードローンは審査に通りやすく、条件も良いので、非常におすすめです。

 

では、なぜ、地方銀行のカードローンは、それだけ条件が良いのでしょうか。

 

地方銀行カードローンの借入条件

 

 

地方銀行の条件が良いわけ

地方銀行には、審査基準を甘くして、そのうえ、カードローンの借入条件を良くしないといけない理由があります。

ここでは、地方銀行カードローンの借入条件が大手銀行に劣らない理由を説明します。

 

① 地方銀行カードローンも必死

地方銀行カードローンは、大抵、都市銀行と顧客争いをしています。

都市銀行だけでなく、大手地方銀行(第一地銀など)は、第二地銀とも争っていますし、さらに信用金庫や、信用組合とも争っています。

 

カードローンで借入しようとする人も、知名度やブランドを意識する人は、ついつい大手都市銀行のカードローンや、インターネットで目に付くネット専業銀行で申込してしまいます。

そのため、地方銀行カードローンは、大手銀行から顧客を取るのに必死です

 

借入条件を大手並みにしておかないと顧客を取られてしまいます。

そのうえ、第二地銀や、信用金庫も良い条件のカードローンを出してくると、負ける訳にもいきません。

 

つまり、地方銀行カードローンは、非常に競争の激しいカードローン業界のなかで融資するために、大手銀行なみのカードローンの借入条件を維持するしかないのです。

 

② 審査基準が厳しく出来ない

優良顧客の大部分が大手銀行にカードローンを申込してしまうと、地方銀行のカードローンに申込する人は少なくなってしまいます。

そのうえ、審査基準が大手銀行なみだと、地方銀行カードローンで借入する人が「いなくなる」ことになります。

 

地方銀行カードローンは、大手都市銀行で借入できない方を、メインターゲットとする必要があります。

そのため、地方銀行カードローンの審査基準は大手都市銀行よりも、低めに設定するしかありません。

 

③ 地域密着

地方銀行カードローンは地域密着であること多いのです。

 

地方銀行は、地元での評判が重要ですので、「審査が厳しすぎる」と評判がたつのを嫌がります。

都市銀行と違い、地方銀行は、限られたエリアで顧客を維持しなければなりません。

 

そのため、その商圏内で、良くない評判が立つと、顧客を大幅に失ってしまいます。

例えば、地方銀行カードローンで、この銀行は審査基準が厳しいので申込しない方が良いという噂や口コミが広まれば、致命的なダメージを受けてしまいます。

 

地方銀行は、大手銀行よりも、むしろ評判や、口コミといったものを気にする傾向にあります。

地方銀行は地域密着で営業する必要がある

 

地方銀行カードローンの審査基準

地方銀行カードローンの審査基準は、大手銀行程厳しくありません。

しかし、審査なく借入できるカードローンでは、もちろんありません。

地方銀行カードローンの審査基準や、審査のポイントについて知っておきましょう。

 

地方銀行カードローンの主な審査基準は以下です。

  1. 就業していて安定収入がある
  2. 年齢制限内である
  3. 個人信用情報に問題がない

 

① 就業して安定収入がある

これは大手都市銀行、消費者金融含めて、カードローン全般の審査で求められる基準です。

しかし、その審査基準が異なります。

 

大手都市銀行の場合、ただ「就業している」だけでは、安定収入と認めてもらえません。

 

一定の年収規模と、勤続年数があって初めて、「安定収入」として認められます。

安定していると認められる、おおよその基準は、勤続年数1年以上、年収で100万円以上が最低水準と考えられます。

 

そのうえ、職業や、雇用形態によっても安定収入と認められないことがあります

例えば、パートや、アルバイト、水商売の方、自営業者の方などは、大手銀行の審査で通過できない可能性があります。

大手都市銀行のカードローンでは、あまり積極的に貸出しない対象となっています。

 

地方銀行カードローンの審査では、こういった水準は、「かなり緩和されています」。

パートや、アルバイト、職業に関わらず、かなり範囲が広い方でも、地方銀行カードローンで借入できる可能性があります。

 

