カードロ―ンで銀行から借入できる金額を知ろう!最大借入可能額(与信枠)の計算方法!?

カードローン・フリーローン
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

銀行から、ご自身がいくらまで借入できる可能性があるのか、借入可能額の限界を知りたくありませんか。
 
 
銀行のカードローンなどをご利用したことがある方、もしくは新規申込してカードローンを契約したいと考えている方はたくさんいると思います。
 

銀行カードローンで借入できる上限金額を計算する方法をご紹介します。

 
 
 

与信枠とは借入可額額(上限)

 


金融機関、特に銀行では、個人向けの融資であっても、顧客毎に貸し出しできる最大額(借入可能額)を設定しています。 この借入可能額のことを「与信枠」とも呼びます。

 

 
 
わざわざ、借入可能額を取引先毎に設定するのは、どれだけお金を貸せるかという上限を決めておくことで、銀行のカードローンや、クレジットカードなどの申込を受けた時に、銀行内部で、審査方法や、手続きを行いやすくするためです。
 
 
また、銀行のカードローンの商品概要を確認すると、大抵、「ご利用可能額」は「最大」でいくらという表示がされています。 「最大」という言葉を付けるのは、その商品に申込しても、実際に全員が、「借入可能額の最大額」を借りられるわけではないからです。 借入を希望する個人ごとの借入可能額は、審査結果によって決定されます。
 
 
つまり、「カードローンでいくら借入できるか」を知るためには、「商品内容としての可能額」ではなく、「顧客毎の借入可能額の決定方法」を知ることが重要です。
 
 
それでは、銀行内部では、借入可能額が、どのように決められるのでしょうか。
 
 
銀行内部で、「借入可能額を決定する計算方法」を知っていれば、銀行に申込するにも、妥当な額で申込を行うことができ、審査に通過する可能性を高めることもできます。つまり、「門前払い」を防止することができます。
 

 

 

「年収と勤務状況」が重要


銀行の借入可能額を決定づける最大の要素は、年収と、就業状況(勤務年数、雇用形態)です。
 
 
カードローンのように、借入枠を設定して、銀行から、自由に借入が出来る融資商品の場合、審査で重要視されるポイントは、「収入の安定性」です。
 
 
収入の安定性を測るポイントはいくつかあります。特に、「借入可能額を確保する」ために重要となる基準をあげれば、「年収200万円以上」、「勤務年数2年以上」、「正社員として勤務」が求められます。これらの条件を満たしていれば、借入可能額も大きくなる可能性が高くなります(もちろん、上記外であっても、審査に通過する可能性はあります)。
 
 
 
その他、審査においては、ご年齢や、居宅(持ち家か賃貸か)なども考慮されます。
 
 
銀行のカードローン審査において、年齢は現役世代(就業中の年齢)であれば有利ですし、持ち家の方は信用も高いと判断されますが、こちらは+αの情報と言ってよいでしょう。
 
 
 
 

総量規制の影響がある


消費者金融など、銀行以外の貸金業者では、借入できる金額は「総量規制」で規制されています。

 

 

総量規制とは、貸金業法という法律の一部で、個人が無担保で借入を行う場合の上限額を制限するものです。 総量規制で設定される上限は、「年収の3分の1」です。 ご年収が600万円の方なら、他の無担保の借入を全て含めて、200万円が総量規制上の借入可能額(与信枠)になります。

 

 

しかし、銀行は総量規制の対象外です。総量規制は消費者金融などの「貸金業者」を規制するための法律です。そのため、本来銀行に総量規制は関係ないのですが、現在は、銀行に対する金融庁の監視も厳しくなっています。銀行は、「貸し過ぎ」と批判を受けるようになっており、「自主規制」によって総量規制に準じる運営を行うようになっています。つまり、銀行も実質的に総量規制で制限された貸付額にならざるを得ないのです。

 

 

現在は銀行カードローンで借入を行う場合も、上限となる額は、「年収の3分の1」になることを覚えておきましょう。

 

 

静岡銀行カードローン「セレカ」
お申込みはこちらをクリック▲
5~10分程度で簡単に登録可能
お申込みはこちらから

 

 

<関連記事>

 

 

 

専業主婦の与信枠


「収入の無い専業主婦」が、借入を申し込む場合、総量規制の観点から言えば、借入できないことになります。 「年収の3分の1」が上限額ですので、「無収入の専業主婦」は借入額0円になりますよね。しかし、銀行で借入申込する場合は、少額の申込に限定して、「配偶者の収入が安定している」という条件で申込を受付しています。
 
 
つまり、専業主婦自体に収入がなくても、配偶者の収入をもとにして、カードローンの借入ができるのです。もちろん、「借入人」になって契約するのは専業主婦自体です。そのため、配偶者に連絡されたり、配偶者の職場に在籍確認が行われることもありません。配偶者に知られずに借入することもできます。
 