但し、勤続年数や、年収といった基準では、大手銀行カードローンの審査基準とそれほど大きな違いはありません。

地方銀行カードローンなら、安定収入に関する審査基準は、柔軟となりますが、やはりある程度の勤続年数と、年収が必要となります。

 

就職したばかりなら・・

まだ就職して間もない方や、年収が100万円未満の方の場合、大手消費者金融のカードローンが適しています。

その場合、地方銀行のカードローンでも審査に通らない可能性が高くなりますので、

その場合には、こちらのアコムカードローンがおすすめです。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、最短即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

② 年齢制限内である

年齢制限は、大手銀行、地方銀行、消費者金融のそれぞれのカードローンで基準に大きな違いはありません。

通常、20歳以上、65~70歳未満を条件としているカードローンが多くなります。

70歳を超えている方のカードローンでの借入はかなり難しくなります。

 

高年齢の方の借入についてはこちらをご参照下さい。

 

<関連記事>

年金生活者がお金を借りる方法は?高齢者だって借りれます!!

 

③ 個人信用情報に問題がない

カードローンの借入審査に、個人信用情報の確認は必須となります。

大手銀行、地方銀行、消費者金融に関わらず、全てのカードローンの審査で確認されると思っておいた方が良いでしょう。

 

個人信用情報は金融機関が利用できるサービスで、個人信用情報を確認することで、カードローン申込人の借入残高や、過去からの返済状況が判明します。

 

過去に数か月の延滞をしたことのある方や、債務整理(自己破産など)を行った方の履歴は数年間残りますので、個人信用情報を通して確認することができます。

残念ながら、こういった履歴(金融事故と呼ぶこともあります)のある方は、どこのカードローンで借入申込を行っても、審査に通過することはできません。

 

<関連記事>

借入審査に使われる個人信用情報とは?登録期間から開示請求まで徹底調査

 

個人信用情報に問題がないこと

 

既存借入件数に違い

大手都市銀行、地方銀行、消費者金融のカードローンの審査基準の違いとして、既存の借入件数による審査への影響があります。

 

現在は、大手銀行や消費者金融のカードローンに申込しても、年収の3分の1を超える額の借入は困難になっています。

これは、1社のカードローンの額ではなく、複数からの借入がある人は全ての借入先からの合計です。

 

既に、年収の3分の1を超える借入をしているのであれば、大手銀行や消費者金融のカードローンに申込しても借入できる可能性は低いでしょう。

 

但し、銀行が年収の3分の1を超える融資を行わないのは自主規制によるものです。

自主規制は法的な規制ではありませんので、銀行にとっても守る義務があるわけではありません。

大手銀行は自主規制に従いますが、地方銀行の一部は総量規制に関係なく融資を行っていることもあります。

 

<関連記事>

消費者金融からの借入可能額に影響する総量規制とは?

銀行カードローンに自主規制の波が来る!?金融庁による規制強化はあるのか?

 

なお、借入金額は年収の3分の1以内に抑えられていても、借入件数が多い方は、カードローンの審査に通りにくくなります。

カードローンの審査では、借入件数自体も重要なのです。

 

大手都市銀行のカードローンの場合で3件以上、地方銀行の場合でで4件以上の借入があると審査に通りにくくなります。

4件以上の借入がある方があらためてカードローンの借入申込をするのであれば、借入可能な先は消費者金融に限定されてくると思った方が良いでしょう。

 

地方銀行カードローンの弱み

あくまで一般論となりますが、地方銀行カードローンには以下のようなデメリットがある場合があります。

 

① 営業エリアに制限

地方銀行によっては、全国対応しておらず、カードローンの借入申込できる地域に制限がある場合があります。

良くあるケースとして、地方銀行の本店が所在する県と、その隣接する地域に限定されているといった銀行カードローンがあります。

 

但し、近年は、インターネット経由での申込で完結することができたり、コンビニATMとの提携が進んでいます。

そのため、「全国的に申込・借入」ができる全国対応の地方銀行カードローンが増加しています。

 

② 審査に時間がかかる

これも一部の地方銀行カードローンとなります。

最近の主要な銀行、消費者金融のカードローンでは、「最短即日借入」、「審査回答まで最短30分」など短時間でカードローンを作れることを強みにしています。

さらに、即日だけでなく、土日でも即日借入できるカードローンがあります

 

都市銀行カードローンの場合、土日・即日とは言いつつも、審査基準が厳しいので、実際には時間がかかってしまって即日借入できないことも少なくありません。

特に、大手銀行の場合、2018年から自主規制として即日融資を原則停止としています(地方銀行の一部には関係なし)。

 

しかし、消費者金融のカードロ―ンは、まさしく即日借入を強みにしています。

地方銀行カードローンも、即日借入可能としているものでも、審査に時間がかかったり、そもそも土日の即日対応は出来ないものが少なくありません。

 

土日・即日借入できる可能性が高いカードローンという点では、消費者金融に強みがあると言えるでしょう。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、最短即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

<関連記事>

アコムカードローンで「土日」に「即日」でお金を借入する教科書

プロミスのカードローンなら土日でも借り入れできる!!

 

地方銀行カードローンの強み

逆に、地方銀行のカードローンならではのメリット、強みと言えるものもありますので、ご紹介しておきましょう。

 

① 細やかなサービス

電話での質問や、相談への対応は、地方銀行の方が良いと言えるでしょう。

大手銀行や、消費者金融のカードローンの場合、電話してもコールセンター(それも外部に委託していて機械的な対応)であったり、メールからの質問しか受け付けてしていないことがあります。

 

こういった対応は、「大手」と言われる銀行や、消費者金融になるほど、その傾向が強くなっていきます。

地方銀行のカードローンの方が、質問や相談を電話で受付しており、実際の行員が対応していて商品に詳しいというケースが少なくありません。

 

② 大手銀行に負けない金利

地方銀行のカードローンでは、大手銀行のカードローンに引けを取らない金利条件を設定しているものが少なくありません。

 

少なくとも、消費者金融のカードローンに比べれば、かなり低い金利設定になっています。

カードローンの金利条件から言えば、大手銀行とそれほど変わりません。

審査基準の甘い地方銀行カードローンを作っておいた方が、結果的に、「早く」、「確実に」借入できるということが少なくありません。

 

③ 利用できるATMは豊富

地方銀行のカードローンの場合、借入できるATMが少ないと不安に思われることがあります。

しかし、全国対応の地方銀行カードローンの場合、コンビニのATMと提携しています。

 

そのため、セブンイレブンや、ローソンなど、銀行の支店数よりも豊富で、全国各地のATMが利用できます。

一部の首都圏や大都市を除けば、むしろ地方銀行カードローンの方がATMが豊富に利用できる可能性もあります。

 

コンビニATMと提携している、全国対応の地方銀行カードローンなら、都市銀行と比べても、ほとんど遜色なくATMを利用することができます。

さらに、手数料無料で利用できるATMも多いので、是非、活用していただきたいところです。

地方銀行カードローンも提携ATMが多ければ利便性は高い

 

おすすめの地方銀行

ここからは、実際に全国対応、全国から借入可能な地方銀行カードローンをご紹介していきましょう。

 

静岡銀行カードローン「セレカ」

静岡銀行のカードローン

 

全国対応している地方銀行カードローンとして、最初におすすめしたいのは、静岡銀行のカードローンです。

静岡銀行は、地方銀行とは言っても、規模、財務内容など、大手銀行に全くひけをとらない地方銀行です。

 

そして、静岡銀行のカードローン「セレカ」は、インターネットを介して、日本全国からの申込が可能です。

手続きは、全てインターネットから行うことが出来ますので、静岡銀行の店頭に行く必要は、全くありません。

 

そして、静岡銀行カードローンのおすすめしたいポイントは以下です。

  1. 全国対応、日本全国で借入可能
  2. 静岡銀行の口座を持っていなくても申込可能
  3. 借入金利は大手銀行と同水準
  4. 即日借入可能(振込)
  5. コンビニATMと提携
  6. 審査基準は大手都市銀行に比べて甘め

 

<静岡銀行カードローン「セレカ」>

インターネット申込

完結可能
借入可能地域日本全国(全国対応)

適用金利

4.0%~14.5%

最大借入可能額500万円
審査時間最短30分
即日カード発行×
即日借入可能(振込/14時まで)
土日即日借入×
利用可能なコンビニ

セブン銀行(セブンイレブン

 

無利息キャンペーン!!