 
通常こういった場合の借入可能額は、30~50万円が上限となります。 フリーターや、アルバイトの方で、「継続的に収入がある主婦」であれば(安定的な収入がある)、さらに大きな金額の借入可能額を得られる可能性もあります。

 

 

そして、この場合も、大きな与信枠を得ることは難しく、50万円程度か、総量規制から計算した上限(年収の3分の1)が、借入可能額となる可能性が高いでしょう。 つまり、専業主婦の借入可能額は、ご主人の収入が安定していれば、30~50万円、そうでなければ0円になることもあります。
 
 
なお、専業主婦が借入できる銀行カードローンは減少傾向にあります。銀行も自主規制の一環として、無収入の専業主婦への融資を取りやめしている銀行もあります。特に、大手都市銀行のカードローンなどは難しくなる傾向にあります
 
以下の静岡銀行は、現状、専業主婦の借入も対応している銀行カードローンとなります。

 

静岡銀行カードローン「セレカ」
お申込みはこちらをクリック▲
5~10分程度で簡単に登録可能
お申込みはこちらから

 

 

<関連記事>

 

 

初回借入時の限度額は低い


銀行も、消費者金融もカードローンで借入できる上限金額は「年収の3分の1」ということになります。銀行の与信枠はこの総量規制による制限を基として管理されています。しかし、カードローンで初めて借入申込をする場合、この上限金額を大幅に下回る水準に制限されることもあります。

 

「年収の3分の1」というのは、あくまでも審査で最大限高評価を得た場合に得られる上限であって、銀行の審査は、初めて融資する顧客に対して、最初から上限を設定することはあまりありません。そのため、例え、総量規制の上限が200万円(年収600万円の場合)であっても、実際に設定してもらえる金額は50万円~100万円以内に抑えられることが多いでしょう。

 

むしろ、初めて借入する銀行から、100万円を超過する与信枠を得られることは「稀」と言って良いでしょう。

 

 

 

借入可能額は拡大できる


実際に、銀行からカードローンで借入を行った後、1年程度の時間(最低6ヶ月以上)が経過した後で、銀行から、「信用できる」と判断されると、与信枠が拡大することもあります。
 
銀行では、書類上の審査以上に、取引実績(借入が定期的に行われていて、それに対する返済が良好)を重視します。 そのため、カードローンでも、一定期間の取引内容を確認して、借入可能額を増額してもらえることがあるのです。
 
カードローンの増額のためには、取引実績が重要です。取引実績を作るためには、定期的な借入の利用と、その後の確実な返済(約定弁済を遅らせない)が重要です。

 

 

顧客から借入可能額の増額を求める場合と、銀行から枠の拡大を提案してもらう場合の両方があります。 それ以外でも、当初借入時より、収入が増加したり、他の借入が減少(返済)した場合にも、借入可能額を増加できる可能性があります。

 

 

<関連記事>

 

 

まとめ


銀行では、借入人の状況に応じて、借入可能額というものを設定して、いくらまで貸せるかを管理しています。カードローンなどを利用して借入する場合も同じです。
 

借入人としても、自分の借入可能額がどの程度のあるのかや、どうすれば借入可能額を増加させることが出来るのかを把握しておくと、銀行取引が円滑になりますし、いざという時に利用できる借入を認識しておくことができます。

 

借入可能額を認識しておく方法は難しくありませんので、覚えておくと便利です。

 

 

お得なカードのご紹介 
Yahoo! JAPANカードのお申込み▼楽天カードのお申込み▼




年会費無料【Yahoo! JAPANカード】
お買い物100円毎に1ポイントたまるYahoo!ショッピングでのお買い物なら、なんと通常の3倍

 

外部ランキング  

ローン・住宅ローンランキング
にほんブログ村 その他生活ブログ キャッシング・消費者金融へ
にほんブログ村

 

<関連記事>

 

 

 

 

静岡銀行カードローン「セレカ」
お申込みはこちらをクリック▲
5~10分程度で簡単に登録可能
お申込みはこちらから
Pocket
LinkedIn にシェア
LINEで送る
このエントリーを Google ブックマーク に追加

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

カードローン・フリーローン
カードローンの借り換えで失敗しない秘訣!知らないと逆効果になる借り換えの注意点

カードローンで流行りの「おまとめ」ですが、知らずに行うと大失敗する可能性があります。上手に借り換えする方法をご説明します。

カードローン・フリーローン
<期間限定>楽天カードで7,500円相当がもらえる入会キャンペーンがお得過ぎる!(~2018年4月23日)

お得なクレジットカードとして楽天カードをご紹介します。知らないと損なカードと言えます。

カードローン・フリーローン
  静岡銀行カードローン「セレカ」で借り入れした方が大手銀行よりも良い理由!?

静岡銀行のカードローン「セレカ」は、インターネット申込で、静岡県内に限定せず、全国にお住まいの方が借 …

%d人のブロガーが「いいね」をつけました。