さらに、静岡銀行のカードローン「セレカ」では、現在、初回契約時から45日間の無利息キャンペーンを行っています。

つまり、セレカでカードローンを作ってから、45日間の借入は「利息無料」(正確にはキャッシュバック)です。

 

もちろん、年会費、カード発行手数料も無料です。

まずは、地方銀行カードローンをお試しで持ちたいという方には、静岡銀行カードローンがおすすめです。

 

静岡銀行カードローンの申込

静岡銀行カードローン「セレカ」に申込するには、以下のサイトリンクから、申込サイトへ移動できます。

 

静岡銀行カードローンには、以下の必要書類を準備しておく必要があります。

これらの書類は申込の際に、画像をアップロードします。

 

①本人確認書類(運転免許証)

*有効期限内/現住所が記載されているもの

②50万円を超える借入には所得証明書

 

申込後の流れ

静岡銀行カードローンでは、上記サイトから借入申込を行うと、「平日」であれば、即日で審査を受付してもらえます。

審査回答までは、「最短30分」となります。

審査では、本人宛への電話と、在籍確認が必要となります。

 

<関連記事>

全国で借入できる静岡銀行カードローンが良いかも!?静岡銀行のメリットを徹底紹介

静岡銀行カードローンの審査に通過するにはどうすれば良い!?セレカの審査基準を徹底的に調べてみました!!

ばれずに静岡銀行カードローン「セレカ」は作れる!?在籍確認や郵送書類はあるの?

 

北日本銀行カードローン

2つ目におすすめの地方銀行カードローンは、北日本銀行のカードローン「スーパークイカ」です。

北日本銀行は岩手県に本店をおく地方銀行です。

 

北日本銀行は、静岡銀行ほど規模の大きい地方銀行ではありません。

しかし、岩手県という限られた商圏から、全国に機会を求めてカードローンを展開しているため、「かなり審査基準」は低く、対応しているものと考えられます。

 

審査に通りやすそうな地方銀行カードローンとしては、かなり狙い目なカードローンと考えられます。

もちろん、インターネットを介して、全国対応可能で、WEBで手続きも完結できる地方銀行カードローンです。

金利条件も大手都市銀行に引けをとりません。

 

さらに、北日本銀行のカードローン「スーパークイカ」は、無料で利用できるコンビニATMが豊富という特徴も持っています。

なお、北日本銀行もカードローン申込時点で、北日本銀行の口座を保有していなくても借入申込が可能です。

 

<北日本銀行カードローン「スーパークイカ」>

インターネット申込

完結可能
借入可能地域日本全国(全国対応)
適用金利3.0%~14.8%
最大借入可能額500万円
審査時間即日回答可能
即日カード発行×
即日借入可能(振込/14時まで)

*但し、北日本銀行口座必要

土日即日借入×
利用可能なコンビニ

セブン銀行(セブンイレブン)

ローソン、イーネット、ゆうちょ、

イオン銀行(全て手数料無料

 

北日本銀行カードローン「スーパークイカ」では、現在「30日間無利息」のキャンペーンを実施しています。

これからカードローンでの借入が必要と言う方は、北日本銀行カードローンが狙い目です。

 

北日本銀行カードローンの申込

北日本銀行カードローン「スーパークイカ」の借入申込は、以下のサイトリンクから可能です。

 

北日本銀行カードローン「スーパークイカ」に申込するには、本人確認書類(運転免許証、パスポートなど)を準備しておく必要があります。

さらに、50万円を超える借入限度額をご希望の場合は、所得証明書の提出が必要になりますので、あわせて準備しておきましょう。

 

北日本銀行カードローンは、比較的審査に通りやすい地方銀行カードローンです。

そのうえ、借入金利は大手銀行のカードローンなみで、さらに無料で利用できるコンビニATMが豊富で、利便性が高いという特徴があります。

 

銀行カードローンで是非審査に通過したい方には、北日本銀行カードローン「スーパークイカ」はかなりおすすめできます。

 

<関連記事>

北日本銀行カードローン「スーパークイカ」/全国から借入可能で大手銀行よりメリットのある銀行カードローン!!

北日本銀行のカードローン「スーパークイカ」でお得に借り入れする!!

 

駄目なら消費者金融

地方銀行カードローンは大手銀行に比べて比較的審査に通りやすく、利用しやすいカードローンです。

しかし、それでも審査はありますので、どうしても審査に落ちてしまうということはあり得ます。

地方銀行カードローンでも審査に落ちてしまった、もしくは、そもそもとして、もっと審査に通りやすいカードローンで申込したいという方には消費者金融のカードローンがおすすめです。

 

アコム

アコムのカードローンなら最短30分

 

アコムは大手都市銀行である三菱UFJ銀行が傘下にある三菱UFJフィナンシャル・グループの消費者金融です。

そのため、消費者金融を利用したことがなくて不安と言う方でも、安心して利用できるのが特徴です。

 

アコムカードローン
4.8

☆土日でも借入可能
☆24時間申込受付
☆三菱UFJフィナンシャル・グループ
*おすすめ度は当社独自評価による

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

審査は最短30分、最短即日借入も可能

その他優遇など

最大30日間金利0円

 

SMBCモビット

SMBCモビットなら電話連絡なしで申込できる

 

SMBCモビットはSMBCグループの消費者金融です。

SMBCモビットの「WEB完結申込」を活用すれば、職場や自宅への電話連絡なしでカードローンの借入申込が可能です。

 

そのため、職場や家族にばれずに借入申込したいという方にもおすすめのカードローンとなります。

 

SMBCモビット
4.98

☆SMBCグループ
☆WEB完結申込なら「来店不要」「郵送物なし」「電話連絡なし」で申込完結
☆誰にもばれずに申込したい方にも最適

借入可能額(最大)

800万円

適用金利・手数料など

3.0%~18.0%(実質年率)

所要時間

10秒で簡易審査・即日借入可能:*申込の曜日、時間帯によっては翌日以降の取扱いとなる場合があります

 

プロミス

プロミスならいつでも振込可能

 

プロミスもSMBCグループのカードローンです。

プロミスでは、初めてプロミスを利用する方を対象として30日間無利息サービスを行っています。

 

他の消費者金融などと異なり、初回借入日から30日間の無利息ですので、きっちり30日間の利用も可能です。

(他社カードローンの多くは契約日から30日間)

 

プロミス
4.85



☆WEB申込なら来店不要で申込完結
☆郵送物不要、WEB完結で誰にも知られず申込可能
☆24時間申込可能
☆2020年オリコン ノンバンクカードローン部門第1位

借入可能額(最大)

500万円

適用金利・手数料など

4.5%~17.8%(実質年率)

所要時間

最短即日

その他優遇など

30日間利息0円(初回利用日から30日)

 

まとめ

地方銀行カードローンは大手銀行のカードオローンなみの金利条件で借入が出来るにも関わらず、審査基準は大手銀行よりも、かなり通過しやすい甘めの基準という特徴をもっています。

 

大手銀行の審査に落ちてしまった、2~3社目のカードローンも銀行で借入したい、カードローン審査に落ちないように可能性の高いところで申込しておきたいという方には、審査基準が緩めの地方銀行カードローンが大変おすすめです。

 

静岡銀行カードローン「セレカ」、北日本銀行カードローン「スーパークイカ」ともに、金利条件は良く、大手銀行よりも審査に通りやすいカードローンです。

そのうえ、全国対応可能な地方銀行カードローンであり、非常に狙い目と言えます。ご利用を検討されてみてはいかがでしょうか。

 

<関連記事>

消費者金融・アコムからお金を借入する方法とそのメリットをご紹介します!!

プロミスで即日借り入れするのに大切なこと!!ポイント徹底解説

2019年最高にお得なクレジットカードはYahoo! JAPANのクレジットカードかも!!

所得証明書不要・在籍確認無!!滋賀銀行カードローン「サットキャッシュ」でお金を借りる!!

最新情報をチェックしよう!
>おすすめファクタリングの一覧を公開

おすすめファクタリングの一覧を公開

ファクタリング手数料や資金化までの日数、サービスレベル等

CTR IMG